wordでコメントの色を設定する方法!

目次

この記事では、マイクロソフトのwordにおいてコメント欄の色を変える方法などについて説明させていただきます。

マイクロソフトのwordは企業においても個人においても多くの方が利用している文書ソフトウェアです。

このマイクロソフトのwordですが、記載している文章に対して何らかのコメントをつけることができます。

例えば、企業において担当者が作成した文書について、何人かが確認を行い、修正点や改善点等があれば、文書の該当場所にコメントを入れるという使い方もあります。

文書に対するコメントをつけた場合、コメントは色がついた状態で表示されますが、このwordのコメントの色を変えることができないかという質問が多く出ます。

コメントはひとりが作成した文書に対して複数の方がコメントを行うため、wordにおけるコメントの色が多い、個人別に色が分けられていた方がいいという意見がある一方で、wordのコメントには担当者名が表示されるため、わかりにくさをなくす方針からコメントの色は統一しておく方がいいという意見もあります。

上記のようにwordのコメントの色においても様々な使い方が存在します。

以下では、このマイクロソフトのwordにおけるコメントの色を変更する方法について解説していきます。

wordのコメント色を変更する方法

wordのコメントの色を変える方法を確認していくために、まずは文書が記入されているwordに対してコメントを入れていきます。

まずはあたりまえではありますが、マイクロソフトのwordを開いてください。ここではサンプルを活用するため、wordにはあらかじめ文章が入っています。

word1

文章つきのwordを起動していただきましたら、コメントを挿入したい文書の範囲をドラッグなどで選択します。

範囲を指定した後は、wordの上側にあるタブをみてください。このタブの中に校閲タブがあると思いますので、その校閲タブをクリックしてください。

word2

校閲タブを選択していただくと校閲に関する機能がボタンで表示されます。表示された一覧の中にコメントの挿入というボタンがあるかどうかを確認してください。

コメントの挿入ボタンがありましたら、挿入ボタンを押下します。押していただきますとコメント欄が表示されますので、そこの欄に文章に対するコメントを記載していきます。

これでマイクロソフトwordの文書にコメントをつけることができました。今度は、当記事のメインでもあるマイクロソフトwordのコメントについて色をつけていきたいと思います。

先ほどの作業にてwordにコメントが入っている状況だと思いますので、このwordコメントに対して色をつけていきます。

マイクロソフトwordの上側にある校閲タブがあるかを確認してください。校閲タブをみつけていただきましたら校閲タブを押下します。

タブ選択によって変更履歴に係るボタンが表示されます。この変更履歴に係る表示の中にある詳細オプションを選択します。
(校閲タブにおけるメニューの右下に詳細オプションが存在します。)

詳細オプションを押していただきますと、変更履歴オプションが表示されている画面が出力されます。

word3

この変更履歴オプションにてどの項目を表示させるか、書式表示を行うか等の設定を行うことができます。ただし、今回の記事ではあまり関わりがないため、紹介のみにさせていただきます。

変更履歴オプション画面の左下部分をみていただくと、詳細オプションボタンがあることが確認できます。

ボタンがあることを確認できましたら、当ボタンを押してください。当ボタン押下によって新たに画面が出てきます。

出力される画面は変更履歴の詳細オプションです。この画面にて変更履歴やコメントに関する設定が行えます。

word4

今回の目的でもある、マイクロソフトwordのコメントにおける色設定もここで行うことができます。

コメントの色設定は変更履歴の詳細オプション内のコメントの色項目にて行います。

設定値としては、校閲者別という設定と直接色を指定する設定を行うことができます。

校閲者別を設定した場合、コメントの色はその言葉どおりに自動で割り当てられます。

一方、色を直接指定した場合は、指定した色がコメントの色として出力されます。
(ここでのサンプルでは、オレンジ色をコメントの色として直接指定しました。)

マイクロソフトwordのコメントにおける色が途中で変わってしまう原因

以前からマイクロソフトのwordを利用していて文書の確認を行う際にコメントを使っていた方が、急にwordのコメントにおける色が変わってしまうという声をたまに聞きます。

自分がつけたコメントの色が急に変わった場合、自身でも違和感があると思いますし、他の方からみてもどなたがコメントをしたのかわからなくなってしまうということが考えられます。

そんなマイクロソフトのwordコメントの色が急に変わってしまう事象ですが、何が原因でこのようなことが発生しているのでしょうか。

結論から申し上げますと、この事象はwordコメントの履歴における色設定が担当者別になっていることが原因だと思われます。

利用しているマイクロソフトのwordファイルは同一なものの使用しているパソコンが作業のタイミングで変わったり、違うユーザーでログインして作業中すると違うユーザーであると判断されます。

マイクロソフトのwordコメントにおける色設定は担当者別になっているため、利用者は同じなのに違う担当者として判断されることによってコメントの色が分けられます。

この事象を解消する方法ですが、先ほどと同様で、wordをひらいていただき、校閲タブを表示させます。そこから上記の通りいくつかボタンを押して頂くことによって変更履歴オプション画面を表示させた上で詳細設定ボタンを選んでください。

詳細設定の画面が出てきますので、コメントの色の設定を担当者別から色の指定に切り替えます。

まとめ

当記事では、マイクロソフトのwordにおけるコメントの色を設定する方法について説明させていただきました。

まとめさせていただきますと、

・マイクロソフトwordのコメントの色を変える方法
・マイクロソフトwordのコメントにおける色が途中で変わってしまう原因

のような内容を紹介させていただきました。

マイクロソフトのwordにおけるコメントは数人がひとつの文書を編集する際によく活用する機能です。

コメント活用では、文書にたいして複数の方がコメントする可能性があるため、担当者別で色を使い分けるような設定にする事がおおいです。

マイクロソフトwordのコメントの色に係る設定の中で担当者別に色を使い分ける設定をしていればコメントの色を使い分けることが可能ですが、ひとりの方が複数のユーザーIDを使っていたり、違うコンピューターを使ったりすることで設定の前提が崩れてしまいます。

マイクロソフトwordのコメントの色に関するルールがくずれるとファイルを何人かで確認する際に認識の齟齬が発生する可能性もありますので当記事を参考に適切な設定をしていただけると幸いです。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
たなか かな
多くの方に役立てるよう頑張ります。
2018年よりお世話になります。 家電やソフトウェアについてそれなりに詳しいと思います。 情報を紹介するとともに自分も詳しくなろうと思います。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧