イヤホンが片方(片耳)が聞こえない時の直し方! iPhoneの場合は?

目次

イヤホンの片方(片耳)が聞こえない

よくイヤホンを使用する方の中には「イヤホンの片方(片耳)が聞こえない」という事態を経験された方は多いことと思います。そこでこの記事ではイヤホンの片方(片耳)が聞こえない、という症状が発生する原因やその直し方に加えてiPhone特有のイヤホンの不調原因や直し方を紹介していきます。また、イヤホンの保管方法なども紹介しますので、イヤホンを雑に扱ってしまっている方は是非この記事で紹介する保管方法をお試しいただければと思います。

イヤホンの片方(片耳)が聞こえない原因

イヤホン 片方(片耳)が聞こえない 原因

まずはイヤホンの片方(片耳)が聞こえない原因には何があるのか見ていきましょう。もし自分でも心当たりのあるような原因があれば改善をおすすめします。

原因①イヤホンコードの断線

イヤホンの片方(片耳)が聞こえない原因として一番に考えられるのはイヤホンコードの断線です。
イヤホンコードが断線する場所として多いのは様々なオーディオ機器と接続するプラグ付近や、左右にイヤホンが別れる部分になります。

そしてそんなイヤホンの片方(片耳)が聞こえない原因第1位のコードの断線が起こる原因には以下のようなものがあります。

・iPhoneやiPodなどのオーディオ機器に巻き付けて保管している

・イヤホンとオーディオ機器との接続を外す際に、イヤホン側を引っ張って外している

・遠くにあるオーディオ機器を取るときに接続されているイヤホン部分を引っ張ってしまっている

・カバンや机などでコードが絡まった状態で保管している

上記で紹介したようなイヤホンの扱いを行っているという方はイヤホンコードが断線する可能性があるので、片方(片耳)が聞こえなくなるという症状の発生が予想できます。
ご自身の保管方法を今一度見直してみてはいかがでしょうか。

原因②接触が悪い

オーディオ機器とイヤホンの接触が悪いことも片方(片耳)が聞こえないという症状の原因の一つとして考えられます。これはイヤホンの接続部分にゴミや汚れなどが存在していることで、オーディオ機器との接触が上手くいかないときに発生します。
片方(片耳)のイヤホンが聞こえない時、何度か接続をし直したりすると改善したという経験がある方もいるのではないでしょうか。そういった方法で改善される場合はオーディオ機器とイヤホンの接触が悪いと予想されます。

原因③オーディオ機器側の設定

使用しているオーディオ機器によってはイヤホンの右と左に流れる音量を調節することができるものもあります。それによりイヤホンの片方(片耳)が聞こえないという症状が発生していることも十分に考えられます。

イヤホンの片方(片耳)が聞こえない時の対処法/直し方

次に、イヤホンの片方(片耳)が聞こえない場合の対処法及び直し方について紹介します。「イヤホンの片方(片耳)が聞こえない原因」で当てはまるものがあった方はぜひ参考にしていただければと思います。

直し方①イヤホンコードの断線の直し方

イヤホンの片方(片耳)が聞こえないという時の原因として一番考えられるイヤホンコードの断線の直し方には自分で修理してしまうという方法があります。

まず自分でイヤホンを修理するにあたり、以下のようなものを用意する必要があります。

・交換する部品

・はんだこて

・ニッパー(コードの切断に使用)

はんだこてやニッパーに関してはダイソーなどの100円ショップでも取り扱われていますが、交換する部品については100円ショップのほかホームセンターや細かい電子部品が販売されているお店で手に入れられます。

詳しい方法について記載するとすごく長くなってしまうため、割愛しますがYouTubeでイヤホンコードの断線の直し方という動画が多数公開されています。
また、以下のサイトで図解と共にとても詳しく解説されているので「自分で聞こえない片方(片耳)のイヤホンを修理する」という方は参考にしてみてください。

消ゴムうるめのバリアーぶろぐ (By saku)

直し方②接触が悪いときの直し方

イヤホンとオーディオ機器の接触が悪いときの直し方は「接点復活剤」を使用するというものです。イヤホンとオーディオ機器の接触が悪いときというのは上記でも紹介したように汚れや細かいゴミが接続部分、もしくは付近についていることが考えられます。よってそれらを改善するべく使用するのが「接点復活剤」になります。
具体的な直し方の手順は以下のようになっています。

・イヤホンのオーディオ機器と接続する部分に「接点復活剤」を吹きかける

・その後オーディオ機器にイヤホンを差し込み、イヤホンを回す

・オーディオ機器からイヤホンを抜いて、接続部分をティッシュや綿棒などでふき取る

以上がイヤホンとオーディオ機器の接触が悪いときの対処法になります。
ちなみにティッシュなどでふき取った後に黒いすすのようなものが付いていた場合、それは汚れがついていた、ということになります。

直し方③オーディオ機器側の設定への対処法

こちらの対処法に関しましてはオーディオ機器の設定を見直し、該当する部分があるかどうかを探してみてください。近年ではタッチパネルが主流になっていることから「意図せずに設定をいじってしまった」ということも十分に考えられます。もし、買ったばかりなのに片方(片耳)が聞こえないという事態に合った時はオーディオ機器側の設定を見直してみてはいかがでしょうか。

自分で直らなかったら修理へ

イヤホン

もし「上記で紹介したような方法を試したが、イヤホンが修理できず改善には至らなかった」という場合には、メーカーもしくは電気屋さんで修理を依頼するということを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。
ただ、修理を依頼するという場合には金額が1000円から2000円程かかることが予想されます。よって修理にかかる費用を聞いた後で買い替えるかどうか検討されてみてもいいかもしれませんね。

iPhone特有のイヤホンの片方(片耳)が聞こえない原因と直し方

iPhoneには特有の症状としてイヤホンが片方(片耳)聞こえなくなるというものがあります。その原因と直し方について紹介していきます。

バックグラウンドでアプリを多く起動させている

アプリを多くバックグラウンドで起動させていると音楽を聴くためのミュージックアプリに負荷がかかり、イヤホンから音楽が聞こえないという症状の原因となります。
もし、アプリを多く起動させているときにイヤホンの片方(片耳)から音楽が聞こえないという時には使わないアプリをすべて終了させてしまいましょう。

iPhone 側の設定の問題

iPhone には音量を自動調節する機能があるため、その機能が原因となりイヤホンの片方(片耳)、もしくは両方から音楽が聞こえないということもあります。上記で紹介したようなマルチタスク状態になっていない場合、設定を見直してみることをおすすめします。

ここまでで紹介した原因にはどれも当てはまらなかったという方には以下のような対処法も考えられます。

・iPhone を再起動する

・Siriを起動する

以上のような対処法を用いたことでイヤホンの不具合が解消されたという事例もあるようなので参考にしていただければと思います。

イヤホンの片方(片耳)が聞こえなくならないための保管方法

イヤホン 直し方

それでは次にイヤホンの片方(片耳)が聞こえなくならないための保管方法について紹介します。乱雑に扱っていると思う方はぜひ参考にしてください。

聞こえなくならない方法①ケースに入れて保管する

ケースの大きさについてはイヤホンに対して大きすぎず、小さすぎないサイズであれば問題ありません。巻き方についてもイヤホンのプラグに余計な負荷がかからないように気を付けて巻くだけでいいのでこれが一番簡単かつ安全な方法となっています。

聞こえなくならない方法②八の字に巻いて保管する

イヤホンの巻き方を八の字にするというだけでも充分断線を防ぐ保管方法となります。
オーディオ機器に巻き付けるより、断然安心に保管できるのでぜひお試しいただければと思います。

出典:カミアプ

聞こえなくならない方法③イヤホンを保管するためのグッズを使用する

イヤホンを保管する専用のグッズも販売されています。それらを使用し、イヤホンを保管するというのも一つの方法になります。
また、洗濯ばさみを2つ使用することでも安全かつオシャレにイヤホンを保管することができます。

出典:monostudio

まとめ

ここまでイヤホンの片方(片耳)が聞こえなくなってしまう、その原因や直し方などをiPhoneでのケースも含めて紹介してきました。
筆者自身イヤホンを引っ張って外したり、どうせ使うからとオーディオ機器に巻き付けて保管するということはよくありました。しかしそのような扱いをしているとイヤホンの寿命を縮めることになりますので是非ここで紹介したような保管方法を参考にしていただければと思います。

また、片方(片耳)のイヤホンが聞こえなくならないために耐久性の高いイヤホンを買うのも一つの手です。下記の記事ではおすすめの耐久性の高いイヤホンについて紹介していますので、合わせてご覧ください!

記事:『耐久性のある断線しにくいイヤホン3選!耐久性をあげる方法も解説!』

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事