エアコンをDIYで(自分で)取り付けよう!真空引きしない・する場合で解説!

目次

エアコン 略

エアコンをDIYで取り付ける

 エアコンをDIYで取り付けてみたいといった方に順を追って説明いたします。

そもそもエアコンはDIYといってもかなり難しい分野のものというハードルの高い製品です。取り付けに必要な工具も専門性の高いものも多いようですが実際は少し慣れると使えるようになる工具も有ります。

 また取り付けの工程に少し経験値が必要なポイントが多少出てきます。特に最終段階で真空引きをするのか真空引きをしないのかといった専門性の高いことについては色々なサイトや経験者からの助言をもらいながら進めていくことで何とかクリアできそうです。

エアコンをDIYで(自分で)取り付けるのはできるの?

 エアコンをDIYで取り付けるためには専門的な工具が必要になります。しかもこの工具の使い方も少し慣れが必要になると思います。

 また取り付けの順序についてはある程度マニュアルに沿って進めればよいのですが室内機の水平度合いとか配管の曲げ方,銅管の切り方,配管同志の接続の仕方などポイントごとに熟練した技が必要になりますので詳しく書かれたマニュアルを読み理解してから取り付けを始める方が良いと思います。

 最終段階での真空ポンプの扱い方などはかなり慣れが必要になり完了しても本当にガス漏れがないか確認をしないとなりません。こういった部分を丁寧にクリアしていけるのであれば取り付けは可能です。

エアコンをDIYで取り付ける時によく聞く『真空引き』ってどういう意味?

 エアコンの配管内には冷媒ガスのみが流れるようになっているのです。

 取り付けの時に空気中の温度差による湿気が配管内に付着してしまい配管内で氷の粒となりエアコンの配管内を傷つけたりする事もありエアコンの正常な動作を妨げてしまいます。

 この「真空引き」をすることは配管内を真空状態にして配管内の湿気や多少のゴミのようなものを取り除くようにするための非常に大事な作業なのです。

 真空引きについては取り付け業者さんもほとんどの方がする作業ですのでDIYでされる方は特に大切な部分だと思ってください。もしもこの真空引きをしないで取り付ける場合は室外機側にあるバルブを少しの間押して配管内の空気をガスと一緒に抜くといった作業が必要になります。

 この場合取り付け作業は簡単ですが配管内の水分や空気が完全に抜け切っているかどうかは疑問が残ります。

 もし配管内に残っている状態で取り付け作業を終了させてしまうとエアコンの正常な運転ができなくなるのと故障の原因にもなってきますのでDIYでされる場合は確実な取り付け方法である真空引きをおすすめします。

エアコンをDIYで取り付ける方法 -真空引きをする場合-

方法①室内機の取り付けをします

 エアコンの取り付けはまず第一に室内機から室外機へ接続するための配管の穴を開けます。

 次に据付板を取り付けますが据付板には取り付け工事のマニュアルを参考にして穴の中心位置や配管穴との距離などが書かれてますのでその位置を決めてください。

 この部分が決まれば据付板の取り付け位置に合わせてビスを使い固定します。 

 また、取付けの壁が土壁の場合,ビスが固定しにくい為たて桟を先に取り付けてからビスを付けたり,石膏ボードの場合はアンカーを先に打ち込んでからビスを入れると外れにくくなったりしますのでその壁の種類によって取り付けてください。
 
 また室内機を取り付ける上での注意点は、室内機を地面に対して水平に設置することです。 水準計などの専用の道具を使って室内機が水平になっているかを確認し、取付位置を決めてください。

 最後に据付板のツメを室内機に確実に固定していないと室内機が外れて落下する恐れがあります。室内機を落として故障につながらないように注意して下さい。上部がしっかりひっかかっていることを確認し、壁に押し当てるようにし、下部の2ヵ所も据付板にはめます。

 室内機が壁に掛かったら、スポイト等を使って、室内機の露受け皿に水を流してください。 室外に出した排水ホースから水が出れば、室内機と排水ホースの接続は成功です。

方法②配管の接続をします

 配管は先程開けた穴から出していますので残りの信号線とドレンホースを出します。

 室内機の全面パネルを開けると、右側に電線接続部分があるので規定の長さで被服を剥いた電線をしっかり差し込みます。 ドレンホースは配管側に合わせて出して配管はフレア加工した配管を接続します。

 接続部分が直線になるようにしてからナットを手で絞めていきます。手によって閉まったら、トルクレンチで締めるのですが銅管が傷まない程度に締め過ぎないくらいの力で締めてください。

 接続が終わればあとは断熱材を取り付けて次に室外機側の配管接続部分の2ヵ所に六角レンチを差し込み、反時計回りに回して弁を開放して室外機からガスを送り込み室内機を通り循環するとエアコンの使用が可能になります。

方法③真空引きをします

 接続した配管内を真空状態にするため真空引きをします。現在のエアコンは真空ポンプ、ゲージを用いて真空引きの作業をしなければなりません。この作業を怠ると故障や性能の低下の原因になります。

 まず室外機のサービスポートに真空ポンプのコントロールバルブとチャージホースそして真空ゲージの工具を取り付けてツマミを回して、真空ポンプの電源を入れると、真空引きが開始します。この時付属の真空ゲージの値が-0.1MPaになるのを待って約15分程度運転を続けてバルブを閉めて真空ゲージの値が変動しなければガス漏れはないと思います。

 この工程が終了すればあとは配管の穴埋めをエアコン専用のパテで埋めれば完了です。

エアコンをDIYで取り付ける方法 -真空引きをしない場合-

方法①

エアコンの取り付けをする場合,まず第一に室内機と室外機を配管類を接続するための貫通穴を開けなければなりません。

 もし既に空いている場合はそのまま使用できますが空いていない場合は貫通ドリルが必要になります。こういった種類のドリルは余りお持ちではないのでレンタル業者などからレンタルする方が安くできます。

貫通の穴が開けば次に据付板の取り付けをします。据付板はエアコンの室内機を引っ掛けるためのものであるため確実に取り付ける事が肝心です。

 この場合,壁の種類によって少し工夫が必要になりますので紹介いたしますと壁が和風の土壁の場合は先にたて桟という長方形の板を取り付けその上に据付板を取り付けます。

また壁が石膏ボードの場合は先にアンカーを打ち込んでから据付板を取り付けるのですがここでは同梱されている工事マニュアルに沿った取り付けを行ってください。

方法②

 次に配管を接続します。先程外に出した配管に長さを調整し、フレア加工した配管を接続します。

 その後に信号線とドレンホースを穴から出してドレンホースは排水を流す場所までの距離が必要ですので延長する場合は別途購入が必要です。信号線は室内機にあるカバーを外し接続して室外機と接続します。

方法③

配管の接続が終わると次に配管を接続して、室外機の高圧側のバルブを開放し,そして低圧側にあるサービスポートのピンをドライバー等の先で押して約3秒間程度、ガスと一緒に空気を押し出して真空にします。

 その後、低圧側のバルブを開放して完了です。この方法ですると非常に短時間で済みますので作業時間は短縮できますが配管内の空気が完全に抜けているかどうかの確認ができない事と配管内の水分の蒸発も確実ではないので故障にもつながる恐れがある為おすすめできない方法です。

 この作業が完了すれば配管類をまとめて配管テープを巻いて完了です。

まとめ

エアコンをDIYで取り付ける場合は工事に必要な工具が沢山ありその使い方も少し経験が必要になります。

 配管穴でも壁の中に大切な柱や梁,また電線がないかどうかを確認したり,配管を横に伸ばす場合,排水が逆流してしまわないように配管は少し勾配を付けないようにするとか,配管のフレア加工した部分をフレアナットで締めるときにはあまり締め過ぎないようにする事とか部分的に結構たくさんの注意すべき点がありますのでDIYであっても誰か経験者と一緒に工事をしたほうが結果的にエアコンを快適にご使用できると思います。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
岡本

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事