電子レンジの臭い取り!焦げ臭い、魚臭い原因や掃除方法を徹底解説!

目次

電子レンジの臭い取りについて

最近は電子レンジを使った時短料理が人気で、雑誌で特集されたり専用のレシピ本も出版されていますよね。

ご飯を炊いたりパスタ茹でるのも、一人分程度でしたらコンロより電子レンジを利用する方が節約になるということで、益々利用の幅が広まりました。

そんな日々の生活で無くてはならない存在になっている電子レンジ。

しかし、使用頻度が高くなるとどうしても気になってしまうのが庫内の臭いです!

使うたびに拭き掃除するのがベストですが、忙しいとなかなかそこまで手が回らず気が付けば焦げ臭い、魚臭い庫内に…。

綺麗に掃除はしたいけれど、食品を扱うものなので洗剤を使う事に抵抗がある方も多いでしょう。

今回は電子レンジの臭いの原因からその臭い取り、掃除方法までをご紹介していきます。

電子レンジ 掃除 焦げ臭い 臭い 原因

電子レンジの臭いの原因は?

電子レンジ 掃除 焦げ臭い 臭い 原因

焦げ臭い

焦げ臭さの原因は主に庫内に飛び散った食品の汁やわずかなカス汚れです。
放置したまま繰り返し使用することで加熱された汚れが炭化し臭いの元になります。

魚臭い

魚介類の温めや解凍が原因です。

生魚にかぎらず、調理されたものでも、たった一度の利用でしっかりと庫内に臭いが染みついてしまうので魚介類はやっかいですね。

煙臭い

焦げ臭さ同様こちらも食材の汁やカス汚れが原因です。

とくに注意すべきは内部のマイクロ波の出口のカバーの汚れ。この部分はマイクロ波が集中していますので、加熱を繰り返すうちに付着した汚れから発煙、発火のおそれがあります。

また、アルミホイルや金属を施した食器類などの使用も発煙、発火をしてしまいますので絶対に避けましょう。

プラスチック臭い

これは使用の際にレンジ非対応の容器や食器を使って溶けてしまったことが原因と思われます。容器の裏にPPやPSという表記がありませんか?

PPはポリプロピレン製PSはポリスチレン製を示します。

このうちレンジで使用できるのはPP表記のあるもの。

一方PSは約90℃までしか熱に耐えられませんので電子レンジで使用すると溶けてしまい、それが臭いの原因となってしまうのです。

電子レンジの臭い取りのやり方

方法① 重曹

お掃除の定番といえば重曹。もちろん電子レンジのお掃除にも使えます。

方法も水に溶かした重曹をチンして蒸気で汚れを浮かせるだけととっても楽ちん!

とくに焦げつきに効果を発揮します。消臭効果もありますので焦げ臭さや油臭さを取り除くには最適です。

方法② お酢

消臭効果が高いことでしられるお酢。酸性ですのでアルカリ性の臭いに効果大。
魚臭さが気になる場合におすすめです。

方法は重曹の方法と同じ。

薄めたお酢をレンジでチンして、その蒸気で汚れを浮かせます。

方法③ クエン酸

お酢の臭いが苦手なかたや、お酢を切らしていた場合、クエン酸でも代用できます。

こちらも酸性ですので魚臭さに効果あり。水100mlに小さじ1~2杯のクエン酸を混ぜてチンすれば、汚れも臭いもスッキリ落とせます。

方法④ コーヒーの出し殻

意外なところで消臭に使えるのがコーヒーの出し殻。

かえって臭くなってしまうのでは?と心配になりますね。

ですが湿った状態の出し殻を電子レンジで1~2分チンするだけで、コーヒーの消臭成分フランが臭いを吸収してくれるそうです。

本来そのまま捨ててしまう出し殻がこんな風に役に立つのでしたら試してみる価値ありですね!

方法⑤市販の専用お掃除アイテム

とにかく楽に簡単に早く電子レンジの汚れも臭いも落としたい!

そんな時には市販のお掃除シートに頼っちゃいましょう!

レンジに入れてチンするだけで蒸気が庫内の汚れを浮き上がらせ、更には除菌と消臭までしてくれる商品が沢山出ています。

チン! してふくだけ 電子レンジ専用お掃除シート 3袋
画像をクリックするとAmazonに移動します
Oh! レンジDEふくだけキレイ (お掃除シート)  重曹+オレンジオイル配合 電子レンジ内の汚れを蒸気で除菌 5枚入
画像をクリックするとAmazonに移動します

電子レンジの臭いも取れる掃除方法

簡単で安全!ここでは著者が特におすすめしたい重曹またはお酢を使ったお掃除方法をもう少し詳しくご紹介します。

焦げや油臭さが気になる場合は重曹、魚臭さが気になる場合はお酢を使って是非試してみてください。

臭い取りの方法① 準備するもの

重曹を使用する場合

水100mlに重曹小さじ2杯を溶かしたもの、レンジ対応容器

お酢を使用する場合

水約4倍で薄めたお酢、レンジ対応容器

臭い取りの方法② 電子レンジで温める

電子レンジ対応の容器に①で作った水で溶かした重曹、もしくは水で薄めたお酢を入れてラップをかけずに2分~3分温めます。

臭い取りの方法③ しばらく放置する

水蒸気が発生するので、そのまま電子レンジの蓋を開けずに30分放置。

すると庫内が蒸気で満たされ壁の汚れが浮いてきます。

臭い取りの方法④ 水滴を汚れとともに拭き取る

30分経過して蓋をあけると、壁や天井に汚れが溶け込んだ水滴が滴っています。

これを布巾やキッチンペーパーなどで拭き取ってお掃除完了です!しつこい汚れが気持ちの良い位するんと取れ、嫌な臭いもスッキリとなくなりました。

電子レンジ 掃除 焦げ臭い 臭い 原因

それでも電子レンジの臭いが取れない時は?

基盤などの故障のおそれ

庫内を綺麗に掃除しても臭いが取れない場合、基盤や部品などが故障している可能性も考えられます。

特に焦げ臭い、煙臭い場合は部品の一部が焼けている恐れもあり、使い続けるのは大変危険です。

修理か買い替えを検討したほうが良いでしょう。

臭いも簡単に取れるお手入れしやすいおすすめ電子レンジ

① TOSHIBA 石釜オーブン遠赤 ER-K3

ターンテーブルを使わない広々としたフラットな庫内なのでお手入れラクラク!撥水性も高いので拭き掃除だけでも簡単に汚れが落ちます。

庫内の4面に遠赤・脱臭ブラックコートを搭載。

レンジ使用時に臭いを分解してくれます。

同シリーズの中では価格も安く、機能も最低限のものだけで良い方におすすめです。

東芝 17L オーブンレンジ 石窯オーブン ER-K3-W アイボリーホワイト
画像をクリックするとAmazonに移動します

② Panasonic エレック NE-MS264

こちらも庫内が広々として、ターンテーブルレスの為お手入れしやすいモデルです。

エレックの良さは自動お手入れコース機能付という点。

ヒーター加熱によって庫内の臭いや汚れを高温で分解し脱臭してくれます。
パナソニック オーブンレンジ エレック 26L ブラック NE-MS264-K
画像をクリックするとAmazonに移動します

③ アイリスオーヤマ IMB-FM18

ミラーガラスのスタイリッシュな見た目で価格は10000円代というお手頃さ。

電子レンジとしての最低限の機能は備え、ターンテーブルのないフラットな庫内でお手入れのしやすさも◎

普段電子レンジで使う機能は温めだけの方や、ターンテーブル式は掃除が面倒・・・と言う方も、この価格でしたらフラットタイプのIMB-FM18に買い換えてしまうのも有りではないでしょうか?

アイリスオーヤマ 電子レンジ 18L ミラーガラス 60Hz専用 西日本 フラットテーブル ブラック IMB-FM18-6
画像をクリックするとAmazonに移動します

④Panasonic ビストロ NE-BS1400

高機能のレンジならこれ!レンジ、スチーム、グリル、オーブン機能が一台で全て可能になったスチームオーブンレンジです。

庫内の脱臭・洗浄・水抜き・クエン酸洗浄までが自動でできるお手入れコース搭載。

更にオートクリーン加工がされた天井は使用のたびに高温で汚れや臭いを焼き切ってくれます。

調理をしながらお手入れまで出来てしまうのは忙しい主婦には嬉しいですね!
パナソニック ビストロ スチームオーブンレンジ 30L ルージュブラック NE-BS1400-RK
画像をクリックするとAmazonに移動します

まとめ

電子レンジ 掃除 焦げ臭い 臭い 原因
いかがでしたか?
レンジの臭いを防ぐには汚れをなるべく付着させたままの状態で放置しない事が大事です。汚れは電子レンジの故障の原因にもつながりますので、定期的なお掃除をおすすめします。

使ったらササッと軽く拭き掃除を行うだけでも十分な悪臭の予防になりますよ!
クリーンな電子レンジで毎日のお料理をより快適にしませんか?

  

また、下記の記事では電子レンジで異音がするときの原因について解説しております。臭いは取れたけど異音がする、そんな方は合わせてご覧ください!

記事:『電子レンジの異音"ブーン/パチパチ/ジー"の原因は?温まらないのは故障?

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 17dd953f 8c8b 4e6c af2c b2da16f31f8d
Written By
mutu mama
小学生の子供を二人持つ主婦です。
2017年下旬からライターとして参加させていただいてます。 主婦目線・母親目線にたった生活感のある記事を書くように心がけています。 実際に使用している家電や、お手入れ方法などの生地はなるべく沢山の画像を付けてわかりやすくお伝えしていきます!

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事