エクセルでチェックボックスをコピーする方法!画像つきでわかりやすく解説!

目次

当記事ではエクセルのチェックボックスをコピーする方法についてご紹介したいとおもいます。また、コピーした後のチェックボックス設定方法についても述べさせていただきます。

エクセルに関わらずチェックボックスはよく使用する機能で様々なシーンで利用されます。

エクセルについてもチェックボックスの有用性は変わらず色々な使い方があります。

チェックボックスは設問に対して複数のチェックをつけることができるため、ひとつの設問で多くのチェックボックスを用意する事ができます。

そのような場面でチェックボックスのコピーを活用し、チェックボックスを複製することになっていきます。

コピー元となるチェックボックスを作成する

多くのチェックボックスを作成し、コピーすることで多くのチェックボックスを作っていきたいと思いますが、コピーするにあたり、コピー元となるチェックボックスを用意してあげる必要があります。

それではコピー元となるチェックボックスを作成する手順を以下で説明していきたいと思います。

まずは、エクセルを開いてください。開いていただきましたら左上にファイル項目が存在することを確認してください。

ファイル項目を見つけ、当項目を右クリックするとファイル項目に係るメニューが現れます。

表示されたメニューからリボンのユーザー設定を選択してください。

開発1

ユーザー設定をクリックしていただくとExcelのオプション画面が表示されます。

画面が確認できましたら、Excelのオプション画面内に存在するリボンのユーザー設定があることを確認してください。

開発2

確認後、設定項目のプルダウンをクリックしていただくと、複数項目より対象の設定を選ぶことができますので、プルダウンよりメインタブを選んでください。

リボンのユーザー設定の下に多くの項目があり、多数のチェックボックスが表示されていると思いますが、この多数項目から開発を探してください。

開発項目を発見できましたら、当項目におけるチェックボックスにチェックを入れてください。

チェックを入れOKボタンを押下することによってExcelのメインタブに開発タブを表示させて使えるようになります。

この開発タブを使用してコピー元となるチェックボックスを作成できるようになります。

Excelに多くのチェックボックスを作成するためにまずはひとつのコピー元のチェックボックスを作る必要がありますが、その前段階として上記の設定作業をする必要があります。

上記を参考にまずは設定を完了させてしまいましょう。

それではようやくではありますが、Excelにチェックボックスを作成していきましょう。

まずはExcelを表示させます。Excelの画面にて先ほど設定により追加した開発タブがあることを確認してください。

開発タブを見つけられましたら、当タブをクリックしてください。クリックするとタブの下に開発メニューが表示されます。

その後、メニューより挿入項目が存在するのをみていただき挿入アイコンの矢印をクリックします。

矢印を選択していただくとフォームコントロールというメニューが開きます。このフォームコントロールの中にチェックボックスが存在することを確認してください。

開発3

確認後、チェックボックスの選択によっていよいよExcelにチェックボックスを挿入することができます。

挿入する場所を選んでいただき、ドラッグすることで対象の場所にチェックボックスを設置することができます。

チェックボックスを設置したらチェックボックスの活用をはかるためチェックボックスに係る設定作業を実施します。

設定作業を行うため、チェックボックスにカーソルをあてて右クリックを押してください。

右クリックをおすと一覧が表示されますので一覧からコントロールの書式設定を選択してください。

その後、コントロールの書式設定が表示されましたら複数のタブが見えていると思いますので、コントロールタブを押してください。

コントロールタブ内には複数の項目が存在します。ここでは、リンクするセルを選択します。

選択すると対象のセルの場所が指定できますので任意でセルの場所を選択してください。

このセル範囲の位置指定によりチェックボックスの結果がセルの値へ反映されるようになります。

開発4

ここまでの作業でコピー元となるチェックボックスの作成は完了です。ここからはチェックボックスのコピーをしていきたいと思います。

エクセルのチェックボックスをコピーする

上記ではコピー元であるエクセルのチェックボックスをいちから作成する方法について解説いたしました。

ここからは実際に業務などでも使えるようにチェックボックスをコピーすることで複数チェックボックスを用意したいとおもいます。

それではチェックボックスをコピーする作業に入ります。

まずは作成したチェックボックスのセルを選択します。対象セルを選択したらセルの右下をクリックし、コピーしたい範囲までドラッグします。

そうしますと引っ張ったところまでチェックボックスがコピーされます。また、先ほど設定したチェックボックスの結果を示すセルについてもコピーされます。

そのため、結果の値を違う場所に連動したい場合には別途調整する必要があります。

他にもチェックボックスをコピーする方法がありますのでご紹介します。

といってもかなりシンプルな方法です。チェックボックスを選択し、対象セルをコピーしてコピーしたいセルにカーソルを合わせます。

そこでCTRL + Cを実施し、コピー先のセルに貼り付けを行うことによってエクセルのチェックボックスコピーを行うことができます。

通常のセルコピーと同じですのでコピー元となるチェックボックスをコピーし、複数のセルを選んでいただければ複数のチェックボックスを作成することも可能です。

このCTRL + Cを使ってコピーを実施する方法でも先ほど設定した結果の値を反映する場所が連動しますので、自身の好みがある場合は別途調整する必要が出てきます。

コピーした複数チェックボックスの値を変更する例

コピーした複数のチェックボックスはひとつずつ選択しながらチェックボックスの値を変更していくことが可能ですが、チェックボックスの数が大量になってくると値を変更するのもひと苦労です。

そのような時は以下の方法によってチェックボックスの値を変更することが可能です。

まずはエクセル画面を表示させてください。上部にホームタブがありますので、ホームタブから検索と選択を選んでください。

選んでいただくとメニューが表示されますので、ジャンプをクリックしてください。

クリックによりジャンプ画面が表示されますので、セル選択というボタンを選んでください。

選択オプション画面よりオブジェクトを選択してOKボタンを押下します。このボタン押下によってすべてのチェックボックスが選択された状態になります。

このまま、すべてのチェックボックスに対して何らかの変更を行いますとすべてのチェックボックスに反映されてしまいますので、適用外とするチェックボックスがあればCTRL + クリックによって変更の対象から外すことができます。

次は、エクセルの上部にある開発タブを選択してください。

開発タブを選択していただきましたら、プロパティを選びます。プロパティボタン押下によってコントロールの書式設定という画面が開きます。

当画面に複数タブが表示されてますのでコントロールタブを選択してください。

コントロールタブ内に値という項目がありますのでオフを選択してください。この選択によって対象のチェックボックスの状態がチェックの外れた状態になります。

まとめ

この記事では、マイクロソフトのエクセルにおけるチェックボックスのコピーや設定方法について説明させていただきました。

チェックボックスはシンプルな機能ですが、上手に活用することで業務にも家での作業でも効率的に行うことが可能となります。

とはいえ、チェックボックスは単体ではあまり活用方法がないため、今回ご紹介したチェックボックスのコピー方法を活用いただき、複数のチェックボックスを用意することでご自身の作業に活用することができるようになります。

また、チェックボックスが多くなってしまった場合、設定を個別に行うと時間がかかってしまうため、ご紹介した方法をご活用いただき、一括で設定してしまいましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
たなか かな
多くの方に役立てるよう頑張ります。
2018年よりお世話になります。 家電やソフトウェアについてそれなりに詳しいと思います。 情報を紹介するとともに自分も詳しくなろうと思います。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧