USキーボードでのアットマーク・円マークの打ち方!

目次

パソコンのキーボード配列と「@」「¥」の記号入力

パソコンのキーボードのキー配列は1種類ではなく、複数のキー配列があります。皆さんが通常使っている日本語配列と英語圏の方向けの英語キーボードの配列では、キーの並びや機能が変わっていたりします。

とはいえ、配列や機能が違うといっても、数字とアルファベットの配列は日本語キーボード・英語キーボードともに同じ配列になっています。

では、なにが違うかというと数字とアルファベット以外、つまり記号部分に違いが発生しています。

ここでは、記号入力の中でも使う機会が比較的多く、キー配列が日本語と英語で異なる「@(アットマーク)」、「¥(円マーク)」の入力方法について、英語キーボードを使用する場合どのように行うかを日本語キーボードとの違いとあわせて確認していきます。

英語キーボードでアットマークが入力できない原因

英語キーボードで「@(アットマーク)」が入力できないという状況になった場合、入力ができないのではなく、日本語キーボードと同じように入力した結果、異なる文字が入力されたという状況が発生します。

なぜそういった状況が発生するかというと、最初に「日本語キーボードと英語キーボードで記号部分にキー配列の差異がある」と書いた部分がまさにその原因となります。
日本語キーボードで「@(アットマーク)」の入力キーは「P」の右のキーに刻印されていますが、英語キーボードの場合、同じ個所に「@」の刻印はありません。

<日本語キーボードの「P」の右>
英語 キーボード アット マーク

<英語キーボードの「P」の右>
英語 キーボード アット マーク



上記のようにキー配列が「@」になっていない英語キーボードで日本語キーボードと同じ感覚でキーを打つと、「@(アットマーク)が入力できない」という事態になります。

英語キーボードでアットマークを入力する

英語キーボードで@を入力する手順①

では、英語キーボードで「@(アットマーク)」を入力するにはどうすればいいでしょうか?

1つ目の方法として、日本語入力モードで「あっと」と入力し、「@(アットマーク)」変換する方法が考えられます。

ただ、この方法だと、「A」「T」「T」「O」と4回キーを打った後に「変換キー」を打って、変換候補から「@(アットマーク)」を選ぶ必要があり、手間が非常にかかります。

この方法をアレンジした方法として、「あ」などの任意の文字を「@」として事象登録するという方法もあります。そうすれば、入力キーの数の問題はある程度、軽減することができます。


日本語モードの入力中であれば、許容できる人もいるかもしれませんが、英語モードでの入力中の場合、一度日本語モードに変更する手間も発生するため、あまりおすすめできる方法ではありません。

英語キーボードで@を入力する手順②

日本語変換に頼らない英語キーボードでの「@(アットマーク)」の入力方法としては、英語キーボードの「@(アットマーク)」キーを打つ方法になります。

<英語キーボードの「@」キー位置>
英語 キーボード アット マーク



上記画像を見てもらうとわかるように日本語キーボードと全く異なる場所に「@(アットマーク)」が配置されています。

また、日本語キーボードの「@」キーと違い、「@(アットマーク)」が第1優先になっていないため、シフトキーを押しながら「2」キーを打つことで「@(アットマーク)」の入力がされることになります。

日本語キーボードと対応するキーの位置が変わるため、慣れが必要となりますが、日本語入力から変換するよりははるかに楽な手順となるため、通常はこちらの方法を使うことになります。(配置とシフトキーとの同時押下が嫌いな方は日本語入力の変換を頑張るか、英語キーボードの使用を諦めるかの選択を迫られることになりそうです。

英語キーボードでアットマークを全角・半角で入力する

英語キーボードで「@(アットマーク)」を入力する方法は前述した通りですが、その「@(アットマーク)」を全角文字・半角文字で打ち分けるにはどうすればいいでしょうか?

入力するキーが異なるので、全角・半角の打ち分けもなにか方法が異なるのか?という気になりますが、特別なことはなにもありません。

日本語の時と同じで日本語入力モードでは、全角文字が基本となります。変換キーで変換候補を出すと、半角文字の「@(アットマーク)」に変更することもできます。

英語モードで入力している場合(入力手順②の場合のみ)は半角文字として入力されます。英語モードの場合は、日本語キーボードでも同じですが、変換がされないため全角文字への変更はできません。

英語キーボードで円マークが入力できない原因

理由としては、「@(アットマーク)」が入力できないのと同じで記号部分のキー配置が日本語キーボード英語キーボードで異なるためです。
日本語キーボードで「¥(円マーク)」の入力キーは一番右上(正確には一番右上にあるBackSpaceキーの左)とアルファベットキーの一番右下(右側のShiftキーの左)に配置されています。

しかし、英語キーボードでは、そのどちらもキーそのものが配置されていないため、誤ったキーを打つのではなく、キー自体が打てない状態となります。(実際には配置関係で一番右上もしくは右下を打ってしまうため、入力誤りが発生する場合が多くなります)

<日本語キーボードの右上・右下>
英語 キーボード アット マーク

<英語キーボードの右上・右下>
英語 キーボード アット マーク



(日本語キーボードの「¥(円マーク)」入力キーに対応する箇所を見るとキーがない状態となっている)

英語キーボードで円マークを入力する

英語キーボードで¥(円マーク)を入力する手順①

「@(アットマーク)」の入力と同じ考え方になりますが、日本語入力で「えん」と入力し、変換を行う方法がまず考えられます。

「@(アットマーク)」の入力手順①と同じで入力に点がかかります。ただ、「@(アットマーク)」ほど入力回数が多くならないので、人によっては許容できるかもしれません。

また、「@(アットマーク)」の入力手順①にも記載しましたが、アレンジした方法として、「あ」などの任意の文字を「¥」として事象登録するという方法もあります。そうすれば、入力キーの数の問題はある程度、軽減することができます。

英語キーボードで¥(円マーク)を入力する手順②

次にも「@(アットマーク)」の入力と同じで、英語キーボードの「¥(円マーク)」の割り当てられたキーを押す方法です。

日本語キーボードの「¥(円マーク)」にあたっているキーは英語キーボードにキー自体がありませんでしたが、英語キーボードの「¥(円マーク)」キーも日本語キーボードに存在しないキーになっています。

<英語キーボードの「¥(円マーク)」キー>
英語 キーボード アット マーク



「BackSpace」キーと「Enter」キーの間に日本語キーボードにはないキーがありますが、これが英語キーボードの「¥(円マーク)」キーになります。日本語キーボードでは、「Enter」キーが大きくとられていますが、英語キーボードでは、左Shiftキーと同程度の大きさになっていて、その代わりにもう1つキーがあり、それが「¥(円マーク)」キーになっています。

このキーを打つことで、「¥(円マーク)」を打つことができます。

英語キーボードで円マークをを全角・半角で入力する

英語キーボードで「¥(円マーク)」を入力する方法は前述した通りですが、その「¥(円マーク)」を全角文字・半角文字で打ち分けるにはどうすればいいでしょうか?

「@(アットマーク)」の全角・半角入力で特別な手順がなかったのと同じで「¥(円マーク)」も日本語キーボードと同じ手順となります。「@(アットマーク)」と異なるのは、半角文字で入力するときも日本語モードで入力し、変換キーを打つところですが、これは日本語キーボードでも同じ手順のため、特別なことはありません。

英語キーボードで「@(アットマーク)」・「¥(円マーク)」を入力する方法のまとめ

英語キーボードで「@(アットマーク)」・「¥(円マーク)」の入力方法を探す状況は、英語キーボードを使用する局面、もしくは使おうと思っているためだと思います。英語キーボードには日本語キーボードにないスマートさがありますがキー配列の違い、特に今回取り上げた「@(アットマーク)」・「¥(円マーク)」のように入力するために工夫もしくは慣れが必要なキーがあるため、スタイルのスマートさだけで英語キーボードを使おうとするのは困った事態になる可能性があります。

また、自宅と職場で使用するキーボードの配列が異なるという状況が生まれやすいこともそれぞれの環境で入力誤りが発生する問題点になる可能性が低くありません。


「@(アットマーク)」・「¥(円マーク)」の入力方法の参考にするとともに、慣れるのと我慢できなくなるのとどちらが早いかということも考えてみてください。

(少なくとも「@(アットマーク)」・「¥(円マーク)」を入力する機会が多い方にはあまりおすすめはしません)

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 562a079d d3ab 4603 b652 8f16a8a80210
Written By
ガジェット好きな かかし
スマホ・SONY・ガジェット好きなSEです。面白い新しいものをいろいろ紹介できればと思います
新しいもの好きでスマホ・SONYが特に好きです。職種的なものもあり、いろいろ新しいものを紹介していきますので一緒に楽しんでもらえるとうれしいです。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧