chromeで文字サイズを変更しよう!chromeの文字サイズの変更方法!

目次

chromeで文字サイズを変更しよう

データサイズが軽いため高速で動作しやすく、拡張機能も多彩で人気のWEBブラウザ、Google chrome。元々世界有数の検索エンジンやスマホのOSであるAndroidを開発したGoogle社のサービスであるため信頼性が高く、WEBブラウザとして世界一のシェアを誇ります。

PCやスマホでも今ではすっかり一般的になったGoogle chromeの多彩な機能をより快適に使いこなしたいもの。

そこで今回は、初心者の方が真っ先に疑問に思いがちなWEBサイトでの文字サイズの変更方法をスマホ編とPC編に分けて詳しくご紹介します。

【chrome スマホ】現在開いているwebサイトの文字サイズを変更する方法

スマホのOSに関わる文字サイズと、WEBサイトを閲覧する上での文字サイズは別々に管理されていて、スマホのフォントサイズの設定を変更してもWEBサイトには反映されません(設定画面の文字などOSに関わる箇所は除きます)。

これが最初に最も混乱するポイントで、「インターネットの画面が見にくいので文字サイズを変更したが反映されない」という声が多数聞かれます。

ここでは、Google chromeのスマホ版で一時的に文字サイズを変更する方法と、全てのWEBサイトで文字を変更する方法をご紹介します。

【chrome スマホ】現在開いているwebサイトの文字サイズを変更する手順

WEBサイトの一時的な拡大、縮小は最も基本的な操作で、知っている方も多いでしょう。操作はとても簡単で、Google chromeが起動している状態でピンチアウト(2本の指で画面に触れたまま指の間を広げる操作)、ピンチイン(反対に2本の指の間隔を狭める操作)でそれぞれ画面表示の一時的な拡大、縮小が可能です。

意外と知られていない操作として、Google chromeが起動している状態で画面をダブルタップ(2度叩く)し、画面に触れたまま上にスワイプすれば拡大、下にスワイプすれば縮小することもできます。

【chrome スマホ】全てのwebサイトの文字サイズを変更する手順

Google chromeを使用してどのWEBサイトでも文字サイズを変更したい場合は。本体ではなくGoogle chrome自体の設定を変更する必要があります。

設定メニューは画面右上の小さな丸が3つ並んだ表示をタップします。メニューが表示されたら下の方にある【設定】をタップします。

chrome 文字 サイズ

設定をタップしたら【詳細設定】の項目の中にある【ユーザー補助機能】をタップします。

chrome 文字 サイズ

ユーザー補助機能の画面の上部にある、【テキストの拡大と縮小】の項目の下にあるスライダーを左右にドラッグすることで、文字サイズを変更することができます。

chrome 文字 サイズ

スライダーで任意のサイズに変更したら、そのまま戻るボタンを押しても設定は保存されています。これで、Google chromeの文字サイズの変更は完了です。

ちなみに、WEBサイト内のテキストのサイズは変更できますが、メニュー表示などテキストと認識していない部分は変わらないことがあります。

【chrome pc】全てのwebサイトの文字サイズを変更する方法

PCでWEBブラウジングにGoogle chromeを使用している場合でも、文字サイズの一時的な変更や設定での変更が可能です(検証環境:Windows7)。

【chrome pc】現在開いているwebサイトの文字サイズを変更する手順

Google chromeを起動したら、画面右上にスマホと同じように●が縦に3つ並んだアイコンをクリックし、設定メニューを開きます。

chrome 文字 サイズ

設定メニューの中段にある【ズーム】の項目の右側にある-と+をクリックすることで、Google chromeの文字サイズを25パーセントから500パーセントの間で変更することができます。

さらに右側にあるアイコンをクリックすることで、全画面表示に変更することができ、キーボードのF11キーを押すことで元に戻すことができます。

また、キーボードのショートカットでより素早く文字サイズを変更することができます。

キーボードのCTRLキーを押しながら+キーを押すことでズームイン、-キーを押すことでズームアウトができます。こちらも同様に25パーセントから500パーセントまで文字サイズを変更できます。

どちらの操作も一時的なもので、別のWEBサイトにジャンプすると文字サイズがリセットされます。

【chrome pc】全てのwebサイトの文字サイズを変更する手順

どのWEBサイトでも文字サイズの変更を適用したい場合も、設定メニューから変更することができます。

まず、先ほどと同じ手順で設定メニューを表示させ、さらに【設定】をクリックします。

chrome 文字 サイズ

表示された画面の中段、【デザイン】の項目で、Google chromeの文字サイズを変更することができます。

chrome 文字 サイズ

【フォントサイズ】を変更することで文字サイズだけを、【ページのズーム】から変更することで文字サイズと画像サイズを変更できます。

chromeでの文字サイズの注意点とは?文字サイズが変更できない場合は?

chromeで文字サイズの注意点

Google chromeの文字サイズ変わらない場合に、注意しなければならないことがいくつかあります。

一つ目は、「全てのWEBサイトで文字サイズを変更できるわけではない」ということです。WEBサイトの中にはレイアウトの面が考慮され、管理者が設定した文字サイズ以外の設定が適用されない可能性があります。これはGoogle chromeの問題ではないということです。

二つ目に、文字サイズや画像サイズを変更することでレイアウトが崩れてしまいかえって見にくくなるということがあります。特に画像を多用しているWEBサイトだと画面の位置関係がおかしくなりやすいです。

三つ目に、「アイコン化などをされている文字は変更できないことがある」という点。文字に見えても作成者によって画像化されている場合、フォントサイズからは変更できない、または大きさそのものが変わらないこともあります。

四つ目が、Google chromeがエラーを起こしている可能性があります。アップデートを適用、または一度アンインストールして再インストールすることで文字サイズが変更できるようになる可能性があります。

最後に、Google chromeの設定の問題で文字サイズが変更できないケースがあります。この場合は設定を変更することで文字サイズが変えられるようになる可能性があります。以下、ポイントと対処方法をご紹介します。

chromeで文字サイズを変更できない場合の対処法

「ズームインやズームアウトはできるのに、設定からだと文字サイズが変更できない」といった場合や、「全体を見るために文字サイズを小さくしたいのにできないが、大きくすることはできる」といった場合、Google chromeの設定を変更することで改善する可能性があります。

原因は、日本語版のGoogle chromeだけに設定されている最小フォントサイズの設定値にあります。日本語版のGoogle chromeでは初期設定で最小フォントサイズが10pxに設定されています。

pxはピクセルの略称でこの場合は文字サイズの大きさを表わす単位です。最小フォントサイズが10pxに設定されている場合、それより小さなフォントサイズに変更することができません。

そこで、Google chromeの設定画面から最小フォントサイズを変更します。

操作方法は先ほどと同じで、Google chromeを起動して右上のメニュー画面をクリックして設定を選択し、メニューが表示されたら【デザイン】の項目の中の【フォントをカスタマイズ】を選択します。

chrome 文字 サイズ

【フォントをカスタマイズ】をクリックすると、以下のような画面が表示されます。

chrome 文字 サイズ

画面右側、赤い四角で囲ったフォントサイズと最小フォントサイズを設定するスライダーがあります。最小フォントサイズは、現在10pxに設定されています。

この最小フォントサイズのスライダーを左側にドラッグすることで、最小で6pxまで1単位で調整が可能です。すぐ右側でプレビューが確認できます。

まずは最小フォントサイズを設定してから、上のフォントサイズを変更することで、既定値以下の文字サイズを表示させることができます。

まとめ

今回はGoogle chromeの文字サイズを変更する方法をスマホとPCに分けて個別に解説し、文字サイズが変更できない場合の注意点をご紹介しました。

Google chromeは拡張性やカスタマイズ性が高く、ほかにもさまざまな機能があります。より深く理解して快適なWEBブラウジングを楽しんでみてください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
アメ フラシ
初心者の方でも分かりやすいような記事の作成を心がけています。
家電を購入する際、私自身がインターネットで入念に情報を調べたいタイプです。ユーザー目線に立った時に欲しい情報、知りたいポイントなどを、なるべく多くの方にわかりやすく解説することを心がけていきますので、よろしくお願いします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧