エアコンのドレンホースとは?掃除方法を紹介、劣化なら交換を!

目次

エアコンのドレンホースについて

エアコンの水漏れ等が起きた場合には様々な状況が考えられますが、ドレンホースを交換する事により解決する事が出来る場合があります。
この記事ではドレンホースが詰まってしまった場合の掃除方法や交換方法、また、専門の業者にお願いした場合の交換費用等も解説致します。
是非参考にして下さい。

エアコンのドレンホースとは?

エアコンのドレンホースとはエアコンに溜まった水を外へ排出する為のホースの事です。
エアコンに水が溜まる時はエアコンを運転している時がほとんどで結構大量に水が溜まります。
ですからエアコンにはドレンホースがなくては部屋が水浸しになってしまいます。
エアコンを設置した際にはドレンホースは必要不可欠な製品です。
ドレンホースの長さの目安は基本的には4メートル程といわれています。
ですが、エアコンと室外機との位置が離れている場合にはそれ以上の長さが必要になりますので、ご使用環境にあわせてドレンホースの長さを調整してご使用して下さい。

エアコンのドレンホースの掃除はなぜ必要?

何故エアコンのドレンホースの掃除が必要なのでしょうか?
それはドレンホースはとても細い為、ごみやほこりがとても詰まりやすい為です。
エアコンのドレンホースを掃除しなくてはゴミが詰まる、虫が詰まる、ホースが劣化してしまう等の理由でドレンホースから水が流れなくなってしまいます。
エアコンからの水漏れの8割はドレンホースの掃除で解決するといわれる程ドレンホースの掃除は大切です。

理由① ごみやほこりが詰まる

エアコンを長年使用しているとエアコンの内部にごみやほこりが溜まってしまい、そのごみやほこりがホースの途中で詰まってしまいます。
その他にも外からごみが入ってきたりホースが劣化してしまいヒビや割れが発生し、そこからごみやほこりが侵入してしまいます。
エアコンのドレンホースにごみやほこりが詰まってしまいますと、ドレンホースの水がうまく排出出来ません。
その為、ドレンホースの中で詰まった水が逆流してエアコンから水漏れが起こってしまいます。
エアコンのドレンホースにごみやほこりが詰まらない様に定期的に掃除をする必要があります。

理由② 悪臭が発生してしまう

エアコンのドレンホースがごみやほこりが詰まってしまい、ドレンホースの内部の水がごみやほこりだけではなく、虫の死骸等の有機物とも結びついてしまいます。
その様な状態を放置してしまいますと、エアコンのドレンホースの内部に溜まった水が水腐れを起こしてしまう事により悪臭が発生してしまいます。
また、エアコンのドレンホースの出先の部分がドブ等の異臭が発生する近くにあるとそこから悪臭が流れてきてしまいます。
悪臭を発生させない為にも定期的に清掃する事が大切です。

理由③ ホースが劣化してしまうのを防ぐ

エアコンのドレンホースは室外に設置されている為に直射日光等を常に浴びてしまう事によりひび割や亀裂が入ってしまいます。
また、エアコンのドレンホースは人が往来する場所に取り付けている為、ドレンホースが踏まれてしまう事により更に劣化してしまいます。
その様な原因によりひび割れや亀裂が入らない為にも、定期的に拭き掃除や修復等のメンテナンスを行う事が大切です。

エアコンのドレンホースの掃除方法

掃除方法① 割りばしや細い棒で詰まりを取り除く

エアコンのドレンホースの掃除の方法は割り箸等の細い棒でごみやほこりを取り除きます。
ドレンホースは細めのホースですのでごみやほこりがつまりやすく、一度詰まってしまうとさらにホースの中で詰まってしまう悪循環が生まれます。
ドレンホースがごみで詰まった所を割り箸等の細い棒でつく事により、詰まったごみが水で流れるようになります。
エアコンのドレンホースから水が流れない、もしくは水が逆流してくる事があればホースの中のごみを流して外に排出する様にしましょう。

掃除方法② 掃除機で吸い上げる

エアコンのドレンホースに詰まったごみを掃除機で吸い取る事が出来ます。
ドレンホースの排水口に掃除機をぴったりくっつけてごみを吸い上げます。
ただし、ドレンホースのごみを掃除機で吸い上げる際に注意しなくてはいけない事があります。
掃除機でごみを吸い取る場合は掃除機で水を吸わない様に注意しましょう。
製品によっては水を吸ってしまった事によって掃除機が故障してしまう恐れがあります。
エアコンの使用を何日か停止してドレンホースに水が溜まらないように処置して水が空になっているのを確かめてから掃除機の吸い込み口に布等を被せて掃除機でごみを吸い上げて下さい。

掃除方法③ 専用のポンプを使ってごみを吸い出す

エアコンのドレンホースからごみを吸い出す方法として専用のポンプを使用してごみを吸い出す方法もあります。
専用のポンプをエアコンのドレンホースに差し込みポンプを押し出しする事によりホースの中のごみやほこりを吐き出す事が出来ます。
また、掃除機を使用した時の様なホースの中に溜まった水を吸い上げてしまい、掃除機の様に故障に繋がる事もありません。
ですが、専用のポンプを使用してもやはりホースに溜まった水には注意しなくてはならない事は変わりません。
何故なら専用のポンプを使用してドレンホースのごみを吸い出す時に、ごみや水がエアコンや室内の方へ逆流してしまいます。
その為、ドレンホースに水が溜まっていると室内が水浸しになってしまう恐れがあります。
専用のポンプを使用してエアコンのドレンホースのごみを吸い出す時もホースの中の水には注意してエアコンの吹き出し口には布やタオル等を被せて処置する事により、室内が水浸しになってしまう事を防ぐ事が出来ます。

掃除方法④ 専門の業者に依頼する

最後にエアコンのドレンホースのごみを取り除く方法としては専門の業者に依頼する方法もあります。
エアコンのドレンホースを掃除する機会は滅多にない事ですので、作業方法にもなれていない方がとても多いです。
ドレンホースのごみを取り除く為に料金がかかってしまいますが、専門のプロに依頼する事で安心して確実にエアコンのドレンホースのごみやほこりを取り除く事が出来ます。
料金や処置時間等は依頼する業者によって様々ですので、依頼する前に一度問い合わせてみると確実な情報を知る事が出来ます。

エアコンのドレンホースの詰まりを解消する掃除方法は?

エアコンのドレンホースの詰まりを解消する方法は、以上の掃除方法を定期的に行う事により確実にエアコンのドレンホースの詰まりを解消する事が出来ます。
エアコンから水が漏れたり、酷く逆流してくる前に定期的に掃除する事により、ごみや水が溜まってしまう前に掃除する事が出来、劣化や亀裂等の早期発見にも繋げる事が出来ます。

掃除してもダメな時はドレンホースを交換しよう

エアコンのドレンホースのごみを取り除いて解決すれば問題ありませんが、エアコンのドレンホースにヒビや亀裂が入ってしまえば途中で水が漏れてしまい、そこから悪臭等が発生してしまいます。
ご近所問題としても大問題に繋がってしまいます。
ホースが劣化してしまい掃除だけでは対処しきれない場合にはドレンホースを交換する等の処置を行いましょう。

エアコンのドレンホースの交換方法は?

交換手順1 ホースの繋ぎ目をカットする

エアコンのドレンホースを繋ぐ為にまず始めに古いホースと新しいホースを繋ぎます。
古いホースと新しいホースの繋ぎ目部分を数十センチ程カットしてホースの繋ぎ目部分を作ります。

交換手順② カット口にドレン用ジョイントを差し込む

次にカットしたドレンホースのカット口に古いホースと新しいホースのそれぞれのカット口にジョイントを差し込んで新しいホースと古いホースを繋ぎます。

交換手順3 粘着テープで繋げる

最後に新しいホースと古いホースのジョイントを差し込んで繋げた部分を粘着テープ等のテープを巻き付けて水が漏れないように加工します。
粘着テープは下から上に向かって巻いていくと効果的です。
巻き目を下に向ける事でほこりが溜まりにくくなります。
以上でエアコンのドレンホースの延長は完了です。

エアコンのドレンホースの交換費用は?

自分でする場合

エアコンのドレンホースを自分で交換する場合は材料や工具を揃えなくてはいけません。
必要な材料や工具は以下の通りです。

カッター  540円

タジマ ドライバーカッター L560 オートロック 黒 適合替刃L型 DC-L560BBL

画像をクリックするとAmazonに移動します

延長ホース 540円

ガオナ これカモ ドレンホース エアコン用 3.0m (長さ調節可能 取替・延長用 取付簡単) GA-KW012

画像をクリックするとAmazonに移動します

ドレン用ジョイント 180円

オーム電機 ドレンジョイント 2個入り ドレンホース直径14、16mm共用 DZ-DJ14-16 DZ-DJ14-16

画像をクリックするとAmazonに移動します

粘着テープ 400円

3M スコッチ 強力多用途補修テープ 48mm幅x9m DUCT-09

画像をクリックするとAmazonに移動します

以上の材料で合計で1660円程で行う事が出来ます。
あくまでも一般的な料金の目安ですのでご了承下さい。
以上の材料と工具を揃えるとエアコンのドレンホースの延長を行う事が出来ます。

業者に頼む場合

エアコンのドレンホースの交換を専用の業者にお願いする場合の料金をご紹介致します。
水漏れやホースのひびや亀裂等が原因でドレンホースを交換する場合様々な状況によって料金は異なりますが、基本的には7000円から15000円が相場といわれています。
その他にも出張費として3000円から5000程かかる場合があります。
料金はお願いする専用の業者によって様々な料金が設定されていますので。
交換をお願いする専門の業者に一度問い合わせてみると確実な料金を知る事が出来ます。

なかにはフィンやフィルターの掃除と合せてしてくれる業者もいますので、よく確認すると良いですよ。

参考元:エアコンサポートセンター

エアコンのドレンホースの交換にはどのくらい時間がかかる?

自分でする場合

エアコンのドレンホースの交換を自分で行う場合、エアコンを運転中はドレンホースに水が溜まってしまいます。
まずドレンホースの水抜の為、エアコンの運転を止めてから最低でも三時間は運転を停止しましょう。
エアコンを三時間程運転を止めてドレンホースの水を抜いてからホースの交換作業に移ります。
ドレンホースの交換作業は慣れている方は少ないと思われますので、ホースを切り離してジョイントの交換等の作業を行うと1時間程時間がかかります。
慣れた方や知識のある方によっては作業時間の差があらわれますので一概にはいえませんが、エアコンの運転停止時間を含みますと三時間から四時間と見積もれます。

業者に頼む場合

エアコンのドレンホースの交換を専門の業者にお願いする場合は業者の方はとても作業が慣れたプロの方ですので、一般の方が行うよりもかなり時間は短縮されます。
作業時間に合わせてエアコンの運転を停止してドレンホースの水を抜いておけば、ホースの交換だけで済みます。
一般的なホースの劣化や簡単な延長だけであれば20から30分もあれば交換が可能です。
ですが、壁を打ち抜いた大規模な工事等もありますのでその様な場合はかなり時間がかかってしまいます。
業者の作業方法や交換工事の状況にもより一概にはいえませんが、交換をお願いする専門の業者に問い合わせてみると確実な情報を知る事が出来ます。

まとめ

最後にエアコンのドレンホースの交換方法を知る事が出来れば、エアコンの水漏れが起きた場合には、この記事を読んで頂いた方であればドレンホースが原因の場合には冷静に対処する事が出来る内容に仕上がるよう執筆させて頂きました。
ドレンホースが劣化した場合や掃除したい場合にも方法を理解し、実行出来る様参考にして下さい。

関連リンク

また他にもドレンホースの掃除方法や虫が入ってきてしまった場合の対処法などについて下記の記事で解説しています。
合わせてよんでみてください!

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
yu-suke 2018
家電をで暮らしを豊かに
家電に関わる仕事がしたい事と家電について勉強を積みたい為、フリーのWebライターとして活動させて頂いております。 記事を読んで頂いた方に記事の内容がわかりやすく、日々の生活に役立つ情報をお伝えする事が出来る様に意識して執筆する様心がけております。 よろしくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

この記事に似ている記事