エアコンの取り付け時間は?自分でやる場合と業者の工事の違いも!

目次

エアコンの取り付けの時間について

エアコンの取り付け取り外しなどできれば自分で行いたいというのが本音ですよね。

それなりの費用が掛かってしまうため、エアコンの取り付け工事を行ってもらうことに対し勿体ないと感じている方は非常に多いことと思います。

しかし自分でやるとなるとその際にかかる時間が気になるところ…

そこで今回の記事ではエアコンの取り付け時間について

「エアコンの取り付け時間は?自分でやる場合と業者の工事の違いも!」

という内容でお届けしていきます。

エアコンを自分で取り付けるか、もしくは業者に頼むかで迷うことがあると思いますが、時間的な問題以外にも色々とメリットデメリットがあります。

エアコンの取り付け工事にかかる目安時間はどれくらいなのか、業者が行う追加工事にかかる時間等が気になる方はぜひご一読ください。

エアコンの取り付け時間の目安

エアコン 取り付け 時間

エアコンの取り付け時間の目安はどれくらいなのかについてまずは紹介していきます。

エアコンの取り付けを自分でする場合にかかる時間

エアコンの取り付けを自分で行うという際にかかる目安時間は2~4時間です。

やはり通常は業者が行うエアコンの取り付けという作業を自分で行うとなるとそれくらいの時間はかかってしまいます。

それに加えてエアコンの取り付けを自分で行うということはその作業に必要となる道具も自分で準備するということです。

例えば、壁に穴を空けるための道具、エアコンの配管で使用するドレンホース、そして開けた穴をきっちりと塞ぐために使用するパテ等を準備する必要があります。

これらを準備することを考えると、エアコンの取り付け自体にかかる目安時間は2~4時間だとしても、準備に1~2時間程度必要だとして、合計で3~6時間程度はかかると予想できます。

自分で行う場合にはお昼から始めて夕方ごろまでかかるという可能性がありますので、この点は覚えて置いてください。

※ 個人差がある為、一概に3~6時間で終わるとも言えません。

エアコンの取り付けを業者にお願いする場合にかかる時間

エアコンの取り付けを業者の工事により取り付けてもらう場合、かかる目安時間は1~2時間程度です。

ちなみに上記で紹介したエアコンの取り付けを自分で行う際にかかる目安時間が2~4時間というのは、業者という慣れている方がやっても1~2時間はかかるからです。

素人であれば、業者よりも当然慣れていないと考えられるため、業者の倍の時間はかかるであろうとの筆者の予測より紹介しています。

あくまでも推測であることを覚えておいてください。

そして業者に頼むのであれば、準備等も自分が行う必要はありませんので、その分時間もかかりません。

よってお昼からエアコンの取り付けを行ったとしても、午後3時程度には終わると考えられるため、時間的にはすごく節約できるということが分かりますね。

エアコンの取り付け工事の時間を業者が延長しようとしてる場合の防ぎ方は?

エアコン 取り付け 時間

エアコンの取り付け工事を業者に依頼すると、業者があの手この手で工事時間を延長しようとすることがあります。

なぜそのようなことをするのか、と言うとその方が費用を多く請求できるためです。

このような悪質な業者により自分が不利益を被らないためにはどのようにすればいいのか、エアコンの取り付け工事の時間を業者が延長しようとしてる場合はどのように防げばいいのかについて紹介していきます。

家の状態確認と打ち合わせを十分行う

エアコンの取り付け工事の時間を業者が延長しようとしてる場合の防ぎ方として挙げられるのは「家の状態確認と打ち合わせを十分行う」ということです。

そもそも追加工事というのは標準工事では賄えない事態に遭遇した際に行うことです。

例えば配管で使用するドレンホースの長さが足りず、追加工事(ドレンホースの延長)を行う必要があるとします。

しかしそもそも家の状態やエアコンや室外機を設置する場所、そして必要となるドレンホースの長さ等について業者との打ち合わせを行っていれば、事前に準備していただけるため少なくとも追加工事を行うということは防ぐことはできますよね。

標準工事だけでエアコンを取り付けられずに追加工事が必要となるということを引き起こさないために、打ち合わせなど事前の準備が必要となるのです。

なので、エアコンの取り付け工事を業者に依頼するという際は、事前打ち合わせを念入りに行っておいてください。

参考元:価格.com

ここまで紹介した方法を見ればわかるようにエアコンの取り付け工事の時間を業者が延長しようとしてるのを防ぐには事前に対策を講じることが必須となります。

安いからと適当に業者を選んでは思わぬ費用がかさむこともありますのでご注意ください。

エアコンの取り付けで追加工事がある場合どのくらい時間が伸びる?

それでは最後にエアコンの取り付ける際に追加工事がある場合にはどの程度時間が伸びてしまうのか、について紹介して終えたいと思います。

エアコン取り付けで追加工事があるケース① 6時間以上オーバー

エアコンの取り付け工事において通常1~2時間程度で終わる工事内容が6時間以上もオーバーしたという事例があります。

参考元:教えて!goo

通常は1~2時間程度で終わるということから間違いなく、追加工事等があったと思われます。

何でもこの事例では朝から工事を開始したにも関わらず、夜8時になってもエアコンの取り付け工事が終わらなかったようですね。

エアコンの取り付け工事に追加工事が発生したとしてもさすがにここまでの延長というのは中々無いでしょう。

しかし実例としてある以上、追加工事がある際には6時間とは言わなくても時間が延びるということはあります。

工事を追加するわけですからね。

時間に関しては内容によりけりですが、エアコンの取り付けを業者に依頼した際には誰もがこのように工事時間が延びるという可能性があるということになります。

稀な事例だと思いますが、参考までに覚えておいてはいかがでしょうか。

まとめ

エアコンの取り付け時間は業者が行う場合で1~2時間程度、自分で行う場合は2~4時間程度と業者の倍の時間はかかってしまいます。

時間については人により前後するでしょうが、業者よりも不慣れである以上、この程度の時間はかかるでしょう。

それに加えて、必要道具や工具をそろえるとなるとまた時間がかかってしまいます。

休みの日にエアコンの取り付けを自分で行うにしても、それだけで1日がつぶれる可能性も無きにしも非ずですし、取り付け方が悪いとエアコンにも悪い影響を及ぼしてしまいますので自分で取り付けるという方はその点を十分に考慮したうえで行いましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧