Firefoxの自動更新を無効にしたい!対処法をご紹介!

この記事を執筆するにあたって

Wii-Uでドラクエ10をやってると、知らん間にアップデートしててくれて便利なんです。Windows UpdateもGoogle Chromeも勝手に自動更新しててくれるとありがたいなぁ、というのが本音ではあります。ものによっては時間がかかりますしね。とはいえ勝手に再起動されたり、アップデート自体に不具合があったりもしますから、手動更新も必要です。Firefoxは公式で旧バージョンを入手できるのが凄いですねぇ。

Written By 猫俣 ミクスレート

目次

Firefoxの自動更新を無効にしたい!

Firefoxは日々アップデートが行われており、特に設定をいじらない限り、自動で更新が行われます。

このこと自体は非常に便利で決して悪いことではないのですが、たまにアップデートそのものに不具合があったり、あるいはプログラムやアプリがアップデート後の内容と相性が悪かったりすることもあります。

これらの不具合はもちろんすぐに修正されますが、やはりイラッときますし、修正されるまでどれだけの時間がかかるかもわかりません。

不具合が出ているという情報をあらかじめ収集しておき、大丈夫とわかった時点で手動で更新するというのも有効な対策といえるでしょう。

そこで今回は、Firefoxの自動更新を無効にする方法や、手動で更新する方法についてお伝えしていきます。

Mozilla Maintenance Serviceとは

まずはFirefoxの自動更新を制御している「Mozilla Maintenance Service」についてお伝えしていきましょう。

Firefoxの自動更新を制御するプログラム

Firefoxをインストールするとオプションで必ず付いてくるプログラムで、Firefoxの新しいバージョンを自動更新してくれるというもの。

Mozilla Maintenance ServiceはFirefoxだけでなく、Mozillaが開発したメールソフト「Thunderbird」の自動更新も行います。

Thunderbird①

ちなみにこれが「Thunderbird」のダウンロード画面。

Thunderbird②

インストールしてみました。パッと見Outlookと似たような感じですね。使っていくうちに迷惑メールやスパムメールのパターンを学習し、排除してくれるようになっていくみたいです。

【バックグラウンド】Firefox の自動更新を無効にする方法

Firefoxでは更新オプションで、自動更新をオフにすることができます。

【バックグラウンド】Firefox の自動更新を無効にする手順

更新オプション①

画面右上のメニューから、オプションをクリックします。

バックグラウンド

オプション画面の下の方にあるFirefoxの更新カテゴリにある、「更新の確認は行うが、インストールするかを選択する」にチェックを入れます。さらにその下の「更新のインストールにバックグラウンドサービスを使用する」のチェックをはずしておきましょう。すると更新時に「ユーザーアカウント制御」の画面が出て「はい」「いいえ」の確認を求められるため、自動更新をストップさせることができるのです。

【完全に無効にする】Firefox の自動更新を無効にする方法

さらにMozilla Maintenance Serviceを削除してしまえば、Firefoxの自動更新を完全に無効化することも可能です。アップデートは安全を確認してから自分でやるという方は、この方法を使ってみましょう。

【完全に無効にする】Firefoxの自動更新を無効にする手順

完全無効①

コントロールパネルから「プログラムのアンインストール」を選択します。

完全無効②

プログラムの一覧から「Mozilla Maintenance Service」を探しましょう。見つけたらこのプログラムをアンインストールしてしまいます。これで自動更新は完全に無効化されますが、Tunderbirdを使っている方はこちらの自動更新も無効化されますので気を付けてくださいね。

また、やっぱり自動更新したいという方は再インストールすることが可能です。Firefoxを再インストールすることでMozilla Maintenance Serviceも自動的に再インストールされますし、

こちら:インストールページ

からMozilla Maintenance Serviceだけをダウンロードすることもできますのでご安心を。

Firefoxを手動で更新する方法とは?

Firefoxの自動更新を無効化したら、手動で更新しなければなりません。Firefoxを手動で更新する方法についてお伝えしていきましょう。

Firefox を手動で更新する手順

手動更新①

画面右上のメニューから「ヘルプ」をクリックします。

手動更新②

ヘルプのメニューから、「Firefoxについて」をクリック。

手動更新③

するとFirefoxの現在のバージョンが表示されます。画像では最新のバージョンになっていますが、バージョンが古い場合はここで更新するかどうかを聞かれることになります。

過去のバージョンに戻すこともできる

Firefoxを最新のバージョンに更新した結果、不具合が出たり、これまで使えていたプログラムが突然使えなくなったりすることもあります。いずれは修正されるでしょうが、いったんFirefoxを古いバージョンに戻すことも可能です。

バージョン確認①

古いバージョンに戻すといっても、そんなに大昔のバージョンにするわけにもいきません。また同じバージョンでも「63.0.2」や「63.0.3」といったように修正が加えられていることもあります。画面右上のオプションから、Firefoxの更新を見れば現在のFirefoxのバージョンを確認することができます。

バージョン確認②

また「更新履歴の表示」をクリックすると、これまでインストールしてきたFirefoxのバージョンが一覧表示されます。これを使って、どのバージョンが不具合の原因なのか探ることができるわけですね。

過去バージョン①

Firefoxの旧バージョンをインストールするには、次のサイトへアクセスしてください。

こちら:旧バージョンダウンロード

ここにはFirefoxの、過去のほぼすべてのバージョンが保存されています。ここでは「バージョン62.0」をインストールしてみましょう。

過去バージョン②

OSごとに分かれていますね。ここでは「Win64」を選択します。Windowsの64ビット環境ということですね。もしPCが32ビット環境であるなら、「Win32」を選択しましょう。

過去バージョン③

言語を選択する画面です。日本語を表わしている「ja/」を選択します。

過去バージョン④

選択したFirefoxのバージョンが表示されていますので、これをクリックすれば旧バージョンのインストールが完了です。基本的に新バージョンはこれまでのFirefoxの問題をクリアするために配信されるものですし、旧バージョンのインストールはあくまで一時的な処置といえます。特に理由がないのであれば、後で最新のバージョンに更新しておきましょう。

まとめ

さて、Firefoxの自動更新を無効化する方法や、Firefoxを手動で更新する方法についてお伝えしてきました。

  • Firefoxをインストールすると「Mozilla Maintenance Service」というプログラムが一緒にインストールされ、このプログラムによって自動更新が制御されている
  • Firefoxの自動更新を無効化するには、オプション画面から自動更新をオフにする
  • Mozilla Maintenance Serviceをアンインストールすれば、自動更新を完全に無効化することも可能
  • Firefoxを手動で更新するには、ヘルプの「Firefoxについて」から行う
  • Firefoxの更新によって不具合がでた時は、Firefoxを旧バージョンに戻してみるのも有効

Firefoxに限らず、プログラムやアプリの更新を自動で行ってくれるのは非常に便利です。しかしアップデート自体に不具合があったり、別のプログラムと相性が悪かったりといったこともないわけではありません。

事前に自動更新を無効にしたり、すでに更新済みの場合は旧バージョンに戻すことで対処することができますので、もしFirefoxの更新で問題が起こった場合は、ぜひ参考にしてくださいね。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 5bee9065 e2c3 445d be72 4492401c6b94
Written By
猫俣 ミクスレート
見ていただける方のニーズにこたえられるよう、魅力的な情報をお伝えしていきます。
猫俣ミクスレートです。2018年9月より参加させていただいております。見ていただける方の「こんな情報を知りたい」「どの商品を購入しようか迷っている」といったニーズにおこたえしたいです。愛猫「ショートケーキ2号」とともに頑張ります♪

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧