googleドキュメントは縦書きができない⁉類似ソフトで問題解決!

この記事を執筆するにあたって

google ドキュメントはgoogleドライブの機能の一つで、googleのアカウントを取得すれば、インターネットを使えるデバイスや機器ならどこからでもアクセスする事が出来ます。ですので、会社に忘れた資料があっても、スマホでデータをpdfに変換し、コンビニで印刷したりする事も出来ます。さらに、電車の中で文書作成を行っておくなどの時間の有効活用も可能です。とても便利な機能なので扱えるようにしておけば、スマホだけ持っていれば手ぶらで仕事をするなんてことも可能なのです。

Written By アテ ワン

目次

googleドキュメントは縦書きができない⁉

パソコンを使って文書作成をしているひとの多くはgoogleドキュメントを使っているとおもいます。しかし、そんなときふと疑問に思うことがあります。
何故googleドキュメントでは縦書きの文書が少ないのだろうか?どうやれば縦書きに出来るのだろうか?そう思いますよね。
どうすればgoogleドキュメントの縦書きを利用することが出来るのでしょうか。今回はそんなgoogleドキュメントの疑問について解説をしていこうとおもいます。

googleドキュメントで縦書きはできるのか

google ドキュメントは便利なサービスです。出来れば縦書に対応していてほしいですが、出来るのでしょうか。
いろいろ試行錯誤してみましたが出来ないようです。
普通はツールバー表示形式から行うのですが、その中にも行間や列、どちらに文書を揃えるかといった選択肢は沢山あるのですが、何故か文書の縦書きにする場所だけ存在しません。
公式のヘルプにも縦書きが使えないので追加して欲しいという質問だけは存在しますが、残念ながら未対応のままのようです。

google ドキュメント 縦 書き

googleドキュメントでは縦書きができない!縦書き可能な類似ソフトとは?

google ドキュメントでは縦書きが出来ないということがわかりました。しかし、それではちょっと残念です。他の類似ソフトで縦書きが出来るので紹介していきましょう。

googleドキュメントで縦書きできない場合の類似ソフト①word

wordは、ほとんどgoogle ドキュメントと同じ機能を持った文章ソフトです。しかしながら、文字列を縦にすることが可能です。
方法は簡単です。
ツールバーから、ページレイアウトを選択する事で文字の方向を変更することができます。

google ドキュメント 縦 書き

  • ①ページレイアウトを選択
  • ②文字列の方向を選択
  • ③縦書きを選択
  • ④縦書きになる

wordは基本的に横書きになっていますが、これで縦書きにして文書作成をすることも出来ます。
また、文書に特化していると思われ勝ちなwordですが、セルの最小単位の大きいエクセルに比べ、自由度の高いwordは実は表を作成するのにも最適なソフトなのです。
ですから、イメージにより近い表や文書の作成が出来、組み合わせることでより質の高い文書資料を作成することもできるのでオススメ、王道のソフトです。

googleドキュメントで縦書きできない場合の類似ソフト②一太郎

私の良く使うソフトで一太郎があります。というより、わたしはこの縦書きや日本語に特化した機能を使用をするためだけにこの一太郎を購入したといっても過言ではありません。

バージョンは残念ながらもう5年くらい前のものなのですが、それでも依然としてよく使っています。
設定方法は実に簡単です。

google ドキュメント 縦 書き

  • ファイルの選択
  • 文書スタイルを選択
  • スタイルを選択
  • 表示ポップアップから詳しいレイアウトを作成

他の文書ソフトと同じように縦書きにするにはファイルから行う事で出来ます。
ショートカットキーも仕えF9を押すと一発で設定画面を表示出来ます。

最初に文字組というところから縦か横かを選びます。
すると、横書きから縦書きになります。
さらに用紙設定から用紙のサイズと、縦向きか横向きかを選択しましょう。
これで紙の向きも変えることも出来ます。

google ドキュメント 縦 書き

また、良くみれば解りますが字数や、字間、行間とこまかな設定もこの画面ひとつで行えるので初心者でも簡単にレイアウトができます。

また、タブをえらべばフォントやヘッダ・フッダといった設定も簡単に行う事ができるのでとても便利で重宝しています。

さらに一太郎のメリットはなんといっても日本語に適しているということが上げられます。
日本語には欠かせない縦書きに加えてふりがなの入力も出来るので、そのような必要がある場合に重宝されます。
特に国語の先生は喜ぶそうです。
縦書きに変えられるので、引用符なども自動的に縦書き仕様になったりもします。

また、フリーカーソルといって、カーソルを合わせた場所のどこからでも入力が可能なので自由度が高いです。

頻出語を検索して、言い回しの繰り返しを見つけ出す機能もついていたりと、日本語に特化した文書作成ファイルなので、仕事で使う文書を作るときにはとてもよいでしょう。

googleドキュメントで縦書きできない場合の類似ソフト③VerticalEditor

VerticalEditorは無料でダウンロードする事の出来るワープロソフトです。
初めから縦書き仕様になっていて、紙の選び方や大きさを変えるなどに加えて特徴的な機能が沢山あります。

このワープロソフトは、基本的に小説家が小説を書くのに適しているといわれており、例えば、人名を間違えたときなどに一気に人名を変更出来る機能など特殊な機能にも優れています。
ふりがななどの機能も入っていますのでとても使いやすいです。是非利用してみてはいかがでしょうか。

なぜgoogleドキュメントは縦書きに対応していないの?

なぜ、便利なgoogle ドキュメントは縦書きに対応していないのでしょうか。
そもそも、英語圏で開発されたこのサービスは、英語を書くことを主の目的として開発されています。
また、言語の中でも縦書きの言語って結構珍しかったりしますよね。
ですので基本的には縦書きのサービスには未だ対応していないとのことです。
しかしながら、googleのサービスは結構頻繁にアップグレードされているので今後何らかの事情で改変があることは充分に考えられるのではないでしょうか。
ですので、気長に待つのがよいでしょう。

googleドキュメント以外にクラウド上で文書を保存するには

googleドキュメントで縦書きがしたい人のニーズとしては縦書きの文書をクラウド上に保存して引き出したいというのがあるはずです。
ですので、どうしても縦書きの文書をクラウド上の保存したいというひとにおすすめの方法を紹介します。
といっても多少裏技というか、無理矢理な方法なのですが、ご了承ください。

googleドキュメントの様に、自分の作った縦書きのファイルを別のパソコンで引き出そうと思った時に有効なのがメールの機能です。
yahoo!メールや、gメールといった、クラウド上にあるメールアドレスの下書きの機能を使います。
ここに、送付はしないのですが、自分で作ったファイルを添付しておきます。

そして違うパソコンを使うときに、yahoo!やgメールにアクセスし、それを開くと一応ダウンロードする事が出来ます。
本質的な利用方法とは違いますが、これをすると何処からでもファイルを引き出すことができます。

google ドキュメント 縦 書き

しかし、個人情報を扱うときなどは誤送信や、他のパソコンにダウンロードして消し忘れたなどの諸注意には気を付けたいものです。

USBを使う

もうだいぶ古い考えになってきて、セキュリティ上の問題としてあまり流行りませんがUSBを使って文書ファイルを持ち歩くのは一つの手です。どうしても縦書きのファイルをgoogle ドキュメントみたいに使いたいとなったら有効手段の一つではあるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回、googleドキュメントで縦書きができるのかどうかを解説してきました。今一度ポイントをまとめたいとおもいます。

  • googleドキュメントは縦書きに非対応である
  • googleドキュメントが縦書きに非対応なのは英語圏で開発されたサービスだからといわれている
  • googleドキュメントでは縦書きが出来ないがいずれアップグレードされる可能性はある
  • wordでは簡単に縦書きの表示印刷が出来る
  • 日本語の文書作成では一太郎が適している

以上が今回のポイントになります。クラウド上で文書等のデータを保存しておけるgoogleドキュメントを初めとしたgoogle driveのサービスは実に便利な機能です。是非使い方を覚えて日々の生活に活かしてみてください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
アテ ワン
読者がほしい家電を見つけられるような記事を書いていければと思っています。
2018年8月より参加させて頂いております。家電の魅力が楽しく伝わればと思っております。家電をネットで買うメリットは商品比較が非常に簡単にできる事と、説明書と使用レビューを同時に見ることで使用したときの実感が自宅にいてすぐにわかることです。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧