ワードやエクセルを独学で勉強しよう!おすすめのサイトをご紹介!

この記事を執筆するにあたって

マイクロソフトのワードやエクセルについてスクールなどには通わず、少しのテキストとサイトを活用することで独学によって身につけてくることができました。その時の経験などを記事に記載したいと思います。

Written By たなか かな

目次

この記事では、マイクロソフトのワードやエクセルを独学で身につけたいという方に対してどのように独学で身につけられるかをご紹介します。

マイクロソフトのエクセルやワードは多くの企業でかなりの比率で使われているアプリケーションです。

これから新卒で就職する方、パートとして働きにでる方にとってマイクロソフトのワードやエクセルを身につけておくことで仕事の習得スピードが変わってくると思います。

また、違う表計算ソフトを使用していたとしてもマイクロソフトのワードやエクセルを独学で身につけておくことで比較的楽に適応することも可能です。

ワードやエクセルを身につけるのにスクールは必要か?

マイクロソフトのワードやエクセルを身につけるためには専門的に教えてくれるスクールは必要なのでしょうか?

個人的な感想を言わせていただければ、専門的なスクールに通うことで独学よりも早く知識を身につけられることが可能だと思います。

しかし、その一方でスクールに通うのには多額の費用がかかってしまいます。また、知識や技能を身につけるためには、やはり自身で手を動かすことによって身につける必要があるため、一時的にはスクールは有効であるものの、長期的には独学で身につけた方が自身のためになると思います。

効率的にワードやエクセルを身につける流れ

こちらも自身の経験則によるものですが、効率的にマイクロソフトのワードやエクセルを独学で身につけるためには、はじめに参考書を使うことによって基礎的な知識を習得する必要があると思います。

基礎的な知識を参考書で身につける

マイクロソフトのエクセルやワードにかかる基礎的な知識を身につけるためには参考書を用いる方法が良いと思います。

マイクロソフトのワードやエクセルにかかるサイトにも基礎的な知識を習得する方法がかかれていますが、サイトによっては部分的な記載のみとなってしまうケースが散見されるため、体系的に基礎的な知識を習得できる参考書を用いた方が独学でマイクロソフトのワードやエクセルを身につけることができると思います。

参考書につきましては、正直ショッピングサイトなどで評価の高いものであればどの参考書でもよいと思います。

また、新品でなくても構わないという方は中古を活用することによって費用を抑えることができるというメリットもあります。

注意点としましては独学をするにあたっての基礎的知識を習得するための参考書ですので、難しいものは購入せずに分かりやすいものを購入するようにしましょう。

参考サイトをみながら類似の設定をエクセル上で行う

参考サイトをひととおり読んでいくのも知識の積み重ねになりますが、読んでいるだけでは知識の吸収にも限界があります。

そのため、参考サイトに書いてあることを参照したうえで自身のパソコンで類似の設定を行いましょう。

たとえば、参考サイトにおいてチェックボックスを使ってエクセルのセルの値を変えるものであれば自身の環境においても同じようにチェックボックスとチェックボックスに係るエクセルの設定を行いましょう。

このように自分で手を動かすことに知識の吸収率を高めることができます。はじめは手間かもしれませんが、慣れてくれば効率的に知識を高められると思います。

マイクロソフトのエクセルおよびワードに係る参考サイトは以下の通りです。

独学で学ぶEXCEL

キーの操作やエクセルの入力方法などの基礎からやや難しめのグラフ描写などを学ぶことができます。画像での説明やサンプルファイルがついているため、独学でいろいろと学ぶことができる。

えくせる1

初心者のエクセル(Excel)学習・入門

エクセルにおける各タブの説明やショートカットキーについての記載があります。
各タブでの説明では、ことこまかにコマンドの内容が書かれているため、そのコマンドで何ができるのかということについてわからない場合は大変ためになります。

えくせる2

初心者のWord基本操作入門
初心者向けのマイクロソフトにおけるワードの説明をしているサイトです。データ入力や文書の開閉、文書の保存方法といったところまで細かく説明してくれています。

また、基礎的な知識を身につけたあとは様々な応用編も用意されているので薄い参考書よりはこちらのサイトを学んだ方が知識を身につけられるのではないかと思います。

わーど1

参考サイトで知識を吸収した後は実践演習

上記のマイクロソフトのエクセルおよびワードにおける参考サイトで独学によって知識を高めていただいた後は自分自身が必要としているワードやエクセルのファイルを作成してみましょう。

参考サイトではひとつの設定や関数などを取り上げ、その機能についての解説や例題をだしてくれますが、あくまで単一の設定例であることが多いです。

そのため、機能についての表面的な知識を独学で習得することができるものの他の機能と連携して最終的なファイルを作ることはできません。

そのままでは身につけた知識も断片的なものとなってしまうため、自分自身が業務もしくはプライベートで必要なファイルを作成してみるのを推奨します。

何らかの目的をもってファイルを作成する場合、ひとつの機能で完結することは少なく、多くの場合は複数の機能によりファイルが成り立つことが多いです。

目的のファイルを作るにあたっては身につけた知識だけで作成できるものもあれば、できないものもあります。

身につけた知識だけでできない場合、インターネット経由で参考サイトを含むマイクロソフトのエクセルおよびワードに関するサイトを参照し、自身が必要な機能の理解を深め実際に利用できるように学習を進めると思います。

このように必要な機能の発見→必要な機能の概要理解→機能の利用方法習得といったように理解を深めることで自身の知識を深められます。

また、自身で手を動かしたことによって知識の吸収率も高いものとなっていると思います。

以上の理由などから独学でマイクロソフトのエクセルおよびワードを行う際、自身が業務もしくはプライベートで必要なファイルの作成を推奨しています。

まとめ

当記事では、マイクロソフトのワードやエクセルを独学で行う際におすすめの参考サイトや独学で知識を習得する際にどのように行えば効率的に学べるかを記載させていただきました。

個人的にはマイクロソフトのエクセルおよびワードを身につけるためにスクールなどへ通う必要はないと思っております。

料金がかかってしまうことも理由のひとつではありますが、もうひとつの理由として自身で実際に考えて調べながらマイクロソフトのエクセルおよびワードを作成しなければ技能が身につかないというのもスクールをおすすめしない理由です。

また、エクセルおよびワードは長年企業に利用されており、書籍も充実していることから良い参考書にめぐりあえれば問題なく知識を習得できると思います。

参考書などで基礎的な知識を習得していただいた後は、ご案内したサイトを参照していただき、マイクロソフトのエクセルおよびワードでできることを増やしていただければ独学でもメキメキと実力をつけることが可能であると思います。

これから独学でマイクロソフトのエクセルおよびワードを身につけようとしている方に当記事がお役にたてれば光栄です。

Ad sumaho sabusuku

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
たなか かな
多くの方に役立てるよう頑張ります。
2018年よりお世話になります。 家電やソフトウェアについてそれなりに詳しいと思います。 情報を紹介するとともに自分も詳しくなろうと思います。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧