エクセルで数字を順番に自動で入力する方法!数字を順番に入れ替える方法も!

目次

エクセルで数字を順番に入れる方法について

エクセルで表を作るときに表に項番をつける時など、順番に数字を入力したいと思うシーンがあります。表のデータが少なければ1つずつ入力してもいいですが、10件以上など1つずつ入れるのが手間となる場合に数字を順番に自動的に入力する方法を考えていきます。

エクセルで数字を自動で順番に入力できるとこんなに便利

例えば、10件、20件のデータを扱う表に項番をつけようと思ったとき、1件ずつ入力するとデータの数だけ入力を行う必要があります。

また、数が多くなってくると数字の入力間違いも発生しやすくなるため、「6」、「7」、「9」といったように数字が抜けたりすることも発生します。

1件ずつキーボードで入力するのではなく、数字を順番に自動的に入力する方法を使えば、入力の手間が減ったり、入力誤りを防ぐことができて作業の軽減、短縮につながるため、非常に便利になります。

エクセルで数字を順番に入力する機能とは

エクセルの表に自動で数字を順番に入力するには「オートフィル機能」を使用するものと、「数式機能」を使用するものがあります。

エクセルで数字を順番に入力する

エクセルで数字を順番に入力する手順①オートフィル機能

エクセルには連続入力を行う「オートフィル機能」があり、これを利用することで数字を順番に入力することができます。

オートフィル機能を使うには、まず連続データの起点となるセルに値を入力します。その後、起点となるセルを選択し、セルの右下の角にマウスポインタをあわせます。

そのまま下記イメージのようにマウスボタンを押しながらドラッグすることで、連続データを入力することができます。

ドラッグする方法は、Ctrlキーを押しながらマウス左ボタンをドラッグする方法とマウス右ボタンだけをドラッグし、右クリックメニューから「連続データ」を選択する方法があります。

(それぞれの方法で差異はあるのですが、下記イメージのように起点となる数字セルが1つの場合には同じ動作をします)

エクセル 数字 順番

エクセルで数字を順番に入力する手順②数式機能

オートフィル機能以外の方法では、数式を使用して数字を入力する方法があります。

下記イメージは、エクセルの行番号を参照する数式(ROW関数)を利用して番号を設定する方法です。エクセルの行番号から差し引きした数字が表の行番号になるように設定することで自動的に数字を設定するとができます。

エクセル 数字 順番

例えば、エクセルの2行目が表データのNo1になるようにするには、「ROW()-1」と、ROW関数で設定される「2」から「1」を引くことでNo欄に「1」を設定することができます。

オートフィル機能にない利便性としては、表の行追加や行削除を行ったときに、オートフィル機能で設定した場合、番号が欠けてしまうため、再度番号を入力しなおす必要がありますが、ROW関数を利用した場合、行が増えても減っても番号が自動的に変わるため、再入力が不要となります。

エクセルで数字を順番に入力する手順③数式機能

ROW関数はエクセルの行番号を使用するため、エクセルの何行目から始めるかを意識する必要があります。そういったことをせずに実現する方法をもう1つ紹介します。

エクセル 数字 順番

まず、起点となるセル(A2)に数字を入力します。その後、次のセル(A3)に起点となるセルに+1した数式を設定し、そのセルをコピーし、他のセルに貼り付けることで順番に前の行の値+1が設定されるようになります。

この方法であれば、どの位置からでも数字を順番に設定することができます。

エクセルで数字を順番に入力できない場合

エクセルで数字を順番に入力できない原因①

オートフィル機能を使って数字を順番に入力する方法で、2種類(Ctrl+マウス左ボタン、マウス右ボタン)の方法を紹介しましたが、この違いで入力できない場合があります。

Ctrl+マウス左ボタンの場合、選択されたセルの範囲で連続データを入力するため、選択セルが1つの場合は、選択セルの値から数字が順番に入力されますが、複数のセルが選択されている場合は複数セルの繰り返しとして連続データが作成されるため、数字が順番にならない状態が発生します。

エクセル 数字 順番

エクセルで数字を順番に入力できない原因②

エクセルのデータはセルの書式設定によって扱いが左右されます。この書式設定が「文字列設定」になっている場合、下記イメージのようにオートフィル機能や数式によるデータの取り扱いがうまくいかなくなることがあります。

エクセル 数字 順番


急に数字を順番に入力できなくなる場合の原因と対処法

数字の入力が急に順番に入力されなくなった場合、上記イメージとあわせて説明したように「セルの書式設定」が「文字列」になるなど、変わってしまっている可能性があります。エクセルはなにも入力されていないセルに日付を入力するとセルの書式設定が自動的に変わる場合があります。セルの値に対して、この判定が誤動作した可能性がありますので、該当箇所のセル書式を確認してみてください。

同じ列でばらばらに数字がある場合に順番に整列させる

同じ列でばらばらに数字がある場合に順番に整列させる方法とは

エクセルには表のデータを並びかえる機能があります。これを利用すると、同じ列内に入っている数字がバラバラになっている場合に順番並べ直すことができますので紹介していきます。

同じ列でばらばらに数字がある場合に順番に整列させる手順①数字部分のみを整列

表のデータのうち、数字部分だけがバラバラになっている場合、数字部分だけを並べなおしたいと思います。
その場合、並べかえたい範囲だけを選択し、マウスの右クリックメニューを表示し、「並べ替え」を選択すると、下記イメージのように選択範囲の並べ替えが実行されます。(下記例は「昇順」に並べ替え)

(隣の列も含めて並べ替えを行うか、確認表示がされた場合は、「現在選択されている範囲を並べ替え」とします)

エクセル 数字 順番

同じ列でばらばらに数字がある場合に順番に整列させる手順②表全体を整列

数字部分だけを並べ替えるのではなく、表のデータも一緒にバラバラになっている場合は、選択する範囲を並べ替えたい数字部分だけではなく、一緒に並べ替えを実施する列も含めて選択し、右クリックメニューから「並べ替え」を実施すると、下記イメージのように数字部分と一緒に選択した範囲も並べ替えが実行されます。

エクセル 数字 順番

まとめ

エクセルの表で表の番号をつけるなど、数字を順番に入力する場合に1件ずつ数字を入れるのではなく、自動的に連番を入力する方法を紹介しましたが、参考になったでしょうか。
表を頻繁に直す必要がない場合は、「オートフィル機能」を使用することが簡単なのでおすすめです。

表のデータに頻繁に追加・削除といった表の変更が発生する場合は、変更の度に入力しなおしが発生しないように数式を使った方法も便利ですので、参考にしてみてください。

最後に、エクセルの行番号でデータの順番はわかるため、表にNo欄をつけてデータごとに番号をつける必要はないと考える方もいると思いますが、上記で紹介しましたように並べ替えにも使うことができるため、表を作るときはNo欄を作ることもおすすめします。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 562a079d d3ab 4603 b652 8f16a8a80210
Written By
ガジェット好きな かかし
スマホ・SONY・ガジェット好きなSEです。面白い新しいものをいろいろ紹介できればと思います
新しいもの好きでスマホ・SONYが特に好きです。職種的なものもあり、いろいろ新しいものを紹介していきますので一緒に楽しんでもらえるとうれしいです。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧