amazonで受け取り拒否できる?返金は?今後の注文に影響はある?

この記事を執筆するにあたって

筆者は数回「受け取り拒否」の手前で、「注文のキャンセル」をして返金対応してもらったことがあります。この時はamazonの問い合わせ窓口の対応が実に親切で迅速であった印象があります。受け取った商品がサイト上の画像や説明と著しく違ったこともありました。何にせよ、amazonはユーザークレームに対して非常に的確に対応してくれる印象を持っています。

Written By 速水 雄一

目次

amazonで受け取り拒否できる?返金は?

この記事では「amazonで受け取り拒否をする」場合においての、返金のされ方や、度重なる受け取り拒否でのユーザーへのペナルティの有無などについて、ケースごとに記述していきます。また、コンビニ受け取りでの「受け取り拒否」の仕方なども見ていきたいと思います。一般的にamazonでは「受け取り拒否」すなわちキャンセルに関しては寛容なところが大いに見受けられます。しかしユーザー都合の身勝手な受け取り拒否から被る自社の被害、あるいは出品側の「マーケットプレイス」に対する保護の立場もありますので、無制限に「受け取り拒否」を乱発することはモラル上からも避けたい問題です。ただし商品のコンディションについては、配送途中でのアクシデントもありますし、実際問題これは返品対応か返金処理でしか片づけられないこともあり得ます。また、ここでは大きく扱いませんが、送り先住所の番地などの登録に不備があったりして、配送業者が「宛先が不明」と判断し、結局「受け取り拒否」と同じ道をたどっている場合も多々あるようですので注意すべき点かと思われます。

amazonで受け取り拒否をした場合返金されるの?

amazonでの買い物で、商品を受け取る前段階であれば受け取り拒否は「返金処理」となります。受け取り後の場合ですと「返品対応」となります。「返品」の猶予期間は1カ月とされ、返品理由にはかなりの自己都合的内容も書かれています。受け取り直後で商品に明らかな問題点があればこの制度はありがたいシステムです。配送にはアクシデントの可能性は常にありますので商品に問題があったなら遠慮はいらないと思います。一方「受け取り拒否」の仕方は実にシンプルで、配送業者が自宅に到着したその時に、受け取りをキャンセルする旨をドライバーに告げ、サインや捺印もしなければ、そのまま商品はamazonの配送センターへと送り返されます。このとき、多くのケースで「送料」も含めた全金額が返金される可能性が非常に高いです。しかしながら昨今は、配送業者への再配達の負担の問題等が大きく取り上げられています。できることであれば自己都合によるキャンセルならば、配送に回る前に、せめて配送業者の輸送の途中でストップさせるべきでしょう。

amazonで受け取り拒否をした場合の返金①クレジットカード

amazonの買い物で、支払いに「クレジットカード」を選択していた場合、当然決済が先でその後に配送となります。そこで「受け取り拒否」をした場合には、原則はクレジットカードに対しての返金が選択されます。しかしながら、クレジットカード会社によって、締め日等の条件は一律ではないので、返金完了までに相当な日数を要することがあります。amazon側での返金処理はものの数日で完了していても、ユーザーがそれを確認できるまでに1カ月以上かかることはよくあることです(amazon公式では最大2か月と表現しています)。詳細は「注文履歴」から「返品状況を確認する」をクリックし、そこから「返金について」をクリックして今の状態を確認できます。処理済みであれば、クレジットカード会社への反映を待つのみです。

amazonで受け取り拒否をした場合の返金②携帯決算

携帯電話でのキャリア決済の場合にも、支払いに同じくキャリア決済に対する返金処理が行われます。こちらも各キャリアにおいての締め日と支払日に全て準じての返金となりますので、相応の期間が必要です。携帯決済は携帯決済への返金が原則です。

amazonで受け取り拒否をした場合の返金③コンビニ・銀行などの先払い

先払いのケースでは、第一選択肢には「amazonギフト券」での返金が選ばれます。銀行振込での返金を希望する場合には別途申し出が必要となります。銀行振込の場合には、銀行口座情報の登録が必要となり、返金には通常1~2週間かかるとされています。処理が早いのは圧倒的に「amazonギフト券」ですので、今後もamazonは使う場合には有効でしょう。ただし金額が大きいとかamazon以外での使い道の余地も欲しいなどの場合には、amazonカスタマーセンターに問い合わせの上、銀行口座登録で必要となる情報を指示にしたがって登録します。この際セキュリティ上、チャットやメールでは受け付けられないようですのでご注意ください。

返金について

参考: amazon・返金について

amazonで出品者から発送される場合に受け取り拒否をすると返金される?

出品者、いわゆる「マーケットプレイス」のことを指しますがマーケットプレイスからの出品商品には大きくわけて2種類あります。それは販売はマーケットプレイスですが配送は「amazon.co.jp」という場合です。このケースですと送料も全て込みで返金処理されることが多いようです。しかし一方「配送もマーケットプレイス」だった場合には、返品は「自己都合」と解釈されることがほとんどで、配送料金は全額は戻らないこともよくあるようです。

amazonで出品者から発送される場合

上述の通り、マーケットプレイス出品の商品でも最近は「amazon.co.jpから配送」という商品が非常に増えました。そのおかげで特にamazonプライム会員は「お急ぎ便」をマーケットプレイスの商品でもお急ぎにリクエストできるケースが増えてきています。配送がamazonの倉庫から出ている商品の場合には原則「全額返金」が適用されるようです。しかし配送もマーケットプレイスが行っている場合には、その出品者によって解釈が様々で、ほぼ全額返金で対応するところもあれば、手数料や送料負担をのせてからの差引額返金をするマーケットプレイスもあります。中には出品時に「キャンセル不可」としているマーケットプレイス出品もあります。このような商品を購入した場合に「受け取り拒否」をすればトラブルに発展することも想定できますので、購入前には今一度確認が必要かと思われます。マーケットプレイス商品をめぐってのトラブルであれば、「仲裁」としてamazonカスタマーセンターへ問い合わせをしてみるのも手ですが、それらも「商取引」のひとつですから買った側の都合だけでは通らない場合もあることを考えるべきでしょう。特に「中古」の書籍などでは商品の「状態=ダメージの度合」は、マーケットプレイス側の基準で評価されて出品されていますので、よほど悪質な虚偽でない限りは自己責任も伴うと思われます。マーケットプレイスに関しては、双方の良心にかかっていると言ってもいいかと思われます。商品そのものの瑕疵に関しては、筆者の経験では概ね良心的な対応をしてもらったことのほうが多いです。

amazonで受け取り拒否をすると今後の注文に影響はでるの?

amazonで受け取り拒否を「1回」してしまっただけならば、今後の影響は皆無かと思われます。問題なのは、それが「何回」重なったか、あるいはそれら全てが自己都合なのかどうかも左右されることと思われます。

amazonで受け取り拒否をしてしまった場合のペナルティとは?

原則、それ自体へのペナルティは一切ありません。しかしamazonも商売で成り立っているわけですから、特定ユーザーが複数回「受け取り拒否」をしているとなると話は別になります。それは全額返金に応じるということは、イコール往復の配送料も荷造り梱包料も、全てamazonが被ることになるのですから。言うまでもなく、ユーザーは間違って発注してしまうこともありますし、発注の取消が間に合わなかったということもあるでしょう。それゆえにamazonが公式に、これ以降はペナルティ対象などという規定はしていません。

amazonで何度も受け取り拒否をするとどうなる?

これは筆者が実体験したことではないので「100%の確証を持って言える」という内容ではありませんが、「3回以上」「受け取り拒否」を比較的短期間ですると、ユーザーIDが凍結されるという情報があります。この「以上」というところが重要で、実際には他の要素も加味されると思っていいはずですが、間違いないと思われる内容は「事前予告なしに突然」凍結され、以後は何も買えなくなるということです。こうなりますといわゆる「ブラックリスト化」されているであろうことは想像するに難くないので、そんな事態は避けたいものだと思います。これらペナルティの線引きに関しましては「実験」してみるという類いのものではないため、概ねそうだろうという表現に留めます。度重なる受け取り拒否であれば、遠からずID剥奪ということは避けられないでしょう。

コンビニ受け取りの場合の拒否方法とは?返金などはどうなるの?

amazonでの買い物をコンビニ受け取りにする理由は様々でしょう。その理由はさておき、このコンビニ受け取りを「拒否」する方法を段階を追って考えてみます。

コンビニ受け取りの拒否方法

コンビニ受け取りは「原則10日間」が保有期間となっています。それをもしも超過してしまうとその商品はキャンセル扱いとなり、amazon配送センターへ戻されることになります。到着のお知らせメールは必ず配信されますから、これを見落とすとか買ったこと自体を忘れるとか、これも理由は様々になるでしょうが、結果からみると「何もしないで受け取らないで放置」することで、受け取り拒否になってしまいます。これは明らかにユーザー側の怠慢ですのでそうならないように気を付けたいところです。そうではなく、意図的に発注をキャンセルしたい事情が発生した場合には、アカウントサービスから注文履歴で「キャンセル」できるかどうかをまず見ます。これは普通に宅配扱いで発注したものと同じ手順です。

amazonキャンセル画面

キャンセルができない段階まで来ているならば、amazonカスタマーセンターへ問合せすれば適切な指示をもらえるはずです。

コンビニ受け取りでの返金

コンビニ受け取りだったとしても、「返金方法」の原則は上述と同じです。支払った方法に則っての返金が原則となり、先払いのものに関しては「amazonギフト券」での返金か、銀行振込を指定するかのいずれかになります。拒否すると、そのままそのコンビニの店頭で返金されないかと思い違いしがちですが、それはありません。

まとめ

「amazonで受け取り拒否をする」こと自体は非常に簡単に行えます。実際の店舗での売り買いであっても「返金処理」というものは付き物ですので、amazonでは極めて「スマート」にこれに応じてもらえます。ユーザーからの申し出に対して非常に謙虚で気分のよい対応をしてくれるネット通販業者だと思います。だからとって、買う側の都合ばかりで無差別に「受け取り拒否」はすべきではありません。寛容であると思われるamazonでも、度を越したキャンセルに対しては制裁もあり得ると思っておいたほうが賢明かと思われます。

以上

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 9f10cb4b b967 4443 a9d0 cb54cf78b7b9
Written By
速水 雄一
「読みやすい」を目標に記事を書いていきたいです
「ライター」としてはまだまだひよっこですが、その分「裏付け調査」をしっかりして、間違いのない情報をお伝えできればと思っています。 白物家電が好きで量販店に見に行ったりよくします。記事では、すでに自分が経験として持っている知識と、調べた結果をかみ砕いて、 それらをバランスよくまとめ、伝わりやすいものを書いていけるように頑張ります!

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧