エアコンの取り付け工事の費用は?相場や追加費用に関して徹底解説!

目次

エアコンの取り付けの工事費用について

昔の人は「暑いのは我慢」なんて言う人もいるけど、ここ数年の日本の夏は異常ですよね。部屋にいても熱中症で倒れる人がいる時代、それこそエアコンが壊れてしまっていたら命にもかかわるほどヤバいこと!これは寒い冬でも言える事。なんとなくシーズンオフのほうがエアコンの取り付け工事費用は安い感じがするけど、詳しく相場も知っておいて、賢くお得にエアコン取り付け工事を行いましょう。

噂だとエアコンの取り付け費用って言い値なの?結構知らないと損な話が多そうですよね。詳しく見ていきましょうね。

エアコンの取り付けの工事費用の相場はどれくらい?

果たしてエアコンの取り付け工事の費用相場はだいたいどれくらいなのでしょうか?

まず、取り付け費用の内訳ですが、標準的な取り付けの場合はホースなど部品は本体代のなかに含まれていますので、作業として部品代はほぼゼロです。基本は人件費ということになります。そのため、相場というものがまちまちで業者により結構金額が変わるのが現実のようです。

取り付けするエアコンの大きさ(出力)にもよりますが、ワンルームくらいのところだと8000~10000円程度。リビングに取り付けするような大きなエアコンだと10000~12000円程度が相場とされています。

ただ、取り付け費用にはオフィシャルに定価というものがない世界なので、例えば他の家電の取り付けなどと合算して安くなるなど交渉の余地はある価格ですね。

内訳① 知り合いに業者、家電に詳しい人はいないか?

前述もしたとおり、エアコンの取り付け工事費用は基本的に人件費ということもあり、取り付けの価格は業者の言い値になることが多いです。なので、まず知り合いや親せきなどに業者はいないか探してみましょう。専門知識がある人ならそこまで難しい作業ではないので、食事をおごる程度でやってもらえる場合もあるようです。

内訳② 新品の場合、そのまま買った家電量販店に頼む

新品での購入の場合は、大手家電量販店などでは取り付け工事費用込みで売っている場合もあります。正直、費用はそこまで安くなく上記の相場程度なのですが、取り付けもお願いすることで、ポイント増量など値引きの交渉の材料になり得ます。お店としてもほぼ人件費だけなのでエアコンの取り付け工事はオイシイ仕事ですからね。

引用元:ケーズデンキ

内訳③ 事前にしっかり見積もりをもらいましょう

ネットで「エアコン 工事」などと検索すると無数の工事業者が出てきます。その中から選ぶ場合は、まずしっかり取り付け費用の事前見積もりをしっかりもらうようにしましょう。後々、追加費用を請求されるなどの例もあり、トラブルの元です。ちなみにレスポンスが遅い、メールの返答がぶっきらぼうなどだと注意したほうがよい業者の可能性も高くなります。

エアコンの取り付けの工事費用に追加費用がかかるケースは?

だいたい10000円前後が相場と言われているエアコン取り付け工事費用。ですが、自分が行ったときはそんなに安くなかった!?なんて思った人も多くないでしょうか?

実はあくまでもこの取り付け費用の相場は標準価格で、取り付け条件などによりプラス10000円以上かかってしまう場合もあるのです。では、どのようなケースでは追加費用が掛かってしまうのでしょうか?

ケース① 室外機まで遠い(4m以上)

マンションなどの場合、すぐ横のベランダに置く場合が多いエアコンの室外機。それだとだいたいOKですが、広い部屋だったりすると、エアコン本体から室外機まで遠くなると追加料金の対象となります。目安としては標準ホースの長さが4mほどなので、それ以上遠いと追加ホース代含めて数千円追加となる用です。

ケース② 本体と室外機が別階に取り付け

例えば一軒家などで、エアコン本体の取り付けは2階、室外機は1階外など異階に置く場合も上記のようなホースの延長料金に加えて、作業も大変になるので、追加料金となるでしょう。

ケース③ 配管カバーを取り付ける

飲食店などの取り付けなどでは、見た目が美しいだけでなく、エアコンホースの保護にもつながる配管カバーを取り付ける場合があります。これももちろん追加費用の対象です。

ケース④ 今、使っているエアコンを取り外す

忘れがちなのが、この追加費用です。買い替えの場合、今使っているエアコンを処分する必要がありますよね。今の時代、ゴミもお金がかかる時代。まずはリサイクル券(2400円~)という法律で決まっている処分費用がかかります。更に取り付け費用以外に、取り外し作業費用がかかりますので、トータルで10000円ほどは見ておいた方がベターでしょう。
  

多くの場合、なかなか標準費用だけでは済まないものだったりします。そのため、工事前にはしっかり見積もりを取って、納得のいく形にしてから作業を行ってもらうようにしましょう。

引用元:ケーズデンキ

2階でのエアコンの取り付けに工事費用が追加でかかる理由は?

2階へのエアコンの取り付けは一般的に費用が高いとされています。では、何故2階への取り付けは高いのでしょうか?

理由① 配管ホースの長さに費用が比例する

配管ホースの長さが4m以上だと追加料金という話はしましたが、だいたいの業者が、この配管ホースの長さに比例して作業費用を高くしているからです。ただ、ホースを延長するだけと考えがちですが、一つの基準となっているので、2階の取り付けだと、一軒家の場合1階(異階)に置く場合も多く、リビングのように元々の設計でエアコンの取り付け場所を考えてレイアウトしている場合も少ないので、配管ホースがどうしても長くなってしまうというわけです。

理由② そもそも作業が大変!

1階と2階では、そもそもエアコン本体を階段で登って運ぶだけでも大変ですよね。マンションのようなエレベーターがあるところならまだしも、一軒家の2階などではエレベーターもない場合が多く、単純に作業が大変だからです。何度でも言うようですが、エアコン取り付け費用の大部分は人件費なので、どれだけ作業が大変かは大きな要素です。

理由③ よりパワーがいるエアコンが必要

特に木造の家屋の場合、特に太陽から近い2階はより高い温度になってしまいがちです。そのため、冷却するエアコンはよりパワーのある高出力モデルが必要になります。そうなると、エアコン本体代が高いだけでなく、工事費用も上記で書いた通り高くなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今や夏も冬も、それこそ1年じゅう必需品となっている人も多いエアコン。最近では省エネ機能が高いなど高性能エアコンも多く、買い替えを考えていても取り付け工事が面倒なんて思っている人も多いのではないでしょうか?相場があってないようなもののエアコン取り付け工事費用。知っている人だけが得をするようなところがあるのは事実なので、詳しく知っておいて損はない情報ばかりだったと思います。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 4ce2400c 9694 4203 b90b 2302af60ea53
Written By
yt_united yt-united
サッカーとケツメイシ好きのアラフォーです
こんにちは! サッカーとケツメイシをこよなく愛するアラフォーです。 最近、腰が痛くて老化を感じる日々であります。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧