おすすめドライヤーブランドランキング6選!

目次

はじめに

ヘアドライヤーと聞けば、どのブランドが浮かびますか?
今はたくさんのヘアドライヤーがあり、購入するとなると悩みますよね。ですので、ドライヤーブランドの特徴を踏まえまして、おすすめドライヤーブランドをご紹介させて頂きますので、ドライヤーの比較・検討に役立てばと思います。

おすすめ ドライヤー ブランド

おすすめドライヤーブランド第6位:ソリス ドライヤー

昔ながらのソリスドライヤー

スイスで1908年創業の世界的ドライヤーブランドのソリス。
懐かしく昔から評価の高かったブランドのソリス社のヘアドライヤーで、機種を出すごとに機能性の優れたヘアドライヤーを発売しています。今までは業務用で美容師などに支持されてきたヘアドライヤーですが、近年では性能・デザインはそのままに家庭用のヘアドライヤーも発売しており、美容業界だけではなく一般からも高い評価で支持されています。昔からデザインはあまり変わらないにもかかわらず、未だに人気が高く、ヘアドライヤーの中ではトップに入る、といっても過言ではないです。ただでさえ高い支持を受けているソリスですが、マイナスイオン搭載や風量・軽量化など、時代に合わせて今でも進化し続けており、愛用者のニーズに添うように数々のヘアドライヤーを発売しているので、それも人気が劣らない一つの理由かと思います。むしろ年々愛用者が増えているようですね。


画像はソリス SD440W クリックするとAmazonに移動します

おすすめドライヤーブランド第5位:テスコム Nobby

プロの技を気軽に自宅で

テスコムと聞くと、安くて性能が良いのが有名で愛用している人も多いと思いますが、実は美容業界では有名なプロ用ブランドを展開しています。テスコムが従来より展開してきたプロ用ブランド「Nobby」をベースとして、現在でもプロ向けのドライヤーでは約70%という高いシェアを獲得しています。また、美容室使用されているNobbyの最上位モデルをベースに開発された高性能ドライヤーを発売しています。業務用と同じモーターと遠心ファンを採用し、サロン仕上げのスピードドライを実現します。プロは髪を乾かす際も、熱が一点に集中しないように振りながら乾かしていますが、Nobby by TESCOM商品のヘアドライヤーNIB3000では独自の『ケアドライフード』を付属しているためこれをも再現しています。ですので、自分でヘアドライヤーを振らなくても、振りながら乾かすプロの技と同じ風の流れを作れます。

参考元:公式サイト


画像はテスコム TID 134 クリックするとAmazonに移動します

おすすめドライヤーブランド第4位:コイズミ ヘアドライヤー

価格以上の高性能ヘアドライヤー

価格が安いブランドのコイズミのヘアドライヤーですが、風圧ファンが搭載されているダブルファンヘアドライヤーや特許出願中のイオンバランステクノロジー搭載のヘアドライヤーなど様々なヘアドライヤーを発売しています。パワフルで機能性に優れているドライヤーブランドとなっています。また、マイナスイオン搭載のヘアドライヤーでは独自形状のパワーイオンノズルでマイナスイオンを髪に効率よく届けてくれる、といった価格以上のヘアドライヤーを多数発売していますので、低価格で機能性に優れたヘアドライヤーを探している人はコイズミのヘアドライヤーを検討してみてはいかがでしょうか?

参考元:公式サイト


画像はコイズミ KHD-W710 クリックするとAmazonに移動します

おすすめドライヤーブランド第3位:ルーヴルド 復元ドライヤー

新体験のヘアドライヤー

労わるのは髪だけじゃない?身体も綺麗になる新体験のヘアドライヤー。
ヘアドライヤーと言われれば美髪ですが、復元ドライヤーでは『美容』効果もあるため、髪だけではなく顔や全身にまで使用でき、顔にあてて肌を元気にしたり、体にあててボディケアまでできてしまう革新的なヘアドライヤーとなっています。今までのヘアドライヤーは『できるだけ髪から遠ざける』『熱を逃がす』といった動作が重要でした。ですが、復元ドライヤーでは逆の『できるだけ近づける』『しっかりあてる』動作が重要になっています。これは『育成光線』と『マイナス電子』の効果を高めるための使い方となっています。

低温なのにすぐ乾くヘアドライヤー

今までのヘアドライヤーとは異なり復元ドライヤーは、熱で乾かさずに振動で吹き飛ばす『振動気化乾燥方式』となっています。この振動気化乾燥方式により、HIGHモードで80℃温風・LOWモードでは65℃温風、と髪を傷めない低温になっていますが速乾を実現しています。無理な熱を加えて強制的に乾かしていたこれまでの方法とはまったく違い、水分子の振動を活発化することで水分を保ちながらキューティクルを引き締めるため、しっとり潤ってまとまり、艶のある髪に仕上がります。

参考元:公式サイト


画像はルーヴルドー LJ-365 クリックするとAmazonに移動します

おすすめドライヤーブランド第2位:ダイソン Supersonic™

″吸引力の変わらないただ一つの掃除機″で有名なダイソンですが、ヘアドライヤーを発売して、デザインと性能・価格と、また話題となりました。
“速乾のためのパワフルなデジタルモーターで、髪本来の輝きをヒートコントロール機能で“とあり、ダイソンが日々研究しているモーターと、機能性に優れたダイソンだからできたヘアドライヤー。

風量2.4㎥/分の大風量と温度管理

「羽根のない扇風機」で特許取得した「エアマルチプライアー」の技術を採用しており、モーター部が取り込んだ空気を約3倍にも増幅させて、高速で高圧な気流を生み出します。また、ヘッドに内蔵されたセンサーが風の温度を毎秒20回も測定することで、髪を傷めない温度に保つ「インテリジェント・ヒートコントロール」機能も搭載している。これらによって、髪をいたわりながら熱によるダメージを防いで、すばやく乾かせることができます。
風量が2.4㎥/分と大風量なので、頭皮までしっかりと風が届き、早く乾かすことができます。

ヘアドライヤーでは贅沢な機能満載

バランスを重視した設計で、今まではヘッド部に収められていたモーターをハンドル部分に収めたことで、従来のヘアドライヤーと異なる仕様となりました。また、3段階の風速調整機能・4段階の風温調節機能・電源ON/OFF機能・冷風/コールドショット機能をたった4つのボタンでコントロールできます。また、ノズルなどのアタッチメントはマジック・マグネット式で着脱可能で360度回転できるため、好みの風向きに調製できます。さらに、ヒートシールドテクノロジーにより各アタッチメントの表面が熱くなりません。ですので、スタイリング時に近づけても熱くなくやけどの心配もありません。手ぐしで乾かす際に広がったなめらかな風で髪を優しく乾かしてくれるスムージングノズル、風を分散させてカールやパーマをを崩さずに優しくブローするディフューザー、ブラシを使用する際にブローしたい箇所に風を的確に当ててまわりの髪を乱すことのないスタイリングコンセントレーター、と革新的なヘアドライヤーとなっています。

参考元:公式サイト


画像はダイソン 1200W HD01ULFIIB クリックするとAmazonに移動します

おすすめドライヤーブランド第1位:パナソニック ナノケア

『ナノイー』といえばパナソニック

髪に優しい『ナノイー』を発生させるパナソニックのナノケアシリーズ。『ナノイー』とは、ナノメートルサイズの微細なイオンの事です。サイズは5~20nmととても小さく、一般的なマイナスイオンの約1000倍の水分に包まれています。このナノイーが髪に浸透することで、クセを伸ばしうねりを整えなめらかな指通りを良くしてくれます。また、キューティクルを引き締めてくれて、しっとりまとまる髪へと仕上げてくれます。また、髪にたまったマイナスの電気を逃がすことで、マイナス同士の反発が減り、ツヤ感のあるしなやかさとまとまりのある髪にしてくれます。さらに、ナノイーを使用することにより、使用しない髪よりも乾燥をおさえてくれて、地肌にうるおいを与え、皮脂をケアしてくれます。

参考元:公式サイト


画像はナノケア EH-NA98 クリックするとAmazonに移動します

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20e79f82 0430 47e7 9539 2ea40e12659b
Written By
x. Cheyon
皆様の検討・比較に役に立ってもらえる様な記事執筆を心掛けています。
色々な記事を執筆させて頂いています。皆様にとって「知りたかった事!」「知っていてタメになった!」と思ってもらえるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。

おすすめの記事

スポンサー

この記事に似ている記事