パナソニックのコーヒーメーカー『NC-A56』『NC-R500』『NC-R400』を徹底紹介!

目次

パナソニックのコーヒーメーカーについて

こんにちは!mugitaroです。近年、日本でにわかに沸き立っているコーヒーブームの影響か、量販店の売り場の中でもかなりの存在感を放つようになっているコーヒーメーカーですが、その中でも今回はパナソニック製のコーヒーメーカー「NC-A56」「NC-R500」「NC-R400」の三機種を紹介させて頂こうと思います!

パナソニックのコーヒーメーカーは他のメーカーとどう違う?

著名なコーヒーメーカーを販売する企業と言えば、お湯を沸かすポットを作る企業や暖房器具メーカー等、モノを温める機能から発展させていったパターンが多いようですが、総合電機メーカーであるパナソニックが作るコーヒーメーカーは少し違った視点があるようです。その一つが全機種のコーヒーメーカーに豆を挽く電動ミルを搭載し、しかも粗挽き、中細挽きで挽き分けが可能なこと。また、全機種5カップ(670~680ml)の容量があることや、マイコンによる保温機能を搭載する等、家族での利用をターゲットに置いています。お湯を沸かして抽出することだけに囚われず、パナソニックらしい開発力の高さでコーヒーメーカーに様々な機能を盛り込み、多機能で利便性が高いことがパナソニックのコーヒーメーカーの特徴です。

パナソニックのコーヒーメーカー① NC-A56

特徴① 豆挽きから抽出まで、すべての作業が全自動

パナソニック製コーヒーメーカーのフラグシップモデル、NC-A56の特徴は何といっても豆を挽き、お湯を沸かしてコーヒーを抽出するまでの全ての作業をスイッチ一つで全自動で行ってくれることです。毎朝の煩わしい作業が豆、もしくは粉を入れてボタンを押すだけで完了してしまう便利さは、一度知ってしまうと手放せなくなってしまいそうです。特に朝の身支度に追われがちな主婦の方々にとっては非常に魅力的な機能なのではないでしょうか。

特徴② 豆の挽き分けフィルターを搭載

パナソニックのNC-A56の第二の特徴は電動ミルの部分に粗挽きと中細挽きの二種類の挽き分けフィルターを搭載し、それらを使い分けることによって様々な風味のコーヒーを楽しめるようになったことです。毎朝の出勤前には粗挽きであっさりとしたアメリカンコーヒーを、自分の時間を楽しみたいときには中細挽きで濃い目のコーヒーを、といったように、全自動コーヒーメーカーでありながら使う人の多様なニーズに合わせて柔軟な調整が出来る事がパナソニックNC-A56のメリットです。

特徴③ 沸騰浄水機能で水のカルキをカット

折角良い豆を使ったとしても、抽出する水の質が悪いと風味が台無しに。特に気になる人にとってはカルキの匂いがコーヒーの香りを邪魔してしまうことが多いようです。しかし、パナソニックのNC-A56ではそうした事を防ぐために「沸騰浄水機能」を搭載しています。この機能は、沸騰させた水を抽出する前に本体に搭載した活性炭フィルターに繰り返し通すことでカルキやトリハロメタン等といった有害物質を除去するもので、パナソニック発表では通常の水からカルキを90%以上カットすることが可能となっており、かなりの効果が期待できます。より高品質なコーヒーが楽しめるNC-A56一押しの機能です。

特徴④ お湯を満遍なく行き渡らせ、蒸らし機能も搭載

パナソニックのNC-A56では沸騰浄水されたお湯はまず本体上部で球状になっているシャワードームに当てられ、そこから下部のフィルターに注がれます。このシャワードームがお湯をフィルターの一部だけではなく、全体に満遍なく注ぐ役割を果たしているのですが、パナソニックのNC-A56ではこれに加えて、お湯を初めに少量だけ注ぎ、しばらく抽出をストップさせる蒸らし機能も搭載しているのが大きな特徴です。この機能によって手で淹れた時と同じような深く、コクのある味わいが全自動コーヒーメーカーでも実現できるようになっています。


画像をクリックするとAmazonに移動します

パナソニックのコーヒーメーカー② NC-R500

特徴① 電動ミルを搭載

パナソニックのコーヒーメーカーの中ではミドルグレードの立ち位置であるNC-R500ですが、その高機能っぷりは他社の上位機種に引けを取りません。NC-R500においても、本体に電動のミルを搭載し、豆をお好みの加減で挽くことが出来ます。また本体下部にはミルサインと呼ばれる一定の間隔で点滅するインジケーターがあり、この点滅に挽く時間を合わせる事によって粗挽きから中細挽きまでの挽き分けが可能になっています。NC-A56のような全自動ではありませんが、その分、自分の感覚で挽き味を柔軟に調整することが出来ます。ミルと抽出部が分かれているため、お手入れに関しても全自動のものより手軽で楽に出来ることは意外なメリットです。

特徴② コンパクトでスタイリッシュな本体

上位機種のNC-A56と異なり全自動ではないパナソニックのNC-R500ですが、その分本体の大きさは小さくなり、見た目もスタイリッシュになりました。寸法は幅24.5cm、奥域17.0cm、高さ30.0cmで、重さは2.3kg(パナソニック公式サイトより)と、テーブルの上に置いても違和感のないサイズに収まっています。

特徴③ 活性炭フィルターで不純物の除去が可能

パナソニックのNC-R500においても上位機種と同様に浄水機能を搭載しています。本体に付いた活性炭フィルターに水を通すことでコーヒーの風味を損なわない綺麗な水で抽出が出来る様になっています。

特徴④Wドリップ機能でよりコクのあるコーヒーを

パナソニックのNC-R500ではフィルター部に一般的な漏斗の先にある抽出口とは別にサイドにWドリップ用の抽出口が搭載されています。こちらの抽出口を使うことによって普通の抽出よりも蒸らし時間が長くなり、より深みとコクのあるコーヒーが作れる様になっています。

特徴⑤ ステンレスフィルターで豆の油分も抽出

パナソニックのNC-R500の持つもう一つの大きな特徴が一般的なペーパーフィルターの他にステンレスフィルターを採用していることです。ペーパーフィルターに比べて目が粗いステンレスフィルターは豆の油分を取り除いてしまうことなく抽出することが可能です。ペーパーフィルターでは体験することの出来ないコーヒー油分の風味を楽しむことが出来ます。


画像をクリックするとAmazonに移動します

パナソニックのコーヒーメーカー③ NC-R400

特徴① NC-R500と同様に電動ミルを搭載

パナソニック製コーヒーメーカーの中では最も安価なエントリーモデルとなっているNC-R400ですが、基本的にNC-R500と機能面ではほとんど違いがありません。強いて言うならステンレスフィルターが搭載されていない程度で、電動ミルを搭載していますし、Wドリップ機能や保温機能も上位機種と同様に搭載しています。お手入れも簡単で手軽に使えるコーヒーメーカーと言えます。

特徴② 紅白の鮮やかなカラーバリエーション

パナソニックのNC-R400を一目見てまず気づく特徴と言えば、その鮮やかなカラーリングでしょう。情熱的で、周囲の雰囲気が華やぐ「レッド」と、白いミルクのような柔らかさとスタイリッシュさを両立させた「カフェオレ」の二色を採用しており、世間でよく見かける大きくて野暮ったい色形のコーヒーメーカーとは一線を画すオシャレなデザインがNC-R400の大きな特徴です。

特徴③ 優れたコストパフォーマンス

先述のように、パナソニックのNC-R400はステンレスフィルターが付属していないこと以外については機能面でNC-R500と全く変わりません。それでいながら実売価格ではNC-R500から1,000円以上安くなっており、パナソニックのNC-R400はコストパフォーマンスの点で優れている商品と言えます。通常のコーヒー器具に比べて決して安いとは言えないコーヒーメーカーですから、コストパフォーマンスにこだわって購入される方にとってこれは大きなメリットになるのではないでしょうか。


画像をクリックするとAmazonに移動します

まとめ

コーヒー メーカー パナソニック

パナソニックのコーヒーメーカー三機種をご覧になりまして、いかがでしたでしょうか?どれも高機能、高品質で「コーヒーメーカーで作るとしても、味には徹底的にこだわりたい!」という人に特におススメ出来るのがパナソニックのコーヒーメーカーです。湯沸しから豆挽き、抽出、保温まで全てを全自動で行うNC-A56から、多彩なカラーバリエーションとスタイリッシュなデザインが目を引くNC-R400まで、皆さんの希望に合った商品を選んで頂けると幸いです。日々の生活を少し豊かなものにしてくれるコーヒーメーカー、これを機に導入してみるのはいかがですか?

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20171128115058
Written By
mugitaro
都内在住の大学生です!皆さんの家電選びの指標となるような記事づくりを目指しています!

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事