chrome「よくアクセスするページ」が表示されなくなった!対処法が知りたい!

目次

この記事では、以前はGoogleChromeを開いたときによくアクセスするページが表示されていたにも関わらず、ある時からChrome上でよくアクセスするページが表示されないようになってしまった方に対して以前どおりにページを表示するように戻す方法についてご紹介します。

また、よくアクセスするページの表示方法の変更方法や表示したい方とは反対にアクセスするページを表示させない方法についてもご説明したいと思います。

Chromeでよくアクセスするページが表示されないようになった原因

以前、よくアクセスするページが表示された時には、表示が邪魔といった声もありましたが、慣れてしまうと意外と便利で多くの方が利用していました。

そのよくアクセスするページですが、Chromeのアップデートを受け、Chrome上でよくアクセスするページが表示されないようになってしまいました。

この変更を受け、そのままではChromeではよくアクセスするページが表示されなくなり、検索ボタンとテキストボックスのみになってしまい、この機能を多用していたかたから元の設定に戻したいという声が多くあがりました。

Chromeのよくアクセスするページを復旧する方法

ここではChromeのよくアクセスするページをもとに戻したいと思います。

では実際の作業手順について説明していきたいと思います。

まずはGoogleChromeの画面を表示させてください。

表示させたらアドレスバーをクリックして編集ができる状態にしてください。

編集が可能となりましたら、アドレスバーに、chrome://flags と入力し、エンターキーを押下してください。

キーワード1

エンターキーを押下していただきますと英語で表示されているページに遷移します。

enable using the google local NTP と表示されている箇所がありますので、そのなかにあるタブを表示させてください。

キーワード2

タブの中からenabledを選択し、enableを選択してください。この項目を選択することによってChromeのよくアクセスするページを表示することができます。

キーワード3

Chromeのアップデート後、よくアクセスするページが表示されなくなっていたのは、今回みていただいた設定画面におけるenabledの設定がdefaultになっていることが要因でした。

このenabledの設定値をenableにした後、忘れずに行っていただきたいことがあります。

設定画面の下側を参照するとRELAUCH NOWというボタンがあることが確認できます。

このRELAUCH NOWを押下していただきますとGoogleChromeが再表示されます。
※Chromeを一旦閉じて、再度開きなおしても同じ動きになります。

再表示したGoogleChrome画面をみてみますと、無事よくアクセスするページが表示されました!

これで自身がよくみているページに楽々遷移することができますので、今まで通りサクサクとWebページを参照しましょう。

続いてはよくアクセスするページの表示方法を変更する手段についてご紹介したいと思います。

Chromeのアクセスするページ表示を変える方法

先ほどの設定でGoogleChromeのトップページによくアクセスするページが表示されたと思います。

この表示方法も設定を変えることによって選ぶことができます。

よくアクセスするサイトをサムネイルで表示する

GoogleChromeのよくアクセスするサイトが表示されない現象が解消された後は、表示できた後の表示の設定について説明したいと思います。

GoogleChromeのアップデート前はトップページ下のよくアクセスするサイトはサムネイル形式(サイトのデザインが表示される)にて表示がされていました。

現在のChromeをみてみるとサムネイル形式ではなくファビコンでの表示になっているようです。

トップページから1クリックでよくみるサイトへ移動できるのであれば、機能面では変わりませんが、使い方になれていたりサムネイル形式を好まれる方も一定数いらっしゃいます。

そこでファビコン表示からサムネイル形式へ表示をなおす方法を解説したいと思います。

まずは先ほどと同じくGoogleChromeのトップページを表示させてください。よくアクセスするページが表示されない現象は解消しているのでページ下にはよくアクセスするページが表示されていることと思います。

ここで再度アドレスバーにカーソルをあわせてください。アドレスバーが選択できましたら、テキストボックスにchrome://flags/#ntp-ui-mdと入力してください。

入力して頂くとまた英語のサイトが表示されます。
今度はNew Tab Page Material Design UIの設定を選び、defaultになっているのをdisabledに変更してください。

キーワード4

この作業によりGoogleChromeのよくアクセスするページがファビコン表示よりサムネイル形式へ切り替わります。

ここで再び注意事項ではありますが、設定をした後はページの右下のボタンRELAUCH NOWを押してください。尚、先ほどと同じで一度ブラウザーを閉じて再起動しても同じ効果が得られます。

ここまでの設定で当初GoogleChromeのよくアクセスするページが表示されない状態からサムネイル形式でよくアクセスするサイトを表示する状態まで設定する事が可能となっています。

最後にGoogleChromeでよくアクセスするサイトが表示されないのではなく、”表示しない”設定を紹介したいと思います。

Chromeのよくアクセスするページを表示しないようにする

以前よりよくアクセスするページを表示させていたものの、環境や心境の変化によって表示状態を非表示にすることもあると思われます。

そのような際は、以下の設定方法によってアクセスするページを非表示にできます。

まずはGoogleChromeを表示させます。その後、サイトの右上に表示されている設定ボタンを押下します。

ボタンを押下しますとメニュー画面が開きますので、そこからダウンロードボタンを選んでください。

次にChromeでよくアクセスするページというのを選ぶと閲覧履歴が表示されると思います。

ここで多くのページが表示されている場合、個別に削除するか複数削除するかまたは全て削除するかを選ぶことが可能です。

ここでは全てを削除して進めることを前提とさせていただきます。

この作業によってアクセスするページに係る記録を全て消すことができました。

次にそもそもよくアクセスするページに係る記録をとらないようにする手段を述べたいと思います。

まずはGoogleChromeのトップページを開き、設定ボタンよりメニュー画面を開きます。

メニュー画面より設定ボタンを選び、その後にプライバシーを押してください。

押下しますとプライバシーのメニュー画面が開かれますので、その中からページ予測を使用するの項目を探して頂き、チェックがついている場合は、チェックを外してください。

この作業によってアクセスするページを非表示にする事が可能です。

結果としては冒頭で説明させていただいたenabledの設定を変えるのと似ていますが上記設定によって余分なページのダウンロード自体を減らすことができます。

まとめ

この記事では、GoogleChromeでよくアクセスするページが表示されない方に対して表示させる方法を中心に説明させて頂きました。

おさらいしますと、

①enabledの設定によってよくアクセスするページを再表示
②サムネイル形式で表示
③よくアクセスするページに係る記録を削除
④データをダウンロードしなくする

の設定について記載させて頂きました。
GoogleChromeでは利用者の利便性向上を目的に度々アップデートを行っており、よくアクセスするページが表示されないという現象もその部分の影響だと思われます。

今後もアップデートによってChrome画面によくアクセスするページが表示されないことが発生するかもしれませんが、その際も今回の設定などにより元の環境によって戻したい方は復旧を試みてみましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
たなか かな
多くの方に役立てるよう頑張ります。
2018年よりお世話になります。 家電やソフトウェアについてそれなりに詳しいと思います。 情報を紹介するとともに自分も詳しくなろうと思います。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧