【mac】 safariで広告をブロックする方法を画像つきで解説!

この記事を執筆するにあたって

macを使い始めてから、「快適、快適」と、楽しく便利にお気に入りのブログサイトを見たり、買い物をしたりして利用してきたのですが、safariを使っているときの広告が、煩わしく感じるようなっていました。そんな折、娘の言葉がきっかけで、広告をブロックできるようになり、さらに快適なネットサーフィンを楽しめるようになりました。

Written By 関口 一美

目次

safariの広告ブロック

 私は、普段からインターネットを使用するときブラウザは、safariなのですが、どうも最近safariに登場する広告が気になります。先日も娘に大きな声で呼ばれて何だろうと思って近くに行くと、娘が夏休みの自由研究のテーマを探すためにsafariを開いて調べていました。「お母さん、これ消えないの?」とポップアップの広告が何度も現れて消去するのに大変そうでした。娘が不用意に広告をクリックしたことに原因がありますが、広告自体が何回も登場してくることも問題だと母親として反省しました。そこで、macのsafariで広告をブロックしたい!という方が他にもいるだろう思いましたのでご紹介します。

【mac】 safariの機能拡張で広告をブロックする方法

 safariを使っているときに、実際に私のお気に入りのホームページに出てくる広告をブロックする手順を safariの機能拡張の画像を交えてご紹介いたします。

【mac】 safariの機能拡張で広告をブロックする手順

そもそもSafariの 機能拡張とは、アプリをインストールすることで、ブラウザの動作をカスタマイズすることです。例えば、機能拡張を使用してSNSやNEWSのボタンを表示したり、ほかのアプリの機能にアクセスしたりできるようにすることです。

【mac】 safariで広告をブロックする方法とは?

ブラウザのSafariから、Safari拡張機能にカーソルを選択します。

【mac】 safariで広告をブロックする方法とは?

Safariの拡張機能としてSafari Extensionsが現れます。沢山のアプリが表示されました。しかし、どれが広告をブロックするためのアプリなのか良く、わかりません。中には、英語だらけのものもあり、なるべく日本語で説明されているものを選ぼうと思いました。
そこで、

【mac】 safariで広告をブロックする方法とは?

右上にある検索バーに「ad」と、入力しました。「ad」とは、「広告」のことです。広告に関するアプリを探して、それを使用します。どのようなアプリが出てくるでしょうか。次の画像をご覧ください。

【mac】 safariで広告をブロックする方法とは?

いくつか広告をブロックするアプリが出てきました。無料のものから有料のものまで、高いものだと1000円を超えるアプリもあります。無料と有料のものでは、どのような違いがるのかは、今回検証しないことにして、私は、無料の2つのアプリで迷いました。次の画像です。

safari 広告 ブロック mac

「AdBlock for Safari (左側)」と「AdBlock Plus for Safari (右側)」です。どちらも無料なのですが、口コミ評価が多い「AdBlock for Safari (左側)」を選択しました。(口コミには、良いものと悪いものがあって当然だと割り切って、自分の目で確認してみよう!というスタンスが大事だと、いつも娘に言っていたので、母親の私が率先垂範してみました。)

safari 広告 ブロック mac
こちらのアプリをクリックします。「入手」をポチっとしました。こちらのアプリは無料なので課金されることなくダウンロードが開始されます。

【mac】 safariで広告をブロックする方法とは?

インストールが開始されています。最初「2分」と表示されましたが、実際は1分も待たずにダウンロードできました。(これは通信速度の環境によって異なりますので、ご参考までに)

【mac】 safariで広告をブロックする方法とは?
インストール完了です。あとは、クリックして開きます。

【mac】 safariで広告をブロックする方法とは?

AdBlockのページが表示されました。「Safariの拡張機能から〜有効にして下さい。」とあるので、その通り有効にしました。

【mac】 safariで広告をブロックする方法とは?

これで準備完了です。ここまでの所要時間は、5分程度です。とてもスムーズに作業を完了できました。これで、快適にSafariを使用できそうです。

【mac】 safariの機能拡張での広告ブロックのオプション機能を使ってみよう!

Safari

AdBlockのアプリを開くと、上記のような画面が出てきます。「フィルタリスト」が広告をブロックする側の項目です。フィルタリストがあれば、今回の目的(【mac】 safariで広告をブロックする)は達成されるのですが、中には、「この広告は自分に必要だ」むしろ「このサイトででは、ビッグデータが自分に合っているので、自分向きの広告が見られる。」などの良い点もあるかと思います。そこで、オプション機能の使用してみました。「ホワイトリスト」です。

【mac】 safariの機能拡張での広告ブロックのオプション機能の使用手順

Safari

広告を表示する、表示しないはAdBlockのON、OFFによって変更できるのですが、その都度ON、OFFの切り替えをするのは、大変なものです。ここでは、前述したように、「このサイトの広告はみたい!」というものを許可するための機能です。検索バーの中に、アドレスを入力します。私は、良く閲覧するブログがあるのですが、そこに出てくる広告は、ブロックされなくていいと考えています。結構自分の好きなジャンルの服の広告が載っていたりと、海老蔵さんのブログ経由で買い物をすることもありました。そこで、ブロックがかかった状態だと以下のような感じなのをご覧ください。

safari 広告 ブロック mac
「よろしくお願いします」の下、ADの下が余白担っています。これがまさに広告がブロックされている状態です。AdBlockです。そこで、ホワイトリストに「https://ameblo.jp/ebizo-ichikawa/」
のアドレスをコピペします。すると、
safari 広告 ブロック mac

こちらのブログでは、広告をブロックしない旨のメッセージが確認できます。先ほどまで、AD以下が余白だったホームページはどのように変化したのでしょうか。

safari 広告 ブロック mac
の下に広告が登場しました。洋服の広告です。このような広告は、いくら掲載されても嫌な感じはしませんので、これでオプションのホワイトリストは有効に活用されたことになります。その他、必要に応じてこのオプション機能を使って広告の有無を選択できます。
 ちなみに私は、yahoo!japanの検索サイトもホワイトリストに入力してあります。一見、検索エンジンに出てくる広告は大量のように考えられがちですが、程よい広告の量で嫌いではないので、何かしらの広告がいつも載っています。

【mac】 safariで広告をブロックする必要性とは?

ここまでは、ただ単に広告が煩わしいのでブロックをすると言う理由でブロックの方法についてご紹介しましたが、広告が煩わしいと言う理由以外に広告をブロックする理由、また必要性はどこにあるのか、広告をブロックすることにおける利点についてまとめてみました。

【mac】 safariで広告をブロックする必要性:誤タップ・ウイルス対策

 safariで広告をブロックする必要性は、誤ったクリックやタップによるウィルス感染に他ありません。自分が見たいサイトをクリックする、もしくはタップする際に現れる広告によって、本来自分が検索していたサイト、もしくは、児童や青少年に取って有害なサイト、外国のサイトに飛ばされてしまった経験は誰にでもあることだと思います。そういった誤操作を防ぐと言う面で大いに必要なアイテムです。さらに、それによりウィルス感染を狙ったスパイウェアソフトなども氾濫しているので全く気が抜けません。不必要な広告はブロックした方が安全です。

まとめ

 今回は、Safariの拡張機能で広告をブロックする方法について紹介しました。広告を出す側としては、自分たちが一生懸命考えた広告をブロックされてしまうのは期待外れのことだと思いますが、私たちは、消費者意識として、必要なものと不必要なものを精査して生活していく必要があります。そこでmacの拡張機能を使って、自分のパソコンに合った広告ブロックアプリを入手して欲しいと思います。更に、アプリ内にはオプション機能として、今回は、AdBlockについて紹介しましたが、そのほかにも沢山のアプリを試して欲しいと思います。今では、私も娘も必要以外の広告は表示されず「快適、快適」とネットサーフィンを楽しんでいます。

 

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 730a4082 d8e6 4bb0 a355 278d35e45ce2
Written By
関口 一美
家電大好き主婦です。休日は夫と家電量販店を巡っています。
家電が大好きなので、好きを生かしてライターとして活動しています。皆様にわかりやすい記事を執筆してまいりますので、ぜひよろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧