エアコンのクリーニングの頻度は?DIY・業者別に徹底解説!

目次

エアコンのクリーニングの頻度について

エアコンのクリーニングの頻度は、家族によって、仕事によって、人それぞれ頻度が違うと思います。

でも違いない点があります。それがエアコンのクリーニングをすることは、必ずメリットがあるという点です。それは、自分で行うのと業者に頼むのでも同じです。エアコン本体を長年続く使用するために、エアコンのクリーニングはやるべきことなのです。

この記事では、自分が持ってるエアコン-MITSUBISHI 霧ヶ峰 MSZ-GV364-Wについて、クリーニングの頻度や方法、メリットなどを書いていきたいと思います。

MITSUBISHI 霧ヶ峰 MSZ-GV364-W

そもそもエアコンのクリーニングのメリットって?

メリット① 病気やアレルギーなどの予防

これがもっとも大きなかけがえないメリットでしょう。エアコンがもしクリーニングしていない状態で使われたら、溜まった汚れやカビなどがエアコンから出て、私たちがいるその密閉な空間に肉眼でみえない汚れやカビなどと一緒に存在することになります。恐ろしいことと思いませんか?

なぜカビが繁殖するかというと、夏の暑い部屋の中、冷房を運転して、高い室温と急激に冷やされたエアコン内部はかなりの温度差があって、この温度差により、結露が発生しやすく、その水分がそのままエアコン内部に溜まることになります。水分があって、汚れもあって、暖かい温度もあって、これはまさにカビにとって、繁殖しやすい条件じゃないでしょうか。

定期的なエアコンのクリーニングをして、カビと汚れを阻止し、そうしたら健康な体を保つことができます。健康な体にはかけがえないメリットだと思います。

メリット② 電気代の節約になる

クリーニングのメリット、健康に付いてはやっはり電気代の節約ですね。なぜ節約になれるかていうと、エアコンの内部溜まってある汚れとホコリのせいでエアコンを運転させたいとき、必ずいつもより大きな電力をかかることになります。

冷房の際、エアコンを運転させるため、きれいな状態のフィルターは運転効率を上がる大事な役割で、ホコリと汚れで目詰まりしたフィルターがあると、室内の温度はなかなか下げれなくて、運転効率は下がり、電気代も上がることになります。

手間をかからない簡単なフィルターを掃除し、エアコンの運転効率を上げて、電気代の節約をしましょう。

メリット③エアコン本体の長持ち

エアコン本体を常にきれいに保つと、この家電の寿命を延ばすことができます。なんでも一緒で、キッチン用品も、車も、服も、常にきれいな状態だと、長年使用を続けることができます。

経済面を考えると、これもひとつの節約だと思います。エアコンをクリーニングし、新品の買い替え料金や修理代なども抑えることができます。

自分で掃除をする場合、エアコンのクリーニングの頻度は?

頻度

自分が持っているエアコン-MITSUBISHI 霧ヶ峰 MSZ-GV364-Wのクリーニング頻度はフィルター年2回で、内部までのクリーニングはプロの業者に頼みます、頻度は約3年1回です。

広くない家ですし、仕事と家事が忙しくて、それと自分は節約好きな性格で、そもそもエアコンつける回数が少ないですから、フィルターなどの一般清掃は一年に2回の頻度で自分で掃除をしています。

方法

写真を見てください、自分が持ってるエアコン-MITSUBISHI 霧ヶ峰 MSZ-GV364-Wのクリーニング方法について、順番で写真を撮りました。あくまでも自分のやり方ですが、参考になれると嬉しいです。

自分でのエアコンクリーニング

先ず左右から、パネルを開くと、ここでフィルターが見えます。

自分でのエアコンクリーニング

今回は一年掃除してなかったフィルターです。大変なことになっています、フィルター全体がホコリで目詰まりしていました。改めで感じたのは、やっぱりエアコンのクリーニングは油断しちゃいけないことですね。

自分でのエアコンクリーニング

フィルターの表面はまず手でホコリを取ります。なるべく手で取って、ゴミ箱に捨てます、そして水できれいに洗ってから干します。

自分でのエアコンクリーニング

自分でのエアコンクリーニング

自分でのエアコンクリーニング

次に、パネル全体を外し、写真でちょっと見つらいですが、このパネルは丸洗いができます。自分は水をつけたスポンジで軽く汚れを取るのがおすすめします。

業者に掃除を依頼する場合、エアコンのクリーニングの頻度は?

業者を選ぶ時のポイント

クリーニング前に全ての作業料金、税込みか税抜きか、はっきり明示している業者を選びます。賠償責任保険入ってるかどうかも確認して、賠償責任保険ありの業者を選びます。商品の買売と同じく、大事なポイントだと思います。

二つ目のポイントがクリーニング前に作業時間、手順、それとこのエアコンのクリーニングの必要性やクリーニングのメリットを説明できる業者を選びます。プロの業者であり、豊富な知識と経験の上、もちろんプロのわかりやすく説明方もできるべきだと思います。

最後、ネットを使って、業者の口コミを見てみます、この業者を信用できるかどうが、ネットでの口コミで、もう一度判断をしましょう。

頻度

自分は約3年に一回の頻度で業者を頼みます。もちろんこれには部屋の広さ、部屋の状態、エアコンの機種やエアコンを運転させる頻度が関係ありますが、プロの業者に話を聞くと、1年に1回が一番理想です。

プロの掃除はやっぱり違って、手やスプレーで届かないエアコン内部のフィンやファンまで、徹底的にクリーニングをしてくれますから、目安が1年に1回になると良いですね。

まとめ

エアコンのクリーニングについて、メリットしかないと思います。汚れたエアコンを使うと、アレルギーや病気など、体に良くない問題が発生します。それと高い電気代など、さまざまな問題があります。

エアコンのクリーニングをしっかりして、常に自分で掃除し、忘れずに業者のひとに頼み、徹底的なクリーニングをして、快適な毎日を過ごしましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20171227033221
Written By
KOU
台湾出身の24歳です。日本語はまだまだ勉強中です。よろしくお願いいたします。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事