温水洗浄便座(ウォシュレット)の選び方!「瞬間式と貯水式」はどう違う?

目次

温水洗浄便座の選び方について解説します

温水洗浄便座は、座る部分の暖めだけでなく、お尻の洗浄機能が付いた便座のことです。ウォシュレットとも言われていますが、ウォシュレットはTOTOが販売している温水洗浄便座の商品名ですので、正式には温水洗浄便座になります。温水洗浄便座には、水をタンクに溜めて温めておく「貯水式」と、使用する時に瞬間的にお湯をつくる「瞬間式」の2種類があります。貯水式にするべきか瞬間式にするべきか迷う、あるいは、貯水式とか瞬間式と2種類もあったの?って人も居るかと思います。ですのでこの記事では、貯水式と瞬間式それぞれの特徴や貯水式と瞬間式の違い、温水洗浄便座の選び方のポイントを分かりやすいようにご紹介したいと思います。

温水 洗浄 便座 瞬間 式 選び方

瞬間式の温水洗浄便座(ウォシュレット)

コンパクトかつ湯切れなし

瞬間式とは、本体に温水を貯めておくタンクが無く、使用する時に瞬間的にヒーターで水を温めてお湯を作り出すタイプの温水洗浄便座(ウォシュレット)となっています。使用する時だけ瞬間的にお湯を作るため、常にお湯を保温しておく必要がありません。

ですので、電気代が安くなり、タンクが要らない分、本体もコンパクトに作られています。

また貯水式のように湯切れを起こす心配も無く水になっている、という事もない温水洗浄便座(ウォシュレット)になります。  
また、除菌・脱臭・自動開閉・自動洗浄などの多機能なモデルの温水洗浄便座(ウォシュレット)が多く、瞬間式は上位モデルで多く採用されて発売しています。

ですので、多機能かつ電気代も安くなるものの、温水洗浄便座(ウォシュレット)の本体価格は高めになっています。  
また、瞬間式は使用する時だけヒーターで瞬間的に水を温めているだけなので、塩素が失われて雑菌が繁殖することはありません。

貯水式の温水洗浄便座(ウォシュレット)

タンクの中の水を常に保温

洗浄するためにタンクのなかに水を貯めておき、その水をヒーターを使用して温めることで、温水を作り出しすのが貯水式の温水洗浄便座(ウォシュレット)です。

ただ、常にタンクの中の水を温めてお湯を作っておく必要があるため、どうしても電気代が高くなってしまいます。

また、たくさんお湯を使用するとタンクのお湯が湯切れを起こしてしまい水が出ることもあります。

また、お湯を使いたい場合はタンクの中の水が温まるのを待たないといけません。

それに、瞬間式の温水洗浄便座(ウォシュレット)とは違い、貯水式だと貯めた水を保温し続けることになるので、その分塩素が失われて雑菌が繁殖してしまいます。

ですので、衛生面での細菌感染など危険性があります。ですが、貯水式は瞬間式よりも、本体価格が安くなっておりエントリーモデルでは多く発売されています。ですので、性能の有無にもよりますがおおよそ1万円代での購入が可能となっています。

貯水式と温水式の温水洗浄便座(ウォシュレット)の違い

温水 洗浄 便座 瞬間 式 選び方

内蔵タンクの有無

貯水式の温水洗浄便座(ウォシュレット)は、内蔵されているタンクに水を貯めておきヒーターで温めて保温するタイプで、瞬間式は、内蔵タンクが無く、使用する時に瞬間的に水を温めるタイプです。

ですので瞬間式はタンクが無い分、本体がコンパクトになっています。また、貯水式はタンクの中に水を貯めているのでタンク内のお湯が無くなると、湯切れが起こり水が出ることもあります。

瞬間式の方は、使用する時にお湯を作るため、湯切れを起こすことはありません。また、使用するときの水の量にも違いがあります。

貯水式の方は、タンク内に水を貯めて常にヒーターで温められているので、使用する時の量が多く使用する事ができます。一方で、瞬間式は、使用する時に水を温めているので、温められる水の量に限りがあります。

年間の電気代

貯水式の温水洗浄便座(ウォシュレット)の年間消費電力量は、電気代にすると機種にもよりますが年間約5000円~6000円ほどの電気代がかかることになり、瞬間式の温水洗浄便座(ウォシュレット)の年間消費電力量は、電気代にするとこちらも機種によりますが年間約2000円~3000円ほどの電気代となっています。

貯水式と瞬間式を比較してみると、貯水式は常にタンクの中の水を温めていますので、電気代も瞬間式と比べて年間約3000円ほど高くなっており、貯水式は瞬間式の約3倍もの電気を使用しています。

ですが、どちらも節電機能を使用した場合は、電気代が約1000円ほど安くなることもあります。また、消費電力にも違いがあり、瞬間式は使う分だけ温めるので、使用しているときは大きな電力を消費しますが、それ以外の時は電力を消費しません。ですが、使用する時は大きな電力を消費するので、消費電力はだいたい1200W前後と高くなっています。

貯水式の場合は、タンクの中の水を常に保温しておく必要があるので、常に電力を消費しています。ですが、消費電力は瞬間式よりも低く、だいたい800W前後となっています。

温水洗浄便座を選ぶ時のポイント

温水 洗浄 便座 瞬間 式 選び方

購入前の確認

便器のサイズにあわせることやトイレ内にコンセントと止水弁があることを確認する必要があります。電源コンセントは、便座や水を温めるのに必要になりますし、止水弁は取り付けの過程でタンクに流れる水を一時的に止めるために必要です。また、簡単な工具で水を止められるタイプであることも必要となっています。また、便座といっても様々な種類がり、便座開口部の大きさの違いも2種類に分けられています。大型サイズと標準サイズの2種類があります。大型サイズでは縦の長さが360~380mm、標準サイズでは320~340mmとなっています。そのため、家庭で使用している便器に適合したサイズの温水洗浄便座を選ばなければなりません。ですが、最近の温水洗浄便座は、大型・標準兼用となっているものが増えていますので、しっかりと購入前に確認することが大事になっています。

参考元:価格.コム

温水洗浄便座(ウォシュレット)の使用頻度

貯水式と瞬間式では電気代・消費電力が異なり、簡単に言えば、電気代を抑えたいなら瞬間式で、消費電力が低いものがいいなら貯水式、となるのですが、ご家庭での温水洗浄便座(ウォシュレット)の使用頻度によっては貯水式と瞬間式とで年間の電気代が変わるため、一丸に貯水式ならこの値段で、瞬間式ならこの値段、とは言えません。ですので、あまりウォシュレットを使わない人は、本体価格は高いですが電気代の事を踏まえて瞬間式
が良いかと思いますが、頻繁に温水洗浄便座(ウォシュレット)を使用する人は、貯水式・瞬間式それぞれのメリット・デメリットを把握してからの購入をおススメします。

まとめ

温水洗浄便座の『貯水式』と『瞬間式』の主な特徴と、貯水式と瞬間式の違いや温水洗浄便座を選ぶ際のポイントを書いていきましたが、電気代は貯水式の方が高く、消費電力は瞬間式の方が高い事がわかりました。消費電力は瞬間式の方が高いのですが、貯水式と瞬間式だと瞬間式の方が圧倒的にメリットが多く、貯水式のメリットは低価格で買える事ぐらいです。購入するとなると、価格は貯水式だけど、機能では瞬間式、と迷うと思います。ですので、家庭での使用頻度・電気代、などをしっかりと把握して、購入する際は分かりやすい所に貯水式か瞬間式か書いていると思うので、注目して検討してみて下さい。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20e79f82 0430 47e7 9539 2ea40e12659b
Written By
x. Cheyon
皆様の検討・比較に役に立ってもらえる様な記事執筆を心掛けています。
色々な記事を執筆させて頂いています。皆様にとって「知りたかった事!」「知っていてタメになった!」と思ってもらえるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事