電池は燃えるゴミへ捨てて良いの?電池の適切な捨て方とは?

目次

電池は燃えるゴミへ捨てて良いの?

災害のための備えとして電池を買い置きしているという方は多いと思います。

しかしいざ、電池を使用し、捨てるとなるとどのように捨てればいいのか悩んでしまいますよね。

実際に燃えるゴミに捨てようか迷ってこの記事にたどり着いたという方もいるのではないでしょうか。

そこで今回の記事では電池は燃えるゴミで捨てて良いのか、等の電池の捨て方について紹介していきます。

ゴミの回収業者の方のためにもきちんと電池を捨てたいという方は参考にしてみてください。

電池は燃えるゴミへ捨てても良いの?

電池は燃えるゴミに捨てても良いのかと悩んでいる方も多いことと思います。

そこでまずはこちらの疑問について、お答えしていきます。

電池の捨て方は各自治体で違う

結論から言って電池を燃えるゴミとして捨てていいかというのは、各自治体によって異なります。

例えば兵庫県の西宮市では基本的に電池は「燃えないゴミ」として処理することになっていますが、同じ兵庫県の尼崎市では「燃えるゴミ」として処理することになっています。

参考元:西宮市

参考元:尼崎市

このように一つの県の中であっても自治体によっては電池に対する処理方法が異なることがあるのです。

よって、電池を燃えるゴミとして捨てていいかということは住んでいる場所、そして自治体にもよる、ということになっています。

電池の捨てる際には必ず住んでいる地域の自治体の指示に従うようにしてください。

自治体の電池の捨て方を調べる方法とは?

それでは自分の住んでいる地域の電池の捨て方はどのように調べれば良いのか、ということについて疑問に思った方もいることと思いますので紹介していきます。

自治体の電池の捨て方については、基本的に下記画像のような用紙に記載されています。

電池 燃える ゴミ

ちょっと見えにくいかもしれませんが左から2列目の燃やさないゴミ欄に電池が記載されていることが分かるでしょう。

こういったゴミの捨て方に関する用紙はアパートやマンション等であれば大家さん、もしくは管理会社から受け取るかと思います。

そういえば受け取った覚えがある、という方は一度室内を探してみてください。

受け取った覚えがない、という方も電池の捨て方はインターネットを使用すれば簡単に調べることができます。

「西宮市(この部分は自分の住んでいる地域に置き換える) 電池 捨て方」等と検索すれば、該当する自治体の電池の捨て方を記載したページが検索結果に表示されますのでお試しください。。

参考元:西宮市

画像にて紹介したような電池を含めたゴミの捨て方が記載された用紙を捨ててしまったという場合でも上記のように調べれば問題はありません。

自分の住んでいる自治体の電池の捨て方がわからない、燃えるゴミとしてだして良いのかわからないという方は参考にしてみてください。

電池を燃えるゴミの日に捨てる方法

上記で紹介したように電池を燃えるゴミとして出してもいいかは各自治体にもよります。

が、燃えるゴミとして出すとしても、電池に対しきちんとした処理をしておかなければいけません。

そこで電池を燃えるゴミとして捨てる方法について、参考画像と共に紹介していきます。

電池を燃えるゴミの日に捨てる方法①絶縁処理

電池を燃えるゴミの日に捨てる方法は絶縁処理を行ってから捨てるというものです。

電池は電池同士をまとめて袋に入れておいたり、電池と金属を一緒の袋に入れる等すると電池がショートし、液漏れや発火してしまう可能性があります。

絶縁処理は電池がそういった事態になることを防ぐために行います。

電池の絶縁処理といってもプラス極とマイナス極をそれぞれ、セロハンテープ等の絶縁性のあるテープ等で巻いておくだけと簡単な処理なので電池を燃えるゴミとして捨てる際は必ず行いましょう。

ちなみにですが電池の絶縁処理の方法として参考までに、実際に絶縁処理をした画像を紹介しておきます。

電池 燃える ゴミ

電池 燃える ゴミ

絶縁処理を行うにあたり使用しているのが透明のセロハンテープであるため見にくいかもしれませんが文字だけだとどのようやればいいのかわからない。

やってみたけどあっているかわからないという方は上記画像を参考にしてみてください。

参考元:Panasonic

電池を燃えるゴミの日に捨てる方法②普通のゴミと電池とで袋を分ける

電池を燃えるゴミの日に捨てる方法として、電池とそのほかのゴミ同士を分けて捨てることも有効です。

これは電池とその他のゴミを一緒くたにしてまとめてしまうと、ゴミが多い分電池がショートしてしまう可能性が高まるからです。

絶縁処理を怠らなければそれだけで電池がショートする可能性は下げることができますが、さらにリスクを軽減するためにも普通のゴミと一緒の袋で捨てることは控えましょう。

電池を燃えるゴミの日に捨てる方法③電池同士でも袋を分ける

電池を燃えるゴミの日に捨てる方法としては、電池同士でも袋を分けて捨てるということも有効です。

電池とその他のゴミを分けるだけでも面倒くさいのに、電池同士でも袋を分けるのなんて嫌だ、という方もいるかもしれません。

が、筒型の電池は同じ向きで入れていないとショートする可能性は否定できませんし、ボタン電池はプラスとマイナスの判別がしにくいので、尚更発火のリスクが高いです。

そして絶縁処理が上手くできていなかったというケースのことも考えると、雑多に複数の電池を袋でまとめておくよりも電池同士でも袋を分けた方が安全策なのです。

電池を燃えるゴミの日に捨てるという方は参考にしてみてください。

参考元:Panasonic

電池を燃えるゴミに処理をせずに捨てるとどうなるの?

電池を燃えるゴミとして捨てる際に行わなければならない処理は上記でも紹介したように、絶縁処理やゴミを捨てる袋を分けることです。

ちょっと面倒くさいと感じてしまわなくもないですが、きちんと処理を行わないと重大な事故に繋がりかねません。

そこで電池を燃えるゴミに処理せずに捨てた場合、どうなるのか紹介していきます。

火災事故に繋がりかねない

電池を燃えるゴミに上記で紹介した処理もせずに捨ててしまうと火災事故につながりかねません。

実際に、ゴミ収集車にきちんと処理されていない電池が捨てられており、それが火災事故に繋がったという例もあります。

こちらの例ではゴミ収集車が火災となっただけで済んでいますが、住宅街等の住宅の密集地でこのような事故があれば、ゴミ収集車の火災だけでは済まないこともあるでしょう。

電池をきちんとした処理もせずに燃えるゴミに出すということは他人の命を、そして自分の命、自分の家族の命までを危険に晒してしまうという可能性があるのです。

火災が起きてからきちんと処理しておけばよかったと後悔しても時既に遅しなので、電池を燃えるゴミに出す際には必ず上記で紹介した処理を行った後に行うようにしてください。

また、当然ではありますが自治体が電池は燃えるゴミに、と書いているのであれば必ず燃えるゴミでは出さないようにしましょう。

電池を燃えるゴミの日以外に捨てる方法とは?

電池 燃える ゴミ

電池を燃えるゴミの日以外、燃えないゴミの日以外に捨てる方法ももちろんあります。

そこで、燃えるゴミの日以外に電池を捨てるにはどのような方法があるのか紹介していきます。

電気屋の廃電池ボックスを利用する

電池を燃えるゴミの日以外に捨てる方法には「電気屋の廃電池ボックスを利用する」という方法もあります。

電気屋には廃電池の回収ボックスというものが基本的に設置されているため、電気屋に電池を持ち込みすることにより電池を捨てることができます。

何か家電を購入しようと電気屋に行く機会は度々あるかと思いますので、そのついでに電池を捨ててもいいかもしれませんね。

回収ボックスの配置場所については電気屋にもよるため、もし探してみて見つからなければ店員さんに聞いてみてください。

ちなみにこのような廃電池の回収ボックスは電気屋以外にも住民センターや役所等にも配置されています。

覚えておけば用事のついでに電池を捨てるということも可能となるので、ぜひ覚えていてください。

参考元:パワーセラー

廃品回収業者の利用

電池を燃えるゴミの日以外に捨てる方法には「廃品回収業者の利用」という方法もあります。

様々な不用品を回収してくれる廃品回収業者を利用することでも電池を捨てることができます。

ただし、当然ですが電池を捨てるために不用品回収業者を利用するというのは非常にコストパフォーマンスが悪いので、やめましょう。

家具等の比較的大きなサイズの不用品を回収してもらうという際に、電池もついでに回収してもらうというのが現実的かつお得な廃品回収業者を利用しての電池の捨て方です。

まとめ

電池を燃えるゴミとして捨てるのか、燃えないゴミとして捨てるのか、はたまたそれ以外として捨てるのかというのは各自治体によります。

そのため不用品回収回収業者や、電気屋等にある廃電池の回収ボックスを利用して捨てる以外の場合は必ずどのように捨てるのかを確認した上で行いましょう。

また、電池を捨てる際には画像で紹介したような、絶縁処理を施すということも大事です。

でないと、ゴミ収集車に火災が発生してしまうなどの重大な事故に繋がりかねません。

たかが電池だから大丈夫だろう、とは思わずに自分の不注意で誰か、何かを傷つけることの無いように電池を捨てるようにしてください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧