chromeのショートカットをホーム画面に作れない!原因を教えて!

目次

この記事では、お気に入りのWebページについてGoogleChromeでホーム画面へショートカットを追加する方法についてご紹介します。

また、標準の方法でホーム画面へWebページのショートカットを追加しようとしているものの、ショートカットが追加できないという方に対して、ショートカットをデスクトップに作れるような対処方法をご案内します。

WebページのChromeショートカットをホーム画面に追加する①

普段よく使うホームページについてはChromeなどのブラウザを開き、お気に入りから対象のホームページへ移動するということでも煩わしく感じることがあります。

そのような時にChromeなどで対象ホームページのショートカットをホーム画面へ追加しておくと、パソコンやタブレットなどを起動したらすぐに対象のホームページへ移動できるためとても便利です。

前置きが長くなってしまいましたが、実際にホームページのChromeショートカットをホーム画面へ追加してみましょう。

まずはGoogleChromeを開きます。

ショートカットを作成したいホームページへ移動します。ここでは例としてyahooを設定します。

対象のホームページを開きましたら、画面上部のホームページアドレス(URL)が表示されている部分をクリックします。

クリックすると、ホームページアドレス(URL)が選択された状況になります(青くなります。)。

ホーム画面1

そのままの状態で、URLを左クリックしながらホーム画面に引っ張ってきます。

この作業を行うことでショートカットをホーム画面に追加できます。

ホーム画面2

WebページのChromeショートカットをホーム画面に追加する②

上記ではドラッグアンドドロップでChromeのショートカットをホーム画面に追加しましたが、他の方法でもショートカットをホーム画面に追加することが可能です。

先ほどの追加方法や今回ご紹介する方法を覚えておくとショートカットのホームへの保存が容易に行えます。

まずは、GoogleChrome画面を開いてください。
開いていただきましたら画面上部右側の設定ボタンを押してください。

設定ボタンを押下しますとメニューの一覧が表示されます。その一覧の中からホーム画面に追加を押してください。

この作業を行っていただくことによりGoogleChromeのショートカットをホーム画面に追加することができます。
(ただし、Chromeのバージョンや端末などの環境によって設定方法がやや異なることがあります。)

以上、WebページのGoogleChromeショートカットをホーム画面に登録する方法でした。

いずれの方法も簡単に行えるものですので、登録しておくことで毎日の多少の時間でも短縮していきましょう。

続いては、上記の作業を行ったにもかかわらず、Chromeのショートカットがホーム画面に登録出来なかった時の対処方法についてご紹介します。

GoogleChromeのショートカットがホーム画面に追加できない

便利な機能であるChromeショートカットですが、ホーム画面への登録を行っても画面に追加されないという方がいらっしゃるそうです。

また、ショートカットを確かに保存したはずが時間がたつことによりショートカットが消失してしまったりするという声もあります。

そのような、ショートカットをホーム画面に追加出来なかった際に試していただきたい方法をご紹介します。

まずは作業手順を確認しましょう

Chromeのショートカットをホーム画面に追加できない理由のひとつが利用者の方の設定ミスが挙げられます。

あとで思い返すと単純な作業ミスだったりするのですが、わからなくなってしまうと混乱してしまい、後になって考えてみると簡単なミスだったりするものです。

単純な作業ミスとして多いものは、ホームページのアドレスをすべて選び、ホーム画面へドラッグしてショートカットを追加するという作業ですが、何らかの拍子にアドレスの選択がはずれてしまうことによって正しくショートカットの設定ができないというものです。

他にはホーム画面へショートカットを追加しようとしたものの、違う場所に保存してしまうということが挙げられます。

これはファイルを保存する際も同様のことがいえます。ドラッグした拍子に意図しない違うフォルダーへ保存してしまうことがあります。

最後ですが、スマートフォンの場合に多く見られるケースですが、Chromeのショートカットは問題なくホーム画面へ移動しているものの、既にホームのトップ画面が他のアイコンでいっぱいであるため、作成したChromeのショートカットが他の場所へ移動してしまうというケースです。

いずれもそれなりに発生するものだと思いますので、アプリケーションの更新などを行う前に今一度確認してみましょう。

また、ホーム画面が使わないアプリケーションで溢れている場合、上記のようなことが起きやすくなってしまう為、定期的に不要なものは消してしまうかひとつのフォルダーに纏めるなどしておきましょう。

上で挙げさせていただいたものは人的要因ですが、次はシステム関連のケースをご紹介します。

ソフトウェアが関連していることも

人的要因でもGoogleChromeのショートカットがホーム画面にうまく移動できないということもあると思いますが、他の方が経験したところによるとソフトウェアが起因してChromeのショートカットが移動できないケースがあるようです。

ソフトウェアのアップデート

ソフトウェアもしくはアプリケーションの更新によってChromeのショートカットがホーム画面より移動してしまうケースも存在するようです。

そのため、きちんとした手順でChromeソフトウェアのショートカットをホーム画面へ移動したものの、直後のソフトウェアもしくはアプリケーションの更新でショートカットがどこかにいってしまうというパターンです。

ショートカットは確かに移動したはずという場合、上記のようなことも発生していることもあるかもしれませんので、タブレットならエクスプローラ、スマートフォンなら検索機能で主要な場所を調べてみましょう。

ソフトウェアのバグがショートカットが正常に動かない原因!?

GoogleChromeや他のアプリケーションは日々機能追加をしており、追加をするたびにアプリケーションのバージョンをあげています。

この機能追加を行った際に何らかのエラーを引き起こしてしまうことによってChromeの機能に影響を与えてしまっていることも考えられます。

また、アプリケーションの更新作業中に何らかが原因でアプリケーションがきちんと更新できていない可能性も否定できません。

上記でご紹介した確認をとり、対応したにもかかわらずChromeのショートカットがホームに移動できないなど、状況が改善しない場合、アプリケーションやブラウザなどを再度更新するという方法をとるという選択肢もあります。

それでもだめな場合は関連するメーカーに自信が使用している機種やアプリケーションのバージョンおよびうまくいかない際に行ったことなどを連絡し、調査してもらう手段も存在します。

まとめ

この記事では、GoogleChromeのショートカットをホーム画面に移動する方法を中心に説明させていただきました。

要約させていただきますと、

①ドラッグアンドドロップでGoogleChromeのショートカットをホーム画面に追加する方法

②設定画面よりChromeショートカットをホーム画面に追加する手段

③Chromeショートカット画面ホーム画面に追加できないときに考えられる理由

について説明をさせて頂きました。普段からよく利用するサイト等がある場合、ショートカットがあると作業を短縮化する事ができます。

一回の作業では微々たるものかもしれませんがそれが毎日となるとトータルで大きな時間削減が行えることになります。

そんな有意義なChromeをホーム画面に追加する機能ですが、稀にうまくいかないことがあります。

ちょっとした人的ミスがおおいとは思いますが、中にはソフトウェアのバグであったり、アップデートによる影響であったりということもありますので自身の作業が確実であることを確認した後にアプリケーションの再インストールなどを行い、問題の解決に結びつけ、GoogleChromeのショートカットをホーム画面に追加しましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
たなか かな
多くの方に役立てるよう頑張ります。
2018年よりお世話になります。 家電やソフトウェアについてそれなりに詳しいと思います。 情報を紹介するとともに自分も詳しくなろうと思います。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧