テレビの壁掛け工事にかかる費用と時間について徹底解説!

目次

はじめに

ここ十年で大きく様変わりした家電類は多いですが、テレビもその一つではないでしょうか?昔はブラウン管が大きく存在感を放っていましたが、今のテレビは薄型で置き場所も選ばないようになりました。

薄型テレビになったことで、やはりリビングでやってみたいのが【壁掛けテレビ】。リビングが一気にスタイリッシュになって、ワンランク上のラグジュアリーな雰囲気になりますよね。

憧れの壁掛けテレビ、メリット、デメリットはどんなことがあるのでしょうか?また、お金は?時間は?壁掛けテレビに関することがまとめて知っていきましょう

しっかり知って、インテリアにもなるおしゃれでカッコ良い壁掛けテレビ生活を手に入れましょう。

テレビ 壁掛け 工事 費用

テレビの壁掛け工事を業者に頼むメリット・デメリット

まずどのようにテレビを壁掛けにできるでしょうか?もちろん自分でDIYのようにコツコツやることも可能ですが、1日でもテレビが観られないと結構困ってしまいますよね。

そこで、正確で間違いない業者に頼む方法が挙げられますが、どんなメリット、デメリットが挙げられるでしょうか?

業者に頼むメリット①:器具も探す必要なし

薄型テレビと一言で言っても、様々なメーカーのものがあります。同じ日本メーカーでもSONYのBRAVIAと、PanasonicのVIERAでは、見た目は同じようでも、壁掛けに必要な器具が違ってきます。

Amazonなどでも簡単に購入できる壁掛け用器具ですが、やはり専門家ではないため、間違ったものを購入してしまって、設置しようとしたら上手くハマらないなんて言う悲劇が業者ではなく、安心して、間違いなくその日のうちに設置が可能です。

業者に頼むメリット➁:客観的に見られる、失敗がない

自分で設置していると、没頭してしまうあまり、設置し終わったら、いつも座っているところからテレビが見えづらい位置になってしまったなど失敗してしまうことも、

壁に打ち付けるので何度もやり直しができないだけに、客観的視点で観られると言う意味で、他人(業者)にお願いするメリットはあります。

業者に頼むメリット③:配線などもお願いできる(場合が多い)

家電の接続などが苦手な人だと、今はHDMIケーブル一本など遥かに楽にはなりましたが、レコーダーやゲーム機などとの接続が大変と言う人もいると思います、業者お願いできれば、壁掛け設置と同時に上手くコードを収納して接続してくれるでしょう。

せっかく壁掛けテレビにしてスマートにしたのに、前面にコードがたくさん絡まっていたのでは台無しですからね。

テレビ 壁掛け 工事 費用

業者に頼むデメリット①:費用がかさむ

前述したとおり、自分で頑張ればできなくはないテレビ壁掛け作業。詳細は下記に後述しますが、やはり自分でやるのに比べて費用がかかるのは事実です。

薄型の最新型テレビを手に入れて、節約しないとと思っている時に、更なる出費は痛手ではないですよね。

業者に頼むデメリット➁:模様替えができない

ただ、置いてあるだけの従来の置き方に比べて、壁掛けの場合は、完全に固定してしまうので、簡単にテレビの場所を移して部屋の模様替えというのができません。

模様替えのためにまた業者を呼ぶのも大変ですし、お金もかかる。簡単にテレビの位置替えの模様替えができないので、初めの設置の時に慎重に決める必要があります。

業者に頼むデメリット③:他人を家にあげる抵抗感

もちろん安心な業者がほとんどですが、いつも友達が遊びに来るようなリビングの設置ならともなく、一人暮らしなどだと他人を部屋にあげるのは抵抗がある人の多いのではないでしょうか?

もちろんある程度、部屋の片付けもしておかないといけませんし、テレビ壁掛け作業以外の時間がかかってしまいます。

テレビ 壁掛け 工事 費用

工事にかかる費用は金具込みでどれくらい?

では、実際に業者にテレビの壁掛けをお願いする場合、いくらくらいお金はかかるものなのでしょうか?

テレビのインチ数、壁掛け種類、壁の種類によって変わる

まず壁掛けを予定しているテレビのインチ数によって費用は当然変わってきます。32インチより倍近いサイズがある60インチの方設置が大変ですから工賃もかかりますよね。

また、壁掛けと一言で言っても、完全固定タイプ、左右、上下が可動できるもの、もしくはその両方可能などタイプによっても費用差が変わります。

更に壁のタイプがコンクリートの打ち付けタイプと、石膏ボードなどで補強工事が必要などでも費用差が出てきます。

そのため、一概には言えませんが、だいたいの相場として、

40インチ以下=40000円前後

50インチ以下=50000円前後

60インチ以上=60000円前後

くらいを見ておくと良いでしょう。だいたい費用は1インチ1000円計算すね。

そのため、業者にオーダーする前に、完全固定にするか、稼働できるようにするかくらいは視聴シミュレーションをしておいて決めておきましょう。

何社か見積もりを取るのがベター

壁掛け作業費用は、別に法律で定価が決まっているようなものではないので、相場があってないようなものです。一番良いのは知り合いや親戚などに業者の人がいないかと言うことになります。そうすると、上記の相場より半値くらいでやってくれる場合もあります。

正直、金具だけなら10000円もしないものなので、材料の費用はそこまでかかりませんから。

しかし、なかなか知り合いの業者がいる場合は少ないと思いますので、ホームページなどで何社かに問い合わせて、かかる費用を査定することをおすすめします。この時に、メール等で質問してもレスポンスが遅い業者は、あまりおすすめできないので注意が必要です。

テレビ 壁掛け 工事 費用

工事にかかる時間はどれくらい?

では、業者にお願いするという事は、その時間内はもちろん家にいなくてはいけないですし、どれくらいで設置工事は終わるのでしょうか?

事前にしっかり確認要!

前項の壁の種類でも述べたように、テレビの壁掛けに耐えられるよう耐震工事が必要な壁の場合のあります。そうなると、当然工事時間は伸びますので、事前に見積もりをもらってしっかり確認するようにしましょう。

だいたい2時間前後

テレビの壁掛け作業自体だけなら、1時間もあれば終わってしまうと思います。プラスでレコーダーなどの接続などトータルで入れても2時間も見ておけば大丈夫でしょう。これに耐震工事が加われば、プラスで1~2時間かかる計算くらいになります。

テレビ 壁掛け 工事 費用

テレビを壁掛けにしてよかったこと・悪かったこと

よかったこと①:耐震補強となる、安全

壁に固定してしまいますので、ちょっとした地震などでは転倒の危険性も少なく、安全に耐震補強ができる形となるでしょう。

よかったこと➁:掃除が楽!

どうしても置いておくテレビだと、裏側などはホコリの巣になってしまうものです。しかし、壁掛けテレビなら、隙間ができないので、簡単に掃除も可能。常にテレビ回りも清潔な状態を保つことができます。

よかったこと③:スマートでカッコ良い

やはり最大のよかったことは、コレではないでしょうか?まるでモデルルームのようなカッコよくおしゃれな部屋に変身すること、

テレビはやはり存在感があるので、テレビだけをスタイリッシュスタイルにするだけで、部屋の印象が一変します。

悪かったこと①:場所を選ぶ

業者にお願いするデメリットでも述べましたが、コンセントの位置などもあり、設置場所はある程度決まってしまうのはちょっと残念なところです。

悪かったこと➁:落下の危険性がゼロではない

基本的には安全な壁掛けテレビですが、大震災などの大きな揺れの場合、万一の落下の危険性もゼロではありません。その場合は、普通に置いてあるだけより危険度が増してしまいます。

悪かったこと①:規格変更への対応が大変な場合も

ビデオコード(赤、白、黄のコード)からhdmiコードに変わったように、今度コード端子などが規格変更になった際に、壁の内部にコード類を収納してしまうので、簡単に対応できません

テレビ 壁掛け 工事 費用

まとめ

いかがでしたでしょうか?費用がかかっても、やっぱりスタイリッシュな壁掛けテレビは憧れちゃいますよね。大型テレビを購入したら絶対にやろうなんて思っている人も多いのではないでしょうか?

魅力が多い壁掛けテレビですが、デメリットもゼロではないので、それらもしっかり理解した上で、納得した形で壁掛けテレビにチャレンジしましょう!

やはり、壁掛けテレビで見る映画やスポーツ中継は、気持ちが一段と高まりますよ!

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 4ce2400c 9694 4203 b90b 2302af60ea53
Written By
yt_united yt-united
サッカーとケツメイシ好きのアラフォーです
こんにちは! サッカーとケツメイシをこよなく愛するアラフォーです。 最近、腰が痛くて老化を感じる日々であります。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事