冷蔵庫の側面が熱い原因は?冷えない時の対処法を徹底紹介!

この記事を執筆するにあたって

小売業時代に冷蔵庫を販売していましたのでこの手の質問は多かったです。

Written By タナカ タロウ

目次

冷蔵庫の側面が熱い

ふとした拍子に冷蔵庫の側面に触れた際「熱い」と感じたことがある方もいるでしょう。

そんな時「もしかしたら冷蔵庫の故障ではないか」と心配になりますよね。

この記事ではそんな疑問に対する答えを説明するべく「冷蔵庫の側面が熱い原因は?冷えない時の対処法を徹底紹介!」という内容でお届けしていきます。

冷蔵庫を安心安全に使用するためにも側面が熱い理由に対してきちんと理解してみてください。

冷蔵庫の側面が熱い原因は?

冷蔵庫 側面 熱い 冷えない

冷蔵庫の側面が熱い原因について紹介していきます。

冷蔵庫の側面が熱い原因①冷蔵庫の仕組みによるもの

冷蔵庫の側面が熱い原因として一番考えられるのはこの原因です。

冷蔵庫は内部を冷やすにあたり冷媒と呼ばれる物質を使用しており、この冷媒は冷蔵庫中に張り巡らされているパイプ内を移動し続けています。

その移動に際し冷蔵庫の内部を移動する場合には気体に、外部を移動する場合は液体と変化します。

冷媒は液体から気体に変化する際に冷蔵庫の熱を奪い、その後気体が圧縮され液体に変化する際に冷蔵庫の側面に熱を伝えることで外に逃がしているのです。

参考元:経済産業省

以上の理由により冷蔵庫の側面が熱くなります。

よって冷蔵庫の側面が熱いと感じるのは冷蔵庫の仕組み上当然のことでもあります。

冷蔵庫の側面が熱いけど大丈夫かな、と心配な方も基本的には問題ありませんので安心していただければと思います。

冷蔵庫の側面が熱い原因②冷蔵庫を置いている室内温度が高い

冷蔵庫の側面が熱い原因について「冷蔵庫を置いている室内温度が高い」ということも原因として考えられます。

冷蔵庫は室内に設置する製品なので当然ですが、室内温度の影響を受けます。

上記で記載した通り、冷蔵庫の内部を移動している冷媒は液体から気体へと変化する際に冷蔵庫内部の熱を奪っています。

夏など室内温度が特に高い場合には冷蔵庫の内部を冷やすために冷媒が奪う熱量も多くなるので側面は熱くなります。

冷蔵庫の側面が熱い原因③食品を大量に保管する

冷蔵庫で食品を大量に保管する際も側面は熱くなります。
冷媒は液体から気体へと変化するにあたり、冷蔵庫の熱を吸収します。

その際に冷気を発生させるのですが食品を大量に保管していた場合、冷気の循環が上手くいかないことがあります。

そうなると、冷蔵庫は食品を冷やすために稼働率が上がってしまうため冷蔵庫の側面が熱いという事態になることもあります。

冷蔵庫の側面が熱い原因④冷蔵庫の周りに隙間がない

冷蔵庫の側面が熱い原因に「冷蔵庫の周りに隙間がない」ということも考えられます。

冷蔵庫を設置した場所によっては周りにあまり隙間がないこともあるかと思います。

その場合、冷蔵庫は側面から上手く熱を逃がすことができなくなるため、余計に熱くなることがあります。

冷蔵庫の側面が熱い!冷めない時の対処法

冷蔵庫 側面 熱い 冷えない

それでは次に冷蔵庫の側面が熱いまま冷えない時の対処法についてお伝えしていきます。

冷蔵庫の側面が熱い時の対処法①クーラーなどで室内温度を下げる

冷蔵庫の側面が冷えない時の対処法の一つに「クーラーなどで室内温度を下げる」というのがあります。

冷蔵庫は室内の温度が高ければその分過剰に冷気を放出し中の食材を冷やそうとします。

これにより冷蔵庫の側面がさらに熱くなることがあります。

よってクーラーなどで室内温度を下げるということは冷蔵庫の側面が冷えない場合に有効となります。

夏場は特に冷蔵庫の側面が熱いということが予想されますので参考にしていただければ幸いです。

ちなみに大事なことは室内温度を下げるということですのでクーラーでなくても窓を開けるなどでも一応効果があります。

冷蔵庫の側面が熱い時の対処法②食材の入れ方に気を付ける

冷蔵庫の側面が冷えない時の対処法として「食材の入れ方に気を付ける」という方法もあります。

食材を大量に冷蔵庫へ入れると冷気が循環しづらくなり、結果として側面が熱いということにつながります。

冷蔵庫は製品にもよりますが大体一番下の奥か一番上の段の奥に冷気を循環させるための穴が開いています。

大量に冷蔵庫で食品を保管する場合、それらの穴をふさぐことの無いように保管方法を工夫しましょう。

冷蔵庫の側面が熱い時の対処法③冷蔵庫周りに隙間を空ける

上記でもお伝えしたように冷蔵庫の周りに隙間がないと熱が放出できずに側面が熱くなることがあります。

その解決方法として「冷蔵庫の周りに隙間を空ける」という方法が有効です。

一般的に冷蔵庫の周りには5㎜~100㎜程度隙間を持たせることが推奨されています。

冷蔵庫の側面が熱いという方はご自身の冷蔵庫の設置状況を今一度確認してみてください。

冷蔵庫の側面が熱い時の対処法④冷蔵庫の何度も開け閉めしない

冷蔵庫の側面が冷えない時、今まで冷蔵庫を何度も開け閉めしたことがないか思い返してみてください。

冷蔵庫は開ける度に内部の温度が上がり、それに伴って冷蔵庫は庫内の温度を下げようと動き出すので側面が熱い、という症状につながります。

よって冷蔵庫を何度も開け閉めすることは控えた方が側面が熱いということにはなりにくいと考えられます。

もし、料理をする際など度々冷蔵庫を開け閉めしている方は控えることを意識してみても良いでしょう。

冷蔵庫が熱い原因が故障だった場合はどうする?

通常であれば、一時的に側面が熱い状態になっても、冷蔵庫を使っているうちに冷却ファンからでる冷気が側面にも流れる構造になっています。

通常は側面の温度は下がってくるのですが、ずっと側面が熱く中が冷えない状態だと冷却ファンの故障や、冷媒ガスの放出の異常などの故障の可能性があります。

8年ほど経過してそういった症状が出ているのであれば修理をするより、寿命と考えて買い替えたがいいでしょう。

冷蔵庫の側面が熱くなって故障だった場合の処分

側面が熱くなり冷えないとなると、故障ですので冷蔵庫を処分する場合には、国の定める家電リサイクル法によって持ち込んで処分しないといけません。

引き取りをしてくれる場合もあり、収集運搬料金というものが発生します。

冷蔵庫の場合のリサイクル料金はメーカーと、大きさが170リットルを超えているかいないかによって変わってきますので、一概には言えませんが、おおよその金額を書いておきます。

  • 170L以下の場合は 3672円(2018年現在税込)

  • 171L以上の場合は 4644円(2018年現在税込)

この料金が最低でもかかる料金で、あまり聞いたことがないようなハイセンスやキュビズムなどの日本で有名ではないメーカーになると、料金がいくらか加算もしくは減額される可能性があります。

上記のリサイクル料金に収集運搬料金を加算した金額がリサイクル(処分)に必要な料金になります。

収集運搬料金は、業者によってかわりますが、家電量販店は意外と持ち込みの場合だと安く設定されてあるようです。

  • エディオンという家電量販店さんは持ち込みの場合は2160円(税込)

  • ヤマダ電機はリサイクル家電は全て、持ち込みの場合は1080円(税込)

であることが確認できました。

どちらにしても処分の場合は10000円は用意しておいたがよさそうですね。

冷蔵庫の側面が熱くなって故障した場合の買い替え

買い替えの場合は、家電量販店で下取りに出すか、壊れていない場合は、中古販売店に売りに出す方法もあります。

どちらにしても、売りに出さずに処分をする場合は、下取りをして買える店を探して、買い替えるほうがお得ですよね。

熱くなりにくい?おすすめの冷蔵庫3選

現在の冷蔵庫に関しては、断熱材の能力の向上や、サイズがコンパクトになった分、おおく配置されているため昔の冷蔵庫よりは側面が熱くなりにくくなっています。

日立、三菱、パナソニックに関しては側面が熱くなることに対しての安全性を公開していますので、故障でない限り、間違いなく安全です。

その中でも熱くなりにくい冷蔵庫としては、

日立冷蔵庫 日立真空チルド  P-XG5100H

505Lの3ドアの冷蔵庫で、当然サイズ的に大きい分断熱材も多く含まれています。

三菱冷蔵庫 MR-P15C-B

150Lの冷蔵庫で2ドアですが、大容量のドアポケットのため、冷気が側面に逃げていきやすいです。

パナソニック冷蔵庫 

NR-C37HGM

360Lの3ドア冷蔵庫ですが、容量が365Lと大容量でパナソニックなので中の断熱材などもしっかりしています。

まとめ

ここまで冷蔵庫の側面が熱い原因やその冷えない側面の対処法について紹介してきました。

冷蔵庫は基本的に毎日使用する家電製品ですよね。

そんな日々使う大事な冷蔵庫を安全に使用するため、故障しないようにするためにも側面が熱いと悩んでいる方は今回紹介した原因や対策を参考にしてみてください。

  

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

この記事に似ている記事