エアコンの室外機のホースは何故劣化?交換方法や化粧カバー/テープも紹介!

目次

エアコンの室外機のホースについて

エアコンは室内機と室外機からなります。室内機と室外機は冷媒であるフロンが通る冷媒管と呼ばれるパイプでつながれています。

室内機と室外機はともに熱交換器を有します。冷房では、室内の熱い空気が室内機の熱交換器に触れて熱さを冷媒管に移し、熱を失った冷たい空気が室内に放出されます。

熱さを乗せた冷媒は室外機の熱交換器に運ばれて冷たくなり、室内機に向かいます。冷媒を循環させるのは、室外機にあるコンプレッサーです。

冷媒管は2本あります。エアコンの配管は保護テープの中に3本が見えますが、その3本目をドレンホースと呼びます。
冷房時に水が流れてくるホースです。ここではドレンホースを単にホースといいます。ホースは、経年によりボロボロになり、割れてしまうことがあります。

何故ホースが劣化するのでしょうか?ホースを交換できないでしょうか?化粧カバーや化粧テープを使った方がよいのでしょうか?

考えてみましょう。

エアコンの室外機のホースとは

ホースの目的

冷房時に室内の熱い空気は熱交換器に触れて冷媒で冷たい空気に変換しますが、その際に結露の水が発生します。その水を排水するのが、ホースの役割です。

ホースを室内機から冷媒管といっしょに外に出し、そこで適当な長さのホースをつなぎ、室外機にはつながないで、室外機の近くで地面に排水させます。

エアコン室外の排水ホース

ホースの特徴

冷媒管は銅製ですが、ホースはプラスチック製です。硬い管にするより柔らかいプラスチックのホースにして、下に垂らして排水しやすいようにしています。

ホースは、洗濯機の排水ホースと同様に蛇腹です。蛇腹は折れにくいのとフレキシブルに動かせる利点があります。ホースが詰まったりすると、室内機の水漏れの因になりますから、内部に虫が入ったりごみが溜まったりしないように気を付ける必要があります。

エアコンの室外機のホースはなぜ劣化するの?

エアコンの室外機のホースは年を経ると劣化して折れやすくなります。なぜ劣化が起こるのでしょうか?

理由①ホースの材質

ホースの材質がプラスチックであることで劣化につながります。金属であれば、劣化には長い時間がかかります。

理由②ホースの置かれる環境

ホースが置かれる場所が外で、日光や雨風に晒されることが劣化の原因になります。プラスチックは耐候性に乏しく、日光、特に紫外線により劣化が進みます。紫外線が劣化の元凶です。

また、外気の温度変化が劣化に影響します。日光に当てられると40℃を越えますし、夜は冬には0℃以下になることもあり、ホースは熱衝撃を受けることになり、損傷の遠因になります。

理由③機械的な力

ホースの材料による耐候性の影響よりずっと小さいですが、ホースが置かれる場所が外であるために機械的な振動を受けやすいことが劣化につながります。

理由④保護不足

ホースの材料の耐候性に関連しますが、ホースの外側を保護しておかなければ、外的環境に対して無防備あることが劣化を早めます。

エアコンの室外機のホースの交換方法

劣化したホースは交換になります。交換方法はどうすればよいでしょうか、整理してみましょう。

交換は、室外にある劣化した部分を取り除いて元の部分とつなげることになります。

手順① 劣化したホースを外す

ホースの劣化した部分を観察します。劣化したホースがテープで巻かれている部分のテープを剥がします。

室内機から伸びているホースから、劣化したホースを外します。ジョイントが使われていたらジョイントを外して、劣化したホースを外します。

手順② ホースの径と長さの確認

ホースの径を確認します。ホースの必要な長さを測ります。

その情報を元に、ホームセンターでホースと必要ならばジョイントを購入します。配管用のテープの手持ちがなければ、購入します。

  

ホースには例えば以下の商品があります。
ガオナ これカモ ドレンホース エアコン用 3.0m (長さ調節可能 取替・延長用 取付簡単) GA-KW012
画像をクリックするとAmazonに移動します

手順③ 新しいホースと室内機から伸びているホースを繋げる

購入したホースを室内機から伸びているホースとつなぎます。つなぎ方は、元々つないでいたやり方と同じにします。室内機から伸びているホースが購入したホースにすっぽり入ればそれでよいです。元々がジョイントを使っていたらジョイントでつなぎます。

手順④ つなぎを配管テープで巻く

つなぎの部分を配管テープで巻きます。ホースから排水させるわけですが、ホースは地面に直接つけない方がよいです。ホースに虫や土が入って詰まる心配があります。

エアコンの室外機のホースに化粧カバーは取り付けるべき?

エアコンの室外機のホースの劣化を遅らせるためにカバーをかけたらどうだろうかというアイデアが出ます。室内機では美観のため配管むき出しを避けて化粧カバーをかける場合が多いですが、室外機でもかけるべきでしょうか?

化粧カバーとは

エアコンの配管工事は、管に保護用のテープをぐるぐる巻いて完成というのが通常の姿です。オプション工事として、化粧カバー取り付けがあり、テープが巻いてある配管の外側に硬質のプラスチック製のカバーを配管に沿って覆います。

メリット

室内機で化粧カバーをかけるのは、部屋に配管を這わせるのが見た目に美しくないので、配管そのものを隠すという利点があります。

室外機のホースに化粧カバーをかけるメリットは、室内機と同様に外観上美しく飾る意味があります。家によっては、配管を覆うテープが白いのでそれが目立って家の美観を損ねてしまうことがあり、嫌う方がいます。

そのような家では、化粧カバーはいくつかの色が用意されていますから、化粧カバーの取り付けは必須ともいえるでしょう。化粧カバーの取り付けは、通常のエアコン設置料金に入っていないので、テープのままでも屋外だから化粧は不要という方は、特に選択していません。

室外機のホースに化粧カバーをかけるメリットのもう一つは、ホースの耐候性の向上のためです。カバーにより耐候性は確実に上がります。

方法

室外機のホース用の化粧カバーがありますので、それを使用することになります。エアコン設置工事の際に、業者に依頼すれば、配管設置時に行ってくれます。エアコンがすでに設置されている場合でも工事は可能です。

費用

エアコンの配管の化粧カバー取り付け工事は、室内機用、室外機用ともに通常の設置料金外のオプション工事です。料金は、通常の取り付け料金プラス5千円くらいを見込めばよいようです。

すでにエアコンが設置されていて化粧カバーのみを新たに取り付ける場合は、余分にかかります。室内機の場合は、エアコン本体を一度外す手間がかかりますのでその分が多くかかります。

室外機の場合は、状況により変わります。余分の料金は、最低で1万円を見ておいて、合計1万5千円くらいの用意が必要でしょう。

エアコンの室外機のホースに化粧テープは巻くべき?

化粧カバーはお金がかかるから、もう少し手軽にエアコンの室外機のホースを保護する方法はないでしょうか、という問いに答えるものに化粧テープがあります。

化粧テープとは

配管用テープは粘着性テープですが、配管用の化粧テープは非粘着性のテープで、実際に巻くときは非粘着性テープと粘着性テープを使用します。

メリット

エアコンの室外機のホースの化粧テープは、化粧カバーに比べると、外観上見劣りします。

二つ目のメリットとしてのホースの耐候性は、化粧カバーほどの効果はありませんが、ホースを外気から守り、耐候性を向上させるという点では、十分働きがあり、巻いておくべきものです。化粧テープも、室内、室外ともに配管の保護に使用されます。

エアコン室内機に付けた化粧テープ

方法

ホースに化粧テープを巻くには、キャンパステープ巻きという方法で行います。非粘着テープと粘着テープを使用して、ホースをぐるぐる巻きにします。

順序は、非粘着テープをホースに巻いたあと、粘着テープで留めます。巻き方は、ホースの下から上方向へ向かって巻きます。

費用

化粧テープを取り付ける工事の料金は、化粧カバーを取り付ける料金の半分以下で済むでしょう。

通常料金で行ってくれる場合もあります。化粧テープ巻きが、標準的な設置法になってきています。

化粧テープは、自分で取り付けられます。

例えば以下の製品があります。
因幡電工 手から落ちてもほどけない新世代非粘着テープ ネオピタテープ 50mm×18m アイボリー HS-50-I
画像をクリックするとAmazonに移動します

まとめ

エアコン室外機のホースの重要性がお分かりになったでしょう。エアコンの室外機のホースは、冷房使用時の排水に必須です。

ホースが詰まれば水漏れの原因になります。ホースは柔軟性が要求されるためにプラスチック製で、外気に触れるため紫外線により必ず劣化します。

劣化した場合は早めに手当てをする必要があります。

化粧カバーあるいは化粧テープは、ホースの耐候性を保たせる上で重要な働きをしますから、取り付けるのがよいでしょう。

最低でも化粧テープをつけるべきでしょう。
追加や変更の工事をすると料金が高くつきますから、必要と判断したオプション工事は、設置当初から計画的に取り込むのが節約になります。

  

また下記の記事では、室外機のホースから虫があがってくるのかどうかについて解説しております。ぜひ、合わせてご覧ください。

記事:『エアコンのドレンホースから虫!?虫除け対策や入ってくる虫を紹介!』

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small bb9b808f 3b7d 4352 af44 f93aa66e5927
Written By
花透 PEACE43
家電情報を提供するライターです
家電の選択・購入あるいは使用のための情報を整理して、皆様がご覧のなれるように提供します。よろしくお願いいたします。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事