【2018年版】おすすめのサウンドバー(シアターバー)12選!

この記事を執筆するにあたって

自宅のリビングでは、65インチテレビの音が貧弱で、AVアンプとスピーカーを3.1chで使用しています。

Written By キイ @

目次

サウンドバー(シアターバー)について

筆者は21畳のリビングで65インチテレビに、3.1ch(5.1chのリアスピーカーの設置なし)サラウンドシステムを接続しています。理由は、デジタルテレビが薄型化しすぎて、音がペコペコだからです。
せっかくの高画質大画面なんだから、音もリッチに楽しみたい。でも、リビングにたくさんのスピーカーを置く場所もないし、導入するにはお金もかかる。
そんなみなさんに今回は、2018年においても購入可能な、筆者がおすすめする厳選したメーカーのサウンドバー(シアターバー)をご紹介します。

サウンドバー(シアターバー)とは

サウンドバーとは、テレビ下に置く、非常に横長いタイプのスピーカーです。L/Rの2チャンネル、またはL/C/Rの3チャンネルのスピーカーで構成されます。
お手軽に、薄型テレビを高音質化し、サラウンドも楽しめるということで、日本のお家事情にピッタリであり、最近ではリビングルームに人気の商品です。
比較的息の長い商品もあれば、モデルチェンジが進むメーカーもありますので、本記事を執筆している2018年において購入可能なメーカーのおすすめのモデルなどをご紹介していきましょう。

まずは、おすすめのサウンドバーの紹介する前に、サウンドバーとはどのようなものなのか、特徴を紹介します。

サウンドバーのおすすめできる特徴① 高音質

スピーカーから再現される音質、特に低音域に関しては、物理学で考えるとそのスピーカーのサイズに依存するといっても過言ではありません(大きいほうが、より低音域への再現性がいい)。また筐体が大きくなればフルレンジスピーカーだけでなくツイーター(高音域再生用スピーカー)を搭載することも可能です。近年のデジタルテレビは大画面化と共に狭額縁、薄型化が一段と進み、テレビ本体にスピーカーを搭載する十分なスペースがありません。
サウンドバーは、高音質な音響再生に一役買ってくれるためおすすめです。

サウンドバーのおすすめできる特徴② 一体化された筐体

ホームシアター用音響では、例えば5.1chサラウンドの場合、フロントL/R、センター、リアL/R、サブウーハー(低音域)の計6本のスピーカーを設定します。はっきり言って設置場所に困りますし、配線も大変です。
サウンドバーは、細長いスピーカーを一本テレビ下に設置し、ケーブル一本と電源コードを接続すると設置完了です。
すべてが一体化された筐体の最大のメリットでもあり、この点でおすすめできます。

サウンドバーのおすすめできる特徴③ 低コスト

前述の例えば5.1chサラウンドの場合、6本のスピーカーとAVアンプがセットで構成されますので、導入コストは安くても10万円前後になってきます。
サウンドバーの場合、5.1chサラウンド(バーチャル)の場合でも5万円もあれば導入可能、もちろんAVアンプ相当の機能が内蔵されているためおすすめです。

サウンドバー(シアターバー)のメリット/デメリット

サウンドバーのメリット① 設置場所の確保

サラウンドシステムではどうしてもリアスピーカーの設置が課題になりますし、フロントスピーカーでさえも場合によっては邪魔者扱い。こんなときにサウンドバーであれば、テレビの下に置くだけなので設置場所には困りません。

サウンドバーのメリット② コスト

サウンドバーであれば低価格帯なら2万円台、5万円もあれば十分なモデルが購入できますが、シアターシステムはそうは行かずおおむね10万円前後くらいの予算確保が必要になってきます。
なのでコストの面でおすすめできるスピーカーです。

サウンドバーのメリット③ 結線

5.1chサラウンドを例にとると、当然ながら5+1=6本のスピーカーケーブルがAVアンプに接続され、更にテレビとつなぐHDMIケーブルと電源ケーブルがあります。
サウンドバーならHDMIケーブルと電源だけで、スピーカーケーブルが不要です。
このように配線が複雑にならないのもおすすめできるポイントの1つです。

サウンドバーのメリット④ 迫力と明瞭さ

薄型テレビの内蔵スピーカーは、テレビ筐体のデザインの影響もあり、視聴者のほうを向かずに横向きや後ろ向きのものまであり、あくまで「音が鳴る」程度のものがほとんどです。
サウンドバーであっても、その音の迫力や明瞭度は全く異なるものになっています。

サウンドバーのメリット⑤ サラウンド

テレビ下に設置するだけで、映画やライブ音楽を楽しめるサラウンド再生が可能なのもサウンドバーの特徴です。スピーカーを設置する場所に制約のある日本の家庭のリビングに最適だと思います。

サウンドバーのデメリット① スィートスポット

一般に、ステレオ再生(2.0ch)の場合、左右のスピーカーの音の交わるところが「スィートスポット」と呼ばれ、もっとも音の再現性の優れた「音を聞く場所」になります。左右のスピーカーの距離がある程度離れていないとステレオ再生の音の広がりを感じにくくなりますが、サウンドバーはある程度の長さしかありませんので、どうしてもスィートスポットが小さくなってしまいがち。

サウンドバーのデメリット② 音の広がり

5.1chサラウンドでは、センタースピーカーを追加することで、フロント/リアの左右の計4本のスピーカーの距離を大きくとり、音の広がりや雰囲気を再現することを想定しましたが、サウンドバーはその構造上左右のスピーカーの距離を調整できませんし、リアスピーカーもありません。
結果として音の広がり=音場の再現性に関してはホームシアターにはおよびません。

サウンドバーのデメリット③ 設置場所の自由度

サウンドバーのメリットでもある簡易設置。しかし、これは背の低いスタンド型のテレビにローボード型のテレビ台があることが暗黙の前提です。壁掛けやテレビ一体型スタンドのような構成ではサウンドバーを設置する場所がありません。

サウンドバーのデメリット④ バーチャルサラウンド

サウンドバーには当然リアスピーカーがありません。そのため、5.1ch/7.1chサラウンドは疑似的に2.0ch/2.1ch/3.1chで再生する必要があります。Dollby Pro Logicのような疑似サラウンド方式は標準で搭載されていますが、各メーカーの作り込みによってそのサラウンド効果が限定的になったり不自然になったりする場合もあります。

サウンドバーのデメリット⑤ アップグレードの愉しみ

一体型で扱いが簡単なサウンドバー。しかしながら、部分的にアップグレードすることができません。ホームシアターの場合なら、フロントL/Rスピーカーだけ買い替えて音質をアップすることも、AVアンプを最新の多機能機種に買い替えることも可能であり、また楽しみの一つでもあります。

サウンドバー(シアターバー)におすすめのメーカーとは

サウンドバーには、先端技術への対応と共に、聞き手に響く音作りが重要です。シアターバーとしてみれば、如何に映画の効果音や音楽を再生しながら、聞き手の心に響く再現が出来るかが重要です。
ここでは、先端技術への対応や音作りを基準に選んでみました。

サウンドバーのおすすめメーカー① ヤマハ

日本を代表する楽器メーカであり、オーディオ機器メーカーでもあるヤマハ。その音作りには古くからオーディオマニアにも定評があります。
一方で、デジタルオーディオへの対応を怠ることもなく、先進の技術を惜しみなく投入しています。1980年代から続く、YST(ヤマハ・アクティブサーボ・テクノロジー)は重低音再生で一躍有名になりました。
2017年には、最新バーチャルサラウンド技術の「DTS Virtual:X」に世界で初めて対応した対応したサウンドバーとして「YAS-107」と「YAS-207」を発売しています。

サウンドバーのおすすめメーカー② パナソニック

4Kデジタルテレビやブルーレイ(BD)で先進のデジタル技術を発揮すし、映画業界としてハリウッドとも協業する日本のAV機器での代表格であります。最近復活したテクニクス(Technics)ブランドは、往年のオーディオマニアなら誰もが知る、パナソニック(旧松下電器産業)の高級オーディオブランドでもあります。
デジタルテレビと組み合わるために、サウンドバーの開発にも余念がありません。

サウンドバーのおすすめメーカー③ソニー

パナソニックと肩を並べる以上の、世界を代表するデジタル機器メーカーであり、昔も今もオーディオマニアからも愛される、定評のあるオーディオメーカでもあります。
映画、音楽、ビジュアル、オーディオ、カメラにゲームなど、映像音響のすべての分野に多大なる影響力を持つ総合エンターテイメント企業と言っても過言ではありません。

サウンドバーのおすすめメーカー④デノン

DENONと綴られ、世界で「デノン」と発音されますが、その企業の発祥は、「日本電氣音響株式會社」の通称、電音(でんおん)からきています。日本のレコード会社である日本コロムビア株式会社の音響機器事業ブランド名でもありましたが、2001年に分離独立し、株式会社デノンが設立されています。
その昔から、オーディオアンプやスピーカーでは技術力と音作りで定評のあるメーカーでありました。そのDNAは今でもしっかりと受け継がれた、歴史あるメーカーの一つです。
筆者がリビングで使用しているのは、デノンのAVアンプとスピーカーです。

サウンドバーのおすすめメーカー⑤JBL

ジャズバーなどで見返ることのある、大型スピーカに刻印される「JBL」。その音作りでは音を再生するのではなく、まさに楽器のように音楽を奏でることで、聞く人の心に響く音楽を再現することで有名です。聞いていて楽しい、そう思わせる絶妙な音作りが有名です。

サウンドバーのおすすめメーカー⑥BOSE

前述のJBLと共に世界を代表する音響機器メーカーでありながら、その音作りはボーズ博士が率いた革新的な技術に基づくものであり、イノベーションを起こし続ける企業であります。特にノイズキャンセル技術や低音再現力に定評があります。
個人使用ではヘッドホンとホームシアター、業務用では映画館の音響設備で有名です。

サウンドバー(シアターバー)の選び方

サウンドバーの選び方① 設置

「テレビ下に置くだけで疑似サラウンドまで楽しめるのであれば」
サウンドバーを選ぼうと思う方は、まず気になるのがこの設置場所。
日本の住宅事情では、5.1chサラウンドスピーカー6台を設置できるご家庭はなかなかありません。特にリアチャンネルのスピーカーなどは、どこに置いてどこから配線してくるの?そんな悩みをお持ちの方がほとんど。
テレビのサイズに合った横方向の長さ、テレビ台とテレビの間の隙間の高さ、なにげに影響の大きい奥行き。この3つの寸法が設置場所を決めることになります。

サウンドバーの選び方② チャネル数

サウンドバーには、
- 2.0ch(フロントL/R)
- 2.1ch(フロントL/R+サブウーハー)
- 3.1ch(フロントL/R+センター+サブウーハー)
- 5.1ch(フロントL/R+リアL/R+センター+サブウーハー)
- 7.1ch(フロントL/R+サイドL/R+リアL/R+センター+サブウーハー)

など、各種のサラウンドスピーカー数に対応したチャネル数があります。

サウンドバーの選び方③ 対応するサラウンド方式

世の中にはたくさんのサラウンド方式があり、ここでそのすべてを解説するのはたいへんなので、よく使われる代表のものをいくつかピックアップします。

サラウンド技術に関しては、世界で2社がほぼ独占的に技術提供を行ってきています。最大手がアメリカ Dolby Laboratories, Inc.(ドルビーラボラトリーズ)であり、もう一社がアメリカ DTS, Inc.(旧デジタル・シアター・システムズ)です。

  • ドルビーデジタル(DVDに標準で採用された最大5.1chサラウンド)
  • Dts(DVDではオプションとして用いられてきた最大5.1chサラウンド) BD-Videoで用いられる最大7.1chサラウンド方式は、
  • ドルビーTrueHD
  • DTS-HDマスターオーディオ

のどちらもが標準で採用されました。
なお、オーディオマニアの間では、dts方式のほうが高音質だと評判ですが、サウンドバーでその音質差を再現できるかは、はなはだ疑問が残ります。
最後に、ドルビープロロジック(2chステレオ信号を入力としてサラウンド再生する)などもあり、主にテレビ放送の疑似サラウンドに適しているかもしれません。

サウンドバーの選び方④ 接続方式

2018年現在、サウンドバーへの接続方式はほぼ「HDMI」であると言っていいと思います。中にはBluetooth接続にも対応し、スマホ連携を強化したタイプもあります。

サウンドバーの選び方⑤ メーカーごとの独自機能

テレビメーカーは、どちらかというと機能面を充実させる傾向があり、テレビとの連携やワイヤレス接続などで設置場所の制約を解決しようとします。一方、音響メーカーはそれぞれの個性でもある音の再現性へのこだわりを追及。購入される方の期待にマッチする機能を探してみてください。

2018年おすすめの2.0chサウンドバー(シアターバー)

おすすめの2.0chサウンドバー① JBL BAR STUDIO

BAR STUDIOはエントリーモデルでありながらHDMI ARCに対応したTV用サウンドバーです。
TVの前に設置しやすいコンパクトなボディは、38mm径ツイーターと50mm径ウーファーを各2基と、低音を増強するデュアルバスポートを搭載したオールインワンタイプ。Bluetoothも搭載していますので、スマホからもJBLならではのパワフルなサウンドが楽しめます。
2018年、すでに実売価格が既に2万円を下回っていますので、サウンドバーの入門機としておすすめできる商品です。

JBL Bar Studio 2.0chホームシアターシステムBluetooth/HDMI/ARC対応 ブラック JBLBARSBLKJN 【国内正規品/メーカー1年保証付き】

おすすめの2.0chサウンドバー② ソニー HT-S100F

手軽に置いて、テレビの音をグレードアップ。そんなキャッチフレーズで登場したサウンドバーです。見た目のスリムさによらず、25mmバランスドーム型ツイータ+48mmx90mmコーン型ウーファーが2基ずつ搭載。ソニー独自の高精度なデジタル音場処理技術、前方のスピーカーだけで臨場感豊かなサラウンドを実現する「S-Force フロントサラウンド」を搭載し、前方のスピーカーだけで仮想的にサラウンド音場を再現。後方にスピーカーを置く必要がなく、すっきりとしたレイアウトで豊かな臨場感を楽しめます。
実勢価格は2万円前後で、おすすめできるサウンドバーです。

ソニー SONY サウンドバー 2.0ch Bluetooth ホームシアターシステム HT-S100F (2018年モデル)

おすすめの2.0chサウンドバー③ Bose SoundTouch 300 soundbar

音響専業メーカーのBOSEから、初のサウンドバーが発売。BOSEならではの、たとえサウンドバーであっても音に妥協しないこだわりの姿勢は、ベストなサウンドのためのベストなサウンドバーを目指し、このサイズでは最高クラスの臨場感と重低音をもたらします。
また、サウンドバーには珍しく、2.0chから2.1chや4.0ch、5.1chなどへのアップグレードさせるアクセサリーも発売されています。
買ってからもアップグレードを愉しめる一品、2018年このクラスで一押しのおすすめサウンドバーです。

Bose SoundTouch 300 soundbar ワイヤレスサウンドバー【国内正規品】

2018年おすすめの2.1chサウンドバー(シアターバー)

おすすめの2.1chサウンドバー① ソニー HT-S200F

2.0chのHT-S100Fに対して、こちらはコンパクトなボディにサブウーファーを内蔵した2.1chのサウンドバーです。
コンパクトなサイズながらパワフルな低音・広がりのあるサラウンドを愉しむことができます。
こちらのモデルも、ソニー独自の技術である、前方のスピーカーだけで臨場感豊かなサラウンドを実現する「S-Force PROフロントサラウンド」を搭載しています。
テレビメーカーとして、必要な機能や性能をよく把握した製品に仕上がっておりおすすめのサウンドバーです。

ソニー SONY サウンドバー HT-S200F 2.1ch 内蔵サブウーファー Bluetooth ホームシアターシステム チャコールブラック HT-S200F B (2018年モデル)

おすすめの2.1chサウンドバー② パナソニック SC-HTB250

小型ながら迫力のサウンドを実現を実現するサウンドバーです。テレビのリモコン1つでシアターバーもかんたんに操作することができ、ワイヤレスサブウーハー搭載により迫力の重低音を実現します。ワイヤレスサブウーハーは、本体から2.4GHz周波数で送信し、電波到達距離は約10mです。テレビメーカーでありながらハウスメーカーでもあり、住宅事情を考慮したおすすめのサウンドバーです。

このシアターバー、2018年05月18日に発売が予定されている最新モデルです

パナソニック 2.1ch シアターバー Bluetooth対応 SC-HTB250-K

おすすめの2.1chサウンドバー③デノン HEOS HomeCinema

迫力のサウンドを実現する2.1ch構成のフロントサラウンドシステム。大口径(130mm)のドライバー2基で迫力の重低音を再生するサブウーハーを搭載しています。4K UltraHD対応HDMI入出力(HDR10 / HLG / Dolby Vision対応)に対応していますので、末永く使用することができると思います。
Bluetooth、AirPlayにも対応していますので、スマホやPCからの音楽再生や、話題の音楽ストリーミングサービスにも対応しています(Amazon Music、Spotify、AWA*、SoundCloud)。元祖音響機器メーカーである音へのこだわりと、先端技術を惜しみなく投入したデジタル時代にマッチするおすすめサウンドバーです。

Denon HEOS HomeCinema Soundbar & Subwoofer [並行輸入品]

2018年おすすめの5.1chサウンドバー(シアターバー)

おすすめの5.1chサウンドバー① パナソニック SC-HTB885-K

本商品は、サラウンド専用アンプ、スピーカーを搭載し、それらをPanasonic独自のデジタル信号処理技術で仮想的にサラウンド配置することで、前方のスピーカーだけで広がり感や臨場感をよりリアルに再現しました。
ワイヤレスサブウーハーの採用で、本体とのケーブル接続が不要となり、わずらわしい配線作業がいらないうえ、ケーブルの長さを気にすることなく設置できるようになったサウンドバー。
4Kコンテンツの著作権保護技術HDCP2.2に対応したHDMI端子を搭載しているので、ブルーレイディスクプレイヤーなどの機器から受け取った4Kの映像信号をテレビに送信することが可能な機能は、さすがはテレビメーカーの純正品です。

パナソニック 5.1ch シアターバー 4Kパススルー対応 Bluetooth対応 ブラック SC-HTB885-K

おすすめの5.1chサウンドバー② ヤマハ DSプロジェクタ YSP-1600

ボディのフロント中央に、高音質な口径2.8cmのビームスピーカーを8個搭載。ヤマハ独自の「デジタル・サウンド・プロジェクター技術(YSP)」により、ビーム化した音を壁に反射させることで実際に壁から音が聴こえ、自然でリアルなサラウンドを実現していますました
サウンドバーでありながら、5.1chサラウンドを再生できる数少ないおすすめの商品の一つです。

ヤマハ デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1600 ブラック YSP-1600(B)

おすすめの5.1chサウンドバー③ ヤマハ YAS-207

スリムなサウンドバーであり、手軽にテレビの前に置いて楽しむことができる商品でありながら、4K・HDR映像を伝送可能なHDMI端子も搭載。
バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に世界で初めて対応し、高さ方向のバーチャル音場を再現することができる、音響機器メーカーとして送り出した次世代のおすすめサウンドバーです。
また、Bluetoothにも対応し、スマートフォンやPCなどからの音楽再生等が可能になっています。

ヤマハ フロントサラウンドシステム YAS-207 4K HDR映像対応 HDMI DTS Virtual:X Bluetooth YAS-207(B)

2018年おすすめの7.1chサウンドバー(シアターバー)

おすすめの5.1chサウンドバー① SONY HT-ST5000

最新のサラウンドフォーマット「ドルビーアトモス(R)」「DTS:X(TM)」に対応し、高さ方向の表現力を加えた3次元の立体音響技術により、全方位からの音に包みこまれるリアルな音響空間を愉しむことができます。
また、DSD(5.6MH/2.8MHz)やWAV・FLAC(最大192kHz/24bit)などのハイレゾ音源にも対応し、曲のディテール、楽器の音色、ライブの空気感までもリアルに表現することができる、おすすめの本格的なシアターシステムです。

ソニー SONY サウンドバー 7.1.2ch Dolby Atmos NFC Bluetooth ハイレゾ対応 ホームシアターシステム HT-ST5000 (2017年モデル)

おすすめの5.1chサウンドバー② ヤマハ DSプロジェクタ YSP-2700

HDCP2.2やHDR映像伝送、4K/60p映像伝送に対応したHDMI端子(3入力/1出力)を搭載し、薄型テレビの前にすっきり設置できるスタイリッシュな高さ51mmのスリムボディです。テレビとの接続は、HDMIケーブル1本をつなぐだけで簡単です。
複数の「MusicCast」対応機器の操作や、機器間での音楽コンテンツの配信・共有・リンク再生などが 専用アプリ1つで可能になりました。
スマホとの連携に考慮された商品なので、スマホで気軽に操作したい方におすすめです。

ヤマハ ホームシアタースピーカー デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-2700

おすすめの5.1chサウンドバー③ ヤマハ MUSICCAST-P306

独自のバーチャルサラウンド技術「AIR SURROUND XTREME」を搭載し、広がりと定位感に優れた7.1chサラウンドで再生します。7.5cm口径サブウーファーやツイーター、最大出力計120Wのハイパワーアンプを内蔵し、サウンドバーの形状でありながらクリアで迫力のある高音質サラウンドを実現しました。
「MusicCast」・Bluetooth®送受信・AirPlay・radiko.jpなどにも対応し、Wi-Fi内蔵ネットワークオーディオでも使用できる多彩な機能も魅力。
音響メーカーらしい音の再現性にこだわったおすすめのサウンドバーです。

ヤマハ ホームシアターパッケージ MusicCast® 専用サウンドバー & ワイヤレススピーカー Wi-Fi ブラック MUSICCAST-P306

まとめ

今回は、2018年最新のサウンドバーをご紹介しました。

レンタルDVDやテレビ放送の映画をお手軽に楽しみたい方には、テレビメーカーが発売するリーズナブルな価格に仕上げたシアターバーがおすすめ。今までとは違う迫力あるサウンドで映画などを楽しむことができるようになります。

一方で、BD-Videoで本格的に映画を堪能したいのであば、音響メーカーとしてのこだわりである音の再現性を極めたハイエンド製品をおすすめします。これらのサウンドバーは、設置場所の制約を乗り越えて、記録されているサウンドを余すことなく再現します。

音がよくなるだけで、今まで以上に楽しいリビングライフをおくれることでしょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
キイ @
デジタルガジェットから家電製品まで、実際の使用者目線で解説します。
電子部品メーカーの現役エンジニア?です。新しい商品やサービスが大好きで、なんでも試してみたくなる性分です。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事