Google Chromeで「このサイトにアクセスできません」と頻繁に出る場合の原因と対処法!

目次

この記事では、Google Chromeのブックマークが消えてしまった場合、Chromeをどのように復元するかを説明したいと思います。

多くの方が使っているGoogle Chromeのブックマーク機能ですが、誤って削除しまった場合や他のパソコンでChromeにログインした際にブックマークを削除した場合、ブックマークを整理したが後ほど考えると整理前のブックマーク構成が理想的であったなど、Chromeのブックマークを復元する理由は多くのものがあります。

そんなChromeブックマークの復元ですが、どのように復元するかといいますと、パソコンなどに保存されているChromeのブックマークにおけるバックアップファイルを用いて行います。

詳細な手順は後ほど記載しますが、作業の概要としては、

①Google Chromeのバックアップファイルをコピーする。
②コピーしたGoogle Chromeのバックアップファイルをリネームする
③ブックマークを読み込むためにGoogle Chromeを再起動する

詳細は割愛していますが、作業の概要としてはそこまで多くはないと思います。

実際に復元作業を行うとしても、Chromeの同期を一時的に止めておく等が入ってくるだけですのでそこまでは難しい作業ではないのでご安心ください。

Google Chromeブックマーク復元作業

それでは、Google Chromeのブックマーク復元作業をご説明します。

まずはGoogle Chromeを開いてください。開いて頂きますと、右上に設定ボタンがありますので、設定ボタンを押してください。

chrome

設定ボタンを押下するとメニューの一覧が表示されますので、ユーザー項目より同期の設定を探してください。

同期の設定が見つかりましたら当ボタンを押してください。

chrome この サイト に アクセス できません

ボタンを選択して頂くとメニューが表示されますので、現在の同期における設定値を確認してみてください。

ここですべてを同期するになっていましたら、同期のタイプを選択するに変更してください。

この変更によってGoogle Chromeで何を同期するかを選ぶことができます。実際に一覧を見ていただきますとブックマークがあることを確認できると思います。

今回はGoogle Chromeのブックマーク復元作業での設定ですので、ブックマークの同期が設定されていると好ましくない状況が発生します。

ブックマークを復元した後に同期が行われることによって、また復元前に戻ってしまうことも起こりえますので念のため同期設定ははずしておきます。

このような理由により、同期するデータのタイプよりブックマークを外しておきます。はじめからチェックがはずれていることもあるかもしれませんが、チェックが入っていたら外しておきましょう。

これでChromeのブックマークの復元作業における同期を外す作業は完了しました。

続いては、Google Chromeのブックマークにおけるバックアップファイルのコピーに進んでいきます。

バックアップファイルの格納場所

バックアップファイルはデバイスの違いだけでなくパソコンのバージョンによって格納フォルダーもことなりますが概ね以下の場所に保存されています。

①windows7
Cドライブ>ユーザー>(ユーザー名)>AppData>Local>Google>Chrome>Application>Default>Bookmarks.bak

②windowsXP
C>Documents and Settings>(ユーザー名)>Local Settings>Application Data>Google>Chrome>User Data>Default>Bookmarks.bak

それぞれのバージョンにおいて格納されているバックアップファイルを発見出来たでしょうか。

このバックアップファイルをみてみますと、現在存在するバックアップファイルよりも容量が大きく、更新日付が現在のバックアップよりも過去になっていると思います。
※以前にブックマークをたくさん作成していた方ほど容量は大きくなります。

似ている名前もおおいと思いますので、ファイルのサイズや最終更新時間も確認しておきましょう。

見つけたバックアップファイルにつきまして、ファイルを複製します。この複製したファイルを用いることでGoogle Chromeにおけるブックマークを復元します。

コピーしたブックマークファイルのバックアップはコピーという名前がついていると思いますが、このファイルを正式名称に戻します。

正式名称に戻す前に忘れてはいけないのが現在のブックマークファイルを削除することです。

残したまま、コピーしたブックマークファイルを正式名称にしますと同じファイル名が存在するため、エラーになってしまいコピーしたブックマークファイルを正式名称に変更することができません。

現在のブックマークファイルを削除しましたら、コピーしたブックマークファイル名を変更しましょう。

これでGoogle Chromeのブックマークを復元する準備は整いました。それではブックマークを復元させましょう!

最後に行うことですが、Google Chromeを開いていたら閉じてください。開いていなければ特に作業はありません。

その状態でGoogle Chromeを開いてください。うまくいっていればGoogle Chromeのブックマークが復元しているはずです。

ブックマークファイルのバックアップ方法

このようにブックマークファイルのバックアップはGoogle Chromeのブックマークがなくなってしまった時に大いに役に立ちます。

反対にバックアップをとっていない場合、Chromeのブックマークがなくなってしまった場合に復元することができません。

また、ブックマークを復元するにしても最終保存から時間が経ってしまっている場合、途中で追加したものがブックマークのバックアップに反映されていない可能性もありますので、面倒だとは思いますが、こまめにバックアップファイルを作成しておき、ブックマークを復元できる状態にしておきましょう。

ここでは念のため、ブックマークファイルをエクスポートする手段を記載します。

まずはGoogle Chrome画面を開いてください。その後にブックマークを選び、ブックマークマネージャーを選択してください。

ブックマーク1

選択しましたら管理を選んで頂きまして、HTMLファイルでエクスポートを選んでください。

ブックマーク2

このエクスポートしたブックマークのバックアップファイルをインポートすることによってブックマークを復元することも可能となります。

ブックマーク3

その後は任意のフォルダを選んで頂きブックマークのバックアップファイルを保存します。これでブックマークの保存が行えました。

この作業によってGoogle Chromeにてブックマークがなくなってしまった場合でも上記の作業を行うことによってすぐに復元することが可能となります。

ここまでの作業によって概ねブックマークの復元はできていると思いますが、それでもできていないという場合、異なるGoogleアカウントでログインしていないかも確認してみましょう。

普段は簡単にできることも焦っているときなどは初歩的なミスをしてしまうこともあります。

アカウント以外にもバックアップファイルのファイル名変更においてファイル名を違ったものにしてしまうことがあります。

焦っているときほど注意してブックマークの設定などをするようにしてください。

まとめ

この記事ではGoogle Chromeのブックマークを誤って削除等してしまった場合のブックマークファイルの復元方法などについて説明させていただきました。

要約しますと、

①Google Chromeにおけるブックマーク保存ファイルのバージョンごとの格納場所

②ブックマークにかかる設定での同期をストップする手段

③実際にGoogle Chromeでブックマークを復元する手順

④Google Chromeのブックマークにおけるエクスポート手順

について解説させていただきました。

Google Chromeは多くの方が使っている機能でもあるため、少しの不具合でも広く影響がでることがあります。

何かあった場合でもすぐに復元できるようあらかじめ用意をしておくことが重要になってきます。

今回はブックマークの復元についてでしたので、こちらに関しては多少面倒でもあらかじめブックマークのファイルを定期的に保存しておくことがブックマークの迅速な復旧につながります。

ブックマークファイルのエクスポートは確かに行うことが面倒な時もありますが、慣れてしまえば数分で終わる作業ですので事前に行っておくことでGoogle Chromeのブックマークが壊れてしまった際の復元を早急に行いましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
たなか かな
多くの方に役立てるよう頑張ります。
2018年よりお世話になります。 家電やソフトウェアについてそれなりに詳しいと思います。 情報を紹介するとともに自分も詳しくなろうと思います。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧