スチームクリーナーでフローリングは痛む?ダメージを与えない方法

この記事を執筆するにあたって

我が家には小学生の子供が二人。食べこぼしはそろそろなくなる・・・かと思いきや、まだまだ飲みものをこぼしたりお菓子の食べかすをこぼしたりして、リビングのフローリングは気が付くと汚れています。そこで我が家もスチームクリーナーの購入を考えましたが「ワックスが剥げる」という夫の反対意見で保留中。本当にスチームクリーナーを使うとワックスは剥げてしまうのでしょうか?購入前に使用者の声やメーカーのHPをなどを調べてみました。

Written By mutu mama

目次

フローリングにスチームクリーナー

フローリングはホコリや食べこぼしだけでなく、足裏の皮脂などで思っている以上に汚れています。
ホコリや食べこぼしは掃除機で吸う事が出来ても、べとついた汚れはそれだけでは落ちません。
だからといってフローリングワイパーでは若干力不足、雑巾で力を入れてゴシゴシ拭くのも身体に負担のかかる大変な作業です。

スチームクリーナーはそんな頑固な汚れも蒸気の力で浮かせて簡単に落とすことが出来る優れもの。
使用前に比べてフローリングが見違えるように綺麗に、そしてスベスベになるので、汚れがしっかりと落ちたことが実感できます。
さらに熱の力で除菌も出来てしまうので、まだハイハイ時期の赤ちゃんがいるご家庭や、ペットのダニが気になるご家庭でも大人気の家電です。

でも、スチームクリーナーでフローリングのワックスが剥げてしまうという話を耳にしたことはありませんか?

実際に使用者のレビューにもそのような意見が数件見受けられます。

メーカーのHPにはきちんとフローリングに対応している記載もありますし、レビューの中には問題なくフローリングで使用できたという声もあるのに、なぜ一部の人にはそのような現象が起きてしまったのでしょう。

もしかしたらそれ、スチームクリーナー以外のところにも原因があるかもしれません。

今回はそんなスチームクリーナーでフローリングのワックスが剥げる原因を徹底的に追及していきましょう。

フローリングにスチームクリーナーを使う時の注意点は?

スチームクリーナー フローリング

注意点① 床材をチェック

合板のフローリングは殆どのものがスチームクリーナーを使用しても問題ありませんが、無垢材の一部は床材状態が悪いとスチームクリーナーの蒸気によって反り返ってしまったり、変色してしまう場合があります。
無垢材の種類は主に・・・

-広葉樹・・・オーク、ブナ、ウォールナット、チーク、メイプル

-針葉樹・・・カマツ、カラマツ、ヒノキやスギ、パイン

等があげられ、硬い広葉樹はスチームクリーナーを使用できますが、柔らかい針葉樹系のものは不向きと判断できます。
ただし、これはあくまでも床材の管理状態が悪い場合に無垢材だととくに傷みやすいという事であって、樹脂ワックスの密着状態も良く、日頃からきちんとメンテナンスを行っていれば、スチームクリーナーを使用しても問題ない事が多いようです。

ご自宅のフローリングにどの床材を使用しているかわからない場合は、ハウスメーカーや施工会社に一度問い合わせてみると良いですよ。

また、どうして床材の種類がわからなかったり、スチームクリーナを使用をしていいか判断出来ない時は、目立たない場所で少しだけ使用してみたり、熱く蒸したタオルで拭いてみるなどして様子を見ましょう。

注意点② アタッチメントは必ずフローリング用のものを使う

どのメーカーのスチームクリーナーも、フローリングに使用する場合は専用パットや専用モップを使用するものが殆どです。
使用する際は取扱説明書を良く確認して、フローリング掃除に合ったものを選びましょう。 油汚れを落としたい場合はダイレクトに噴射してもOKですが、床材の状態を良く見てから行ってください。

注意点③ 火傷には要注意

スチームクリーナーは高温のスチームが出るため、火傷には十分に注意してください。とくに小さなお子様がいる場所での使用は大事故につながってしまう恐れがあります。できるだけお子様がいない場所や時間帯を選んで行いましょう。

参考サイト:ケルヒャー公式HP

フローリングのスチームクリーナーを使った掃除方法!

スチームクリーナー フローリング

方法① 全体的に綺麗にしたい場合

まずは掃除機で床のゴミを取り除きます。次に乾いたぞうきんや、フローリングワイパーで軽く拭き掃除。ゴミを取り除けたら、スチームクリーナーのタンクに水を入れ、専用パットをつけた状態で一か所につき数秒~数十秒かけてスライドするように動かします。※ゴシゴシこすらないようにしましょう!
一度やったところを重複して行わないように、お部屋の端から順番に行っていきます。

方法② 油汚れなどしつこい汚れの場合

長年こびりついた汚れを落とす場合はノズルから直接スチームを噴射して汚れを浮かせます。
ノズルを板目に沿って動かし、スチームを噴射後すぐに乾拭きで水気をふき取ります。
ただし、この方法はワックスが密着不良を起こしていると剥離してしまうおそれもありますので、自己責任で行ってください。

スチームクリーナーでフローリングのワックスが取れる原因は?対処法は?

原因① ワックスの劣化

実は最近のワックスはスチームクリーナーをかけてしまったくらいで剥げるようなことは殆どありません。
また、フローロングのコート剤は樹脂ワックスの他にもウレタン塗料が登場し、こちらは格段に耐久性が良くなっています。

参考元:ウレタン塗料とワックスの違い-株式会社オカベ

この様なことから、もしスチームクリーナでワックスが剥げる事あるとすれば塗られたワックスが古い物であったり、汚れなどで劣化している、もしくは床材としっかり密着していない事が考えられます。
とくにご自分で塗った場合は業者が塗るよりもどうしても綺麗に塗れていない場合が多く密着不良になりやすいです。また、床材とワックスの相性もあり、適合していないワックスを塗ったことにより密着性能が落ちている場合もあります。そういった状態のままスチームクリーナーを使ってしまうと、環クスが簡単に剥げてしまったり、変色が起こってしまいます。

参考元:近年のフローリングに発生する メンテナンス上のトラブルについて - 床-株式会社リンレイ

コーティング剤の種類が耐水性に影響-スチームファースト公式HP

原因② 長時間スチームをあてすぎている

もうひとつの原因はスチームクリーナーの使い方によるものです。
いくらフローリングの汚れが気になるからといって、スチームクリーナーを同じところをに集中的にかけてはいませんか?
過剰にスチームをあてすぎてしまうと、それだけワックスが剥げやすくなる原因になります。

対処法① 一か所は数秒~数十秒程度にする

一か所にかける時間は数秒~数十秒程度にとどめましょう。また、部屋の端から順番に行っていくと、スチームクリーナーをかけた場所けてない場所とかけた場所がわかりやすいのでおすすめです。

対処法② ワックスを塗りなおしてしまう

もしスチームクリーナーでワックスが剥げてしまったら、思い切って塗りなおしてしまうのも手です。
とくに何十年も前にワックスを塗ったきりの場合は、新しいワックスの方が耐久性も仕上がりも大きく性能がアップしていますので、塗り直しを行えば今よりもグッと持ちが良くなりますよ。

  
今後もスチームクリーナを使用する事をお考えでしたら、ご自分で行うよりもフロアクリーニング業者などに頼んだ方が密着不良のリスクも少なくなります。一般では売られていないような高品質のコート剤も選べ、10年~20の保証がついている業者もあります。塗布前にしっかりとクリーングしてくれますので、まさにフローリングが蘇ったように綺麗になります。

価格は1帖1000円~とリーズナブルなお値段で行ってくれるところや、6帖で1万前後の業者が多いようです。

参考元:ハートフルコートダスキンおそうじ本舗

スチームクリーナーを正しく使ってフローリングをより美しく!

いかがでしたか?フローリングのワックスが剥離してしまうのはスチームクリーナーが原因とおもっていましたが、実はポイントはワックスの状態にある事がおわかりいただけたかと思います。

スチームクリーナー自体は取扱説明書通りに正しく使用すれば、よほど事がない限り床材を傷める事はありません。
掃除も除菌もできてしまうとても良い家電ですので、その効果を実感するためにも床材の日頃のメンテナンスもしっかりと行っていきたいですね。

関連リンク

またこちらの記事ではスチームクリーナーをフローリングではなくカーペットや絨毯へかける際の注意点などについて解説しています。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 17dd953f 8c8b 4e6c af2c b2da16f31f8d
Written By
mutu mama
小学生の子供を二人持つ主婦です。
2017年下旬からライターとして参加させていただいてます。 主婦目線・母親目線にたった生活感のある記事を書くように心がけています。 実際に使用している家電や、お手入れ方法などの生地はなるべく沢山の画像を付けてわかりやすくお伝えしていきます!

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事