メッセンジャーで友達を招待するには?招待は誰にでも送れるの?招待がしつこい場合の対処法!

この記事を執筆するにあたって

フェイスブックのメッセンジャーはメッセージアプリです。瞬時にメッセージを受けることができるのでとても使いやすく、多くの利用者のいるメッセージアプリです。しかし、この仕様が変わり、その招待があまりにも多く、すこし倦怠感を覚えるひとが増えてきました。しかしながら設定を変えることでそれらの問題は大きく回避することができます。是非、方法をよく知ってよりよい環境でメッセンジャーアプリを活用してみましょう。

Written By アテ ワン

目次

メッセンジャーの招待

今回はフェイスブックと連携して使うことの出来るメッセンジャーについて紹介していきましょう。
このメッセンジャーはフェイスブックアカウントと連携してメッセージのやり取りが行えるアプリです。
ですので普通のチャット以外に、フェイスブックのメッセージをスマホですぐに見れるというメリットもあります。
しかし、このメッセンジャーは仕様が変わり、とにかく招待してくるのが嫌だという人が多発しています。
今回はそのメッセンジャーの招待について解説をしていきましょう。

メッセンジャーに招待は誰にでも送れるのか

まぜはメッセンジャーの招待は誰に送ることが出来るのかを知りましょう。いったい、どういう仕組みになっているのでしょうか。みていきましょう。

メッセンジャーの招待が送れる人

メッセンジャーでは基本的に、連絡先を知っているひとに招待を出来るようになっています。
作業の上では、一応連絡先さえ知っていれば、全員に招待を送ることが出来ます。

詳しく紹介します。
基本的にメッセンジャーから招待を行う場合は以下の手順になります。

メッセンジャー 設定

  • 友達のアイコンから招待アイコンを選ぶ
  • すると自分のスマホと連絡先の同期をもとめられる -連絡先一覧が表示される -それぞれの連絡先に招待というボタンがある -この招待を押す

メッセンジャー 設定

この流れで招待を行います。
試しに誰にでも招待が出来るのか、フリーダイヤルやメッセンジャーを利用していないひとにも送ってみました。

わかったのは、スマホであれば誰にでも招待は出来るということです。
招待はSMSで送られるので相手がfacebookユーザーであろうとなかろうと
送ることができます。
参考:messenger

メッセンジャーの招待が送れない人

そして検証の結果、招待が送れないひとは以下のパターンがありました。

ひとつはフリーダイヤルなど、SMSがない場合。
もうひとつはすでにメッセンジャーを使っている場合。
そしてスマホに連絡先がない人達です。

また、Facebook上でアカウント設定で「私に友達申請できるひと」を友達の友達までにすると、Facebook上で友達の友達でない場合、招待ボタンが表示されなくなります。

フェイスブック上の知り合い以外からメッセンジャーに招待されることはあるのか

前項でお話したように、なにも設定をしなければ招待のリストにはフェイスブックの友達ではないひとでも招待ボタンが表示されます。

しかし、フェイスブックの友達ではないにしても、連絡先を知っていることが前提条件なので、基本的には問題がないといえるでしょう。

メッセンジャーに招待されたけど受けたくない場合の対処法

最近、メッセンジャーの招待を受けるのがいやだという人が多いようです。そこで対策をいくつか紹介していきましょう。

メッセンジャーに招待されたけど受けたくない場合の対処法①メッセンジャーをインストールする

あまりにもメッセンジャーへの招待が嫌ならば、はじめからメッセンジャーをインストールしてしまうという方法があります。
メッセンジャーをインストールしてしまえば、メッセンジャーへの招待はなくなります。

しかし、メッセンジャーにはさらにグループへの招待という機能もあります。
これにて、結構嫌な思いをしている人も多いようです。

これを解消するには単純に抜けるのが一番ですが、抜けられない人間関係の場合もあるでしょう。

その場合方法としてはスレッドを表示しないという方法があります。
手順は以下のようになります。

  • 無視をしたいスレッドを開く
  • 上部の!をタップする
  • 下へスクロールして「メッセージを無視」をタップする
  • 「無視する」を再度タップする

これで、抜けなくてもそのスレッドの表示を避けることができます。

メッセンジャーに招待されたけど受けたくない場合の対処法②そもそも無視

基本的には、メッセンジャーへの招待、というのはSMSで行われます。
ですので、そのメールを見ても自分から登録しなければ何事にもなりえません。
ただし、うっとうしいのはあるかもしれません。
結局、スマホのゲームのおすすめメールと同じだと思えば、納得いただけるのではないでしょうか。

メッセンジャーの招待がしつこい場合の対処法

あまりにもしつこい招待は困り者ですよね。どういった対策があるのかを紹介していきましょう。

メッセンジャーの招待がしつこい場合の対処法①通知のブロック

メッセンジャーのアプリへの招待を受けたくない場合には通知のブロックという方法があります。
これはアプリの通知設定をオフにすることでできます。
以下の手順で行いましょう。

  • フェイスブックのトップページ右上の三角をクリック
  • そのダウンドロップメニューから設定を選ぶ
  • 設定で開いた画面でブロックを選ぶ
  • ここで名前かメールアドレスを追加する

以上の方法を使えば、ブロックをすることが出来ます。
相手でもそのブロックをしたということはわからないようになっています。

アプリ ブロック

メッセンジャーの招待がしつこい場合の対処法②ブロックその2

紹介したブロック方法は、設定を変えることでその友達からのアプリ招待を全てブロックする方法と、友達で縛るのではなく、アプリの招待を全てブロックする方法とがあります。

情報に埋もれて疲れてしまったような場合は後者がおすすめですが、もしアプリのなかには知りたい情報もあるなど、全てをブロックしたくない場合はしつこい特定の友達だけをブロックするのもよいでしょう。

メッセンジャーの招待を受けなくする

最後に、メッセンジャーの招待を受けなくするという方法を紹介しましょう。あまりおすすめできませんが念の為おさえておきましょう。

メッセンジャーの招待を受けなくする手順①友達の友達への限定

基本的に、フェイスブックからの設定で招待を受ける範囲を限定することでメッセンジャー上での申請を頻繁にうけなくすることができます。

方法は設定から行います。
スマホの場合は以下の手順で行いましょう。

  • メニューバーのその他を選択
  • プライバシーショートカットを選択
  • 「私に連絡を取ることが出来る人」を選択
  • 「私に友達リクエストを送信できる人」を選び限定する

パソコンでは以下のようになります。

  • 左側にあるメニューからプライバシーを選択
  • 検索と連絡に関する設定の私に友達リクエストを送信できる人を選ぶ
  • 選択範囲を選ぶ

これで、ある程度の招待を制限することができます。

メッセンジャー ブロック

メッセンジャーの招待を受けなくする手順②SMSの拒否

もしフェイスブックをやっていない場合はSMSで連絡が来ることになります。
そんな場合にはSMSを拒否してしまう方法というのがあります。
しかしながら、当然SMSで拒否すると全ての連絡が受け取れなくなってしまいます。

ですので、ブロックする前にメッセンジャーはやるつもりがない、とはっきりいいましょう。
アプリの仕様で送られてしまう場合もあるため、相手が理解してくれれば解除してくれるはずです。
それでも送ってくる場合は、全く別の話になってきます。

まずはひとことやめて欲しい旨を伝えましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はフェイスブックのメッセンジャーについて解説をしてきました。
とても便利なアプリでありながら、すこし嫌がられているメッセンジャーの招待。今一度その対策を見直していきましょう。

  • メッセンジャーの招待はスマホの連絡先で送れる
  • メッセンジャーの招待はメッセンジャーを利用していない人に送れる
  • メッセンジャーの招待はフェイスブックのコメントかSMSメールで送られる
  • メッセンジャーの招待はブロック機能を使って回避できる
  • メッセンジャーの招待はフェイスブックの友達以外にも連絡先を知っていれば出来る
  • メッセンジャーの招待は基本的に無視しても問題はない

以上が今回のポイントになります。フェイスブックやメッセンジャーは都度更新されています。バージョンアップごとに内容が変わっていますのでそれにあわせて対策を練っていくようにしましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
アテ ワン
読者がほしい家電を見つけられるような記事を書いていければと思っています。
2018年8月より参加させて頂いております。家電の魅力が楽しく伝わればと思っております。家電をネットで買うメリットは商品比較が非常に簡単にできる事と、説明書と使用レビューを同時に見ることで使用したときの実感が自宅にいてすぐにわかることです。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧