インクジェットプリンターとレーザープリンタの違いを徹底比較!

目次

はじめに

今や会社に限らず家庭でもプリンターを使用している人も多く、欠かせない製品の一つになっていると思いますが、プリンターには、『インクジェットプリンター』と『レーザープリンター』の2種類あります。

自宅や会社などで年賀状やハガキ・書類や写真などを印刷する場合に使用すると思います。

インクジェットプリンターとレーザープリンターの名前は知っていてもあまり違いは知らない、どっちを購入するべきか迷っている、という人も居るかとおもいますので、この記事では、インクジェットプリンターとレーザープリンターの主な特徴とインクジェットプリンターとレーザープリンターの違いをご紹介します。

今後、購入される人や比較・検討の際のご参考にしていただけたらと思います。

インクジェットプリンターについて

印刷頻度が少なめ向き

インクジェットプリンターは、家庭で使われている場合が多く、プリンターもインクも比較的安く購入できるようになっています。

また、インクジェットプリンターの製造元は、エプソン、キャノン、ブラザー、hp、リコー、となっています。圧力や熱でインクを微粒子に変え、用紙に直接インクを噴きつけて印刷をするのがインクジェットプリンターです。

色味の再現性が高いため、写真印刷に適しています。ただ、専用紙でないとインクが滲んでしまい綺麗に印刷できない事もあります。

レーザープリンターについて

大量印刷向き

レーザープリンターは、会社などで使われている場合が多く、容量が大きいプリンターも数多く発売されています。

ですので、インクジェットプリンターよりも価格が高くなっています。また、レーザープリンターの製造元は、キヤノン、ブラザー、リコー、ゼロックス、京セラ、他、となっています。

コンピューターから送られた印刷イメージデータを感光体と言われるドラムにレーザーを照らしあててトナーと呼ばれるインクを噴きつけ、熱でトナーを溶かして用紙に押し当てて定着させることで印刷するのがレーザープリンターです。

ですので、色が滲みにくく普通用紙に印刷をすることもできます。

また、トナーの定着性が高いため、書類などが長持ちします。大量に印刷する場合はレーザープリンターの方が割安となっており、印刷コストも抑える事ができます。

インクジェットプリンターとレーザープリンターの違い

プリンター インクジェット レーザー

違い① 色味の再現性とコストパフォーマンス

レーザープリンターは、カラーが絵の具の三原色と言われる青緑(シアン)・赤紫(マゼンダ)・黄色(イエロー)と黒の4色だけですが、綺麗に印刷をしてくれるものの色味の再現性はインクジェットプリンターより劣ります。

一方で、インクジェットプリンターは、レーザープリンターと同じく絵の具の三原色の青緑(シアン)・赤紫(マゼンダ)・黄色(イエロー)と黒に加えて、ライトシアンとライトマゼンダやグレーなど多色で6色インクなどが多く発売されています。

ですので、色の再現性が高く鮮やかな仕上がりで印刷をしてくれます。ですが会社など頻繁に使う場合、コストパフォーマンス面ではレーザープリンターの方が良いです。

ですが、家庭で使用するならインクジェットプリンターの方がコストパフォーマンスが良いです。トナーの価格は高いですが容量が大きいためトナーの交換は頻繁にしなくてもいいようになっています。

メーカーや機種・トナー容量にもよるので一概には言えませんが、レーザープリンターの場合約3000枚~5000枚となっています。中には、約1000枚・2000枚と低いものや約1万枚と大容量タイプもあり、大量印刷ができるため会社などで頻繁に使用するならばレーザープリンターが良いでしょうね。

ですが、インクジェットプリンターは、インクの価格はレーザープリンターと比べてだいぶ安く購入できますが、インクの減りが速く、インクもノズルなどに詰ってしまうことがあるため、家庭での使用ならばインクジェットプリンターが良いと言えます。

最近では、大容量タイプのインクが発売されて、大容量インクを搭載できるインクジェットプリンターも発売されているので使用用途によって購入することをおススメします。

違い① 印刷スピードと省エネ

一般的には、インクジェットプリンターよりもレーザープリンターの方が印刷速度が速いです。

インクジェットプリンターは印刷するまでのスピードは速いものの、印刷には時間がかかってしまいます。レーザープリンターは価格が高いものの、印刷スピードは速いです。

インクジェットプリンターが約100枚を1時間かけて印刷したとしても、レーザープリンターなら約100枚を数分で印刷ができてしまいます。

ですが最近では、レーザープリンターよりも印刷スピードが速いインクジェットプリンターも発売されていますので、レーザープリンターとインクジェットプリンターだとこっちの方が良いよ!とは言えなくなってきています。
省エネに関してですが、レーザープリンターは熱でトナーを溶かして用紙に印刷するため、熱を作り出す時に大きな電力が必要になります。

ですので、消費電力はレーザープリンターの方が高く、インクジェットプリンターの方が圧倒的に低いので、家庭で使用になる場合はインクジェットプリンターとレーザープリンターの消費電力もしっかりと把握することをおススメします。

まとめ

プリンター インクジェット レーザー

インクジェットプリンターとレーザープリンターのそれぞれの特徴とインクジェットプリンターとレーザープリントの違いを書いていきましたが、色味が良くカラーで印刷する場合はインクジェットプリンターで、モノクロで大量印刷をする場合はレーザープリンター、という事が分かりました。

レーザープリンターでもカラー印刷はできますが、色味の再現性はインクジェットプリンターより劣るためモノクロ印刷に適しています。消耗品などのコストパフォーマンスの面では、レーザープリンターとインクジェットプリンターではどちらがの方が安いとは言えません。 ですので、使用頻度や場合によって決める事をおススメします。

家庭用のレーザープリンターや会社などでインクジェットプリンターを使用している場合もあると思いますが、基本的にはカラー印刷であまり使う事がなく時期によって使用頻度が異なる家庭ではインクジェットプリンターが多く、カラー印刷も使うが比較的モノクロ印刷の方が多く頻繁に印刷する会社などではレーザープリンターが多い、という事ですね。

消費電力や印刷コストなどそれぞれメリット・デメリットがありますが、違いを知ることにより、どっちのプリンターにするべきか決める事ができますね。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20e79f82 0430 47e7 9539 2ea40e12659b
Written By
x. Cheyon
皆様の検討・比較に役に立ってもらえる様な記事執筆を心掛けています。
色々な記事を執筆させて頂いています。皆様にとって「知りたかった事!」「知っていてタメになった!」と思ってもらえるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。

おすすめの記事

スポンサー

この記事に似ている記事