除湿機の効果的な使い方!カビ対策や効果的な置き場所を紹介!

目次

除湿機の効果について

除湿器というとその名の表す通り、湿気を取り除く機械ですよね。特に梅雨の時期などは使用されている方が多いのではないでしょうか。
この記事ではそんな除湿器について効果的な使い方が知りたいという方のために「除湿機の効果的な使い方!カビ対策や効果的な置き場所を紹介!」に注目しお伝えしていきます。
今使用している除湿器があまり効果ないと感じている方、カビ対策やダニ対策をしたい方などそれぞれのお悩みを解決するためにもこの記事をぜひ一読してみてください。

効果的な除湿機を選ぼう

除湿機 効果的な使い方 カビ 置き場所 ダニ 効果ない

除湿器には「コンプレッサー式の除湿機」「デシカント(ゼオライト)式の除湿機」「ハイブリッド式の除湿機」の3種類のタイプがあります。
それぞれで特徴が異なるのでまずはその特徴についてお伝えしていきます。

コンプレッサー式の除湿機の特徴

コンプレッサー式の除湿器では除湿するにあたり、部屋の温度を下げて湿気を水滴にすることで除去します。
そんなコンプレッサー式の除湿機の特徴には以下のようなものがあります。

夏場などの気温が高い時の除湿能力は高いと言えるが、そもそも温度が低い冬では除湿能力が落ちる

・エアコンの除湿機能と仕組みは同じなので、それほど消費電力が多くない

・コンプレッサー(圧縮機)を備えているが故に稼働音が比較的大きい

以上の特徴により、冬でも比較的気温が高い地方に住んでいる方、除湿機を使うにあたり消費電力を少しでも少なくしたい方におすすめなのがコンプレッサー式となりますね。

デシカント(ゼオライト)式の除湿機の特徴

デシカント(ゼオライト)式の除湿機はゼオライト等の乾燥材を用いて湿気を除去します。
そんなデシカント(ゼオライト)式の除湿機の特徴には以下のようなものがあります。

・乾燥剤を用いるので夏はもちろん冬でも除湿能力が落ちない

・デシカント式の除湿機を使用すると室内温度が上がってしまう

・コンプレッサー式よりも消費電力が多くなってしまう

以上によりデシカント式の除湿機は冬でも夏場と同じように除湿したいという方、電気代が高いことよりも除湿能力を優先するという方にはおすすめといえますね。

ハイブリッド式のの除湿機の特徴

ハイブリッド式の除湿機は温度が高いことが予想される夏場にはコンプレッサー式を、温度が低くコンプレッサー式の能力が低下する時にはデシカント式を使い分けて除湿してくれます。
その名の通りまさにハイブリッドな製品となっていますよね。

そんなハイブリッド式の除湿機の特徴には以下のようなものがあります。

夏にはコンプレッサー式を、冬にはデシカント式を使用するということ

・いいとこ取りをしている分除湿機本体のサイズが大きくなる傾向がある

・ほか2つのタイプの除湿機よりも値が張りやすい

以上により一年を通して除湿機を使用する方で、デシカント式よりは電気代を抑えたいという方にはおすすめできるでしょう。

参考元:価格.com

ここまでのそれぞれの特徴を見たうえで、自分の用途に合う、効果的な除湿機を選んでくださいね。

除湿機を効果的に使うための空気の流れを作ろう

除湿機を効果的に使うにあたり空気の流れというものも重要になってきます。

よって空気の流れを作る際は窓を開けたり、ドアを開けっぱなしにすることは控えましょう。せっかく除湿機を使用し、室内の湿った空気を取り除いているのに窓など開いているとせっかくの除湿効果が無意味になってしまいます。

もちろん換気扇を回すことも上記と同じ理由によりやめておきましょう。

そのようにして作られた空気の流れは除湿機の効果をより一層高めてくれますので、除湿する際は換気や空気の入れ替えを行わないことをおすすめします。

ただ、使用している除湿器のタイプがデシカント式だった場合は室内温度が上がってしまうことが予想されますのでその点にはくれぐれも注意しましょう。

ちなみに、除湿機で除湿するにあたり、扇風機やサーキュレーターなどで室内の空気の循環を促すとより効果が高まりますので参考にしてみてください。

効果的に使う除湿機の置き場所

除湿機を効果的に使うにあたり、置き場所は部屋の中央が良いと言われています。

それは除湿機が湿度の高い空気を取り込む所と、乾燥した空気を排出する場所とで別れているからです。
多くの除湿機では表の面と裏の面にそれぞれ排出口が付いている場合が多いようですね。

よって端っこなどに除湿機を置いてしまうと、そのどちらかが上手く機能せず、せっかくの除湿機を効果的に使用することができません。

なので除湿機を効果的に使用するためにも部屋の中央付近が置き場所として最適と言われています。

除湿機を使用する際はできるだけ部屋の中央に置くようにしてくださいね!

除湿機で洗濯物を効果的に乾かす方法

それでは次に除湿機で洗濯物を効果的に乾かす方法についてお伝えしていきます。

方法①狭い場所を使用する

除湿機で洗濯物を効果的に乾かす方法として一番に挙げられるのが「狭い場所を使用する」ということです。
除湿機で室内の空気を除湿させるにあたり、狭い場所の方がはやく除湿が完了します。狭いということはそれだけ湿った空気も少ないということを意味しますので当然ですよね。

よって脱衣所などの比較的狭い部屋で除湿機を使用した方が洗濯物ははやく乾くのでおすすめです。

ちなみに洗濯物を乾かす際も上述したように扉などは閉め切っておいてください。せっかく乾燥した空気の中に新たに湿った空気が入ってこないように注意しましょう。

方法②サーキュレーターを使用する

除湿機で洗濯物を効果的に乾かす方法として2番目に挙げられるのが「サーキュレーターを使用する」という方法です。

前述した通り、狭い場所にて扉を閉めて除湿機を使用するだけでも効果的に洗濯物を乾かすことができます。
しかしそれにサーキュレーターを併用することで洗濯物周りの湿った空気を飛ばし、さらに効果的に乾かすことができます。

もし、サーキュレーターがない場合は扇風機でも代用可能ですのでぜひお試しください。

参考元:Purple Eye

除湿機で効果的にカビ対策

除湿機 効果的な使い方 カビ 置き場所 ダニ 効果ない

それでは次に、除湿機で効果的にカビ対策する方法について紹介していきます。

対策方法①除湿機で室内の湿度を管理する

除湿機による効果的なカビ対策は「除湿機で室内の湿度を管理する」ということになります。

一般的にカビが発生繁殖するには80%以上の湿度がいるそうです。

参考元:EIBIKEN

そのため、室内の湿度を除湿機で管理してやれば、湿度を下げることにつながるので効果的なカビ対策になります。

これはお風呂場や洗面所など比較的湿度が高くなりやすい所のカビ対策にもなり得ます。

ただ、除湿機のみでカビを完全に防止するというのは難しいです。
よってこまめに掃除などを行えば、さらにカビ対策になりますのでカビにお悩みの方はぜひお試しください。

ちなみに、除湿機を使用したことで効果的なカビ対策につながったというのは以下の参考サイトで分かりやすくまとめられています。

使用前、使用後でどのような違いが出るのか、除湿機によるカビ対策を考えている方は参考にしていただければと思います。

参考サイト:カタログ★速報

【コラム】ダニ対策に除湿機は効果はない?

カビ同様にダニも住人を悩ませる要素の一つですよね。

そんなダニですが除湿機ではダニ対策に効果ないと思われている方もいるかもしれませんが一概にそうではありません。
ダニがひそんでいる場所によって効果のあるないは変わってくるのです。

具体的に言いますと、カーペットやカーテンなどのあまり湿度が高くならない場所は除湿機でダニ対策は可能です。
これにはなども含まれますね。

しかしその反面でふとんなど毎日使用し、そのたびに湿度が増してしまうものには除湿機でダニ対策は効果ないです。

ということで除湿機によるダニ対策は効果があるところ、効果ないところとそれぞれあります。参考にしていただければと思います。

参考元:快眠タイムズ

まとめ

ここまで除湿機のタイプ別の特徴や効果的な使い方についてお伝えしてきました。

除湿機を効果的に使うには除湿機を部屋の中央に置き、さらに空気の流れを作ることが重要になります。
使う際は窓を開けたり、ドアを開けっぱなしにしたりすることの無いようにしましょう。

次に除湿機による効果的なカビ対策には「除湿機で室内の湿度を管理する」という方法がありますが、それは完全な防止とはなり得ません。
よって日々の掃除もカビ対策へとつながりますので、可能な限り行うようにしましょう。

  

また、下記の記事では、除湿機の寿命について解説しております!効果がある除湿機も一体寿命はどのくらいなのか?ぜひ合わせてご覧ください!
記事:『除湿機の寿命は平均何年?買い替え時期も徹底紹介!』

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

この記事に似ている記事