chromeのオートコンプリートを削除する方法を知りたい方必見!解説します!

目次

この記事ではGoogleChromeのオートコンプリートを削除する方法設定についてご紹介させていただきます。

GoogleChromeには入力文字に対する自動補完機能であるオートコンプリート機能が備わっています。

自身が以前に入力した文字をもとに利用者が入力した文字から、これから入力されるであろう文字の候補を表示してくれる便利なGoogleChromeのオートコンプリート機能ですが、設定されたオートコンプリートの候補を削除する方法が分からないという方が多数いるようです。

以下ではそのようなGoogleChromeのオートコンプリートの候補を削除する方法が分からないかた向けに画像をもとにコンプリートを削除していく作業をご案内します。

GoogleChromeのオートコンプリート削除方法①

オートコンプリートの削除する方法は複数ありますが、ここでは表示される候補をひとつずつ削除する方法について述べたいと思います。

以前のGoogleChromeやインターネットエクスプローラなどのブラウザでは、出てくる候補について対象を選択した上でdeleteボタンを押すことでオートコンプリートを削除する事ができます。

一方、現在のGoogleChromeは若干方法が異なっており、削除したい候補を選び、shift + deleteのボタンを押すことで削除する事ができます。

これ以上の詳細な説明は不要かも知れませんが、念のため作業手順を載せておきます。

まずは、GoogleChromeのオートコンプリートを表示させ、不要な候補を選択します。

選択しましたら、shift + deleteを押します。
想定どおりオートコンプリートの不要な候補が削除されました!

上記でご紹介したGoogleChromeのオートコンプリート削除方法は、Chromeのオートコンプリートを利用しているものの、入力ミスなどによって不要な候補が保存されてしまい、オートコンプリートを利用するたびに表示されるといった状況かと思われます。

次の項目ではオートコンプリート機能をほとんど利用していない若しくは利用しているものの一旦すべてリセットしたいという方向けに、オートコンプリートの候補を全て削除する方法についてご説明します。

GoogleChromeのオートコンプリート削除方法②

先ほどは表示されるオートコンプリートの候補ひとつずつ削除する方法の説明でしたが、ここではオートコンプリートの候補を一括で削除します。

それでは手順についてご説明します。

まずはGoogleChromeの画面を表示させます。表示させたら画面の上部にあるメニューの設定ボタンを押します。

chrome1

ボタンを押すと設定メニューが開きますので、この一覧からその他のツールを選択します。

その他のツールを押しますと先ほどとは違うメニューが出てきます。その中から閲覧履歴を消去を選びます。

chrome2

閲覧履歴を消去を押しますと再び画面が出てきます。閲覧履歴の削除期間を選べますので、一旦全期間を選択します。

chrome3

ここで画面を詳細設定に切り替えた後、表示を確認してみてください。次の閲覧のアイテムという項目以外に次の項目が有るのが確認できます。

①パスワードとその他のログインデータ
②自動入力フォームのデータ

chrome4

他にも項目がありますが、今はこの項目をみていただきます。①のパスワードとその他のデータは以前に会員制サイトなどにログインした際のログインパスワードを意味しています。

②はサイトなどにログインIDを入力するフォームに記憶されているデータを意味しています。

①と②のデータを削除したい場合、画面内のパスワードと自動入力フォームのデータにチェックをつけた上でデータを消去するボタンを押してください。

消去するボタンを押すことでGoogleChrome内のオートコンプリートに係るデータを削除することができます。

GoogleChromeのオートコンプリート削除方法③

上の説明では次の閲覧のアイテムを消去にてすべてを選んでいただきました。すべてを選ぶことで期間などに関係なくGoogleChromeのオートコンプリートが削除されました。

但し、次の閲覧のアイテムを消去にてすべてではなくほかの項目を選んだ場合はどのような挙動をするでしょうか。

当項目は名称から判断できるものが多いので説明は不要かも知れませんが、一応させていただきます。

すべて以外の項目は、

①1時間以内
②過去24時間
③過去7日間
④過去4週間

という項目が存在します。①の1時間以内を選び、閲覧履歴データの消去ボタンを押すことで直近の1時間に記憶したオートコンプリートデータが削除されます。

②の過去24時間、③の過去7日間、④の過去4週間を選び、閲覧履歴データの消去ボタンを押した場合、選んだ期間に記憶したGoogleChromeのオートコンプリートデータが削除されます。

過去4週間となるとどこのサイトにログインしたのか、オートコンプリートデータとして保存したのか等、定かでない部分も多いかも知れません。

ですが、1時間以内や過去1日であればある程度記憶に残ってると思いますので、この閲覧履歴データの削除を用いて対象のGoogleChromeにおけるオートコンプリートデータを削除しましょう。

続いてはオートコンプリートデータの期間ではなく、特定のサイトにおけるコンプリートデータの削除方法についてご紹介します。

特定のサイトにおけるコンプリートデータ削除方法

共有のパソコンを使用している場合などで、ある特定のサイトだけはログインIDやパスワードについてのオートコンプリートを消しておきたいというかたも一定数いらっしゃると思います。

そのようなかた向けに手順を説明します。
まずは、GoogleChromeを開き、画面の右上にあるGoogleChromeの設定をクリックしてください。

クリックすると一覧が表示されますので設定ボタンを押下してください。

設定画面が表示されますので、パスワードという項目が表示されていると思いますので、パスワードをクリックしてください。

このパスワードの管理をクリックすると、ご自身がGoogleChrome上で保存しているフォームとパスワードがサイト毎に出てきます。
(サイト別で表示されます。)

GoogleChromeにおけるオートコンプリートを削除したいサイトの横に×印が表示されてますのでそちらを押していただきますとサイトのオートコンプリートが削除されます。

まとめ

この記事ではGoogleChromeのオートコンプリートの削除方法について説明させていただきました。

大まかに述べますと、

①Chromeのオートコンプリートをひとつずつ削除する方法
②Chromeメニューの設定画面より全て削除する方法
③全て削除するのではなく対象の期間を指定することで部分的に削除する方法
④特定のサイトについてオートコンプリートを削除する方法

についてご紹介しました。

GoogleChromeのオートコンプリートは以前に行ったキーワード検索についてもう一度検索する際、キーワードをもう一度入力しなくてもオートコンプリートより選択することで楽に検索が可能となる便利な機能です。

また、いつもログインするサイトについてもIDやパスワードをオートコンプリートしておくことでこれらを入力する手間が省けます。

ですが、繰り返し検索しなくても良いキーワードについてもオートコンプリートとして残ってしまっているため、場合によっては煩わしくなってしまうケースもあります。

また、サイトのIDやパスワードがオートコンプリートされていることにより誰もがログインできてしまう状態を長い間保ってしまうことはセキュリティー上好ましくありません。

そのような際に、今回ご紹介したGoogleChromeのオートコンプリート削除機能が役に立ちます。

オートコンプリートを削除する際も、ひとつのキーワードのみをオートコンプリートから削除するのか、全てのキーワードが不要なためオートコンプリートから全削除するのか、それとも期間やサイトなどを絞った上で部分的に削除するのかを機能によって切り分けることが可能です。

場面や状況、普段の使い方によってもGoogleChromeのオートコンプリート削除機能の使い方は変わってくると思いますので適した使用方法を選びましょう。

引用:Googleヘルプ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
たなか かな
多くの方に役立てるよう頑張ります。
2018年よりお世話になります。 家電やソフトウェアについてそれなりに詳しいと思います。 情報を紹介するとともに自分も詳しくなろうと思います。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧