イヤホンのマイクの便利な使い方!iPhoneとAndroidスマホの違いも!

目次

イヤホンのマイクの便利な使い方について

今やスマホで音楽を聴くのが普通になっており、ほとんどの人のカバンにはイヤホンも入っているのではないでしょうか。

普段何気なく使っているイヤホンですが、実はマイク付きイヤホンで意外なほど便利な使い方もあったりするのご存知ですか?結構知らなくて使わず損している人多いのですよ!

またiPhoneとAndroid、スマホによってイヤホン選びもちょっと変わってくるもの。そこで、ここではイヤホンマイクの便利な使い方やスマホごとの注意点をまとめていきたいと思います。

イヤホン マイク 使い方

イヤホンのマイクの便利な使い方

では、このイヤホンのマイク、どんな使い方ができるのでしょうか?

便利な使い方① ランニングなどエクササイズ中

一昔前だと、街中でいきなり独り言を話していると、ちょっと冷たい目で見られたものですが、時代が変わり、今ではよく見る光景になったハンズフリー通話。マイク付きイヤホンがiPhoneなどのスマホに装着していれば、特に設定などもなくそのまますぐにハンズフリー通話が可能になります。

なかでも便利に使い方のがランニングや犬の散歩をしている時、手が離せない時も多いので、リモコンも付属しているイヤホンマイクならワンタッチで通話へと切り替えられスマートです。

便利な使い方② ドライブ中など運転中

エクササイズ中同様、ハンズフリーの便利なシーンが、やはり運転中。これは便利というよりは、ハンズフリーにせず運転中でのスマホの利用は違反になっちゃいますから、必ず使いたいところですね。

ヘッドホンタイプではなく、コンパクトになるイヤホンタイプだったら、運転中も視界の邪魔がなくスムーズにハンズフリーへと移行することができるでしょう。

便利な使い方③ パソコンでSkypeなどIP通話時

なんとなくのイメージで、パソコンでSkypeなどのメッセンジャーアプリの使用(IP電話)の場合、ヘッドホンタイプのヘッドセットが必要な感じですが、もちろんイヤホンマイクでも利用することができます。ちょこっとデスクの隅あたりに置いておける収納性も嬉しいですよね。

便利な使い方④ SiriやGoogleアシスタントを呼び田す

最近、AIスピーカーで話題の音声アシスタント機能。最新(数年前でも!)モデルだったら、iPhoneでもAndroidでも、それぞれSiri、Googleアシスタントと名称こそ違うものの、音声アシスタントが付いています。

イヤホンマイクからワンタッチで「Hey!Siri!」「OK!Google」と呼び掛けられるものも多いので、スマホ本体をカバンやポケットにしまったままでも、SiriやGoogleアシスタントを呼び出してサポートしてもらうことが可能です。

便利な使い方⑤ 音楽などのオンオフ

iPhoneの純正イヤホンを始め、多くのマイク付きイヤホンが、リモコン性能も持ち合わせています。そのため、今や当たり前の使い方になった音楽を聴いている時に、手元で音楽のオンオフや、ボリューム調整などを行うことができます。

便利な使い方⑥ カメラのシャッターボタン

意外と知らないこの機能。カメラを立ち上げて、シャッターボタンにすることもできるのです。これが便利に活躍するのが、自撮り時。スマホを掲げていても、手を伸ばさず手元でシャッターを押せるので、ベストなタイミングを逃しません。

イヤホン マイク 使い方

iPhoneとAndroidスマホのイヤホンのマイクの使い方の違いは?

実際のところiPhoneとAndroidのスマホのイヤホンのマイクの使い方に違いはあまりありません。ここでは、使い方というより、iPhoneとAndroidスマホのイヤホンに関する主な違いについてまとめてみます。

違い① 端子が異なる

iPhoneとAndroidのスマホで最大の違いと言えば、やはりイヤホンを挿すジャック部の形状の違いが挙げられます。

Androidは昔から親しまれている丸形のイヤホンジャックで、テレビなどにも入るオーソドックスなタイプですね。それに対してiPhoneは、iPhone7以降はイヤホンジャックが廃止され、充電するジャックと同様のライトニングジャックに入れる形になりました。付属される変換ポットを使用するか、もしくはワイヤレスのBluetoothイヤホンを使用すれば問題ないですが、Android⇔iPhoneの機種変更にそのまま使うことができないので注意が必要ですね;

違い② iPhoneは純正イヤホンが付いてくる

付属されるイヤホンってどうせたいしたものではない!?なんて思っている人も少なくないですが、iPhoneに付属されている純正のイヤホンは超高性能。コンパクトサイズながらもちろんマイクは付属されていますし、Siriの機動や、音楽のオンオフなど上記で説明した便利な使い方のほとんどをやりこなす万能イヤホンです。本体代はiPhoneはAndroidより高価ですが、付属品も性能抜群なのです。

違い③ イヤホンジャックの場所がまちまち

iPhoneの場合、本体下部中央に挿す部分がありますが、Androidは機種によって上部右、サイド、下部中央など機種によってまちまちなのです。ここで気を付けたいのが、機種変更時、カバンなどにスマホをしまって使う時、耳までの距離が変わってきますので、イヤホンの長さがちょうどよくならない可能性があるので、気を付けたいですね。

イヤホン マイク 使い方

おすすめマイク付きイヤホン

① SoundPEATS Q30

IPX6防水能力、P7X防塵能力を持ち合わしているタフレスボディーなので、エクササイズ中などの外での利用でも安心のマイク付きイヤホンです。bluetoothでワイヤレス接続ができるので、コードの煩わしさなくスマートにスマホライフを楽しむことができます。更には、ノイズキャンセリング機能搭載など音質も良いので、細かな音の違いまで聞き分けられます。


画像をクリックするとAmazonに移動します

② Razer Hammerhead Pro V2

もともとPCゲームで使用するゲーミング用として開発しているメーカーRazer製なので、ゲームで重要視される重点音の良さなど音質の良さには定評があるマイク付きイヤホンです。耳にフィットしやすい設計となっており、遮音性だけでなく快適性にもこだわっています。他では類を見ないようなビビットなグリーンからも人と違うイヤホンを持ちたい人にもってこいです。
Razer Hammerhead Pro V2 マイク付きゲーミングイヤフォン 【正規保証品】 RZ04-01730100-R3A1
クリックするとAmazonに移動します

③ Apple AirPods

ご存知iPhoneのメーカーであるApple社が出している純正のイヤホンです。bluetoothで接続するので、iPhoneはもちろんのこと、Androidでも使用は可能です。左右完全独立型タイプなので、まるでピアスを付けるくらいの感覚で耳にフィット。それでいてマイク機能はしっかりついています。やはりiPhoneでの使用が特にオススメで、耳に入れると音楽がオン、外すとオフなどiPhone本体同様、直感的な操作が可能です。

価格 : 17314円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

イヤホンマイクの便利な使い方のまとめ

いかがでしたでしょうか?意外と自分が使っているイヤホンもマイク機能が付いていたのに、便利な使い方を知らなかったなんて人も多いのではないでしょうか。

iPhone、Androidともに音声アシスタントが一般的になってきているので、ますますマイク付きイヤホンの需要は高まるばかり。最近はワイヤレスタイプや高デザイン防水のものなどバリエーションも豊かに増えているので、ライフスタイルに合った自分好みの1つを見つけてください!

  

また、下記の記事ではマイク付きのBluetoothイヤホンを紹介しております。ぜひ一緒にご覧ください。

記事:『マイク付きBluetoothおすすめイヤホンの紹介!こんな人にオススメ!

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 4ce2400c 9694 4203 b90b 2302af60ea53
Written By
yt_united yt-united
サッカーとケツメイシ好きのアラフォーです
こんにちは! サッカーとケツメイシをこよなく愛するアラフォーです。 最近、腰が痛くて老化を感じる日々であります。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事