冷蔵庫の温度は何度?温度の設定方法や冷蔵庫に温度計を使うメリットを解説!

目次

冷蔵庫の温度について

冷蔵庫の温度は、JIS規格で制定されています。

こちらのパナソニックの公式サイトにて

冷蔵庫の冷蔵室はJIS規格で、「室温が15~30℃において、冷蔵室内を0~10℃の範囲で調整ができ
ること」と定められています。

と書かれていることから各メーカーはこの温度の基準にしたがって冷蔵庫を製造していることがわかりますね。

JIS規格とは、日本工業規格の略称で、冷蔵庫の温度に関しては、冷蔵庫内の温度や扉の開閉回数等、細かく設定された上で、年間消費電力量を算出しています。それを踏まえて冷蔵庫の冷蔵室は

冷蔵庫の冷蔵室はJIS規格で、「室温が15~30℃において、冷蔵室内を0~10℃の範囲で調整ができ
ること」と定められています。

と定められていることになります。

また、食品を保存する冷蔵庫といっても生鮮食品といった生もの・傷みやすい野菜・乳製品・冷凍食品などそれぞれ食品によって保存温度が異なり、季節によって気温も変わるため、食品を長持ちさせるには冷蔵庫内の温度調節や設定の見直しをおススメします。

この記事では、冷蔵庫内の温度、季節によって冷蔵庫内の温度を調節するべきなのか?、電気代が安くなる冷蔵庫内の温度設定や温度調節、冷蔵庫での温度計や湿度計のメリット、などを書いていきたいと思います。

また冷蔵庫ではなく「冷凍庫」の温度についてはこちらの記事で解説しています。
冷凍庫の温度について探していた方はこちらの記事をみてみてください。

「冷蔵庫」の温度について知りたい方は以下を読んでくださいね!

冷蔵庫の庫内温度はどのくらい?適切な温度は?

冷蔵庫 温度

冷蔵庫の温度といってもメーカーによって様々な冷蔵庫があるため一丸には言えませんが、冷蔵庫に備え付けられている各ドアは冷蔵室・チルド室・野菜室・冷凍室・製氷室の5ドアタイプか6ドアタイプがほとんどで、メーカーによってはパーシャル室と呼ばれるものもついている場合があります。
冷蔵庫内の場所によっても温度がそれぞれ異なり、メーカーによっても設定温度が異なるので、まずは家の冷蔵庫がどのメーカーでどのくらいの温度なのかをお確かめになった上で、ご覧頂きたいとおもいます。

まず、冷蔵庫内のおおよその温度目安は次のようになっています。

  • 冷蔵室は約3℃~6℃
  • チルドは約0℃~2℃
  • 野菜室は約3℃~8℃
  • 冷凍室・製氷室は約ー20℃~-18℃
  • パーシャル室は約ー3℃~-1℃

温度目安は、外気温20℃~30℃でドアの開閉なし、またはドアを閉め安定した時の温度となっています。

JIS規格でも、冷蔵室は約4℃以下・冷凍室は約ー18℃以下と定められています。

また、冷蔵室内でも場所によって温度が変わり、ドアポケットだと扉の開閉に合わせて外気にふれるため冷えにくく、約6℃~9℃となります。
逆に冷蔵庫内の冷気の吹き出し口周辺は、冷えやすいです。

冷蔵庫の温度の設定方法は?

冷蔵庫や冷凍庫の温度調節は、冷蔵庫内にあるツマミやボタンで設定していきましょう。(冷蔵庫の機種によっては外に温度調節パネルがあります)ツマミやボタンには「弱」「中」「小」と記載がありますので、自身が設定したい場所へツマミをひねりましょう。

冷蔵庫のコントロールパネル例(画像は外付けの温度調節です)

冷蔵庫 コントロールパネル

冷蔵庫の温度は夏と冬で調節した方が良い?

冷蔵庫 温度

結果的に言うと、季節によって冷蔵室内の温度は調節した方がいいです。

冬は寒くなり室内の温度も下がるので、冷蔵庫内の温度を『弱』に。
逆に夏は気温が高く室内の温度も上がるので、冷蔵庫内の温度を『中』または『強』に。

これはもちろん室温によって冷蔵庫の温度に影響が出るからです。
ですが、冬は暖房、夏は冷房、とエアコンを使用する家がほとんどだと思いますので、室内の温度に合わせて冷蔵室内の温度を調節する事をおススメします。
また、冷蔵庫内の食品にもよりますので、冷蔵室内の温度を調節する場合は、どんな食品が入っているか確かめてから温度調整してください。

もちろん冬だからといって冷蔵庫にアイスを入れてしまってはいけません。

電気代をお得にする冷蔵庫の温度調節方法

冷蔵庫 温度

冷蔵庫の年間の電気代を知るための計算方法は以下になります。

冷蔵庫や取扱説明書に示されている年間消費電力×契約している料金プランの1kWhあたりの電力量単価=おおよその年間電気代

今の電気代を知ることで、今後、温度調節して節約した分との比較できるので是非やってみてください。

冷蔵庫の温度調節方法① 冷蔵庫内の温度調節

すぐにできるという観点では温度調節は冷蔵庫の電気代を減らす一番の節約になります。
冷蔵庫によっては『弱』『中』『強』のおおまかな温度調節しかできない冷蔵庫が多いので、冷蔵庫用の温度計を使用することをおススメします。

温度計で冷蔵室内の温度を測る場合、そのまま温度計を冷蔵庫に入れては意味がありません。扉の開閉により外気が流れ込み、温度計が外気にも反応し冷蔵庫内の温度は測定できません。

ですのでしっかりと測るためには、冷蔵庫内中段の中央に約100mlの水を入れたコップを一晩入れて置き、そのコップに温度計を3時間ほど浸しておくと、外気に反応せず冷蔵庫内の温度を測る事ができます。

また温度計を使用してみても冷蔵庫の温度がちゃんと下がらない時はこちらの記事を参考にしてみてくださいね!

冷蔵庫の温度調節方法② 食品を詰め込み過ぎない

いくら冷蔵庫内の温度が約3℃~6℃に設定されていても、食品を隙間なく詰め込んだら冷気の通り道がなくなり循環されなくなります。

家族の人数、冷蔵庫の大きさ、お買い得商品で買い過ぎた、といった事で冷蔵室内がパンパンに、なんてこともあると思います。
なるべく少しでも食品の間に隙間をつくることで、冷気が冷蔵庫内に流れるので均一に冷やされて電気代を抑える事ができます。

冷蔵庫用のタッパーやトレイを使うと良いですよ!

冷蔵庫の温度調節方法③冷蔵庫が古い

そもそも冷蔵庫が古くて温度調節が壊れている、もっといい冷蔵庫が欲しい、、、
などの場合は新しく冷蔵庫を購入するのもありです。

古い冷蔵庫と最新の冷蔵庫とでは年間消費電力が違い、4人家族向けサイズの500リットル前後で古い冷蔵庫は約680kWhに対し、最新の冷蔵庫は同じ4人家族向けの500リットル前後で約180kWhとなっています。

ですので、最新の冷蔵庫に買い替えて温度調節などの節約をすることで今の電気代よりもだいぶ安くなるので、年間消費電力を確かめて古い冷蔵庫の人は買い替える事をおススメします。

冷蔵庫の温度調節方法④扉の開閉回数や時間を減らす

冷蔵庫の節約となれば絶対言われることなんですが、意識してもなかなかできていない事が多いでしょう。
ちゃんとしている!って人も多いと思いますが、人それぞれ開閉回数もドアを開けている時間も異なるので、今の自分の扉の開閉回数と冷蔵庫の開けている時間を意識して、なるべく少なくしていく事を心がけると良いでしょう。

冷蔵庫の温度調節方法⑤冷蔵庫は壁から離し、物を置いたり貼ったりしない

冷蔵庫は壁からちょっと離して置く。と言われる事があっても、何センチくらい隙間あけてね。とは正確には言われないですよね。

冷蔵庫は『放射板』と言うものが取り付けられていて、食品を冷ます際に出る熱を逃がす役割をしています。ですが、冷蔵庫と壁が密着していたら熱を逃がすことは出来なくなり、冷蔵庫の稼働効率が下がり無駄に電力を消費することになります。なので、出来る範囲、冷蔵庫は壁から離しましょう。

ですが、最新の冷蔵庫は放射板が冷蔵庫の上部や側面に取り付けられているので背面は多少密着していても大丈夫そうです。
その分、冷蔵庫の上部や側面はなるべく隙間をあけるようにしなければいけません。

冷蔵庫と壁の隙間は、側面で約0.5~2cmで上部は約5~30cmくらいと言われています。

あまり壁に密着している冷蔵庫は少ないと思います。ですが、ちゃんと冷蔵庫と壁や食器棚、ラックなどから離している。という人も一度見直してみましょう。

冷蔵庫に温度計や湿度計を使うメリットは?

冷蔵庫 温度

先ほどちらっと冷蔵庫の温度計について触れましたが、本当にメリットはあるのでしょうか?
冷蔵庫に温度計を使うメリットやデメリットを先ほど解説しきれなかった分、丁寧に考察してみたいと思います。

冷蔵庫に温度計や湿度計を使うメリット① 冷蔵庫の温度を知れる

冷蔵庫の節約方法として『冷蔵庫の温度を調節する事』が一番の方法となりますが、冷蔵庫によってはセンサーで温度を表示してくれるものや細かく冷蔵庫の温度調節ができるものがある反面、『弱』『中』『強』の大まかな温度調整しかできない冷蔵庫も数多くあります。

冷蔵室内の温度がわかる冷蔵庫なら温度計や湿度計は必要ないですが、多くあるのは大まかな温度調節のみの冷蔵庫だと思います。
ですので、そういった冷蔵庫で冷蔵室内の温度を知りたい場合に冷蔵庫用の温度計や湿度計が役に立ちます。

冷蔵庫に温度計や湿度計を使うメリット② 冷蔵庫の故障がわかる

冷蔵庫は使えなくなるまで使う人がほとんどで、温度設定が細かく調節できない冷蔵庫が多いと思います。

いつも通りに冷蔵庫を開けてみたら、なんか温い?冷えてない?と思った事があると思いますが、そういった時に温度計や湿度計が役に立ちます。
故障かな?と感じた時は、温度計を使って冷蔵庫内の温度を測ってみるとちゃんとした冷蔵庫の温度が知れるので温度計や湿度計を使うことをおススメします。

冷蔵庫に温度計や湿度計を使うメリット③邪魔にならない

冷蔵庫用の温度計と聞くと、まず業務用?とか思ってしまうのですが、今は様々な温度計が発売しており、小型なものやマグネット式などがあります。温度も見やすくなっているのが多いので、冷蔵庫内に入れていても邪魔にはならず、使い勝手がいいので使用してみて下さい。

冷蔵庫の温度をしっかり知って節電しましょう!

冷蔵庫内それぞれの温度や冷蔵庫の節約方法、温度計や湿度計のメリット等書いていきましたが全部に共通し重要なのは『温度』でした。

温度を知る事で節約ができ、冷蔵庫の故障も気づくことができるので、毎日じゃなくとも温度計や湿度計を使って、なるべく意識して温度を把握することを心がけたいですね。
冷蔵庫に限らずですが、年間消費電力をチェックすることも大事なことで、年間消費電力をしっかり把握することでいろんな家電も節約できそうです。

関連リンク

文中にも出てきましたが、冷蔵庫の温度がどうしても下がらない場合はこちらの記事を参考にしてみてくださいね!

また冷凍庫の温度についてはこちらの記事で解説しています。合わせて気になった方はこちらもみてみてくださいね!

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

更新履歴

更新日時更新内容
2018/04/16関連リンクの追加、冷蔵庫の温度の設定方法や冷蔵庫の中身を整頓する方法についてなどを追記
2018/09/12冷蔵庫の温度の設定方法について追記

この記事を書いた人

Small 20e79f82 0430 47e7 9539 2ea40e12659b
Written By
x. Cheyon
皆様の検討・比較に役に立ってもらえる様な記事執筆を心掛けています。
色々な記事を執筆させて頂いています。皆様にとって「知りたかった事!」「知っていてタメになった!」と思ってもらえるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事