楽天の「獲得予定ポイント」はいつ付与されるのか?確認方法を解説!

この記事を執筆するにあたって

筆者は楽天利用歴はそこそこ長いほうで12年目になります。まだその当時はamazonよりも楽天が大幅にリードしていて他のネット通販を完全に圧倒していました。やがて楽天は独自の「ポイントシステム」で販売促進を図るようになり、今ではポイントの多さも購入時の大きなモチベーションとなっています。各種キャンペーンで得られる数倍のポイントを狙って買い物をするのは楽しいものです。

Written By 速水 雄一

目次

楽天の獲得予定ポイントはいつ付与されるの?

この記事は「楽天獲得予定ポイント」についてそれが「いつ」付くのか知りたい、という方へ向けての説明になります。またポイントがすぐには反映しないことやポイントが減った気がするなどへの考察も記述します。会員ランクでの獲得ポイントに差が出るのかなどにも、経験も踏まえて解説していきたいと思います。

楽天の獲得予定ポイントの付与はいつなの?確認方法とは?

楽天でのお買いものでついてくる「ポイント」は購入した瞬間に付与されるわけではありません。これは「通常ポイント」と「期間限定ポイント」での違いもあります。どちらにしても一定期間は「待機状態」となるのです。これらは従来の実店舗でのお買いものならばその場で決済・受け取りをするのでそれに対するポイントも瞬時付与して問題ないのですが、ネット通販の場合の多くは配送してお届け完了になるまでの期間は何らかの都合で、その売買が無効(キャンセル)になることもあり得ることから来ていると考えていいようです。ではポイントの獲得の時期を知るためにはどうすればいいのか、順を追って見てみましょう。

楽天獲得予定ポイントはいつ付与されるの?

まず「通常ポイント」についてです。これは購入日の翌日に「仮ポイント」として確定し、その20日後に、使える状態に変わります。大原則は全てこの日数にしたがいます。下に画像を貼ります。

楽天仮ポイント

ここに示した通り、①②③をそれぞれ見てみると、上述の通りにポイント付与が動いていることが確認できます。これが通常ポイントでのルールです。
では「期間限定ポイント」はどうでしょうか?この「期間限定ポイント」には、いくつもの要因から付与される性質のものであるので一概には言えません。曜日や日付の語呂(0の付く日、5の付く日等)、あるいは楽天グループのプロスポーツチームの前日の試合結果(勝利)など、ポイントが2倍3倍となることは頻繁にあります。その他にもいろいろな理由付けでポイント倍増の日が都度設定され、それが販売促進の一環になっているようです。キャンペーン適用でのポイント獲得にはもっと長い期間が必要となります。それは「条件クリア」の判定に時間がかかるためだと思われます。キャンペーンにはエントリも相応の期間の幅があります。そのキャンペーンごとに付与の時期の明示があるものが多いですが「抽選で何名」とかいう内容ですと前置きなくポイント付与になることもあります。

楽天獲得予定ポイントの確認方法

さて、上記でごく普通の「通常ポイント」の付き方は見てみました。これは買い物額個々の「1%」が付与されるのが原則です。ではその他についてくるポイントについても具体的に見ていきましょう。

楽天ポイントの種類

上の画像で「①」をご覧ください。この2日に渡るポイントの増減は、このショップでまず10ポイントを利用したということがひとつ。そしてその買い物に対する「通常ポイント」が翌日「仮ポイント」として付与され、やがて2018/12/06から使えるようになった、という流れを示していますね。これが基本の流れです。
そしてこの画像ではもうひとつのことを示してみたいと思い「②」での「キャンペーン」の達成ポイント付与の様子を赤で囲いました。この内容は「2018/08/01~2018/08/31」の期間に施行されたキャンペーンにて条件を達成し、その成果のポイント付与が「2018/11/20」に行われ、これが「期間限定ポイント」であり、その期間は「2019/02/28 23:59」までとされていることを意味します。この「期間限定」は厳格に行われます。仮に忘れているなり楽天を操作できないなり、この期日を1秒でも逃せば、このポイント一覧に「失効ポイント」として記載され、それがどんなに大きなポイントであろうとも「無効ポイント」になってしまいます。
もっとも、それを避けるように登録メールアドレスには数日前になると「そろそろ無効になるポイントがあります」という主旨のメールが届きます。そしてこのポイント一覧にも期間限定ポイントがどの程度「先」まで有効かということを示す箇所があります。画像で確認しましょう。

楽天期間の表示

これで見るとはっきりしますが、全ポイントのうち「期間限定ポイント」がこの時期ほぼ半分を占めていることがわかります。画像の「①」では「2018/12/29」までに10ポイントが期限で仮にこれを失効してもちょっと悔しい程度で済みそうですが「②」の「2018/12/31」までの1995ポイントを失効するのは相当ダメージが大きいと思います。ポイントは楽天の中では「お金」と同じですから。ちなみに実店舗で「楽天ポイント」が使える「くら寿司」等の提携店舗では、この「期間限定ポイント」は使えないのでご注意ください。店舗のカードリーダーで見える(使える)ポイントは通常ポイントだけですので。少しそれましたが、この記事を書いているのはすでに12月ですから意識してどこかで使わないと損をしますね。もっとも「要らないもの」を強制的に買うのも意味のないことですからポイント集めをする方ならこの期間限定ポイントをいつ・何に使うかは早めに見当をつけておくことをお奨めします。

楽天獲得予定ポイントはなぜすぐに獲得できないの?

基本ルールとして翌日仮ポイント、20日後から使える原則を説明しました。ではなぜ「すぐ」にはポイントが獲得できないのでしょうか。

楽天獲得予定ポイントすぐに獲得できない理由

これは上述もしましたが、楽天がネット通販であることに起因すると思っていいでしょう。楽天サイトにとってポイントとは楽天内部での事実上の「キャッシュバック」です。しかし注文が確定しても配送に回ってお届けまでには相応の日数が必要です。その間、ユーザー側にもショップ側にも「キャンセル」が発生する可能性は常にあります。そうなった場合、もしも即時にポイントを付与して使える状況を作ってしまったら、キャンセル前にポイントを利用するだけして逃げられてしまうリスクもあり得るわけです。その例は極端としましても、もしもキャンセルになった場合にはそれにまつわるポイントも発生してはいけないわけですから付与後であればポイントの「減算」をせねばなりません。これはシステム上難しい問題ですから「猶予期間」が設けられていると考えて普通かと思われます。その間ポイントに関して「何の情報もない」のはユーザーへ不信感を与えかねませんから「仮ポイント」というやり方をしているものと思われます。楽天がこのような「見解」を公式には表明はしておりませんので、ここは一般論としてご理解ください。

楽天の獲得予定ポイントが減った⁉︎

これは2通りの解釈があるかと思います。ひとつには表記上、ポイントが無くなっているように見えるケース。もうひとつは昔よりもポイントの付き方のルールが厳しくなったように感じること。この2つです。

楽天獲得予定ポイントが減った理由

キャンペーンなどでの2倍3倍ポイントの「獲得予定ポイント」が急に減ったように見える「トラブル」は過去にあったようです。それらは単純に不具合として訂正され元に戻ることがほとんどです。Q&Aや楽天サイトの目につく箇所に内容が載ることが多いです。あるいは「突然ポイントが減った」というケースでは実は「期間限定ポイント」が失効してしまい消えたから、という場合も考えられます。以下はそうしたシステム上の問題ではなく、利用者として「ポイントが貰いにくくなった」というような感覚的なことを述べます。
例えばですが今から1年も前でもなく、ポイント倍付の「ルール」が実際改定になりました。目立ったのは「月に1回でもモバイルからお買いものをすればその月は2倍」という項目はなくなりました。あと「楽天ブックス(またはRAKUTEN KOBO)で1回お買いものをすればその月は2倍」も内容が変わって達成しにくくなりました。
こうした点は楽天の事情によるもので予告つきで改定されますので仕方のない内容かと思います。現段階では楽天では月ごとのトータルでのポイント倍率の規定を「楽天SPU(スーパーポイントアップ)」としてひとまとめにしています。つまり月初には「クリアされて」しまう内容も中にはあります。当月時点での筆者の「SPU」の状況を画像で貼ってみます。

楽天SPU

楽天SPUでは、楽天グループ各社のサービスを利用しているかどうかで倍率が変わります。筆者はご覧の通り「5倍」です。それほど無理なくこのくらいは行くかと思います。全てのサービスを網羅した場合にはなんと「15倍」というから驚きです。しかし相当の楽天ヘビーユーザーでもなければそこまでは難しいでしょう。

楽天の会員ランクに獲得予定ポイントも対象になるの?

楽天では「会員ランク」という制度もあります。これは過去に遡って「半年」の期間に得た「ポイント獲得回数」と「ポイント総合計」の二つを合わせて判定すると定められています。この時お買いものを伴わない「期間限定ポイント」は「総合計」には含めない規程になっています。つまりキャンペーン達成時の成功報酬のポイントや、単なる抽選での獲得ポイントは「除外」ということです。ただし「獲得予定ポイント(通常ポイント)」であれば算入されるようになっています。
つまりその「半年」のみなし期間でポイント総合計が満たない場合でも「獲得予定ポイント」を加算して到達すれば「クリア」というルールになっているようです。

参考:会員ランクアップ条件

まとめ

「楽天での獲得予定ポイント」の見方についてご説明しました。あとは「通常ポイント」以外の「期間限定ポイント」は日によって激しく上下することを実体験をもとに述べてみました。楽天でのお買いものの楽しみのひとつにはこの「獲得ポイント」が確実にあげられるでしょう。日々「買う買わない」は別としてネットの巡回ルートのひとつに楽天を入れておくのはネット通販をよくなさる方には有益なことと思います。あとは獲得した「期間限定ポイント」は余すことなく必要なものを買う時に賢く使いたいですね。
注意:本記事での画面スクリーンショットは記事作成期間の「2018/12/1~2018/12/9」の間のものですのでご留意下さい。

以上

Ad sumaho sabusuku

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 9f10cb4b b967 4443 a9d0 cb54cf78b7b9
Written By
速水 雄一
「読みやすい」を目標に記事を書いていきたいです
「ライター」としてはまだまだひよっこですが、その分「裏付け調査」をしっかりして、間違いのない情報をお伝えできればと思っています。 白物家電が好きで量販店に見に行ったりよくします。記事では、すでに自分が経験として持っている知識と、調べた結果をかみ砕いて、 それらをバランスよくまとめ、伝わりやすいものを書いていけるように頑張ります!

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧