ルンバのバッテリーの交換時期や方法、寿命を紹介!純正や互換の違い、価格や廃棄方法は?

目次

ルンバのバッテリーについて

ルンバが開発され、世の中に登場して、20年以上経ちます。日本で本格的に普及し始めて、10年程になるでしょうか。

今ではすっかり家電製品の一つとして、市民権を得てポピュラーになってきました。 日常の忙しさの中で、活躍してくれるルンバ! なんとなく、ユーモラスに動き回るルンバは可愛いという表現がぴったりです。ルンバを見ているだけで、ついおろそかになってしまいがちな掃除が楽しくなります。

"気がつけば床にはうっすらホコリ"なんていう時に私達に代わってお掃除をしてくれますね。本当にありがたい存在です。そんなルンバですが、掃除ロボットであり、あくまでも機械ですから、メンテナンスが必要ですよね。今回は、バッテリーの交換時期や交換方法にも触れてみます。

また、バッテリーは、価格・利便性・保証・その他の観点から、
純正がいいのか、それとも互換性のある安価な汎用バッテリーでも良いのか!価格に開きがあるので、そのメリット・デメリットについて触れてみます。 さらに、バッテリー交換時期における廃棄方法、寿命についても述べてみます。
ルンバのバッテリーの特性について認識して、正しい使用方法でなるべく長くご使用出来るようにしてください。


画像はルンバ622 クリックするとAmazonに移動します

ルンバのバッテリーについて

私がルンバを初めて購入したのは、10年前です。その頃は、ルンバは 既にかなりの充実した機能を持っていました。 ルンバは、勝手に動くので、それが楽しくて、毎日動かしていましたが、意外と早くバッテリーの寿命が来たように思います。当時にもバッテリーの交換時期や交換方法について疑問を持っていましたが、純正なのか互換性のある汎用タイプなのかということは、考えませんでした。その後に得た知識ですが、メーカーが謳う説明書には、1年から1年半と記されていました。しかし、この製品はイギリスのメーカーi ROBOT 社により開発され、彼らのマーケティング基準があり、日本の手法とは違い計算方法に解離があります。当然毎日使用しているとバッテリーの機能は落ちてしまい、早々にバッテリーの交換をした記憶があります。さて現在では、バージョンにもよりますが、5年6年近くも使用できるという機種も出ているではありませんか? 技術進歩は著しいですね。

そんなルンバの血液とも言えるバッテリーの交換時期、交換方法、純正がいいのか、互換性のものでもいいのか、廃棄方法や寿命の判断基準についてなど、これらのポイントはルンバをお使いの皆様には是非知っておいてほしい内容です。

画像はルンバ780 クリックするとAmazonに移動します

ルンバのバッテリーの交換時期は?

ルンバのバッテリーの交換時期の目安はどうしたらわかるでしょうか? "1番の判断基準"は、吸い込みパワーがなくなった時ですが、そのほかに以下の現象が起きた時がバッテリーの交換時期の目安です。チェックしてみてください。

時期① ルンバが基地帰還しているか?

掃除が終わってもルンバが基地に戻らずに、作業が途中で止まっていることがあります。バッテリー不足によりセンサーが正常に機能せずに途中で仕事を投げ出している、こんなケースになると故障というよりもバッテリーの寿命が来ていることが多く見られます。 

時期② モーターの吸引力低下!

ルンバが基地に戻ったとしてもゴミの集約量が通常よりも少なくなっているケースがあります。それは、バッテリー不足による吸引効果異問題ありです。これもバッテリーの寿命の可能性ありです。 
✲✽注意 掃除点検不足による吸引不良も有り得ますので、掃除は豆にしておきましょう。

画像はルンバ960 クリックするとAmazonに移動します

時期③ ルンバの使用期間!

ルンバの機種 780,770,760などの700シリーズなら→1年半!、

880,871,870シリーズモデルなら→3年! **

"新型ルンバ980"**タイプで 経過年数が5年以上の経過で、

バッテリーの寿命が来ます。この年数を経過したら要注意です。ルンバの状態を確かめて下さい。

時期④ 掃除時間が極端に短い!

ルンバが掃除を始めてから、掃除時間が10分くらいで終わってしまう様なケースでは、正常に作動しているとは言えません。 これもバッテリー機能低下による誤作動の可能性が高いのでバッテリーの交換時期の目安と言えるでしょう。

時期⑤ ルンバの隠れた情報

ルンバのバッテリーは、何回くらい充電できるのかというと、だいたい充充電回数300回~500回くらいになります。200回の開きがありますが、これは、毎日の充電の方法により異なります。バッテリーの中では満タンにしないほうがいいと言われています。携帯電話でも同じですが、満タン充電でなく80%くらいに止めることで長持ちをさせることができます。 そして使い切ることです。携帯電池の場合は80%の表示が出るので判断できますが、ルンバはそうはいかないので、100%にするしかないでしょうが、使い切ることが寿命に影響します。 リチウムイオンバッテリーを使用している場合は、約6年間電池が持ちます。

ルンバ用バッテリー(Xlifeバッテリー)を使用している場合は、約3年間電池が持ちます。ルンバの700シリーズと600シリーズの場合だと、約1.5年間電池が持ちます。
それ以外の500シリーズとそれ以前のルンバでは、約1年間から1年半が目処でしょう。もちろん使用頻度により変わります。

しかし実は、ルンバの電池が持続する期間の目安は「週に4回使う場合」を想定して計算されています。この計算基準が、ルンバ発祥の地のマーケティング感覚なのかしれません。

日常的に掃除を行う日本人感覚とはかなりの感覚の開きがあります。私たちの感覚で使用していると以外に早く電池は減り、したがって寿命も自ずと短くなってしまいます。

ルンバのバッテリーの寿命はどのくらい?

以前は、メーカーの充電池の寿命は1年~1年半となっていましたが、現在では電池そのものの技術が発達して、バッテリー寿命も大きく伸びてきている機種も登場しています。何度も充電を繰り返すことで、バッテリー内に発生するメモリー効果というものがあります。メモリー効果は、その能力を著しく低下させてしまいます。 しかし、近頃ではバッテリーのメモリ効果現象の改善に伴い、リチウムイオン電池の技術も進歩して、バッテリー寿命は格段に伸びてきました。

しかし、それでもルンバを動かしているものは、バッテリーにほかなりませんので、その寿命が気になるところです。
モーターそのものは、早々に故障するものではないからです。 ルンバが正常に動かないとき、筐体機器そのものの故障だと思いがちですが、まずは電器店もしくは直接メーカーなどに尋ねてみて、バッテリー交換のアドバイスを受けてみましょう。バッテリーを交換することで、正常に機能し、動いてくれることの方が多いといえます。バッテリー寿命は、部屋の広さや使用頻度と充電回数により変わります。 一般的に言えることは、300回から500回ですから、毎日使用して充電していると、約1年から1年半です。ただし、最近では性能が上位機種により、1年半、3年、5年とバッテリー寿命が伸びてきたことは、前段でのべたとおりです。

ルンバのバッテリーの交換方法は?

手順①

ルンバを裏返し、取り外すネジの確認をする。ブラシのネジは外さなくても蓋は取れるが、外したほうがやりやすい。

手順②

ネジを外し蓋を取る。 ネジは5個

手順③

古いバッテリーを両サイドにある紐で引っ張り抜く。

手順④

新しいバッテリーを上下逆さにならないように入れる。入れるとルンバが反応してピポポと反応する。それで正常です。

手順⑤

ついでにゴミや髪の毛が掃除ブラシなどが付着しているので掃除機で吸ってきれいにしておこう。髪の毛は絡んだり回転軸にぐるぐる巻になっていることもありますのでその際は、手で取らなければならないかもしれません。バッテリーの交換時だけでなく、このメンテナンスをしておくことで故障やバッテリーの長持ちにもつながります。

手順⑥

蓋を取り付けるネジを締める。

やってみるとあまりにも簡単で拍子抜けするくらいです。女性の方でも簡単にできます。

ルンバのバッテリーを選ぶ時のポイントは?

ルンバのバッテリーは、純正品と汎用タイプがあります。

ルンバのバッテリー交換をしなければいけない時に純正バッテリーと汎用バッテリー(交換用バッテリー・互換バッテリー)の違いについて述べてみましょう。ルンバは、バッテリーが悪くなるとルンバの動きに症状として現れてきます。故障の際は
ご購入の店舗に問い合わせて保証期間内であれば修理できますが、バッテリーの交換については、購入しなければなりません。その際には、純正品と交換用バッテリー(汎用タイプ製品)のどちらかを選択する必要があります。
このフレーズでは、バッテリーを交換する皆様の判断の一つとして参考にしてしてください。

ポイント① 純正を選ぶのか?

結論から申し上げますと、保証や故障などのことを総合的に考えますと純正品を選択することを推奨します。純正品について詳しく述べてみます。

純正バッテリーの特徴

ルンバの純正バッテリー
純正品は、イギリスのiRobot社によって製造されている正規品のバッテリーです。
このバッテリーには、ニッケル水素電池が使用されており、バッテリー容量は3,000mAhで、充電回数にもよりますが、7シリーズで約1年-1年半使用できます。
バッテリー容量の数字が大きければ大きいほど長期間使えるという意味になります。

バッテリーの品質は正規品であれば問題なく、寿命時間を使用することができるでしょう。もちろん使用頻度・環境により、その性能は変わることは、言うまでもありませんが、メーカーパンフにある表示通りの期間、1年から1年半は問題なく使用できます。
純正バッテリーのメリットとしては、高品質・保証・アフターフォローです。やはり純正は安心感があります。 
純正バッテリーのデメリットとしては当然保証があるので価格が高くなります。純正バッテリーの価格は約10,000円前後となっています。消耗品として1年、1年半に1回交換の交換が必要でランニングコストとしてルンバ購入の際には、良く検討しておく必要があります。 上級タイプにおいては、3年 から5・6年と飛躍的に寿命が伸びています。

ポイント② 汎用タイプを選ぶのか?

結論としては、汎用タイプを選択するとしたらメリットは価格です。保証がないこと、また、新しく購入した時に、場合によっては動かないケースもあるということを認識しておく必要が有ります。(後に詳細を記します。)

ポイント③汎用製品バッテリーについてしっかりと知ろう

汎用タイプ(非正規品)のバッテリーは、iRobot社以外の会社が製造したもので仕様をルンバ製品に合わせるためにニッケル水素バッテリーの容量を増やしたり、リチウムイオン電池を使用しているものがありますが、ニッケル水素電池の容量を増やしているものは、ルンバ純正バッテリーの性能を凌駕して3,000mAhに対し、3,300mAhや3,500mAh程のものがあり、純正品より長く使えるというメリットがあります。 性能の点では問題はありませんが、機械本体への保証がないと言う点でデメリットがあります。 本来、メーカーの注意書きで純正品を使用していなければ、保証しませんという注意が書いてありますので、保証を必須と考えの方は、純正品を使用すべきです。「どうせ、あとでルンバそのものを買い替えをするので」と言う方であれば、汎用品でもいいかもしれません。
互換・交換バッテリーは、とにかく価格が安いのが、大きなメリットです。
汎用バッテリーは、3000円くらいから販売されています。容量も大きく設定されているために電池そのものが長く使用できるという利点があります。 欠点はメーカー保証がない。これにつきます。汎用タイプの互換バッテリーは、いいことばかりではありません。

ポイント④ 汎用タイプの欠点を知ろう

1.品質が不安定・液漏れの可能性もあり・ルンバを故障させる可能性があります。

2.動かない。(バッテリーを交換後にルンバが動かない。動いてもすぐに止まった。数ヶ月後使用できなくなった)などのクレームがメーカーに寄せられることがあります。 

ポイント⑤ルンバのバッテリーは消耗品であることを知ろう

7000円の違いは家計にとっては、大きいのですが、あとのことを考えるのであれば、純正品がベストです。

ルンバのバッテリーは消耗品とお考えになり、できれば純正品を使うことが後々のトラブルを避けることになります。 汎用タイプの互換バッテリーを購入するときは、ちょっとした覚悟が必要ですね。3000円前後の製品にばらつきがあり、結局、安物買いの銭失いになりかねません。 
(10,000円÷12ヶ月から18ヶ月 最低レインの12ヶ月で計算して月あたり833円です。汎用品バッテリーは運に左右されますのでご注意を。
3,000円前後で運よく品質の高いものが当たれば一番良いのですが、はずれを引いてしまっても仕方ありません。

純正バッテリーと汎用タイプの互換バッテリー!どちらのバッテリーを選ぶかはあなた次第ですが、私達はルンバ愛好者としては、出来る限り大切にルンバを長く使ってほしいので、より安全な純正品をお使いいただくことをお勧めします。

ルンバの純正バッテリーの特徴は?

特徴① 純正品は品質が安定!

製造工場においては、ライン化されているためにクオリティが高く不良品がほぼありません。

特徴② 保証/アフターサービス

純正バッテリー使用においては、製品が保証されているため後のことを考えれば純正品を使用した方がいいことは周知の事実ですが、価格が汎用品に較べて、3倍もするのでここは考えてしまいますね。

ルンバの互換バッテリーの特徴は?

特徴① 2種類のバッテリー

iRobot社では、二種類のバッテリーの販売をしています。汎用バッテリーのメーカーもリチウムイオンバッテリーとニッケル水素バッテリーを製造しています。汎用バッテリーにおいては、ルンバ製造メーカーのバッテリーよりも10%くらいアップした容量で製造しており、ルンバを少し長めに使用できます。

特徴② 品質のバラツキ!

汎用バッテリーは、機能的には問題はないものの品質の"バラツキ"があります。いざ交換時に作動させた際に動かないことあったり、3ヶ月・6ヶ月使用出来ていても突然作動しないなど"モノ"によっては、不良品が発生することがあり、安心感という面で難があります。

特徴③ 製造場所のほとんどが中国!

バッテリーの製造に関しては、中国が世界1・2位の位置を占めているのが現状があります。中国でも日本の会社のような製造ポリシーの管理下の製造であれば、品質もいいのですが、中国独自の下請け工場などで作っているバッテリーに関しては、品質にバラツキがあります。

ルンバの純正バッテリーと互換バッテリーの価格は?


画像はiRobot XLifeバッテリー クリックするとAmazonに移動します

①純正バッテリーの価格

iRobot XLifeバッテリー

参考価格 10800円(税込み)

500-800シリーズのルンバに対応

アマゾンでは、上記の価格の2000円オフ位で販売しているケースもある。

iRobotリチウムイオンバッテリー

参考価格 12960円(税込み)

900シリーズ,885,876,875に対応

通販では売られていない。

②互換バッテリーの価格

汎用バッテリータイプの価格は、だいたい3,000円前後で販売されている。

ルンバの純正バッテリーと互換バッテリーの違いは?

前段のフレーズと重複しますが、筆者がメーカーのコンサルティングをしていた観点から、純正品と汎用性のバッテリーの違いについて述べます。

違い①製品の安定度合い

純正品は、ルンバの機器、基盤、商品設計上などすべてのことを考慮して、作られています。その部品各々が非常に緻密に考えられているので完成度が高く、したがってそれがクオリティに反映します。バッテリーに関して、筆者なりに星をつけてみました。(5段階)

製品の品質

純正品 ☆☆☆☆☆
汎用バッテリー ☆☆☆★★

違い② バッテリー容量

総じて、汎用バッテリーが10%くらい容量が大きい。

バッテリー容量

純正品 ☆☆☆☆★
汎用バッテリー ☆☆☆☆☆

違い③保証

機械に対する保証

純正品 ☆☆☆☆☆
汎用バッテリー ☆★★★★★

バッテリー対する保証

純正品1年 ☆☆☆☆☆
汎用バッテリー1年 ☆☆☆☆★

以上のような評価となりました。
参考になるでしょうか。


画像は汎用バッテリー クリックするとAmazonに移動します

ルンバのバッテリーを廃棄したい時の処理方法は?

ルンバ用のバッテリーを交換したあとにはバッテリーを廃棄しなければなりません。さてどのように廃棄したらいいでしょうか? 

① 家電量販店で回収

バッテリーをお近くの家電量販店に持参するわけですが、一つ注意点があります。持っていく際には、電池をショートさせないように注意する必要があります。
電池がショートを防ぐ方法として、プラス極とマイナス極に絶縁テープで金属に触れないようにしておくこと。

② ホームセンターでの回収

ルンバのバッテリーを回収してくれるホームセンターを探しましょう。

③ 充電式電池リサイクル協力店や自治体

充電式電池リサイクル協力店や地方自治体でも、充電式電池を引き取ってもらえる所があります。

④ サポートセンターに電話

引き取ってもらえる場所が分からない場合は、ルンバのサポートセンターに電話するのが手っ取り早いです。
バッテリーを引き取ってくれる量販店などを、無料で教えてもらうことができます。

⑤ リサイクル

お近くに家電量販店やホームセンターがない場合は、「リサイクル品として引き取ってもらう」方法があります。
その際には、必ずリサイクルマークの確認をしてください。 ついていいない場合は、引取りを拒絶される場合があります。 残念ですが、ルンバの純正バッテリー以外のもには、リサイクルマークがついていないケースが多いのです。
マークがなく、リサイクル回収が不可能なときはゴミと処理して廃棄してください。
ルンバに使用されているバッテリは、’’ニッケル水素電池’’ですので、小型充電式電池として資源ゴミ回収で引き取ってもらうことができます。

ルンバ本体を処分・廃棄する方法は?

ルンバ本体を廃棄・処分するには、どうすればいいのでしょうか?

① 燃えないゴミとして出す

お住いの自治体指定のゴミ袋に入れて出すことになります。

② 大型ゴミとして出すのか?

電話で大型ごみ収集の受付をしているセンターに連絡することにすることになります。
大型ごみ処理のシールをコンビニのレジなどで購入し、見やすい場所に貼って出します。

まとめ 汎用タイプも1年間保証があるが?

これまでに述べてきましたルンバのバッテリーは、純正バッテリーがいいのか?汎用バッテリーでいいのか?結論は、純正バッテリーを推奨します。 他のサイトでのコメントで汎用タイプでも十分であるというクチコミなどもありますが、筆者は多くの製品製造に関わってきた経験上、汎用製品における不具合やトラブルに関わってきたので、どうしても汎用バッテリーをおっす目することができませんできません。汎用バッテリーはは安いですが、機械本体への致命的な打撃を与えた時は、保証の対象にならないのです。
一方で汎用タイプのバッテリーそのものは、1年間保証がついているケースが多く、バッテリーそのものだけであれば、お買い得かも知れません。一見筆者意見は矛盾しているかもしれませが、ポイントは、ルンバ本体に影響があるがないかという点と、保証のこの2点です。 そこが判断基準です。価格は圧倒的に汎用バッテリーが安い。それは魅力ですね。交換時期や交換方法に着いて述べてきましたが、時期は使用頻度(充電回数)に影響されるので、1年2年経過した際にルンバの吸い込み状態やパワーなどのチェックで判断してくださいしてください。交換そのものはドライバ一つでできるので主婦の方でも簡単です。汎用品の価格は3000円から4000円、純正品は10000円前後でしたね。

さらに廃棄方法や寿命にも触れてみましたので本文中の各フレーズをご覧になり、参考しにしてください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
川上 一成
私は、現在香港でマーケティングなどのアドバイザリーをしています。職業柄、色々な商品について掘り下げてチェックしています。
履歴 20代 商社にて営業企画 30代 マーケティング及び情報処理関連の業務後、マイクロソフト ウインドウズとインターネットの普及でビジネス情報サイトを構築 40代 ビジネスインキュべーション会社を設立 各大手会社や投資家 起業家のセッティングする業務に従事 50代 海外にてプロジェクトファイナンス会社のディレクターとして、投資家として多くの事業アイテムをマーケティングの観点から検証

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事