たこ焼き器の洗い方と焦げの取り方を解説!電気式とガスでは違う?

目次

たこ焼き器の洗い方について

たこ焼き器は関西の家庭に必ずあるものと位置づけられるほどたこ焼きもパーティーや食事でも使える食べものとしてメジャーな位置づけとなってきました。作って食べた後、片付けるのが面倒だと思うことも多く、意外にたこ焼き器の後片付け方法を知らないことがあります。

たこ焼き器は洗い方・手入れをきちんと行わないと、たこ焼きの生地がこびりつく原因となります。たこ焼き器の種類には取外し不可のプレート、取外し可能でもガス式・電気式とあります。この記事では、そういったたこ焼き後の後片付けも楽になる洗い方をご紹介します。

着脱式のたこ焼き器のベタベタ油も取れる洗い方

たこ焼き器 洗い方

テフロン加工たこ焼き器

手順①

テフロン加工たこ焼き器の洗い方はぬるま湯の中に少量の食器用洗剤をいれます。その中にカスなどの汚れを拭き取ったたこ焼き器をいれます。つけ置きすることで付着した汚れを洗い流しやすくします。つけ置き時間は汚れに応じ、汚れがひどい場合はつけ置き時間を長めにします。

手順②

汚れが落ちやすくなったら柔らかめのスポンジで洗い流します。テフロン加工のたこ焼き器はテフロンが剥がれやすくならないよう注意が必要です。洗い流した後は水滴が残らないようふきんで拭き取ります。

鉄製のたこ焼き器

手順①

鉄製のたこ焼き器の洗い方については洗剤類を使用できません。次回使用時に機器についた油分がなくなりたこ焼きを焼くときにこびりつく原因となるからです。まずはキッチンペーパーで汚れやカスをきれいに拭き取ります。

手順②

ぬるま湯で機器本体をスポンジで拭き洗い流していきます。
洗い終わった後は水滴を取り除くため空焚きをし水分を飛ばします。水分がなくなれば最後にサラダ油をプレートの穴にうすく塗り込みます。そのあと本体を新聞紙に包みこんで保管するようにします。

非着脱式のたこ焼き器のベタベタ油も取れる洗い方

フッ素加工・鉄加工のたこ焼き器があります。種類によって手入れの仕方も若干違ってきますのでぜひ機器の種類ごとに洗い方を確認ください。

(準備する物)水・キッチンペーパー・サラダ油

手順①

たこ焼き器の電源を切り機器全体を冷まします

手順②

冷ました後、たこ焼き器についたカスを取り除きます。取り除いた後はたこ焼きを焼く丸穴に半分位水をいれ沸騰させます

手順③

沸騰後、少し冷まし作業ができる状態になった後、プレートについた汚れをキッチンペーパーで拭き取ります。汚れが浮いてこれをきれいに拭き取ることがポイントになります。これを何度か繰り返していくと汚れをとることができます

手順④

きれいに汚れ、水をすべて拭き取れば完了です。

鉄板を長持ちさせる方法として鉄加工のたこ焼き器は最後に穴の部分にサラダ油を塗り込んでおくのがコツです。

電気式・ガス式のたこ焼き器で洗い方は違う?

たこ焼き器は電気式とガス式があります。

電気式は家庭用コンセントがあれば簡単にでき、値段も手頃で購入ができます。しかしたこ焼きを焼くときネックとなるのが電力を意外に消費しガスに比べると焼き時間がかかり中々ひっくり返すことが出来ず焼きにもムラが出る時があります。

テフロン加工は何年も使用しているとテフロンが剥がれてしまいますが低価格で購入しやすいです。

ガス式はガスコンロをつけつまみをひねるとガスがつきます。たこ焼き器にガスが満遍なく行き渡り火力が強いので電気より早く焼くことができます。

電気式は使う頻度が高く、手軽にたこ焼きが食べたい方、ガス式は本格的なたこ焼きをすぐ食べたい方におすすめです。

電気式とガス式でも作られた「素材」によって洗い方が異なりますのでその点を見極めつけておくのがポイントです。

たこ焼き器を洗う時の注意点

注意点① カスをきれいにとる

たこ焼き器は生地のカスが残りやすいです。まずはカスをきれいに取り除くことが大切です。カスが付着したままだと不衛生である上に次回たこ焼きを焼くときにきれいに焼くことができません。

注意点② ぬるま湯をつかう

テフロン加工のたこ焼き器の場合熱したお湯で洗うとテフロンが剥がれやすくなります。洗い方としてはたわし、クレンザーを使うことは機器を痛めてしまうのでぬるま湯を使い汚れをしっかり取り除き、そのあと柔らかいスポンジでさっと綺麗に洗い流すことが長く機器を使える秘訣です。但しテフロン加工には重曹は使えますが、鉄製の機器で重曹は使えません。洗い方・お湯の調整によりやけどなどには注意ください。

注意点③洗い終わったあとは水滴を残さない

たこ焼き器の手入れは意外に面倒です。使い終わり洗った後は機器を水切りのみだけにせず水あかを残さないよう丁寧にふきんで水滴を一滴のこらず拭いてください。

注意点④汚れを取る時フォークは使わない

先がとがったフォークなどを使用するとプレートの表面を傷つけてしまいます。菜箸、はしなどの先の細いものを使用します。特にフッ素加工の機器については加工素材が剥がれ落ちるため洗い方には気を付けて下さい。

たこ焼き器の焦げの取り方

たこ焼きを焼いた後、手順通りに洗っていてもこびりついた汚れが取れたい時があります。こすり過ぎると機器を痛めてしまう、汚れをほっておくと次回に焼くときにはまたこびりついてしまい、ほっておくとこびり過ぎて使えなくなります。なるべく長く使用できるよう取れない焦げの取り方を紹介します。

着脱式のたこ焼き器の焦げの取り方

軽い油汚れの場合は肌で感じて少し熱いと感じる温度位の水気を絞ったタオルで拭き取ってください。それでも取れない場合は何回か方法を繰り返します。

ひどい油汚れの場合はこびり付いた汚れを事前にとっておきます。その後、油汚れ用のスプレーをふきかけキッチンペーパーやラップなどを機器に貼付けます。スプレー噴射後は汚れを拭き取り、ぬるま湯で落とし乾拭きふきんで拭き取ります。

非着脱式のたこ焼き器の焦げの取り方

テフロン加工についた焦げ付たこ焼き器の洗い方は「重曹」で焦付きをとることができます。洗い方は水で溶かした重曹を沸騰する前にプレートへ入れます。沸騰しすぎるとあふれるので必ず沸騰前に行い電源を切り冷まします。冷めた後はキッチンペーパーでで水分や汚れをこすり拭き取ります。さらに水を染み込ませたキッチンペーパーで拭き乾かしてしまいます。

鉄製の焦付き洗い方の場合は重曹は使用しないパターンで上記と同じ流れで行います。重曹を使用すると油分も一緒にとれてしまいこびり付きの原因となりますので洗い方には注意し重曹や洗剤類の使用は控えます。

たこ焼き器はまめな手入れが長持ちさせる秘訣

たこ焼き器 洗い方

最近は関西に限らずたこ焼き器を使用するようになりました。たこ焼き以外にもホットケーキミックスをつかったお菓子レシピもでてきて使える幅が広くなっています。

たこ焼き器は低価格で購入できる機器ですが決して「使い捨て」機器ではなく使用頻度の大小はあっても丁寧できちんとした洗い方・手入れが必要ということです。購入のポイントは値段の良し悪しより機器の取外し可能か不可、電気式かガス式か、どんな素材のたこ焼き器を買うのか、たこ焼き器の使用頻度がどのくらいになるのか・洗い方など事前に予測し考えることが大切です。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
雅 草
セールスコピーライター
クライアント様の商品やサービスを「文字」で魅力的を伝えるセールスコピーを書く仕事をしています。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事