amazonのコンビニ支払い方法が知りたい!セブンで支払いをする方法を解説

この記事を執筆するにあたって

筆者はamazonプライムの有料会員です。平素はクレジットカード決済で、ほとんどの商品は「お急ぎ便」にしていましたので、コンビニ払いは利用歴がありませんでした。調べてみますと、制約が一部あるものの、この支払い方法があることにメリットを感じる方も多いと想像できます。実際の支払いまでを体験したものではないですが、支払いの流れをできるだけ細かく記述してみようと思います。

Written By 速水 雄一

目次

amazonのコンビニ支払い方法が知りたい!セブンの場合は?

amazonでの買い物を利用する人は年々増え続けています。その中でも「amazonの支払いをセブンイレブンで行いたい」というニーズは確実にあります。コンビニ支払いは、国内の主要なコンビニのほとんどに対応していて、困ることはそもそもないに等しいです。しかしとりわけ「セブンイレブン」での支払いを選ぶ理由がいくつかあります。ネット通販において、その支払い方法に多様性があることは、ユーザーメリットです。何らかの理由で、クレジットカードを所持しない方や、所持していても、セキュリティ上の理由から、使いたくない方も当然いるでしょう。このとき「銀行振込」や「代引き」での支払いで対応すると、ユーザーはそれぞれ、振込手数料、代引き手数料を負担する必要が出てきます。コンビニ支払いならば、前払いにこそなりますが、手数料は基本無料で済みます。そしてその中でも、後述しますが、セブンイレブンならば、専用の「端末機」などの操作をはさむことなく、レジでダイレクトに支払いできるので、手間がかかりません。また、セブンイレブンであれば支店の数も申し分なく、全国どこでも近隣店を選べる可能性が非常に高いです。その他にも「amazonをセブンで」と名指しすることの理由がいくつかありますので、順を追って見ていこうと思います。

amazonの支払いをセブンでする方法

amazonでの買い物の際に「コンビニ払い」を選べば、国内主要のコンビニチェーンでの支払いが可能です。コンビニ払いならばどこでも手数料が無料なことは大きなメリットです。amazonの購入画面から、そのまま「セブンイレブン」を選ぶわけではないので、手順を追ってみます。

amazonの支払いをセブンでするには?

商品を選択したら、カートからレジへ移動します。
次に、お届け先を指定します。ここで「受け取り」を、近隣のコンビニに指定することも可能です。

お届け先

配送オプションで、「通常配送」を選択します。後述しますが、ここを「お急ぎ便」にしていますと、その後の、支払い方法選択で、コンビニ払いを選択できないことになります。

配送オプション

次に進めると、支払い方法選択画面となります。ここで、「コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払い」を選択します。

支払い方法

「コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払い」を選ぼうとしても、ラジオボタンがクリックできず、選択できないことがよくあります。その「選択できない」ケースは後述します。支払い方法を確定させ、注文全てが完了しますと、「ご注文確認メール」がまず届きます(これは時間差はほとんどないです)。そして注文の確定後、商品の出荷準備が開始されますと、「お支払い番号(お客様番号)」が書かれたメールが別便で届きます(30分程度かかることもよくあるようですのでしばらく待ちます)。このメールには、11ケタの番号が記載されていて、セブンイレブン以外のコンビニではこの番号を使って、コンビニ専用端末(Loppi等)を操作してから、出力帳票を持ってレジで支払いますが、セブンイレブンだけは個別の「13ケタ」のバーコード付きの番号を取得する必要があります。

メールからセブンでの支払い方法を選択する

メール本文中の「お支払い方法別の手順」の次に書かれたURLリンクから、「店頭レジ」をクリックし、次に「セブンイレブンでのお支払」を選択します。そうすると、セブンイレブンの「インターネットショッピング払込票」という画面が表示されます。
参考:セブンイレブンでのお支払について

セブンイレブン専用の支払い番号を受け取る

上記の「インターネットショッピング払込票」の、13ケタの番号だけメモして、セブンイレブンのレジで「amazonの支払いがしたい」と申し出て、その番号を伝えれば支払い可能となります。Webからプリントアウトして持参すれば最も安心でしょう。もしくはスマホであれば、「払込票」の画面そのものを表示し、レジでバーコードスキャンしてもらうことでも支払いができます。ただしスマホに、覗き込み防止や、破損防止のシートが貼られていたり、スマホのバックライトの点灯が弱いなどの理由から、スキャンできない場合があります。そのようなときには、13ケタの番号さえわかればよいので、そのまま支払えます。支払いは、現金または、nanacoでの決済のいずれかになります。

amazonでもセブンで支払いができない?その原因

セブンイレブン、というよりも、そもそも「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」が選択できず、その先へ行けない、という現象はよくあることです。逆に言うなら、「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」で、対応できない商品、あるいは配送オプションがあるということです。

マーケットプレイスの商品

購入する際に、ここを意識するかどうかというと、個人差があると思いますが、amazonではこの通称「マケプレ」扱いの商品が数多く存在します。マーケットプレイスの商品であっても、取り扱いページで、「amazon.co.jpが発送します」と明記されているものは、代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いで対応できます。しかし例えば「古本」などに代表されるもので、送料が別扱いのものの中に、コンビニ払いが対応できないものがあります。
参考:amazonマーケットプレイスでの注文

日時指定やお急ぎ便を使用した

通常「お急ぎ便」を選ぶことが当たり前になっていてるユーザーが、「通常配送」を選択していないために、「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」がクリックできず、先に進めない状態になることは考えられます。

デジタルコンテンツの利用

Kindle本や音楽、アプリ、インストールするゲーム、Amazonビデオなど、デジタルコンテンツの購入の支払いでは、コンビニ払いは一切利用できません

セブンで支払いが出来ない時の対処法

セブンイレブンをはじめ、コンビニ払いが「できない」場合に、どう対処すればいいのか追って説明します。

amazonから配送される商品を選ぼう

マケプレの例

これは、可能ならば、というやり方で、必ずできる方法ではありません。しかし、同一商品でも「配送はamazon.co.jp」という記載があるマーケットプレイス商品と、そうでない商品と2つ以上の選択肢があるものも中にはあります。探してみて、amazonから配送されるもので、在庫があるなら、そちらを選ぶことでこの件は解消されます。

ギフト券の使用

アカウントサービス画面

ギフト券残高

amazonでは、「amazonギフト券」を自分用に使うことも当然できます。ギフト券を使っての支払いにしますと、買い物の決済は同時決済なので、クレジットカード利用とほぼ変わらない使い方ができます。コンビニ払い未対応なマーケットプレイス商品であっても、「お急ぎ便」を利用するケースでも、ギフト券が足りていれば、問題は全て解消します。ギフト券は、コンビニでも量販店等でも、「小売」として、紙ベースで「コード番号」を買い求められます。amazonの「アカウントサービス」から、直接チャージして使うこともできます。

amazonをセブン支払いするメリット

セブンイレブンならではのメリットは、いくつかあります。考えられるいくつかのケースを述べていきます。

nanacoが使える

セブンイレブンでの支払いでは、現金の他に「nanaco」決済が選べます。「nanaco」についての詳しい解説はここでは省略しますが、先にnanacoチャージが済んでいれば、現金の受け渡しが要らなくなります。それ自体は、「どう払うか」の違いでしかありませんが、使い方ひとつで、わずかではありますが、ポイントが得られ、事実上のキャッシュバックになる方法があるのです。amazonの支払いを、nanacoで行っても、それ自体はポイントの対象にはならないのですが、その前段階で、nanacoチャージを特定のクレジットカードで行うとポイントが得られます。これは制度が改正されたりもしますので、現段階での話ではありますが、「リクルートカード」で、nanacoチャージすると、その額面によって、数パーセントのポイントが得られるようです。セブンイレブンでは、この「nanaco」を使っての「納税」なども行えるので、amazonだけでなく、額面の大きな支払いをnanacoで行うことで、事実上のキャッシュバックを得ながら支払う方もいます。このような、セブンイレブンのヘビーユーザーにとっては、nanacoの取り扱いはうれしいところです。

手数料がかからない

銀行振込でも代引きでも、「手数料」が必ず発生しますが、コンビニ払いでは手数料は発生しません。これはクレジットカード利用が出来ない、あるいは抵抗がある、という方にとっては一番のメリットとなるでしょう。とりわけ、セブンイレブンでの支払いならば、来店してから「専用端末機」等の操作を行わずに、一気にレジで支払える手軽さは、他のコンビニと比べても抜群に使い勝手がよいでしょう。

まとめ

「amazonのコンビニ支払いをセブンで利用したい」というケースを順に追ってみました。セブンイレブンでの支払いに関しては、他を超えるメリットがいくつかあることもわかりました。また、どうしてもコンビニ払いにはならない場合には、「amazonギフト券」を購入することでほとんど解消できることもわかりました。ネット通販においては、支払いのオプションにも多くの選択肢があるほうが、幅広いユーザー層に受け容れられやすくなります。その点、amazonとセブンイレブンは親和性が非常に高いと言っても過言ではないかと思います。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 9f10cb4b b967 4443 a9d0 cb54cf78b7b9
Written By
速水 雄一
「読みやすい」を目標に記事を書いていきたいです
「ライター」としてはまだまだひよっこですが、その分「裏付け調査」をしっかりして、間違いのない情報をお伝えできればと思っています。 白物家電が好きで量販店に見に行ったりよくします。記事では、すでに自分が経験として持っている知識と、調べた結果をかみ砕いて、 それらをバランスよくまとめ、伝わりやすいものを書いていけるように頑張ります!

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧