おすすめ人気のアロマオイルと加湿器!適切な量や使い方も紹介!

目次

加湿器とアロマオイルについて

乾燥する季節に大活躍する家電と言えば加湿器。

最近ではアロマオイルがつかえる商品も登場し、加湿と同時に香りでリラックスもできると大変人気です。

しかしいくら対応の加湿器といっても、どんなアロマオイルでも使えるという訳ではありません。

対応していない商品を使ったり、使用方法など誤ると故障の原因にも…!

今回は加湿器でアロマオイルを使用する際の選び方や注意点、おすすめの商品などをご紹介していきます。

アロマオイルを加湿器に使うことで得られる効果

効果① 癒しの効果

アロマは様々な香りで癒しを与えてくれるものです。

オイルの種類やその効果も豊富なので、ご自分の気分に合わせて楽しめるので世代問わず人気です。

加えて加湿器を利用することにより空気の乾燥も防ぎ、心身共により癒しの効果が高まることを期待できます。

効果② お部屋の芳香としても

アロマオイルを加湿器に使う事で得られるのはリラックス効果だけではありません。

お部屋の芳香剤として使う事も出来ます。

フレグランススプレーにくらべ持続性がありますし、置き型の芳香剤と違いスイッチ一つで消すこともできます。

また芳香剤は一度開封したら使い切るまでその香りしか楽しめませんが、加湿器でしたら毎日別のオイルの香りを楽しむこともできます。

アロマオイルが使える加湿器の種類

スチーム式

加熱式とも呼ばれるタイプで、その名の通りタンクの水を熱で温め蒸発した湯気で加湿させます。

加湿力が最も高いのもこのスチーム式加湿器。

加熱しているため雑菌が繁殖しにくく、お手入れの頻度が少ないのが魅力。

ですが消費電力は高め。また吹き出し口が高温になる商品も多いため火傷には注意が必要です。

アロマオイル専用のスチーム式加湿器は専用トレーが付いているものが殆どです。加熱されると悪臭の原因になりますので、タンク内の水には直接オイルを垂らさないようにしましょう。

気化式

フィルターに含んだ水をファンで気化するタイプの加湿器です。

スチーム式にくらべ加湿力はやや劣るものの、運転音も静かで蒸気もでないため安全性が高いのが良いところ。

しかし水をファンで気化させているので当然ながら吹き出す風は冷風です。そのため、長く使用していると室温を下げてしまう恐れがあります。フィルターのカビの繁殖にも十分に注意が必要です。

アロマオイルを使用する場合は、フィルターにオイルが染み込み変色のおそれがありますので、お水に直接オイルを垂らす方法はおすすめできません。専用のアロマフィルターやスポンジにオイルを染みこませ、ファンで香りを飛ばすものが多いようです。

ハイブリット式

スチーム式と気化式の特徴を併せ持った加湿器です。

二つの利点をいかして加湿力もあり運転音も静か。しかしその分価格も高めで構造も複雑故にお手入れは手間がかかります。

アロマオイルの使用はスチーム式と気化式でもご説明した通り、水に垂らすのはおすすめしません。こちらも専用トレーやアロマケースなどが搭載されているはずですので、説明書をよくご確認の上正しく使用してください。

超音波式

デザイン性が高く、照明として使えるものが多い超音波式加湿器。

超音波振動で水をミスト化して噴出させます。

熱を発しませんので火傷の心配もなく、小さなお子様がいるご家庭でも安心して楽しむことができるのが利点です。

アロマオイルを使用する際、水に直接垂らして利用できるのはこの超音波式加湿器のみになっています。

手軽な上に比較的安価なため、アロマ重視の方にはもっともおすすめしたい加湿器です。

デメリットとしては加湿力はやや低め、雑菌が繁殖しやすいので最低でも週に一回お手入れが必要なところです。

どんなアロマオイルなら加湿器に使える?

加湿器、アロマオイル、おすすめ、人気、量、使い方
アロマオイルの種類は3つあります。その中で利用できるのはエッセンシャルオイルと水溶性オイルの二種類のみ。ここではそれぞれのオイルの特徴をご紹介しましょう。

エッセンシャルオイル(精油)

加湿器に使用できるオイルの一つ、エッセンシャルオイル。

植物の香りの成分を抽出したエッセンスで、天然成分100%の物だけがこの名で呼ばれます。

人工的な成分が入っていないため消費期限もあり、香りも強く癖があるので適量がわかるまで慣れが必要になってきますが、アロマテラピー効果を重視する方にはおすすめのオイルです。

脂溶性ですので加湿器での利用は専用トレ―や染み込ませて使うアロマパッドを必要とするものが殆どです。

香りが強いので妊婦さんやペットがいるご家庭はご注意ください。とくにネコ科の動物は精油の種類によっては命をおとす危険性があります。

水溶性オイル

こちらも加湿器に使用ができるオイルです。

本来油は水に溶けません。そのため加湿器に使用すると油膜でタンクを汚してしまったり、フィルターが詰まって故障する恐れがあります。

しかし水溶性オイルは水に乳化しやすいため加湿器への使用が可能です。エッセンシャルオイルにくらべて香りは人工香料ですのでアロマテラピー効果はあまり望めません。ですが気軽に香りを楽しみたい方には最適なオイルです。

加湿器に利用する場合、まずこの水溶性オイルを選べば間違いないでしょう。

リフレッシャーオイル

加湿器には使用できないアロマオイルです。ポプリオイル、フレグランスオイルとも呼ばれています。

脂溶性のみなのでアロマ対応加湿器でも故障の原因になりますので注意してください。

選ぶ際に「エッセンシャルオイル(もしくは精油)」や「水溶性オイル」と記載がない場合はこのリフレッシャーオイルである可能性が高いので避けた方が良いかもしれません。

アロマウォーターという選択肢も!

オイルを使うのは心配。正しいものを選べるか不安という方には、アロマウォーターという選択肢もあります。

蒸留法と呼ばれる方法でエッセンシャルオイルを作る際、副産物で出来る水溶性の液体がこのアロマウォーター(芳香蒸留水)です。

オイルに比べほのかで優しい香りが楽しめ、刺激も少ないので妊娠中の方も安心して使えます。

「加湿器用」として謳っている商品も多く出ていいますので加湿器でアロマ使用が初めての方にとてもおすすめです!

加湿器へのアロマオイルの使い方

使い方

加湿器にもよりますが、水溶性のオイルを使用する場合はタンク内のお水にオイルを直接垂らします。

ですが先述でもお話した通り、脂溶性オイルは直接お水にいれると故障の原因となりますので、必ず説明書を確認して専用トレ―、専用パッドなど正しく使用してください。

適切な量

タンクの水量で変わりますが、一般的な卓上サイズの加湿器でしたら3~5滴が適量になります。

初めての場合まずは1~3滴から始め、好みに合わせて量を調整するといいですね。

アロマオイルを使う加湿器のお手入れの方法

アロマオイルは有機物ですので雑菌が繁殖しやすいため日頃のお手入れは必須です。

とくに気化式や超音波式の加湿器は放置してしまうとそのまま雑菌を部屋中に拡散させ、思わぬ健康被害をうけてしまう事になりますのでしっかりとお手入れをしましょう!

タンクの清掃

まずはお水をためるタンクを清潔に保ちましょう。見た目は綺麗に見えても、タンクに目に見えない汚れが付着したままですとそれだけ雑菌の元になります。

専用の加湿器洗浄剤もありますが、タンクの中にお湯を満たして重曹やクエン酸を溶かしてつけ置きする方法も簡単かつ効果的です。

角の汚れは歯ブラシなどを使って落としましょう。

とくに超音波式は最後にアルコール消毒などして念入りに清掃することをおすすめします。

フィルターの清掃

気化式、ハイブリット式の加湿器はフィルターのお掃除が肝になります。フィルターにはカルキと呼ばれるミネラル成分の塊が付きやすく、この汚れを落とすにはクエン酸が活躍します。

ぬるま湯に2リットルにクエン酸小さじ1杯をとかし、軽く水洗いしたフィルターをつけ置きします。こうすることでカルキが溶け出し綺麗になります。

加熱筒まわりの清掃

スチーム式は他のタイプに比べ加熱による殺菌が常に行われている状態ですので雑菌の繁殖はしにくい加湿器です。

ですがあまり放置してしまうと加熱筒まわりにスケールと呼ばれる残留物が石のように固く付着してしまうので、そうならないように定期的に取り除きましょう。

酸性洗浄剤を使うと取りやすくなります。

加湿器に使いたいおすすめ人気アロマ芳香剤

① オリバーリッチ 水溶性アロマ

オリバーリッチは英国の香りの文化を持ち込んだブランド。

特徴的なのはその香りのバリエーションです。「落ち着かせてくれる香り」「元気な気分にさせてくれる香り」とそれぞれ目的のテーマに合わせて香りがブレンドされています。

全ての香りがセットになったミニアロマコレクションもありますので、シーンに合わせて楽しめます。もちろん水溶性ですので加湿器にも安心してお使いいただけますよ。
オリバーリッチ 水溶性アロマ ブーケコレクション 10ml プリンセスブーケ
画像をクリックするとAmazonに移動します

②NAGOMI AROMA エッセンシャルオイル

流通ルートでコストカットを図ることにより、10mlで700円前後とかなりお手頃なエッセンシャルオイルです。

香りとの相性は使ってみないとわからないものですので、この位の価格です気軽に試すことが出来ますね。

AEAJ(日本アロマ環境協会)の定めた基準に適合していると認定されたブランドですので、安全性も信頼ができます。
NAGOMI AROMA ゼラニウム 10ml 【AEAJ認定精油】【アロマオイル】
画像をクリックするとAmazonに移動します

③ ラグジュランス 加湿器専用アロマ芳香剤

加湿器専用ですので初心者でも安心して使える商品です。

使い方はとっても簡単。キャップ1杯の液を加湿器のタンクに入れるだけ。

500mlの大容量ですので約50回分楽しめます。

約800円程度のお値段で購入できますのでコストパフォーマンスも高く、毎日気軽にアロマを楽しみたい方におすすめです。
ラグジュランス 加湿器用アロマ芳香剤 ホワイトローズの香り 300ml
画像をクリックするとAmazonに移動します

アロマオイルが使えるおすすめ人気加湿器

①cado 超音波式加湿器

超音波式加湿器のの一番のデメリットである雑菌の繁殖。cadoの加湿器は抗菌物質「ゼオクレア」がそれを抗菌し、浮遊菌までもを抑制、さらにカートリッジに搭載されたイオン交換樹脂によってカルキも除去してくれます。

タンクの足元のランプの色で湿度と給水もお知らせ。

この加湿器でアロマオイルを使用する際はオイルをしみこませた専用トレー(別売り)を噴出口のダクトの噴出し口を塞ぐようにすっぽりとセットします。

そうすることによってミストの吹き出しとともに香りが部屋中に拡散。吹き出し口は85.5cm。ミストはそこから最大130程吹きだすのでお部屋全体に良い香りが満たされます。

デザイン性の高さ、機能性、お手入れのしやすさが三拍子揃っている事を考えれば、一般的な超音波加湿器よりも価格が高いのも納得できる商品です。
カドー 超音波式加湿器(木造10畳まで/プレハブ洋室17畳まで ブラック)cado HM-C610S-BK
画像をクリックするとAmazonに移動します

② Mata Asu 加湿器 大容量3L

超音波式としてはあまりデザイン性は高くはありませんがパワフルさと機能性は抜群の加湿器です。

4段階ミスト調整、タイマー機能、液晶表示画面、360度噴出口回転、10時間連続加湿が可能。

なにより他の加湿器にはないリモコン付きで、最大6m離れた場所からでも操作が出来ます。

3Lの大容量ですのでこまめに水を補充するのが面倒…という方にピッタリ!
加湿器 卓上 超音波式 リモコン付き 大容量 3L タイマー 液晶表示 アロマディフューザーl 空焚き防止 静音 スチーム式 連続加湿(約)8時間 MataAsu
画像をクリックするとAmazonに移動します

③ VIVREAL アロマディフューザー 車載アロマ加湿器

長時間運転する方におすすめしたいのがこちらの超音波式加湿器。

ドリンクホルダーに納まるサイズですので邪魔になりません。

斜めになると自動で電源がオフになり水漏れを防止しますので運転中に万が一倒れてしまっても大丈夫!

USB給電式だから車内だけでなく、オフィスで、旅先でとさまざまな場所に運べます。シンプルかつクールなデザインで男性への贈り物にも最適です。
VIVREAL アロマディフューザー 車載アロマ加湿器 ミニ超音波式加湿器 USB給電式 クリスマス・新築・誕生日・バレンタインギフト&プレゼント用 超音波式アロマディフューザー アロマ香り発散と加湿両用 消臭 車載・家庭・オフィス・卓上共用 噴霧量2段階調節  転倒時水漏れ防止 空焚き防止 最大7時間連続使用
画像をクリックするとAmazonに移動します

まとめ

加湿器、アロマオイル、おすすめ、人気、量、使い方

いかがでしたか?

一口にアロマ対応加湿器と言ってもその種類は豊富でどれにすればいいか迷ってしまう方も多いかもしれません。

加湿器のタイプによってデザインからお手入れの頻度や稼働音まで違いがありますので、ご自分が重視する点をどれだけ抑えているかが選ぶ際のポイントになります。

乾燥の気になるこの季節、良い香りに満たされながら空気も心も同時に潤しちゃいましょう!

また、下記の記事ではおしゃれな紙の卓上加湿器を紹介しております。ぜひ、合わせてご覧ください!

記事:『おすすめオシャレな紙の卓上加湿器4つをランキング形式で紹介!』

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 17dd953f 8c8b 4e6c af2c b2da16f31f8d
Written By
mutu mama
小学生の子供を二人持つ主婦です。
2017年下旬からライターとして参加させていただいてます。 主婦目線・母親目線にたった生活感のある記事を書くように心がけています。 実際に使用している家電や、お手入れ方法などの生地はなるべく沢山の画像を付けてわかりやすくお伝えしていきます!

おすすめの記事

スポンサー

この記事に似ている記事