エアコンの室外機の水漏れの原因は?対策や修理方法も解説!

目次

エアコンの室外機の水漏れについて

エアコンをご使用している方の中でエアコンの室外機の水漏れを経験をどれ程の方がおられるでしょうか。
経験されたとしても何度も繰り返し経験する事ではないと思いますので、対処方がわからない方が沢山おられるのではないでしょうか。
この記事ではエアコンの室外機が水漏れした場合にはどの様な原因で水漏れが起こり、水漏れが発生した時の対策を解説致します。
また、エアコンの室外機から水漏れが発生した場合の修理方法についても解説致します。

エアコンの室外機の水漏れの原因は?

原因① 冷媒ガスが不足している

エアコンの冷媒ガスの不足により、エアコンの室外機の水漏れが発生する事があります。
冷媒ガスが不足する原因として冷媒ガスのガス漏れしている可能性が非常に高いです。
冷媒ガスのガス漏れにより規定の働きが出来ておらず、室外機内部にいつもより水滴が付着してしまいます。
室外機に付着した水が正常運転しているときより多く発生してしまい、処理しきれない為エアコンの室外機から水漏れが発生してしまいます。
室外機の配管に亀裂が発生してしまいますと冷媒ガスのガス漏れが起こりますので、定期的に配管を点検して、霜が異常に付着していたり亀裂が入っていないかを確認しましょう。

原因② 配管の断熱材や繋ぎ目が剥がれている

配管の断熱材や繋ぎ目が剥がれている事により、エアコンの室外機の水漏れが発生してしまいます。
天候により雨が降ったり水分が侵入しやすい現象が起きる事により、配管のパイプの断熱材が剥がれた部分や繋ぎ目のゆるんでいる部分、亀裂が入った部分から水分が侵入してしまいます。
そうなると規定以上の水分が侵入してしまいますので、エアコンの室外機から水漏れが発生してしまいます。
定期的に配管のパイプの断熱材が剥がれていたり繋ぎ目が緩んでいないか、配管に亀裂が入っていないか等を確認して水分が侵入しないよう注意しましょう。

原因③ドレンホースにごみや誇りが詰まっている

エアコンのドレンホースにごみやほこりが詰まっている事によりエアコンの室外機から水漏れが起こってしまいます。
エアコンのドレンホースにごみやほこりが詰まってしまいますとドレンホースから水の流れが止まってしまい、詰まった部分から水が逆流する事によりエアコンの室外機から水漏れが起こってしまいます。

原因④ 霜取り運転をしている

エアコンの室外機は常に外に設置されていますので、冬の寒い季節には室外機に霜が付着してしまいます。
室外機に霜が付着してしまいますと水が凍ってしまい、室外機が空気を取り込めなくなってしまいます。
その為、エアコンは定期的に霜取り運転を行います。
エアコンの室外機から水漏れが発生する場合は霜取り運転を行っている場合があります。

エアコン 室外 機 水

エアコンの室外機の水漏れ対策

対策① 冷媒ガスを補充する

エアコンの室外機から水漏れが発生した時の対策として不足した冷媒ガスを補充しましょう。
冷媒ガスが不足した原因が、はじめから規定量に満たされていなかった場合や、長期間のエアコンの使用により徐々に減ってしまった場合では単純に冷媒ガスを入れ換えれば済むかもしれません。
ですが、配管のパイプに亀裂が入ってしまったり、配管が破裂してしまった場合は配管の修理、交換が必要です。

対策② ドレンホースを清掃する

エアコンの室外機から水漏れが発生する場合では、エアコンのドレンホースが詰まってしまう事により行き場をなくした水が逆流してしまう事により水漏れが起こります。
定期的にエアコンのドレンホースを清掃して、ドレンホースにごみやほこりが詰まらない様注意しましょう。

対策③ 室外機の風通りを良くする

エアコンの室外機の水漏れの原因として室外機の周りが塞がっていたり、狭い場所に室外機を設置していると室外機の風通りが悪くなり、正常な運転が出来なくなってしまいます。
エアコンの室外機の設置場所は風通りの良い場所に設置して、室外機が正常に運転出来る様対処しましょう。

エアコンの室外機の水漏れした時の修理方法

方法① 自分で修理する

エアコンの室外機から水漏れが発生してしまった場合には、対処法として水漏れを自分で修理すると専門の修理業者に依頼するよりも料金が安く、好きなタイミングで行える事が出来ます。
ですが、自分でエアコンの室外機の水漏れを修理する事はとても注意が必要です。
ドレンホースの設置場所や室外機の設置場所がとても高い所にあった場合は、高所作業は転落から大怪我にも繋がってしまいます。
また、エアコンの水漏れの修理を自分で行う場合は、専門の知識が必要になります。
あまり知識がないまま修理を行うと、製品の故障に繋がってしまったり、最悪の場合発火や火災等の大惨事にも繋がる恐れがあります。
エアコンの水漏れの修理を自分で行う場合はくれぐれも注意しながら行って下さい。

方法② 修理業者に修理を依頼する

エアコンの室外機の水漏れが発生してしまった場合には専門の修理業者に依頼する方法があります。
自分で修理を行うよりは料金がかかってしまう場合があるかもしれませんが、エアコンの室外機の水漏れを修理する場合には、高所作業等の危険を伴う作業も含まれます。
作業の安全性や確実性を考えると、プロの専門の業者にお願いする方が安心出来るのかもしれません、
作業の料金や期間は故障の症状や作業を依頼する専門の業者によって変わってきますので、修理を依頼する前の一度お問い合わせ頂けると確実な情報が聞く事が出来ます。

方法③ エアコンを処分、廃棄する

エアコンの室外機の水漏れが発生した場合にはエアコンを処分、または廃棄する方法があります。
エアコンの室外機の故障の症状が重大で、修理が難しい場合や、料金が高額になってしまう場合があります。
その様な場合ではエアコンの室外機の修理を諦めて思いきって処分、廃棄してしまうのも良い選択です。
処分、廃棄した部屋にどうしてもエアコンが必要な場合は新しいエアコンや室外機を購入するのも良い選択です。

エアコンの室外機が水漏れする場合、修理と買い替えどっちがいい?

修理した方がいいケース

エアコンの室外機から水漏れが発生して、修理した方がいいケースは故障の症状が軽微な場合もしくはご使用年数が新しい場合では修理を選択した方が良いでしょう。
エアコンの室外機の水漏れの故障の症状が軽微であれば、料金もそんなにかからずに安価な料金で修理を行える確率が高くなります。
また、ご使用年数が新しい場合だと保証期間であれば正常にご使用していて故障してしまった場合でれば、メーカーや販売元が無償で修理、交換してくれる可能性が高くなります。

買い替えた方がいいケース

エアコンの室外機から水漏れが発生してしまった場合で買い換えた方がいいケースは故障の症状が重い場合もしくはご使用年数が長期に渡る場合では買い換えた方がいいでしょう。
故障の症状が重い場合では、修理料金がとても高額になってしまったり、高所作業や壁を打ち抜く等の作業が必要になったりで作業期間も長期に渡る場合があります。
また、ご使用年数が長期に渡る場合ではメーカーに修理、交換用の部品が残っていない場合が多く、高額な費用がかかったり修理事態が不可能な場合は買い換えをおすすめ致します。

エアコンの室外機の水漏れさせてないための日頃の予防策

予防策① 配管に亀裂が入ってないか点検する

エアコンの室外機の水漏れをさせないためには日頃から配管に亀裂が入っていないか点検をしましょう。
配管にヒビや亀裂が入っている事で雨が降るとその亀裂から水分が侵入してしまい、エアコンの室外機の水漏れが発生してしまいます。
日頃から配管に亀裂が入っていないか点検して水分が侵入しない様にしましょう。

予防策② ドレンホースを清掃する

エアコンのドレンホースにごみやほこりが溜まってしまうとエアコンの室外機から水漏れが発生してしまいます。
日頃からエアコンのドレンホースを清掃してエアコンの室外機から水漏れが発生しない様注意しましょう。

予防策③ 室外機の周りを清掃する

エアコンの室外機の周りが清掃されずに物が散乱してしまうと、室外機の風通りが悪くなってしまい、室外機が正常に運転出来なくなってしまいます。
室外機の周りにはなるべく物を置かない様にして風通りを良くする為、日頃から室外機の周りを清掃する様心がけましょう。

参考元:水漏れ修理

まとめ

最後にエアコンの室外機の水漏れの記事を執筆させて頂いて、エアコンの室外機の水漏れが起こった時にどの様に対処したらよいかという知識をお持ちの方は一般的に考えてなかなかおられないのではないでしょうか。
その様な難しい事例においてもこの記事を読んで頂く事で、エアコンの室外機の水漏れが起こった場合に冷静に状況を判断して頂き、適切な対処が出来るようこの記事の内容を是非行ってお役に立てて頂く様お願い致します。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
yu-suke 2018
家電をで暮らしを豊かに
家電に関わる仕事がしたい事と家電について勉強を積みたい為、フリーのWebライターとして活動させて頂いております。 記事を読んで頂いた方に記事の内容がわかりやすく、日々の生活に役立つ情報をお伝えする事が出来る様に意識して執筆する様心がけております。 よろしくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧