chromeのアドレスバーを非表示にする方法が知りたい!手順を解説!

目次

chromeのアドレスバーを非表示にする

ブラウザを使用し、webサイトを閲覧していると、アドレスバーが邪魔に感じてしまうということもありますよね。

しかしアドレスバーを邪魔に感じ、非表示にしたいと思っても右クリックで簡単にchromeのアドレスバーを非表示に…ということはできません。

IEであればアドレスバーはできませんが右クリックでお気に入りバー等を非表示にできるので、できそうなところではあるのですが同じようようにはいかないようです。

と、いうことで今回の記事ではchromeのアドレスバーを非表示にする方法について紹介していきます。

Chromeのアドレスバーを非表示にして、webサイトを見る際にスッキリとさせたい!という方はこちらの記事を参考にしてみてください。

chromeのアドレスバーとはどの部分か

Chromeのアドレスバーについて、齟齬がないようにどの部分か紹介しておきますと、下記画像上部にある水色の枠の部分のことを指します。

chrome アドレス バー 非 表示

画像で言うと「Googleで検索するか、URLを入力してください」との表記がある欄ですね。

webサイトのアドレスを入力する所、又はwebサイトにアクセス後にそのサイトのアドレス(URL)が表示されるバーであることから、アドレスバーというネーミングとなっています。

ちなみにアドレスバーはブラウザに表示されているお気に入りバー、メニューバー、コマンドバー等の総称であるツールバーの中の一つです。

この機会にブラウザには他にどのようなバーがあるのか、そしてその役割は何なのか、調べてみてもいいかもしれませんね。

chromeのアドレスバーを非表示にする方法 PC篇

それではまずchromeのアドレスバーを非表示にする方法について、PCではどのようにすればアドレスバーを非表示にできるのか、ということについて紹介していきます。

PCでchromeのアドレスバーを非表示にするには、キーボード上部にあるF11キーを押して画面を全画面にすることで簡単に実現可能です!

chrome アドレス バー 非 表示

chrome アドレス バー 非 表示

上記画像を見てもアドレスバーが非表示になっていることは一目瞭然ですよね。

ちなみにこちらの方法は、IEやEdgeといった他のブラウザでも使用可能なアドレスバーの非表示方法になります。

chrome アドレス バー 非 表示

chrome アドレス バー 非 表示

F11キーを押して全画面表示にするということさえ覚えておけば、基本どのブラウザでもアドレスバーを非表示にすることができます。

Chromeのアドレスバーを非表示にする方法の中でも、覚えるのも簡単な方法なのでぜひ参考にしてみてください!

ということでPCでchromeのアドレスバーを非表示にする方法は、キーボード上部にあるF11キーを押すことになります。

chromeのアドレスバーを非表示にする方法 android

PCのChromeでのアドレスバーを非表示にする方法が分かった所で、次にandroid端末でのアドレスバーを非表示にする方法について紹介していきます。

スマホは画面がPCよりも小さいですから、アドレスバーはPC以上に邪魔に感じてしまいます。

どうにかアドレスバーを非表示にしたいという方は下記より紹介する方法を参考にしてみてください。

chromeのアドレスバーを非表示にする方法①使用するブラウザを変更する

Android端末において、chromeのアドレスバーを非表示にする方法は基本ありません。

Web制作者がandroid端末のchromeアプリを用いてwebサイト、もしくはアプリの動作確認を行うということでしたら、Javascriptを追記することで実装は可能のようです。

ちなみに追記するコードはwebサイトを読み込んだというイベント発生時にscrollToを使用し、画面を疑似的にスクロールさせるという方法です。

実際に実装できるかどうかはAndroid端末やiPhoneにもよりますが単純なコードで実装可能なので、Javascriptの知識がある方であれば問題は無いでしょう。

しかしそういったことではなく、普通にwebサイトを閲覧したいという方がandroid端末において、chromeのアドレスバーを非表示にするということは基本できません。

よってどうしてもchromeを使用したいという方以外は、別ブラウザを使用することを検討しましょう。

例えばBoat Browser というブラウザアプリでは、アドレスバーを非表示にする、ということが機能として可能となっているようです。

下記サイトから紹介したブラウザをダウンロードすることができますので、どうしてもandroid端末でアドレスバーを非表示にしたいという方は一度ご検討ください。

chromeのアドレスバーを非表示にする方法 iPhone

Android端末では機能としてアドレスバーを非表示にするということはできませんでしたが、それではiPhoneではどうなのか紹介していきます。

chromeのアドレスバーを非表示にする方法①スクロールする

iPhoneでもandroid端末と同様に、chromeでアドレスバーを常時非表示にするということは基本行えません。

しかしこれはandroid端末でも言えることなのですが、chromeではスクロールするとアドレスバーが非表示になるようになっています。

chrome アドレス バー 非 表示

chrome アドレス バー 非 表示

だからこそweb制作者側がchromeでアドレスバーを非表示にさせる方法として、疑似的にスクロールさせるという手段が有効となるのです。

常時アドレスを非表示にすることはできないものの、少しでもスクロールさせればアドレスバーを非表示にさせられるのでお試しください。

chromeのアドレスバーを非表示にした後再表示させるには

Chromeのアドレスバーをスクロールすることにより非表示にした場合に再度表示させるためには以下の方法で再度表示させることができます。

  • 下部ではなく上部にスクロールする
  • 一度ホーム画面に戻り再度chromeアプリに戻る
  • Android端末やiPhoneを一度スリープ状態にする

chrome アドレス バー 非 表示

ちなみにJavascriptを用いたchromeのアドレスバーを非表示にする方法でも、読み込み時に疑似的にスクロールさせるというコードであれば、上記と同じような手順で元に戻ってしまいますね。

工夫次第では改善の余地がありそうですので、Javascriptの知識がある方で、web制作者の方は考えてみてはいかがでしょう。

アドレスバーを非表示にする場合の注意点

実はandroid端末やiPhoneでアドレスバーを非表示にするということには注意すべき点もあります。

それはアドレスバーを非表示にしてしまうと、偽装サイトかどうかを判別することができない、といったセキュリティ面でのリスクです。

おそらくこういった背景があり、多くのブラウザではアドレスバーを非表示にするといった機能が実装されていないのでしょう。

スマホ画面はPCよりもはるかに小さい画面で、webサイト等を見ることになるためできるだけアドレスバーといった閲覧に邪魔になるものを排除したいという気持ちもわからなくはありません。

しかし最近ますます増えてきた偽装サイトに対し、アドレスバーを非表示にしてしまったことで対応できなかったとなれば笑えませんのでこの注意点は覚えておいてください。

まとめ

今回の記事ではchromeのアドレスバーを非表示にする方法について、PCとandroid端末、iPhoneそれぞれで紹介してきました。

PCではF11キーを押すことで簡単にアドレスバーを非表示にするといったことが可能ですが残念ながらスマホでは基本的にアドレスバーを非表示にするということは行えません。

スクロールすることにより一時的に非表示にすることはできますが完全にはできないのです。

実装しないのにはおそらくはセキュリティ面でのリスクが高いからといった理由があると思いますので、android端末やiPhoneでアドレスバーを完全に非表示にするということは諦めた方が良いかもしれません。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧