洗車ができるおすすめの高圧洗浄機!傷をつけない注意点や洗車方法も

目次

洗車ができるおすすめの高圧洗浄機について

こんにちは、えどうです。今回は洗車ができるお勧めの高圧洗浄機についてご紹介します。

洗車や家の周りの掃除で高圧洗浄機が便利だ、とお聞きになったことは一度あるかと思います。私も洗車を高圧洗浄機で行っているのですが、高圧洗浄機を使うととても洗車が楽です。
今回は、洗車ができる高圧洗浄機の紹介と高圧洗浄機を使った洗車のやり方、注意点についてご紹介します。

高圧洗浄機を使うと洗車がこんなに簡単になります。というメリットをご紹介しつつ、「車に傷がある場合、高圧洗浄機を使っても大丈夫?」というご質問にもお答えしますね。

高圧洗浄機を使って洗車をする方法

方法① 高圧洗浄機で車の周りに付着した汚れを落とす

高圧線重機 洗車

まずはじめに、高圧洗浄機を使って車の上部から下部に向けて
目に見える汚れを落としていきましょう。
もしも、車の底面部や足回りなども入念に掃除したい、という場合は、底面→足回り→上部→下部とやると良いでしょう。

方法② カーシャンプーを塗り、汚れを落とす

高圧線重機 洗車

高圧洗浄機を使って大きな汚れが落とせたら、洗車用のクロスを使ってカーシャンプーを車全体に塗って、汚れを浮かしましょう。あとで解説しますが、高圧洗浄機によっては、本体機能やアクセサリーとしてカーシャンプーを噴霧する機能がついているものもあります。私はこの機能を愛用していますが、結構便利ですよ。

汚れが浮いてきたら、洗車用のクロスで落としてしまいましょう。

方法③ 高圧洗浄機を使って泡を落とす

カーシャンプーを使って汚れを浮かし、クロスで落としたら、最後にもう一度高圧洗浄機を使って、カーシャンプーの泡を落としましょう

方法①の時と同様に、足回り→上部→下部という順序で洗っていくと綺麗に泡が落とせます。
このとき、高圧洗浄機の圧を強めに設定していると、泡が飛んで行きやすいので注意して下さい。

方法④ 拭き上げ

最後に、クロスや高吸水クロスなどを使って、残った水滴を拭き取りましょう。晴天の日など、直射日光が厳しいときは、ウォータースポットと呼ばれる水のあとが残りやすいので気をつけて下さい。

高圧洗浄機で車に傷をつけないための注意点

注意点① 高圧の状態で長時間同じ場所に当てない

高圧洗浄機の設定を一番高圧の状態にしておき、車に至近距離で長時間当てると、ボディが凹んでしまう可能性があります。
あまり圧力を高くしない状態で車から少なくとも20cm程度離して使用しましょう

注意点② 地面の砂・小石に注意する

高圧洗浄機を噴射していると、ちょっとした拍子に地面に水を噴射すると、地面の砂や小石を巻き上げてしまいます。
このため、事前に圧力を下げた状態で、地面を濡らしておくことをお勧めします。

注意点③ 車の樹脂部分などに噴射する際は気をつける

車の樹脂部分は経年劣化などで小さな傷やひびが入っている場合があります。特に、購入してから10年近く経過している車に高圧洗浄機を使用する場合は、樹脂部分に思いっきり噴射することは避けて下さい。

樹脂部分の小さなヒビが大きくなってしまったり、最悪、部品そのものが吹き飛んでしまう可能性があります。

注意点④ ぶつけたり・錆びて塗装剥げしている部分は強く当てない

高圧線重機 洗車

車をぶつけてしまって塗装が剥げてしまっている部分に対して、高圧洗浄機の噴射を強く当ててはいけません。最悪、塗装が更に剥げます

傷やサビなどで塗装が剥げてしまっている部分は、塗装のコーティングが剥がれていることになりますので、車のボディ部分と塗装部分との間に水が入り込みやすくなっています。この部分に水を強く当ててしまうと、サビの原因や、最悪、さらなる塗装剥げを起こしてしまうので注意して下さい。

注意点⑤ 周囲に気をつけて

高圧洗浄機を使うと、車の周囲に水しぶきが飛んでいきます。特に、近くで洗濯物を干していたりすると、高確率で湿ってしまいます
高圧洗浄機を少し使ってみて、どの程度水しぶきが飛んでいくのかを確認した上で、高圧洗浄機を使用しましょう。

洗車ができる高圧洗浄機を選ぶポイント

ポイント① 噴射圧を変えられるか

ほとんどの高圧洗浄機は、噴射圧をノズル部分で変更することができますが、**エントリー機などは、噴射圧を変えられないノズルであることがあります。

**噴射圧を変えられないと、実際に使用したときに不便なことがありますので、エントリー機を購入する場合は噴射圧が変えられるノズルが付属したものを購入した方が良いと思います。

ポイント② 噴射圧が高いこと

コイン洗車場の高圧洗浄機の噴射圧は8MPa〜9MPa程度といわれています。この程度の噴射圧のある高圧洗浄機をお選びになることをお勧めします。

ただ、あまり噴射圧が高すぎると、車を傷つける元になってしまいますので、注意して下さい。

ポイント③ 静粛性が高いこと

噴射圧が高いだけではご自宅での使用に向きません。高圧洗浄機は使用しているときの音が意外と気になります。このため、なるべく音の小さなモデルを購入することをお勧めします。
音の小さなモデルを使用していれば、住宅密集地であっても「うるさいですよ!!」と怒られることもありません。

ポイント④ 洗剤噴射にも対応している

洗車はスピードが大事ですという方もいますが、洗車の際にあれもこれも道具が必要、というのは面倒です。

洗い流すのは高圧洗浄機で、洗剤はスポンジで、というのはなかなか面倒だったりします。高圧洗浄機の中には洗剤タンクが付属しており、高圧洗浄機のノズルから洗剤を吹き付けることのできる機能があるものもあります。また、アクセサリで洗剤吹き付け用のアタッチメントがある場合もあります。このような機能を利用すると、簡単に洗剤を車に吹き付けることが可能です。

洗車ができるおすすめの高圧洗浄機4選

では、これまでのお勧めの高圧洗浄機のポイントを踏まえて、お勧めの高圧洗浄機を3つ、ご紹介します。

① ケルヒャー K 3 サイレント

50Hz地区用
KARCHER(ケルヒャー) ケルヒャー 高圧洗浄機 サイレント (50Hz東日本地区用) 1.601-448.0 K3SLB/5
画像をクリックするとAmazonに移動します。

60Hz地区用
KARCHER(ケルヒャー) ケルヒャー 高圧洗浄機 サイレント (60Hz西日本地区用) 1.601-449.0 K3SLB/6
画像をクリックするとAmazonに移動します。

「高圧洗浄機といえばケルヒャー」でおなじみ、ケルヒャーの中級モデルです。本体に洗剤を格納するタンクが収納されているため、洗剤を本体に注入した状態で、圧力を最も弱めて水を噴射すると、洗剤を車に吹き付けることが可能です。
このため、洗車開始から洗車終了までこれ一台で完結することができるモデルです。最大出力圧も10MPaと十分な性能があり、かつ従来モデルに比べて実感騒音を半減という機能で、洗車だけでなく、様々な用途に使用することが可能です。思う存分高圧洗浄機を使いたい方にお勧めです。ケルヒャー製品は水タンクを別途購入することで、タンク吸水にも対応しています。

② ケルヒャー K2クラシックプラス カーキット

Karcher(ケルヒャー) 【軽量&コンパクト】高圧洗浄機 K2クラシックプラスカーキット K2CPC
画像をクリックするとAmazonに移動します。

ケルヒャーのエントリーモデルに洗車に便利なフォームノズルや洗車用ブラシをセットしたキットです。コンパクトなので、大きな収納場所を必要としません。重さも4kg弱なので、女性でも持ち運び可能です。噴射圧は8MPaと、コンパクトながらしっかりとした性能です。
動作音が少し大きくても良いので、リーズナブル・コンパクトなものが欲しい、という方にお勧めです。ケルヒャー製品は水タンクを別途購入することで、タンク吸水にも対応しています。

③ アイリスオーヤマ FBN-601HG-D

アイリスオーヤマ 高圧洗浄機 FBN-601HG-D
画像をクリックするとAmazonに移動します。

アイリスオーヤマの高圧洗浄機です。最大9MPaという噴射能力を持っていながら、潜在の噴霧用のフォームノズルも付属しています。また、ケルヒャーのモデルと比べるとやや安めに購入可能です。
国内メーカー品の方が良い、という方はこのモデルの方がよろしいでしょう。動作音はそれなりにするそうです。

④ アイリスオーヤマ SBT-512

アイリスオーヤマ 高圧洗浄機 タンク式 SBT-512
画像をクリックするとAmazonに移動します。

アイリスオーヤマのタンク吸水型のタンク一体型高圧洗浄機です。
最大8.5MPaという出力を誇りながら、水道が近くなくても利用できます。通常の高圧洗浄機と同様に、噴射圧が変更可能なノズルも付属しており、便利です。
出先でも電源を確保して洗車したいという方にはこのモデルが良いでしょう。こちらの機種も、動作音はそれなりにするそうです。

まとめ

いかがだったでしょうか?この記事では、
高圧洗浄機で洗車する際の手順、注意点と洗車できる高圧洗浄機のおすすめポイントと実際にお勧めの高圧洗浄機を4つ紹介しました。

改めて、高圧洗浄機選びのポイント4つをご紹介します。
- 噴射圧を変えられるか
- 噴射圧が高いこと(8MPa以上)
- 静粛性が高いこと
- 洗剤噴射にも対応している

最近はホームセンターで高圧洗浄機の展示、試用ができるところもありますので、ご自身の使い方にあった高圧洗浄機を探してみて下さいね。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 2e100651 ba8c 4f85 979f 106846fbac22
Written By
えどう タロー
ガジェット大好き技術屋さんです。
電気系の研究者として勤務している傍ら、フリーライターとして活動しています。 様々な電子機器に触れることが多い電気電子系の技術者としての観点を交えながら、 皆様にわかりやすい記事を提供できるように心がけております。

おすすめの記事

スポンサー

この記事に似ている記事