電気ケトルの寿命は平均何年?ティファールは?買い替え時期も紹介!

目次

電気ケトルの寿命について

わたしはひとり暮らしを始めてから、電気ケトルの大事さがわかってきました。急にインスタントスープやインスタントコーヒーが飲みたくなって来たとき、すぐお湯を沸かせられて、便利で助かります。特に冬の季節に必要で不可欠な家電アイテムだと思います。

今、家電ショップで様々なメーカーから販売されています。よく知られているブランドは、ティファールと象印とタイガーの電気ケトルです。実際わたしもこの三つのブランドの電気ケトルを購入したことがあります、どちらもコンパクト性の高い、長持ちの良い商品です。

この記事で、わたしの経験やショップスタッフの話などを元に、書いていきたいと思います。まだ電気ケトルを購入したことない方、既に電気ケトルを持っていて、しかし、最近電気ケトルの寿命が感じられて買い替えを検討している方に、この記事が参考になると嬉しいです。

電気ケトルの寿命は平均何年?

ティファール(T-fal)

ティファールのホームページでは、特に電気ケトルの寿命について、情報が載っておりません。ですが、メールでの問合せたところ、「正しい年数は使用時間や使用方法による。」とをお答えをいただきました。

ティファールのすべての電気ケトルは1年間の保証がついていて、保証期間を過ぎても、修理も承ってくれます。もし寿命のサインがあったら、消費者のわたしたちにとっても、安心して修理に出せます。

象印

象印のホームページでも、電気ケトルの寿命についての情報が載っておりません。同じくメールで問合せをしました。同じく「正しい年数は使用時間や使用方法によって。」とをお答えをいただきました。

それと、「定期的お手入れをし、ケトル内側の汚れが落ちるまで、繰り返しクエン酸洗浄を行うなら、寿命も長持ちします。」とお答えをいただきました。

タイガー

タイガーのホームページでも、寿命についての情報が載っておりませんが、ネットで調べたら、タイガーの電気ケトルの使用経験者により、寿命は2年から7年の幅があることがわかりました。

やはり使用方法や時間によりますね。もしお持ちの電気ケトルの寿命を感じたら、製造中止になった電気ケトルも、タイガーは補修用性能部品を保管しておりますので、安心して部品を求めることができます。

電気ケトルの寿命の症状や目安

症状①電源が付いたり消えたり

電気ケトル

電気ケトルが通電しなくなってきた、電源が付いたり消えたり、沸騰ランプがつかなくなってきたなどで、お湯が沸騰できない場合は、寿命の症状と判断できます。

一度電源プレートは平らなところに置いてるか、差込みプラグを差し込んでいるかを確認をして、もしそれでも通電できないなら、早めに修理を買い上げの販売店へお持ち込みしたほうが良いです。

症状②お湯が漏れる

お湯が漏れるのはあくまで故障の目安のひとつで、100%故障とは言い切れません。

もし給湯ロックボタンが既にロック状態になっていて、それでもお湯が漏れて来る場合は、満水目盛以下に入れたかどうかを確認しましょう。それと、電気ケトルの性能を保つため、空気穴があります。空気穴からお湯が漏れてくるかもしれません。

電気ケトルの寿命が縮む原因

原因①スイッチの接触不良や間違った扱い方

電気ケトルを平らでないところに置いたりすると、簡単にスイッチの接触不良の原因になってしまいます。スイッチの接触不良により、通電性が悪くなり、お湯が沸かせなくなります。電源プレートと本体にもダメージを与えます。

目盛りを見ずに、水を入れたり、温度の高いコンロの近くに置いたりなど、そういう不良な扱い方は電気ケトルの寿命になります。

原因②お手入れをしない

すべての家電製品を長持ちさせるために、お手入れをすることが基本です。

電気ケトルの寿命を延ばすためには、クエン酸洗浄が必要です、クエン酸の代わりにレモン汁を使っても構いません。お手入れをしないと、すぐに電気ケトルの寿命が来ます。

電気ケトルの寿命を長持ちさせる方法

方法①お手入れをきちんとやる

電気ケトルのお手入れは外側を軽くきれいに拭くことと、内側のクエン酸洗浄です。

クエン酸をお湯で溶かし、電気ケトルの内部に、水と一緒に満水目盛まで入れます。次、ボタンを押し、沸かさせましたら、約2時間を放置します。そうしたら、このクエン酸が入ってる液体を捨て、もう一回普通の水を沸かしましたら、お手入れが完了です。

非常に簡単なやり方で、電気ケトルの寿命を長持ちさせるための大事な掃除方法です。

方法②使い終わったら、残った中身を捨てる

寿命を長持ちさせるためには、電気ケトルに汚れをつけにくくをします。そのためには、電気ケトルの中身の水を、長い期間放置しない。ある程度の時間が経ちましたら、中身を捨て、内側を乾燥させます。

使わないうち、常に乾燥な状態にすると、変色もしにくくとなります。

電気ケトルに寿命がきた時は修理した方がいい?買い替えた方がいい?

ティファールも象印もタイガーも、購入してから1年保証があります。保証期間の中で、かなりお得な価格で修理してもらえます。ですから、寿命の症状が出た場合は、メーカーに修理を出すのがおすすめです。

もし保証期間が過ぎて、3年間以上を使った場合は、修理代の見積もりにより、買い替えた方がお得で、より長く使えると思います。

電気ケトルに寿命がきた時の処分方法は?

電気ケトルは電気製品ですから、一般ゴミとしてを捨てないほうが良いでしょう。一番スムーズに処分できる方法は、回収業者に依頼することと、リサイクルショップに持っていくことです。

回収業者を選ぶ時のポイントは、処分料金をはっきり明示している業者を選びます、ネットを使って、業者の口コミも見てみて、良い回収業者に依頼すると、楽に処分ができます。

寿命の長いおすすめ電気ケトル

①タイガー 魔法瓶 0.8L わく子 PCF-G080-W

わたし自身もタイガーのわく子PCFシリーズの中の一つを持っています、いま4年目で、まだ寿命のサインひとつもまだ出ていません。品質の良い商品です。

こちらの電気ケトル、「節電沸とう」機能がついて、電力は約11%カットできます、電気代の節約にも役を立ちますね。家庭内で小さいお子さんを守るために、安全機能の「転倒流水防止構造」もあって、家庭内で安心で使える電気ケトルです。

タイガー 魔法瓶 電気 ケトル 800ml ホワイト わく子 PCF-G080-W Tiger
画像をクリックするとAmazonに移動します

②ティファール 0.8L アプレシア エージー・プラス コントロール KO6201JP

お好みの温度に変えられる、すごく品質の高い電気ケトルだと思います。

確かに、ホットの飲み物は全て沸かしたお湯で飲むのが一番いいとは言い切れません。例えばお茶の品種によって、最適な温度があります、そこで簡単なボタン操作で温度の調整ができます。

この電気ケトルは、美味しい飲み物にこだわりがある方に、おすすめします。

ティファール 電気ケトル 0.8L アプレシア エージー・プラス コントロール パールホワイト KO6201JP
画像をクリックするとAmazonに移動します

③ティファール 1L KO5012JP

こちらの商品は、注ぎ口カバーがついていて、ほこりが内側に入るの阻止できます。

本体は抗菌素材のマイクロバンを使用しています。表面を清潔に保ことができる素材です。素材のもうひとつの特性は着色の防止ができます、まさに寿命を長持ちできる電気ケトルですね。

ティファール 電気ケトル 1L  ヴィテス ネオ  ハイパワーモデル ミモザ KO5012JP
画像をクリックするとAmazonに移動します

まとめ

電気ケトルと言えば、やはりティファールやタイガーなどの製品が有名で、品質がいいですね。しかし、品質のいい電気ケトルを購入しても、定期的にお手入れをしないと、寿命を迎えることも早くなってしまいます。
もし通電性が悪くなってきたり、お湯が沸かせなくきたりしたら、早めに修理や買い替えの判断をしましょう。

関連記事

他にも気になる家電製品の寿命について解説している記事がいくつもあるので、気になった方はぜひ読んで見てください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

更新履歴

更新日時更新内容
2018/08/02関連記事の更新

この記事を書いた人

Small 20171227033221
Written By
KOU
台湾出身の24歳です。日本語はまだまだ勉強中です。よろしくお願いいたします。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事