youtubeのコメント欄を非表示にしたい!その方法とは?

この記事を執筆するにあたって

youtubeでコメント機能のオプションなどを設定しながら、趣味の動画などの共有を楽しんでいます。

Written By 藤田 光

目次

youtubeのコメント欄を非表示にしたい

何かと利用することの多いウェブサイト、アプリのひとつにYoutubeがあります。PC、スマホを問わず、動画の閲覧や、自ら撮影した動画の共有などに、毎日多くの時間を割いている方もいるのではないでしょうか。そうでなくても、ちょっとしたPVの閲覧など、Youtubeを利用する機会は非常に多いと言えます。
そんなYoutubeの特徴のひとつとして、ただ動画を共有するだけではなく、コメント機能などを利用して、SNS的な使い方を楽しむことができることが挙げられます。好きな動画について、自分の意見をコメントしたり、自らがアップロードした動画に、好意的なコメントをもらえて嬉しかったり、そういった経験を持つ方もいることでしょう。私も、Youtubeにスマホで撮影した動画をアップロードすることがありますが、好意的なコメントや評価をもらえた際には非常に嬉しく思うことがあります。
そんなコメント機能ですが、場合によっては、必要がないと感じる時があるかもしれません。特に、基本的にYoutubeを利用する人ならだれでもコメントができる状態になってしまいますので、気分を害するようなコメントなどに遭遇する確率も必然的に大きなものとなると考えられます。本記事では、そのように考えている方などに向けて、Youtubeでコメント欄を非表示にする方法について、画像付きで詳しく解説しています。より自分らしく動画の共有などを楽しむために、本記事の内容を参考にしてください。

自分が投稿したyoutubeのコメント欄の非表示方法とは?

自分が投稿したyoutubeのコメント欄の非表示手順

Youtube コメント欄 非表示

まず、自分が投降した動画のコメント欄を非表示にする手順から確認していきます。アップロード済みの動画に対して、個別にコメントの表示、非表示を切り替えることができるのに加えて、これからアップロードする動画すべてに対して適用される設定として、コメント欄を非表示にすることもできます。それぞれについてみていきましょう。
まず、個別の動画について、アップロード後にコメントの表示、非表示を切り替える方法ですが、Youtube閲覧中に表示されるユーザーアイコンから「クリエーターズ・ツール」をクリックして、動画の管理画面を開きます。そのうえで、コメントの表示、非表示を切り替えたい動画の「編集」ボタンをクリックして、「詳細設定」項目からコメントの表示、非表示を切り替えることができます。この方法は、一度アップロードした動画に関して、反応などを見て変更することができる点がメリットだと言えるでしょう。
次に、今後アップロードするすべての動画について、標準で適用される設定を変更する方法ですが、先ほどと同様にYoutube閲覧中に表示されるアイコンをクリックして「クリエーターズ・ツール」を開きます。そして、設定項目の中から「チャンネル」の中の「アップロード動画のデフォルト設定」を開きます。この項目を開くと、今後アップロードする項目に適用される標準のオプションを設定することができますので、設定項目の中から「コメントを許可する」のチェックを外すことにより、コメントを標準で許可しないようにしましょう。この手順で操作することにより、以後アップロードする動画には、標準でコメント機能が非表示になります。

他人が投稿したyoutubeのコメント欄の非表示方法とは?

他人が投稿したyoutubeのコメント欄の非表示手順

Hide Youtube Comments 拡張機能

次に、他人が投降したYoutube動画において、コメント欄を非表示にする方法について確認していきます。自分でアップロードした動画についてはもちろん、他人の投降した動画についても、コメント内容などを見ず、動画そのものを楽しみたいという場合があるのではないでしょうか。そのような場合、本節の記述を参考に、コメント欄を非表示にしてみましょう。
この操作を行うにあたって最も便利なのが、PC版Chromeで利用できる「Hide Youtube Comments」拡張機能を利用するというものです。この拡張機能を利用すると、Youtubeの様々な動画に表示されるコメント欄をすべて一括で非表示にすることができます。複雑な手順は必要なく、Chromeウェブストアから「Hide Youtube Comments」拡張機能を探して追加すれば良いだけです。コメント欄全般について煩わしく感じている方は、ぜひ利用されてみるとよいのではないでしょうか。

特定のユーザーのコメントを非表示にする方法とは?

Youtubeでは、標準では特定ユーザーのコメントを批評にすることはできない

次に、応用編として、特定のユーザーのコメントのみを非表示にする方法についてご紹介します。場合によっては、不適切なコメントが特定のユーザーによって繰り返されるなどの状況に遭遇することがあります。この場合のとりあえずの対象方法として、特定のユーザーのコメントのみを非表示にする機能を利用することが考えられます。
しかし、残念ながら現在のYoutubeには、標準では特定のユーザーのコメントのみを非表示にする機能は搭載されていません。ですので、この場合は上に示した手順でコメント機能をオフにすることなどによって対応するしかないと言えるでしょう。
ただ、悪質なコメントに関しては、コメント右側に表示されるメニューから「報告」を行うことができるので、よりよいYoutubeを実現するために、ユーザーの一人として、悪質なコメントを見かけた際にはこの「報告」を積極的に行っていくようにしましょう。

youtubeでコメントを受け付けたくない場合はコメント欄を無くそう!

youtubeでコメント欄を廃止するメリット

以上で確認してきたように、Youtubeでは、特定のユーザーのコメントを選択的に非表示にすることこそできないものの、自らの投降した動画のコメント欄を非表示にしたり、他人の動画も含めたすべての動画のコメント欄を非表示にしたりして利用することができます。それでは、このようなコメント機能の非表示にはどのようなメリットがあるのかについて、ここで簡単に考えてみましょう。
まず、冒頭でも触れたように、YoutubeはSNSとしての機能を持っています。動画に「いいね」をつけたり、コメントを共有したりすることは、通常は、動画の共有をより楽しくするのに基本的な機能だと考えられ、意味があると言えます。しかし、自分が投降した動画に、想定外の否定的な意見などがついてがっかりしたという方もいるのではないでしょうか。もちろん、そのような否定的な意見を受け入れることができることは理想的ではありますが、誰しもができることではありません。また、場合によってはコメントすること自体が不適切な動画を投稿しなければいけない場合も考えられます。このような場合、Youtubeのコメントを非表示にする機能を活用するメリットがあると言えます。
コメント表示設定のオプションがやや見えにくいところにあるなど、面倒かと思うこともあるかと思いますが、一度操作方法を覚えると、より便利に、また気分を害したりすることも減らしつつ、Youtubeを利用することができます。そういった意味で、本記事の内容を参考に、コメント欄の表示、非表示の是非について検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

以上で確認してきたように、本記事では、Youtubeでコメントを非表示にする方法について、そのメリットを確認しつつ、具体的な方法をスクショ付きでご紹介してきました。まず、自分の投降した動画に関しては、個別の動画でコメントの表示、非表示を切り替えることができるほか、今後アップロードする動画のすべてについて標準で適用される設定を変更することにより、基本的にはどの動画でもコメント欄を非表示にすることができることについてもご紹介しました。
また、他人の投降した動画についても利用できる方法として、Chromeの拡張機能「Hide Youtube Comments」を利用する方法をみてきました。この拡張機能を利用することにより、他人の投降したものを含めたすべてのYoutubeの動画のコメント欄を非表示にすることができます。導入の手順も非常に簡単なため、PC版Chromeを利用されている方は、その利用を検討してみるとよいのではないでしょうか。
以上のような方法をうまく組み合わせ、自分が快適だと思えるような環境でYoutubeを利用してみましょう。本記事がその参考になれば幸いです。

Ad sumaho sabusuku

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small f3e9dd66 46f2 452e 8306 02ffc535c2a8
Written By
藤田 光
読みやすく、役に立つ記事の執筆をモットーに、日々頑張っています。
2018年10月より参加させていただいております。スマホ、タブレット、PCなどのガジェットが好きで、新商品、新技術関連のものなど常に様々な情報をチェックするほか、自ら多くのガジェットを保有しています。このような自分の持ち味を活かした記事の執筆を行っていきたいと考えておりますので、皆様、何卒よろしくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧