エクセルのアイコンにびっくりマークが付いている!直す方法!

目次

エクセルのアイコンにびっくりマーク

仕事をする上で使用する事の多い『エクセル』ですが、アイコンが違うと思った事はありませんか?

『アイコンが違うけどファイルを開く事ができるから、そのまま放置している』、という人もいれば、『気になって仕方がない・注意表記?』、と焦ってしまう人もいる事でしょう。

ですのでこの記事では、エクセルのアイコンにビックリマークが表示される原因と対処方法や注意点、ビックリマークがつくバージョンやエクセルアイコンが白くなって開けない場合・中身のシートがアイコンになっている場合の原因と対処方法などを紹介します。

エクセルのアイコンにビックリマークがつく原因は?

エクセルのアイコンにビックリマークがつく原因:黄色・白色のビックリマーク

エクセルのアイコンに、『黄色のビックリマーク』『白色のビックリマーク』が表示されている場合は、『マクロ有効ブック形式(.xlsm)』となり、通常のエクセルアイコンは、『Excel ブック(.xlsx)』で、ビックリマークの付いていないアイコンになります。

excel アイコン

(左:Excel ブック(.xlsx)、右:マクロ有効ブック(.xlsm))

Excel 2007以降のバージョンでは、拡張子『.xlsx』ですが、マクロ機能が有効な保存には拡張子『.xlsm』が用いられます。

『マクロ有効形式(.xlsm)』とは、拡張子『.xlsx』では保存できない『マクロ言語』を保存する事のできる拡張子です。

マクロとは、『VBA(Visual Basic for Applications)』を使用して作成したプログラムの事を指します。

毎日、毎月のように、エクセルで同じ作業の繰り返しをマクロを使って自動化する事ができます。

ですが、マクロ作成してから『.xlsx』で保存しても、マクロ設定は削除されてしまいます。

ですので、マクロ作成して保存をしたい場合は、『マクロ有効ブック形式(.xlsm)』で保存しないといけません。

マクロはプログラミングのため、初心者や知識のない人からすると、訳の分からない事ですよね。

その上、エクセルのアイコンに黄色や白色のビックリマークが表示されていると、焦ってしまいますよね。

ですが、エクセルの種類さえ分かっていれば、対処する事はできます。

対処方法については後述します。

エクセルのアイコンにビックリマークがつく原因:赤いビックリマーク

エクセルのアイコンに赤いビックリマークがつく原因として、

  • 『McAfee(マカフィー)のオンラインバックアップ機能』

があります。

ただし、必ずしも『McAfee(マカフィー)が原因とは限らず、McAfee(マカフィー)をインストールしていない場合は、『MOZY』など他のバージョン管理ソフトが原因となっている事もあります。

赤いビックリマークが表示される原因は、ただMcAfee(マカフィー)のオンラインバックアップ機能が作動していません。という事なので、危険はないようです。

ですが、赤いビックリマークだと何か危険があるのではないか・ウイルス?などと不安になりますよね。

ですので、後ほどMcAfee(マカフィー)のアンインストール方法などを紹介します。

参考元:デスクトップのファイルに赤いびっくりマーク - マイクロソフト コミュニティ

エクセルのアイコンにビックリマークがつく場合の対処とは

excel アイコン

エクセルのアイコンにビックリマークがつく場合の対処法①黄色・白色のビックリマーク

エクセルのアイコンに黄色や白色のビックリマークが表示される原因として『マクロ有効ブック形式』と記述しましたが、その対処方法として、

  • 『マクロ有効ブック形式(.xslm)』を『Excel ブック(.xlsx)』にする

があります。

excel アイコン

簡単に言えば、マクロ有効ブック形式で保存しているファイルを、ブック形式に変更するだけです。

操作手順は、2つありますが、最終的には同じ画面での保存となります。

一つ目は、

  • 『マクロ有効ブック形式』のエクセルファイルを開く

excel アイコン

  • 画面左上の『ファイル』をクリック

excel アイコン

  • 『名前を付けて保存』をクリック

excel アイコン

  • ファイル名の確認と、ファイルの種類を『Excel ブック』に選択して『保存』をクリック

excel アイコン

excel アイコン

excel アイコン

二つ目は、

  • マクロ有効ブック形式のエクセルファイルを開ける

excel アイコン

  • 画面左上の『ファイル』をクリック

excel アイコン

  • 『保存と送信』をクリックして、ファイルの種類の『ファイルの種類の変更』をクリック

excel アイコン

excel アイコン

  • 『ブック』をクリックして、一番下にある『名前を付けて保存』をクリック

excel アイコン

excel アイコン

  • ファイル名の確認・ファイルの種類が『Excel ブック』になっているのを確認して『保存』をクリック

excel アイコン

以上が、マクロ有効ブック形式をExcel ブック形式にする手順となります。

エクセルのアイコンにビックリマークがつく場合の対処法:赤いビックリマーク

エクセルのアイコンに赤いビックリマークがつく場合、

  • 『McAfee(マカフィー)のオンラインバックアップ機能』

が原因の可能性があります。

その対処方法としては、McAfee(マカフィー)のアンインストールして再度インストールを行う必要があります。

McAfee(マカフィー)のアンインストール方法は、パソコンやバージョンによって異なりますが、

  • 『Windowsロゴマーク』→『コントロールパネル』

excel アイコン

  • 『プログラムのアンインストール』→『McAfee(マカフィー)』を探してアンインストール

excel アイコン

excel アイコン

インストールは、インターネットで『McAfee(マカフィー)』と検索してインストールしてください。

また、再インストールの際に、『オンラインバックアップをしない』や『オンラインバックアップのチェックを外して』からインストールすると、エクセルなどのファイルアイコンに赤いビックリマークを消す事ができます。

McAfee(マカフィー)はインストールしていないので試せていないのですが、エクセルのアイコンに赤いビックリマークが表示されている人の多くは、上記の方法で解決しています。

エクセルのどのバージョンでもエクセルファイルにびっくりマークは付くのか

excel アイコン

調べてみても詳しくは分からないのですが、Excel 2003までは、Excelファイルを開けないとマクロ有効なのかどうかは分からないようです。

Excel 2003の次は、Excel 2007で、Excel 2007以降は拡張子が(.xlsx)の他に(.xlsm)など増えたため、アイコンで分かるようにマクロ有効ブック形式はビックリマークが表示されるのでしょう。

ですので、エクセルのアイコンにビックリマークが表示されるのは、Excel 2007以降という事になります。

参考元:Excel でサポートしているファイル形式 - Excel

エクセルファイルに!マークがつかなくなるようにして保存した場合の注意点

エクセルファイルに!マークがつかなくなるようにして保存した場合の注意点:黄色・白色のビックリマーク

エクセルのアイコンにビックリマークが付いている『マクロ有効ブック形式』を『Excel ブック形式』に変更して保存した場合は、

  • マクロの設定は削除

となります。

マクロを使って作成したエクセルファイルは、Excel ブックに変更すると、マクロの設定を保存できない為に削除されます。

ですが、マクロ有効ブック形式のエクセルファイルをExcel ブックに変更して保存をしても、マクロ有効ブック形式ファイルは残ったままExcel ブックとして作成されます。

Excel ブックに変更・保存してから、マクロ有効ブック形式で保存しているエクセルファイルを削除するため、置いておくのであればそのままでも大丈夫です。

気になるようでしたら、マクロ有効ブック形式のエクセルファイルを削除してください。

エクセルやワードのアイコンが白くなる

エクセルやワードのアイコンが白くなる場合の原因

エクセルやワードなどで作成したファイルのアイコンが『何も書いていない真っ白なアイコン』になる原因として、

  • ファイルと起動アプリの『関連』が無くなった場合と拡張子を削除してしまった場合

です。

例えば、エクセルで作成して保存したファイルがあるにもかかわらず、エクセルなどの起動アプリを削除した場合に、アイコンが白くなり、保存しているファイルの拡張子を消してしまった場合にもアイコンが白くなります。

よって、保存したファイルの起動アプリや拡張子を消してしまって、ファイルとの関連が無くなり開ける方法が無くなった場合に、アイコンが白くなってしまうので、何かを削除する場合には必ずファイルが無いかの確認をする必要があります。

参考元:エクセルのアイコンが変になって直らない。 - マイクロソフト コミュニティ

エクセルやワードのアイコンが白くなる場合の対処法

まず、拡張子を削除してしまって、エクセルなどのアイコンが白くなってしまった場合の対処方法として、拡張子のデータ復旧を行うと良いでしょう。

データ復旧のフリーソフトなどがあり、拡張子の自動検出などを行えるソフトであれば、拡張子を削除してしまって開ける事の出来ないファイルでも、拡張子の復旧もする事ができます。

起動アプリを削除してしまってファイルが開けない場合は、ファイルの起動アプリをインストールする・起動アプリと関連付けをすると良いでしょう。

起動アプリのインストールは簡単で、アイコンが白くなって開ける事のできないファイルが『Excelファイル』なのであれば、『Excel』をインストールすると解決します。

起動アプリとの関連付けは、起動アプリをインストールしているにもかかわらずファイルのアイコンが白くなって開ける事ができない場合に行います。

白くなったアイコンをダブルクリック→『このファイルを開けません』とのメッセージ表示→『インストールされたプログラムの一覧からプログラムを選択する』にチェックを入れる→『OK』→『ファイルを開くプログラムの選択』で起動するプログラムを選択→『この種類のファイルを開く時は、選択したプログラムをいつも使う』にチェック→『OK』

※起動するプログラム選択の際に、通常は『推奨されたプログラム』に表示されるのですが、場合によっては、『他のプログラム』やローカルファイルから直接プログラム指定しないといけない場合もあります。

新規に保存をした場合にエクセルのアイコンが中身のシートが見えるような状態になっている場合の原因と対処法

excel アイコン

作成したエクセルを新規に保存した場合に、アイコンが通常のエクセルアイコンではなく中身のシートになっている場合は、縮小版を保存するになっている事が原因です。

作成したエクセルを名前を付けて保存する際に、『縮小版を保存する』にチェックを入れると、エクセルのアイコンが中身のシートになります。

対処方法は、

  • アイコンが中身のシートとなっているエクセルを開く

excel アイコン

  • 『ファイル』タブをクリックして、『名前を付けて保存』をクリック

excel アイコン

excel アイコン

  • ファイル名はそのままに、作者名の下にある『縮小版を保存する』のチェックを外して『保存』をクリック

excel アイコン

  • 『○○は既に存在します。上書きしますか?』と表示されるので『はい』をクリック

excel アイコン

以上の操作でエクセルのアイコンが通常のエクセルアイコンになります。

参考元:デスクトップに保存しているエクセルのアイコンが、“エクセルの中身が小さく表示されているやや横長のアイコン̶ - マイクロソフト コミュニティ

まとめ

エクセルのアイコンに黄色や白色のビックリマークがつく原因は、

  • 『マクロ有効ブック形式(.xlsm)』での保存

エクセルのアイコンに赤いビックリマークがつく原因として、

  • 『McAfee(マカフィー)のオンラインバックアップ機能が作動していない』

※『MOZY』など他のバージョン管理ソフトが原因となっている事もあります。

エクセルのアイコンに黄色や白色のビックリマークが表示される対処方法は、

 
- 『マクロ有効ブック形式』のエクセルファイルを開く→『ファイル』→『名前を付けて保存』→ファイルの種類を『Excel ブック』に選択→『保存』

  • マクロ有効ブック形式のエクセルファイルを開く→『ファイル』『保存と送信』→『ファイルの種類の変更』→『ブック』→『名前を付けて保存』→ファイルの種類が『Excel ブック』になっているのを確認して『保存』

エクセルのアイコンに赤いビックリマークが表示される対処方法は、

  • 『Windowsロゴマーク』→『コントロールパネル』→『プログラムのアンインストール』→『McAfee(マカフィー)』を探してアンインストール→『McAfee(マカフィー)』と検索してインストール

※再インストールの際に、『オンラインバックアップをしない』や『オンラインバックアップのチェックを外して』からインストール

エクセルファイルにびっくりマークは付くバージョンは、

  • Excel 2003までは、Excelファイルを開けないとマクロ有効なのかどうかは分からなく、Excel 2007以降は拡張子が(.xlsx)の他に(.xlsm)など増えたため、アイコンで分かるようにビックリマークが表示される。

エクセルファイルに黄色や白色のびっくりマークがつかなくなるようにして保存した場合の注意点は、

  • エクセルのアイコンにビックリマークが付いている『マクロ有効ブック形式』を『Excel ブック形式』に変更して保存した場合は、『マクロの設定は削除』される。

エクセルやワードのアイコンが白くなる場合の原因は、

  • ファイルと起動アプリの『関連』が無くなった場合や拡張子の削除

エクセルやワードのアイコンが白くなる場合の対処法は、

  • フリーソフトなどでの拡張子のデータ復旧

  • ファイルの起動アプリをインストールする・起動アプリと関連付けをする

  • アイコンが白くなって開ける事のできないファイルが『Excelファイル』であれば『Excel』をインストールするとエクセルファイルを開く事ができる。

起動アプリをインストールしているにもかかわらずファイルのアイコンが白くなり開けない場合は、

  • 白くなったアイコンをダブルクリック→『このファイルを開けません』とメッセージ表示→『インストールされたプログラムの一覧からプログラムを選択する』にチェック→『OK』→『ファイルを開くプログラムの選択』で起動するプログラム選択→『この種類のファイルを開く時は、選択したプログラムをいつも使う』にチェック→『OK』

新規保存をした場合にエクセルのアイコンが中身のシートになっている場合の原因は、

  • 縮小版を保存するになっている

対処方法は、

  • アイコンが中身のシートとなっているエクセルを開く→『ファイル』→『名前を付けて保存』→『縮小版を保存する』のチェックを外して『保存』→『○○は既に存在します。上書きしますか?』と表示されるので『はい』

以上が、エクセルのアイコンにビックリマークが表示される原因と対処方法や注意点、ビックリマークがつくバージョンやエクセルアイコンが白くなって開けない場合・中身のシートがアイコンになっている場合の原因と対処方法のまとめとなります。

Ad sumaho sabusuku

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20e79f82 0430 47e7 9539 2ea40e12659b
Written By
x. Cheyon
皆様の検討・比較に役に立ってもらえる様な記事執筆を心掛けています。
色々な記事を執筆させて頂いています。皆様にとって「知りたかった事!」「知っていてタメになった!」と思ってもらえるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧