amazonの支払い方法が変更できない!支払い方法を変更する方法を解説!

この記事を執筆するにあたって

amazonのネット通販は実に便利なサービスです。しかし、実はamazonの出荷しているサービスと、マーケットプレイスという外部の業者がamazonを使って出店できるというサービスもあり、どうやらこのマーケットプレイスで返品のトラブルや、出荷、支払いトラブルが多いようです。実際には規約にも記載されているようにそこまで大きな問題ではないのですが、大元のamazonと混同してしまうとトラブルの元となってしまうこともあるので利用するときは気をつけましょう。

Written By アテ ワン

目次

amazonの支払い方法の変更

amazonってすごく便利ですよね?私もすっかりファンなのですが、その便利さゆえ怖くなってしまうことないでしょうか?
間違って、カートにいれた商品を発注してしまった!とか、発注した商品は間違っていないけれど、クレジットカードで支払いたかったのに現金にしてしまったなど、あるとおもいます。そんなときに変更の手続きを知っていると便利です。
今回はその変更方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

amazonの支払い方法は変更できる?

基本的には支払い変更は可能!

基本的にはamazonで商品を購入した後に、支払い変更をすることは可能です。方法は設定から行います。その方法を今回解説していこうと思います。
しかし、いちいち設定をいじらなければなりませんし、場合によってはできないこともあるので注意しましょう。
ちなみに私は今回みなさんに紹介しようとおもって商品を発注したのですが
何度も変更を繰り返していたら変更できなくなってしまいました。
ですので、触るときはあまりいたずらにやらないほうがよいでしょう。
そのためにも手順をしっかり勉強しましょう!

取引業者によってはできない場合も

また、取引業者によってはできない場合がありますので、くれぐれも注意しましょう。
どんな業者が変更できないかというと、amazonマーケットプレイスという個人店の業者の場合です。
ですが、全部が全部そうというわけではなく、中にはしっかりと変更できる場合もあり、こればかりは
業者の方針なので仕方がありません。

amazonの支払い方法を変更する方法

ではさっそくamazonの支払い方法を変更する方法を紹介していきましょう。これを覚えておくと安心しますよね。ぜひ参考にしてみてください。

amazonのアカウントにログイン

まずはamazonのアカウントにログインしましょう。ログインしないと、商品の支払い状況が見れませんので、支払いを変更することができません!
ログインできたらログイン画面が表示されるとおもいますので開きましょう。

≡マークをタップしてメニューを開く

ログイン画面が開いたらメニューを開きます。
三本線のメニューを開きましょう。パソコンのブラウザから行うときはこの作業は必要ないのでふっとばしても大丈夫です!
アプリやスマホで行うときの方法だと思ってください!
スマホだと以下のようにメニューが開き注文履歴が出てくると思います。

amazon 支払い 方法 変更

注文履歴を選択

パソコンのブラウザの場合は右上のアカウントが表示されているところに、注文履歴があるので開きましょう。
スマホなどの場合はメニューが開いた中から注文履歴を選択してみてください。

amazon 支払い 方法 変更

注文履歴を開くことができたら次の画面へ行きましょう。

支払い方法を変更したい商品を選ぶ

その中から支払いを変更したい商品を選んでいきましょう。

amazon 支払い 方法 変更

スマホの場合はまったくメニューがないので商品を選択し、開きます。

amazon 支払い 方法 変更

選ぶと支払い変更の画面が表示されているのでクリックしましょう。

注文内容の表示と変更を選択する

商品の選択の中に文内容の表示と変更があるので選択しましょう。

amazon 支払い 方法 変更

お支払い情報の支払い方法をタップ

すると、その注文した商品の支払いだけでなく、到着日時もすべて表示され変更することが可能です。

支払い方法を再度入力する

ここで再度変更をおして、注文内容を変更することができます。

amazon 支払い 方法 変更

ちなみに、この記事を作成中に、めちゃくちゃ注文内容の変更と注文情報の間を行き来していましたら
なぜか注文変更の選択タブがなくなってしまいました(汗)

実際は、このカード情報や支払いのあたりに変更のボタンがあり、変更ができます。

ですので、最初にも言いましたが、皆さんはそんなことしないとおもいますが、変更を行うときはなるべく手数はすくなくしたほうがよいとおもいます。

本当に変更がしたいときにできなくなってしまうので。注意しましょう!

amazonの支払い方法が選べない場合の原因

クレジット支払いしかできない場合

コンビニに限らず、ATMやネットバンキングや、そのほか電子マネーなどの支払い方法ができない場合もあります。
それはお急ぎ便、お届け日時指定便でのご注文であったり、Amazon定期おトク便のご注文の場合であったりと、理由はさまざまです。
以下はその理由一覧になります。

  • お急ぎ便、お届け日時指定便でのご注文
  • Amazon定期おトク便のご注文の場合
  • Amazonフレッシュのご注文
  • 支払い方法に制限を設けている商品
  • Amazonギフト券
  • Amazonコイン
  • Amazonデバイス
  • デジタルコンテンツ
  • 合計金額が100万円以上のご注文
  • 腕時計ストアの高額商品

これらと同様の内容はamazonの公式ヘルプでも解説されています。
これらの商品のうち、ひとつでもカートに入っていると、ほかのクレジット支払いができる商品を選んでも
クレジット払いができないようです。
参考amazon公式ヘルプ

取引業者がクレジットにしか対応していない

また、あえて上記には書かなかったのですが、マーケットプレイスという個人業者がamazonで出店できるサービスがあるのですが、一部の業者はクレジット支払いしか利用できなかったりします。
その場合はクレジットで購入するしかありません。

支払いが確定している場合

一度支払いが確定し、出荷が始まってしまうと変更することができなくなっています。
このことについてはamazonの公式のヘルプにも記載されているので注意しましょう。

一度キャンセルする必要がある

出荷が始まってしまった場合は残念ながらキャンセルし、注文しなおす必要があります。
しかし、その場合は、絶対にできるとは思わないことです。
カスタマーに連絡し、キャンセル要請を出しましょう。
それで受理されない場合は仕方がありません。

キャンセル料の危険性

基本的にamazonで注文した商品についてはキャンセル料はかかりません。
しかし注意しなければならないのはamazonにあるマーケットプレイスというサービスです。
個人業者がたくさん混在しているこのサービスで購入するのはメリットもありますが
その一方で、キャンセル料を請求する業者もなかにはあります。
実際に注文間違えをしている分、非がありますので
もしどうしてもキャンセルしたい場合はお願いしてみたほうがよいでしょうが
あまり期待しないほうがよいかもしれません。

支払いが確定している場合でもキャンセルできる?

これは多少裏技的といってもいいのでしょうか?
実はコンビニ支払いは、6日間放置しておくと自動でキャンセルになるそうです。私はコンビニ支払いを使用しないのでやったことはありませんが、コンビニ支払いを利用する人はもしかすると知っているかも知れませんね。
しかし、このやり方を繰り返してアカウント停止になったりもするリスクが当然あるようなので、本当にダメなとき意外は利用するのはやめて起きましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はamazonの支払い方法の変更について解説をしてきました。支払い方法のキャンセルはそこまで難しくありませんが、ポイントを今一度まとめておきましょう

  • amazonの支払い方法のキャンセルは基本的にできる!
  • しかしamazonマーケットプレイスの場合その限りではない
  • 支払いは、確定して出荷が始まったら基本的にできない
  • 出荷してしまったらカスタマーに連絡しキャンセル要請をする
  • コンビニ支払いの場合は究極6日間受け取らなければ自動的にキャンセルにはなる
  • マナー違反なのでできるだけその方法はやめたほうがよい

以上のような内容が今回のポイントになります。amazonは便利なので使い方を覚えてしっかりと利用したいものです。ぜひしっかり使い方を覚えて日常生活に活用してみてください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
アテ ワン
読者がほしい家電を見つけられるような記事を書いていければと思っています。
2018年8月より参加させて頂いております。家電の魅力が楽しく伝わればと思っております。家電をネットで買うメリットは商品比較が非常に簡単にできる事と、説明書と使用レビューを同時に見ることで使用したときの実感が自宅にいてすぐにわかることです。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧