chromeを再起動させるにはどうしたらいい?再起動の方法について解説!

目次

chromeを再起動させるにはどうしたらいい?

皆さんはchromeを使用していて、動作が遅くなってしまったりしたことはありませんか?
あまりにそれがひどいと、一度再起動してみるのも手段の一つです。

しかし、皆さんはchromeで再起動する方法、ご存知ですか?
ただ終了ボタンを押してもう一度chromeを開く、だけではなくちゃんとした方法が存在するのです!

今回はその方法について詳しく解説していきますよ。

ぜひ覚えておきましょう!

chromeの再起動はどういった場合にするのか

chromeの再起動はどういった場合にした方がいいのか?
むやみやたらに再起動をするわけにもいきません。大切なデータの損失にも繋がってしまいますしね。

というわけで、再起動をした方がいいケースについて解説をしていきます。

chromeの再起動をする場合①

まずは、拡張機能のインストールをした後です。
インストールした直後の拡張機能はうまく反映されていないケースも稀にあります。

そのような現象を防ぐために、インストールしたら一度chromeを再起動して、読み込み直してあげるとスムーズに反映されますよ。

chromeの再起動をする場合②

次に再起動が必要なケースは、使用し続けて動作が重くなったり、読み込みが遅くなってしまっている場合です。
このような場合、一旦chromeを再起動してあげると回復することがありますのでお試しください。

また、なんらかの原因でchromeがフリーズしてしまったり操作を受け付けなくなってしまった場合にも再起動が有効です。

このような場合、いくら待っても復旧しないケースが多いです。それでも待っているのは時間の無駄になってしまうので、正しい手順および方法でchromeを再起動してしまいましょう。

chromeを再起動する手順

それでは、実際にchromeを再起動してみましょう。
chromeのブラウザごと再起動する方法と、一部のタブのみを事実上再起動する方法の二つについて詳しく解説していきますよ。

chromeを再起動する手順①

実は、chromeではとても簡単に再起動をする方法があるんです。

chrome 再 起動

こちらは、実際のchromeの画面です。
ここから、さっそく再起動をしてみましょう。

その方法はとっても簡単!
chromeのアドレスバーに
「chrome://restart」
と打ち込んでみてください。
または、上記アドレスをコピー&ペーストしていただいても結構です。
入力ミスを防げますね。

chrome 再 起動

入力ができたら、そのままEnterキーを押してください。
すぐさまchromeが再起動を開始します。

アドレスを打ち込むだけで再起動が可能なのは便利ですね。
実は再起動した時、その時開いていたタブなども復元して再起動してくれます。
非常時に慌てて再起動しても、ページを開き直したりせずにすみますね。

ただし、その時ページ上でしていた作業などは復元することができない場合が多いです。
そうなってしまうと作業をやり直すことにもなりかねません。
なので作業中の場合は一旦キリのいいところで終わらせるか、一度保存などをしておくのがおすすめです。

chromeを再起動する手順②

一部のタブなどの読み込みが遅くなってしまった場合、ブラウザごと再起動してしまうのは少し怖い気もしますね。

なので、異常を起こしたタブのみを強制終了し、再度読み込む方法についても解説しておきましょう。

chrome 再 起動

アドレスバー右端からメニューを開きます。
この中から「その他のツール」を開いてください。

出てきたメニューから「タスクマネージャ」を開きましょう。

chrome 再 起動

このようなウインドウが出てきます。
chrome上のタブの中で、負荷がかかっているタブを調べたりもできる便利な機能です。
読み込みが異常に遅い、なんて時はどのタブに負荷がかかっているのか一目でわかりますね。

chrome 再 起動

この中から、一旦強制終了させたいタブを選択します。
選択したら、右下の「プロセスを終了」をクリックしましょう。
クリックしてもタブがすぐ閉じてしまうわけではありませんので、一思いにやってしまいましょう。

chrome 再 起動

終了させられたタブはこのような画面になります。
ここで青く表示されている「再読み込み」をクリックすれば、ページの復元が可能です。
事実上一部のタブのみを再起動することができるわけですね。

負荷がかかりすぎているタブのみを再起動することで、chrome全体の負担を減らすことも可能です。
なぜか動作が遅い、読み込みが遅いと感じた時はタスクマネージャから原因を探ってみてくださいね。

こちらの方法でも、ページ上の作業が失われてしまうケースがあるのでご注意ください。一度作業を終わらせておくか、保存しておくことをお勧めします。

chromeをすばやく再起動させる方法もある

アドレスを打ち込んでEnterを押すだけで良いため、非常に手軽に再起動できることがわかりましたね。
しかし、もっと素早く再起動させる方法もあります。

chromeを素早く再起動する手順

ではさっそく解説をしていきましょう。
ここでは、なんとワンクリックでchromeを再起動できるようにしてしまいます!

chromeを素早く再起動する手順①

先ほど再起動のために
「chrome://restart」
というアドレスを入力しましたね。
非常に簡単な手順ではありますが、アドレスの入力は若干の手間がかかります。
いちいち覚えるわけにもいきませんし、コピー&ペーストするにも一手間がかかってしまいます。

なのでいっそのこと、このアドレスをブックマークしてしまいましょう。

chromeを素早く再起動する手順②

アドレスバーの右端からメニューを開きます。
ここから、「ブックマーク」をクリックしてください。

chrome 再 起動

出てきた項目の中から、「ブックマーク マネージャ」をクリックしましょう。

chrome 再 起動

このような画面が開きます。

上部の青いバーの右端をクリックしてください。
メニューが開きます。

chrome 再 起動

この中から「新しいブックマークを追加」を選択しましょう。

このような画面が開きます。

chrome 再 起動

下段の「URL」の部分には先ほどの
「chrome://restart」
を入力しておきます。

名前はご自身のわかりやすいものに設定しておきましょう。
*「再起動」としておけばわかりやすいかもしれませんね。

入力が完了したら、「保存」をクリックして追加が完了です。

chrome 再 起動

ブックマークバーを表示させておけば、上部に先ほど追加した「再起動」のブックマークが見えるようになりますね。

つまり、再起動させたくなった時はこの部分をクリックするだけでchromeを再起動させることが可能です。

アドレスを打ち込むだけだった方法が、ついにたったのワンクリックまで簡略化されました。
とても簡単で手軽になりましたね。

いざという時にすぐに再起動ができるようになるため、ブックマークに追加しておけばかなり快適になります。

chromeを再起動してもタブをそのまま表示できる方法

上記の方法でもうまくいかない時は、一旦強制的にchromeを閉じてしまうケースも考えられます。
そうなってしまった場合、開いていたタブがどうなるのか少し心配ですよね。
すべて失われてしまうのは勿体無いですし、開き直すのはかなりの手間を要するときもあります。

そんなケースに備えて、再起動してもタブを復元できる設定にしておきましょう!

chrome 再 起動

まずはchromeのアドレスバー部分の右端から「設定」を開きます。

左上「設定」の文字の横にある三本線をクリック。

chrome 再 起動

chrome 再 起動

この中から、「起動時」という項目を開きます。

chrome 再 起動

このような画面が開きます。

デフォルトでは「新しいタブ ページを開く」が選択されているかと思いますので、「前回開いていたページを開く」を選択しておきましょう。

これで、再起動をしても前回開いていた状態のまま復元してくれるようになります!

強制的に終了した時をはじめ、誤ってchromeを終了してしまった時でもこれで安心できますね。

まとめ

chromeを再起動させたい時というのは、大抵異常があった時などの非常時です。
そんな時でも焦らずに対処ができるよう、再起動の方法はよく覚えておくと活用ができます。

また、chromeを長時間使用しているとキャッシュが溜まってしまうなどの原因から動作が重くなったり、読み込みが遅くなってしまったりと不便な思いをしてしまいます。
そんな時に、適切に再起動の処置をしておいて快適なブラウジングができると良いでしょう。

ちなみに本記事で何度も述べていますが、再起動した際にはページ上の作業やデータが失われる場合があります。
焦って再起動をしてた大切なデータが失われてしまった!なんてことがないように、このことはしっかりと理解しておくことをおすすめします。
あくまで非常手段、くらいの位置付けでchromeの再起動の方法を覚えておくのがよいでしょう。

非常時にも焦らず、快適なブラウジングができるようになっておきましょうね。

読んでいただき、ありがとうございました!

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 5a10d4a8 6650 4964 af93 3405d16f6c91
Written By
弓村 弓太郎
わかりやすい記事の執筆を心がけています。
2018年よりライターとしての活動を開始いたしました。 皆様が読んでわかりやすく、かつ読んでおいてよかったと思っていただける記事の作成をモットーに取り組んでいます。 どうぞよろしくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧