ノートパソコンのキーボードを無効化する方法!外付けキーボードを使うときに!

この記事を執筆するにあたって

筆者は約10年前、今ではあまり見かけない「大型ノートPC」をメインで使っていました。油断してキーボードの一部に飲料をこぼし、きかないキーが増え始め、その後マザーボードまで侵蝕され故障させたことがあります。ノートPCは現在でもシェアが高い主流のマシンですが、構造上キーの下がメイン基板であることがほとんどなので同じような経験の方も多いかと想像しています。

Written By 速水 雄一

目次

ノートパソコンのキーボード無効化

この記事では「ノートパソコンのキーボードを無効化したい」という要望をお持ちの方へ、その方法を順にお伝えしようと思います。

この「キーボードを無効化したい」の背景にはまず間違いなく「外付けキーボード」でノートパソコンを利用したいという狙いが含まれていると思います。

ノートパソコンは可搬性に富み多くのスペースを必要としないことからデスクトップタイプのパソコンよりも多く出荷されています。しかしその弱点として、キーボードが一体になっているのでキーストロークが浅かったりするなど文字打ち中心に考えた場合使い勝手で劣ります

また耐久性の面からしてもヘビーユースな場合にはキーボードから故障する率は上位です。壊れてもなおまだ使いたいという境遇では、何とかノートパソコン本体のキーボードは無効化して、外付けキーボードで使えれば、買い替えタイミングを遅くすることは可能にはなります。

では現実にはこうした「キーボード無効化」が手軽にできるのか、リスクは何か、などを調べていきたいと思います。

ノートパソコンのキーボードを無効化する場合

ノートパソコンで「キーボードを無効化」したい、と思うケースには、大きく分類すると2種類が考えられます。

まずひとつにはPC本体には何の異常もないが使い勝手の面やキーストロークの好みが、そのノートパソコンで十分な満足度が得られずに「外付けキーボード」を積極採用したいというもの。

もうひとつにはノートパソコンのキーボードが何らかの理由によって「利かないキーがある」もしくは「触ってもいないのにキーが連打される」などの故障に起因する問題があるかと思われます。

双方全く次元の異なる内容ではありますが、どちらも現状のノートパソコンの「キーボードを無効化」したいと思う理由かと思われます。

ノートパソコンのキーボードを無効化する場合①「外付けキーボードが使いたい」

これは仕事でもパソコンを使用している方や、ゲーム・チャットなどで早打ちする必要性があるなどのケースが考えられます。

もしくはトータルでそのノートパソコンは気に入っているが、キーストロークの深さが合わないとかテンキーの使用頻度が高いなどの理由が考えられます。このとき、外付けキーボードは大抵「USB接続」での使用と思われます。

一部にはブルートゥース接続のものもありますが、まだ比較的高額です。外付けキーボードは、ノートパソコンのキーボードと「両立」できてしまうので、不用意に触れて邪魔になることを防ぎたいと思う場合には「キーボード無効化」をしたいと考えるものです。

運用でカバーするとしたら、デスクに奥行さえあれば、より「手前」に外付けを置いて作業すればいいのですが画面との距離感があって操作性で劣ります。使うソフトによっては「テンキー」ばかり使うこともあり得ますが、この場合には「テンキーのみ」外付けのUSB接続の製品もありますので、そちらがベストであることもあります。そしてこの後詳しく述べていきますが「キーボード無効化」のリスクを考慮するならば、まさに「運用でカバー」となるのですが、このような商品を利用するのは如何でしょう?

このようなアイテムならば数千円の投資で済みますし、ノートパソコンへ何も設定せずとも不用意に触れて干渉することも激減するでしょう。本記事の真の狙いではありませんが「故障」でないならばこうした工夫でもよいかと思われます。

ノートパソコンのキーボードを無効化する場合②「キーボードの不具合・故障」

こちらのほうは非常に厄介な問題です。

特定のキーが全く利かなくなれば、そのキーの必要度合いにもよるでしょうが確実に作業に支障を来します。

逆に何もしない触ってもいないのに特定のキーが「連打」される状態ならばさらに厄介です。思うように文字打ちすることはほぼ不可能となります。

この状況で修理には出せない事情となれば「キーボード無効化」は頼みの一手となるかと思います。もしもこのような状況で「保証期間内」であり水をこぼしたなどの自己都合による故障でないなら、できれば修理に出したいところです。

しかし代替品が用意できない、保証期間が過ぎて修理見積が買い替えにも等しいなど修理が困難であれば外付けキーボードを用意して「キーボードを無効化」することはひとつの有効な手段とも言えます。

ノートパソコンのキーボードを無効化する方法

ノートパソコンで「キーボードを無効化」する方法にはいくつかの段階に分けて考えていいと思います。楽にできてすぐに元に戻せる方法があるならその方法を選ぶことがベストでしょう。しかしながら最近のノートパソコンではそう簡単に「キーボード無効化」ができない製品が多くなっているようです。順を追って説明します。

ノートパソコンのキーボードを無効化する方法①「ショートカットキーで無効化する」

もしもお持ちのノートパソコンにこの機能が備わっていたなら非常にラッキーです。比較的昔のノートパソコンでは、定められたあるキーとファンクションキーを同時に押すことでキーボードを無効化できる製品があったようです。比較的最近ですと、いわゆる「2in1」タイプの、タブレットにもなるタイプのノートパソコンの一部でこの機能があるようです。
(この参考機種では「ホールドボタン」という位置づけのボタンがついていました)
参考:パナソニック・CF-RZ5(法人向け)
こうした製品は少なくなってきている傾向があるようですので、まずは取り扱い説明書を読んで調べてみることです。ちなみに「ショートカットキーでのキーボード無効化」の機能があったとしても、どのキーを使うのかはメーカーによってバラバラであり「共通仕様」というものは特にないようです。

ノートパソコンのキーボードを無効化する方法②「BIOS設定から行う」

パソコンでBIOS設定を変えて何かをする機会というのは最近では非常に少なくなったと思われます。

少なくともWindows10が主流になってからはあまりやらない作業のうちのひとつでしょう。たまにあるのは「出荷時設定に戻す」などという作業で行うようです。

これの方法は主電源を入れ、メーカーロゴが出ているわずか数秒の間にファンクションキーを数回押して呼び出すという方法です。

多いのは電源投入後の、あるタイミングで「F2キー」を押してこの画面を呼び出します。

ここの設定でキーボードが選択でき、かつ「無効化」できる製品であればこの方法は大変有効です

ただしBIOS設定も闇雲に行うような内容ではなく、ある程度の専門知識は必要です。元に戻すだけであれば、工場出荷時の設定に全てクリアは可能ではあります。

しかしながらこの方法をもってしても「キーボード無効化」ができない機種のほうが大多数と思われます。

BIOS設定画面がスクリーンショットで撮影できなかったので、参考までにカメラで映した画像を下にのせます。ちなみに筆者のパソコンではBIOSからキーボードに何かする項目は全く見つかりませんでした。

BIOS画面

ノートパソコンのキーボードを無効化する方法③「レジストリを書き換える(要注意)

ほぼ最終手段をご紹介します。ただし先にも言っておきますが、この方法は決してお奨めしません。ごくごく普通にパソコンを「利用する」だけのユーザーにとってはレジストリを編集することでWindowsにシステムエラーなどの深刻な障害が発生する場合があるからです。

現実にはこの「レジストリの書き換え」でしかキーボードを無効化することはできないと思ったほうがいいでしょう。それだけに相応のリスクを背負うわけですから、やるとなったらWindowsシステムエラーにも対抗できるだけの覚悟が必要です。もっとも「故障」に起因する場合にはすでに後戻りできない状況が想定されますのでいくつかの「対応策」は取っておいたほうがいいでしょう。そのことは「注意点」の項目にて後述します。

ノートパソコンのキーボードを無効化する手順

上記の順に方法を調べ、結果として「レジストリの書き換え」に挑む場合の手順を説明していきましょう。やること自体は非常にシンプルですので、それほど長い説明にはなりません。むしろ事前の確認事項などのほうが多いです。

ノートパソコンのキーボードを無効化する手順①「確実に動作する外付けキーボードを接続する」

実際「キーボードの無効化」が成功したとするならば、それ以後はコンソール(入力装置)として外付けのキーボードしか使えなくなるわけですから、ここは慎重に確実に行いましょう。同時に「マウス」も稼働するか確認しておきます。ここで外付けキーボードが全てのキーを認識することを確認しませんと後からではどうにもならなくなる可能性もあります。

ノートパソコンのキーボードを無効化する手順②「管理者権限から確認する」

まずは「命令できる」形を作ります。Windows10ではマウスで選ぶことは難しいと思われます。

わかりやすいのは「コルタナ」検索で「regedit」と入力すれば一番上に出てきます。もうひとつの探し方は、「Windowsボタン」+「R」ででも直接ファイル名を入力する画面になります。

どちらでも結構です。

ただしこの時最も重要なことはそのとき「管理者権限」でログオンしているかどうかです。自分ひとりで使用しているパソコンであれば何もしなければ「管理者権限」になっていると思いますが、そうでない場合には管理者でログオンし直します。管理者であるかどうかはWindowsメニューの「設定(歯車のようなアイコン)」から「アカウント」を選ぶと自分がそうであるかがわかります。画面の順番は下のような流れです。

Windows設定画面

管理者権限の確認

先に自分が「管理者権限」のユーザーなのかは確かめておきましょう。

ノートパソコンのキーボードを無効化する手順③「レジストリを書き換える」

上の説明で「レジストリエディタ」を起動させますと、一旦警告の画面で止まって「はい」を選ぶと画面が開きます。下のような画面になります。

レジストリ変更箇所

この画像の赤で記した箇所に辿り着くように枝分かれ(ネスト)を上から追っていきますと、

「HKEYLOCALMACHINE」

→「SYSTEM」

→「CurrentControlSet」

→「Services」→「i8042prt」

の順で、その中に「Start」があることがわかります。これを規定値から「4」へ変更します。これで再起動すればキーボードは無効化されます。やること自体は「それだけ」なのですが、レジストリはパソコンの内部に刻み込まれた大変重要な部分です。メーカーサポートでも、「レジストリの変更」に関しては案内することを避けるメーカーもあると聞いています。そのぐらい重大な変更であることは自覚してくれぐれも「自己責任」でお願い致します

ノートパソコンのキーボードを無効化した場合の注意点

一度「キーボード無効化」を行ってそれが成功した場合には、ノートパソコン本体のキーボードはその時点で反応しないことになります。故障が起因であるならばそれでも構わないでしょうが、仮に「元に戻したい」という場合には手順を逆に、外付けキーボードを使ってレジストリエディタを書き換える、ということになるでしょう。そうした後戻りのときのために便利で安心で楽なので「やっておいたほうがいいこと」を考えてみました。

ノートパソコンのキーボードを無効化した場合の注意点①「復元ポイントを作っておく」

これはパソコンに何か大きな変更を加える際の常套手段で、空き領域さえあれば簡単に作っておけますので、必ず済ませておきたい内容です。復元ポイントが有効であるならば大抵の変更の後でも、その時点に戻れますので安心です。

ノートパソコンのキーボードを無効化した場合の注意点②「レジストリのバックアップを取る」

「キーボード無効化」の前の状態でのレジストリを「ファイル」でバックアップしておく方法があります。これもレジストリエディタのメニューから簡単にできますのでやっておきましょう。下の画像をご覧ください。

レジストリエクスポート

この赤で示した部分から「エクスポート」をして、然るべきフォルダに保存しておけば安心が増えるかと思います。もっとも「故障」であるなら元に戻すことにはあまり意味はないかもしれませんが。

まとめ

いかがでしたでしょうか。「ノートパソコンでキーボードを無効にする」際の役に立つ内容になったでしょうか。多くのノートパソコンで、レジストリを書き換えることでしかキーボードの無効化はできないと思われるのが現状です。しかし「キーボード」に限局される故障であるのであれば、修理費用がかさむ場合など「キーボード無効化」で「外付けキーボード」を当面使って買い替えを伸ばすことには大きな意義はあると思います。反面、故障由来でないならばレジストリ書き換えをしてまでノートパソコン本体のキーボードを「無効化」するのは、これはユーザー各位の価値観に委ねられる内容かと思われます。

以上

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 9f10cb4b b967 4443 a9d0 cb54cf78b7b9
Written By
速水 雄一
「読みやすい」を目標に記事を書いていきたいです
「ライター」としてはまだまだひよっこですが、その分「裏付け調査」をしっかりして、間違いのない情報をお伝えできればと思っています。 白物家電が好きで量販店に見に行ったりよくします。記事では、すでに自分が経験として持っている知識と、調べた結果をかみ砕いて、 それらをバランスよくまとめ、伝わりやすいものを書いていけるように頑張ります!

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧