ihクッキングヒーターでの料理はまずい?まずいと言われている理由をご紹介

目次

ihクッキングヒーターでの料理はまずいと言われる理由について解説します

ihクッキングヒーターで作った料理はまずいという話を耳にしたことがあります。

ihで料理したものがすべてまずいとは限らず、何か特定の料理に当てはまるのではないかと考えました。

もしかしたら、ihクッキングヒータはガスコンロに比べて料理にコツがいるのかもしれませんよね?

今回の記事では、ihの料理はまずいと言われる理由について解説したいと思います。

また、ihクッキングヒーターを使うコツについてもご紹介します。

特定の料理をihクッキングヒーターで料理するとまずい理由

ihまずい

中華系などの一気に高火力で炒める料理には向いていない

ihクッキングヒーターは、ヒーター面(トッププレート)に設置されたコイル部に磁力線を発生させ、金属製の鍋底に電流を流して鍋底を加熱させる仕組みから、ihクッキングヒーターのトップコードと密着した平らな鍋しか使用することができません。

つまり、ガスコンロで使える鍋底が丸いタイプの中華鍋やフライパンは使えないんですよね…。

肉や野菜などの中華系の炒め物の場合、強火で短時間で均一に材料を加熱することが美味しさの決め手になります。

高火力で炒め物をすると、野菜はシャキッとしたままで旨味の強い状態で仕上がります。

高火力のガスコンロの調理でフライパン返しをするのは、ガスコンロの火力が強くて焦げやすいからなんですよ。

ところで、ihクッキングヒーターは火力の立ち上がりは早いのですが、炒め物や焼き物の予熱時間が長過ぎた時などに鍋底の温度が上がり過ぎると、自動的に通電をコントロールする「温度過昇防止機能」が働くため火力制限がかかってしまいます。

また、調理中にフライパン返しをすると、ihクッキングヒーターのトッププレートの熱源から鍋が離れてしまうので温度が下がりやすくなります。

ihクッキングヒーターの場合は、炒める際には混ぜ続けておくことが必要です。

このように、中華系などの高火力で一気に仕上げる料理には向いていないため、ガスコンロよりもihクッキングヒーターの料理がまずく感じてしまうと考えられます。

フランベなどができない

肉料理や魚料理の調理の仕上げに、アルコール度数の高いお酒(ブランデーやワインなど)を降りかけて、ガスコンロの火をつけて、一気にアルコール分を飛ばすことを「フランベ」といいます。

フランベを行うことで、料理がぐっと香ばしくなり、旨味が増すんですよね!

しかし、ihクッキングヒーターは火力を使わない調理器なのでフランベを行うことができません。

どうしてもフランベをやってみたい方は、ihクッキングヒーターの火力を強めて鍋を加熱し、鍋の中央にアルコールを注いで速やかにガスバーナーやチャッカマンなどの点火装置を使ってみるという方法もあります。

参考元:パナソニック日本食肉消費総合センター

ihクッキングヒーターで料理がまずくなるのは火力調節が原因かも!

ihまずい

ihクッキングヒーターは意外と火力が強い

最近のihクッキングヒーターは、ガスコンロと同じぐらい火力が強い製品が登場しています。

たとえば、パナソニックのihクッキングヒーター200Vの場合、火力は2kW相当で、ガスコンロのハイカロリー大バーナー(4.65kW=4,000kcal/h)と同じくらいの火力があります。(パナソニック実測値:通常のih加熱で鉄・ステンレスを加熱した場合)

また、ihクッキングヒーターは鍋底を発熱させるため、鍋全体に熱を伝えるガスコンロに比べて、少量のお湯を沸かす時間は速くなります。

ただし、これは1つのヒーターを使った場合で、製品にもよりますが同時に使える電力が5.8kWと制限されているため、3つ口のihクッキングヒーターを同時に使うと火力が低下します。

したがって、コンロの同時使用では思っていたほどの火力が得られないため、調理時間がかかり料理がまずくなることがあります。

また、ihクッキングヒーターのコンロは火が出ないので、加熱していることを忘れることがあります。

意外と火力が強いことから、予熱しすぎると安全機能(過昇温防止機能)が働いて火力に制御がかかるため、食材を入れるまでに火力が弱くなってしまうことがあります。

このように、状況に応じて火力の強弱が起きるため料理がまずくなると考えられます。

余談ですが、揚げ物などで食用油を加熱すると急激に油温が上昇して300℃を超えることもあります。

食用油は、300℃を超えると種火がなくても自然発火するので火災の原因になります。

ihクッキングヒーターで揚げ物をする際は、取扱説明書に記載されている方法に従って調理を行ってくださいね。

フライパンが焦げ付きやすい為料理が焦げてしまう

ガスコンロでは、鍋肌部分から加熱して鍋全体をあたためるので、鍋の中に液体が入っていても液体以上の温度に上がりません。

ですから食材が鍋底に接していても液体が残っていれば焦げ付くことはあまりないです。

しかし、ihクッキングヒーターはコイル部分の発熱によって鍋底を加熱するため、鍋の中に液体が入っていても鍋の温度は上がります。

したがって、煮物料理などの煮汁の中に食材が入っている場合、食材が鍋底にくっついた状態が続くとその部分だけが高温になり、食材が焦げやすくなります。

フライパン料理の場合も、コイル部分を中心に鍋底が高温になるため、フライパンに食材が焦げ付きやすくなります。

焦げ付きを防ぐためにも、食材をこまめにかき混ぜたり返すように調理しましょう。

なお、煮物料理は煮汁を多めにして鍋底にくっつかないようにする必要があります。

均一に火力が伝わらない

ihクッキングヒーターで使える鍋の材質は、鍋底に厚みがあるもので、鉄、ステンレス、ホーローなどの金属類に限られます。

ステンレスのフライパンの場合、壁に熱が伝わらずヒーター部分(トッププレート)に接した鍋底に熱が溜まります。

このようにフライパン全体に熱が伝わらず、温度にムラができて均一に火力が伝わらないため、かき混ぜ方や炒め方などを工夫しないと料理がまずくなると考えられます。

参考元: パナソニックJEHC

ihクッキングヒーターを上手に使うコツとは?

ihまずい

【茹で物の場合】

ihクッキングヒーターは、直接鍋底を加熱するため、立ち上がりがスピーディーで効率的にお湯を沸かすことができます。

沸騰したらすぐにヒーターを切るか火力を下げるようにします。

沸き立ちが強いので、パスタなどを茹でる際にお湯に塩を入れる時は、火力を落とすと吹きこぼれやお湯の飛び散りがありません。

また、鍋からパスタがはみ出しても焦げ付くことはありません。

パスタと一緒に食材を茹でても温度調節が効くので温度低下が少なくて済み、一石二鳥で料理ができます。

【炒め物の場合】

ihクッキングヒーターは火力が安定しているため、フライパンの温度を保ち食材の旨みを閉じ込めます。

また、ih対応のフライパンなどの鍋は蓄熱性に富んでいるため、余熱で調理が行えて食材の火の通りが早いのが特徴です。

あらかじめ食材を用意し、炒めるだけの状態にしてから調理を開始すれば調理が手早くできます。

また、鍋底の中央部分が一番熱くなるので、焦がし醤油で炒め物に香りづけをする場合などは鍋の中央に醤油をたらすのが上手に仕上げるポイントです。

【煮物の場合】

ihクッキングヒーターは立ち消えの心配がなく、トロ火から強火まで幅広く温度コントロールできるので、弱火でコトコト煮込む煮豆やカレー、シチューなども調理できます。

長時間トロ火で煮物をする場合は、鍋の表面からの水分の蒸発が少なくなるので、水分を少なめにするのがコツです。

また、タイマーを目安に使うと焦げ付きや消し忘れなどがなく調理できるので便利ですよ。

ただし、ihクッキングヒーターは鍋底の温度が一番高くなるので、時々かき混ぜて食材が焦げ付かないように注意しましょう。

少ない煮汁で食材に味をしみ込ませるためには、木蓋・アルミホイルなどの落し蓋を使うのがおすすめです。

熱効率が良いihクッキングヒーターは、立ち上がりが素早く火力も強いので、慣れるまでは弱めの火力から調理するようにしてください。

参考元: パナソニックJEHC

まとめ

ihクッキングヒーターは直接鍋底を加熱するため、火力の立ち上がりは早いのですが、鍋底の温度が上がり過ぎると自動的に通電をコントロールする「温度過昇防止機能」が働き火力に制限がかかるため、中華系などの高火力で一気に仕上げる料理には向いていません。

1つのヒーターを使った場合は火力は強いのですが、同時に使える電力に制限があるため、3つ口のihクッキングヒーターを同時に使うと火力が低下してしまい調理時間がかかります。

また、予熱しすぎると火力に制御がかかるため、食材を入れるまでに火力が弱くなってしまうことがあります。

鍋底が高温になるので食材が鍋に焦げ付きやすかったり、均一に火力が伝わらないといったことから、ihクッキングヒーターは火力調節が理由で料理がまずくなってしまうと考えられます。

調理の際は、ihクッキングヒーターを上手に使うコツなどを参考にされてください。

ihの料理はまずいのかを知りたい方にとって、この記事が参考になればと思います。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7284f282 5557 453e be91 d08202c80236
Written By
dosukoi s
モータースポーツと海外旅行が好き。
家電製品の魅力はもちろん、読者の皆様が疑問に感じることをわかりやすくお伝えできるような記事執筆を心がけて参ります。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧